BRIDGE ANTWERP > 用語集 > あ行 > エクロジャイト

エクロジャイト

Eclogite(エクロジャイト)

エクロジャイトは高温高圧下でる。赤色の柘榴石(鉄礬柘榴石〜苦礬柘榴石)と緑色の輝石(オンファス輝石)を主成分とする変成岩(広域変成岩)、榴輝岩(りゅうきがん)ともいう。Peridotite(ペリドタイト・かんらん岩)に伴って産出するマントル上部を形成する岩石。

ダイヤモンドは生成過程において取り込んだ内包物でエクロジャイトを含む。エクロジャイト内包物をタイプEと呼びます。

EタイプはEclogite(エクロジャイト)の頭文字Eを取ってタイプEと呼ばれる。変成岩起源の鉱物インクルージョンを含むダイヤモンドみ。橙色の結晶はアルマンディンカーネットもしくはパイロープガーネット。灰緑色の結晶はオンファサイトです。橙色と灰緑色の結晶の組み合わせはEタイプ起源の典型例で、発見した場合鮮やかな色彩のコントラストに驚くと思います。ガーネット族の結晶はもっと高圧下ではスピネルに代替される。

ダイヤモンドの鉱脈を探すトレジャーハンターの間ではエクロジャイト(ガーネット)の有るところにダイヤモンドも有ると考えられており、ダイヤモンド鉱脈に繋がる手掛かりとしてエクロジャイト(ガーネット)を探した歴史が有る。

※アントワープブリリアントでは特別美しい内包物であった場合を除いて取り扱う事は在りません。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ