BRIDGE ANTWERP > 用語集 > さ行 > シャルル突進公

シャルル突進公

Charles de Valois-Bourgogne シャルル(1433年11月10日 – 1477年1月5日)シャルル・ル・テレメールとも

勇猛な王だったことから突進公と呼ばれた。ヴァロワ・ブルゴーニュ家の事実上最後の君主。ローマ皇帝になることが野望で生涯を戦いに明け暮れた。一方で無類のダイヤモンド好き。ダイヤモンドこそ権力者の象徴と考えていた。

※テレメールとはフランス語の形容詞 téméraire。「向こう見ずな」の意味で好戦的だったシャルルはしばしばこのテレメールという形容詞で表現されることがある。

世界で初めてエンゲージリングのダイヤモンドを贈られた事でも有名な「ブルゴーニュのマリー」(マリー・ド・ブルゴーニュ)は、シャルルの一人娘。ヴァロア・ブルゴーニュ家の4代目君主である。

財政を支えた港町ブルージュにはシャルルお抱えの研磨師ルドウィック・ヴァン・ベルケム(Lodewyk van Berken)らがいた。

⇒ダイヤモンドカットと研磨の歴史についてもっと詳しく

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ