BRIDGE ANTWERP > 用語集 > は行 > フルカット

フルカット

Full Cut フルカット

宝石の用語で特にダイヤモンドメレに用いられる業界用語、研磨済みダイヤモンドが58面のラウンドブリリアントに仕上げてあるという意味。直径が1㎜等の極小のダイヤモンドを58面に研磨するのは途方もない技術と労力が必要。ロレックスなどの時計ブランドでは小さいダイヤモンドを文字盤のインデックスポインターに使う場合58面ではなく36面のシングルカットを採用している、これは、よりはっきり輝かせたいという意図があると思われる。

手前味噌ですが、アントワープブリリアントのダイヤモンドエンゲージリングなどの脇石の小さいサイズのダイヤモンドをハートアンドキューピッドスコープでのぞき込むと、、、すべての小さいダイヤモンドがフルカットでしかもハートアンドキューピッドに仕上げてある。これは一見の価値ありと思います。

シンプル華奢細い指にもピッタリなストレートつけ心地抜群の内側甲丸仕上げさりげなくダイヤ付きブリッジ銀座使用する全てのダイヤモンドがハートアンドキューピッド(H&C)に研磨されたアントワープブリリアントのダイヤモンドリングはブリッジ銀座で

⇒ダイヤモンドのカットについて

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ