BRIDGE ANTWERP > 用語集 > あ行 > イエローグラウンド(Yellow Ground)

イエローグラウンド(Yellow Ground)

イエローグラウンド(Yellow Ground)

風化したダイヤモンドを含むキンバーライト層を指す業界用語。ダイヤモンドの一次鉱床が発見された1880年頃迄はダイヤモンドは何処から産出するのか?そもそも解っていませんでした。ダイヤモンドを求めるトレジャーハンターたちは風化したキンバーライト【イエローグラウンド】を探しました。イエローグラウンドではダイヤモンドの他にガーネットやペリドット、スピネル等ダイヤモンドの内包物として観察される鉱物も産出します。ガーネットが見つかるとそこがイエローグラウンドである事が確認されるとそこにダイヤモンドが産出する可能性が高くダイヤモンドラッシュが起こったアフリカでは農場経営で牧草地を大量に保有していた人々の土地が次々買収された。

風化したキンバーライト層をイエローグラウンド、風化していないキンバーライト層をブルーグラウンドと呼びます。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ