BRIDGE ANTWERP > 用語集 > あ行 > インド(India)

インド(India)

インドはダイヤモンドが人類史に登場した地

INDIAインドはダイヤモンドの歴史上重要BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリー

ダイヤモンドの歴史上避けては通れない要所。古くは古代インドのトラヴィダ人はダイヤモンドを護符として使った最初の人類とされている。人類史上最も最初にダイヤモンドと触れたのではないかと推測されるのがインド人と言う事に成る。ちなみに歴史手に有名なダイヤモンド、【ブルーホープ】などを産出したとされる伝説のダイヤモンド鉱山ゴルゴンダもインドにあった。

インドのを治めたムガール帝国ではカースト制度の証書としてダイヤモンドの原石を用いていたと言われる。征服されざる者という意味を持つダイヤモンドは文字通り複製もカットや研磨も出来なかった事で人の身分の証しとしたというのはなかなかユニーク

現在のダイヤモンドにおけるインドは小粒のダイヤモンド(メレ―)のカット・研磨取り扱いが世界最大でダイヤモンド業界に携わる就業人口も世界最大。インドのダイヤモンドは北部のスーラットで研磨される。ムンバイ、旧ボンベイはイギリス植民地時代にイギリスの交易港として栄え、現座もインド最大の経済都市である。ムンバイ(Mumbai)には世界最大規模のダイヤモンド取引所が有りサイトホルダーとして登録されている企業数もインドが最大。ムンバイから北部のスーラットには毎日世界最大の規模のダイヤモンドの輸送が行われている。主にメレー用の産地として下れるインドは世界で流通するダイヤモンドの半数以上が研磨されて居と言われるほどの研磨の一大産地がある。
※現在アントワープブリリアントではインド研磨のダイヤモンドを取扱っていません

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ