BRIDGE ANTWERP > 用語集 > ら行 > レーザーソーイング

レーザーソーイング

Laser Sawing レーザーソーイング

ダイヤモンドの研磨方法で1980年代後半に登場した。グレインを無視してダイヤモンドを思う方向に焼き切る事が出来る。高コストの問題と切断面の仕上げの問題があるが、レーザーソーイングが登場したことでそれ迄”グリーピング”して割って仕上げるしかなかったダイヤモンドにとっては革新的な技術となった。

レーザーソーイングBRIDGE

レーザーソーイングとスキャンの技術を組み合わせることで内包物の位置やグレインの方向などを完全に把握できて思うようにカットできるようになった。事実世界最大の研磨済みダイヤモンドであるゴールデンジュビリーは原石からの目減りが殆どないことは注目されます。

※対してカリナンは3000ct以上の大きな原石でしたが研磨済みのダイヤモンド最大はゴールデンジュビリーより小さいのです。

⇒ダイヤモンドカットと研磨の歴史についてもっと詳しく

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ