BRIDGE ANTWERP > 用語集 > あ行 > ウィリアムソンダイヤモンド鉱山

ウィリアムソンダイヤモンド鉱山

ウィリアムソンダイヤモンド鉱山(The Williamson Diamond Mine)

ウィリアムソンダイヤモンド鉱山(別名ムワドゥイ鉱山)は、タンザニアのシンヤンガの北東23キロ(14マイル)のダイヤモンド鉱山です。 南アフリカ以外では最初のキンバーライトパイプより採掘されたダイヤモンド鉱山の一次鉱床として有名です。 この鉱山は1940年にカナダの地質学者であるジョンウィリアムソン博士によって発見され設立されました。その後2020年現在も操業を続けており、世界で最も古い連続操業のダイヤモンド鉱山の1つとされています。ウイリアムソン鉱山は現在までに2000万カラット(3,800kg)以上のダイヤモンドを生産しています。ウィリアムソン鉱山は鉱山主で鉱脈発見者のウィリアムソン博士によって所有されていましたが、彼の死後管理を任された彼の兄弟によってタンザニア政府に売却され国有化されました。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ