BRIDGE ANTWERP > 用語集 > は行 > 漂砂鉱床

漂砂鉱床

漂砂鉱床 ひょうさこうしょう

リバー鉱床とも呼ぶ、ダイヤモンドの二次鉱床。一時鉱床のダイヤモンドパイプのうち大規模な噴火などで地上に露出したダイヤモンドを含むキンバーライト鉱石が長い年月をかけて風化し、風雨によって少しづつ運ばれて川や沼などの堆積物となっている事、リバー鉱床では泥や砂と一緒に堆積したダイヤモンドを採掘しますのでパイプ鉱床と比べて採掘コストがかからず人力でも運が有れば価値の高いダイヤモンド原石を手に入れる事が出来た。

そのためダイヤモンドラッシュでは南アフリカのアレンジ川に世界中のトレジャーハンターが殺到して大変な賑わいだったとされている。南アフリカのオレンジ川は代表的な漂砂鉱床。またオレンジ川が海へ流れ出すナミビアとの国境では海流が南から北へ流れるために、南アフリカ側の海底には漂砂鉱床がなく、ナミビア側だけが大規模な海底漂砂鉱床となっている。当然この海は遊泳禁止、立ち入りも国の規制によて制限されたまさに宝の眠る海と言える。

漂砂鉱床から産出した蛍光性の少ない高品質のダイヤモンドはリバーと呼ばれる。リバー原石は角の取れた比較的丸っこい結晶でツルツルしている。リオティントが運営するダイヤモンド鉱山会社はジンバブエのムロワを拠点としつつ、オレンジ川が沼状になって滞留する場所で大規模なリバー鉱床でダイヤモンドを採掘ししている。ムロワは鬱蒼としたジャングルをオレンジ川沿いにボートで南アフリカから遡った場所にあるオアシス。幻想的な風景で描かれる文献が数有る。

→ダイヤモンドのリバー

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ