BRIDGE ANTWERP > 用語集 > エメラルドカット

エメラルドカット

エメラルドカット EMERALD CUT

宝石のカット形状の一つで長方形の四隅を落とした八角形、「隅切の四角」とも呼ばれる。理想的な縦横の比率は1:1.75とされるが原石の形に合わせてカットされる場合は多く一定ではない。通常エメラルドカットは傷の多いエメラルド専用のカットでパビリオン部分もテーブル面に対して平行の面を階段状に研磨するステップカットが施される。テーブルから平行のファセットの連続で透明度が引き立つ。階段を上るの意味でキャリアを積んだり、その道での成功を助けとされている。ダイヤモンドに施した場合は他の宝石に名はない光の分散と大きなファセットから放たれるシンチレーションがとても魅力的に仕上がる。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15 第1吉田ビル1F
(アクセス)

ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ