BRIDGE ANTWERP > 用語集 > ら行 > ランオブマイン(run-of-mine ore)

ランオブマイン(run-of-mine ore)

ランオブマイン(run-of-mine ore)

鉱山で使われる地下資源採掘業者の用語でランオブマイン(run-of-mine ore)と言う言葉が有ります。これはダイヤモンド業界ではダイヤモンドの原石群を見たらどの地域のダイヤモンドか判断できてしまう事を指す業界用語です。原石のエキスパートは驚くほど正確にダイヤモンドの産地を目視で言い当ててしまいます。それだけダイヤモンド原石には産地特性が有るという事です、 ブラジルなどの古い漂砂鉱床のダイヤモンドは表面が何らかの作用で磨かれて薄い緑色若しくは茶色の艶消し(すりガラス状)に成っていることが多く、アンゴラの漂砂鉱床は12面体の比率が高くアフリカ産特有のケープ原石がおおく漂砂鉱床なので表面は艶消し状に成っていることが多いのです。ボツワナでは6面の原石が最も多く産出するためにパーセルの中に6面結晶が多くなればボツワナ産と判断しやすいのいです。ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでは取り扱いませんが、ロシア産のダイヤモンドは一次鉱床で8面体が多くグラッシーで透明度の高い原石が多く産出しています。中に脆い石も含まれ、研磨が容易いダイヤモンドが多いのです。他にロシアの特徴としてアイスホワイトと呼ばれる氷のような見た目の白色に若干のブラウンカラーへ濁ったような原石も多く見れます等。

一次鉱床では等軸状の結晶がそのまま残っているケースが多く、二次交渉ではダイヤモンドは自然に磨かれ角の無い丸いフォルムの原石が多くなります。

※原石エキスパートであっても1石だけで見極めるのはとても困難です。また産地がミックスされたパーセルの中からこの石が何処産であるかを言い当てるのも困難だそうです。あくまでも産地ごとの原石が集合している場合です。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ