BRIDGE ANTWERP > 用語集 > あ行 > 色溜まり

色溜まり

色溜まり(いろだまり)

カラーダイヤモンドの発色原因が格子結晶の歪みに起こる光の吸収からの残像色である場合にダイヤモンド内部に色帯構造のような部分カラーバンドを見る事が出来る。オーストラリア・アーガイル鉱山産ピンクダイヤモンド原石のカット・研磨では格子の欠陥部分であるカラーバンドを研磨して色が失われることが有る為、アーガイル鉱山のダイヤモンドを加工し始めた1990年代初頭はダイヤモンド原石の成り立ちに精通していない加工者が加工して色が失われるトラブルが相次いだ。

コーンフラワーブルとロイヤルブルーはサファイヤの最高色

これはブルーサファイヤなどの色帯構造の有る色石でも観察される事が有る。フェイスアップで色が抜けて見えると美しさを損なう、多くの場合カラーバンドや色溜まり色が全体に反射して見える為に気にならないことが多い。また六方晶系等の宝石の結晶方向によって色の差異が有る宝石は角度によって色だまりやカラーバンドが観察できることが有る。

⇒ピンクダイヤモンドについて

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ