BRIDGE ANTWERP > 用語集 > か行 > ゴールデンレッド(ピジョン ブラッド・ルビーの色)

ゴールデンレッド(ピジョン ブラッド・ルビーの色)

ゴールデンレッド・ピジョンブラッド・PIGEONBLOOD

ピジョンブラッドは(鳩の血の色)と言う意味の英語で、ルビーの最高色として名高い呼び名です。ルビーなどの色石の場合には色合いは品質の中でも重要なポイントです。その為、ピジョンブラッド=高品質となりがちですが、単純に色合いだけピジョンブラッドでも美しいルビーとなるかどうかは別の話ですので、ピジョンブラッドルビーを探す際にはその美しさにも注目してルビーを選んでください。

赤色が十分に濃く、薄くならず、しかし濃くなって黒味を帯びず、オレンジや青を帯びて色が赤色以外にならないものをピジョンブラッドと呼びます。下写真のルビーはミャンマー産ゴールデンレッド(NN)

ルビーの指輪はBRIDGE銀座

ローマの将軍で人類史上初の百科事典【博物誌】を記した大プリニウスは「ルビーは、内に燃える情熱の炎を宿している」と記しています。これはルビーが2000年以上前に既に人類史に登場しており、しかも宝石と居ての地位が有ったことを意味しています。ルビーの産地は東南アジアが中心です。ミャンマー、スリランカ、タイ、ベトナム、ラオス、等です。また一部オーストラリアやアフリカのモザンビーク等でも産出しています。しかしこれらの産地は全て地層が異なるために産出するルビーにも色合いの違いや、内包物の違い、紫外線に対する反応色の違いがあります。産地による違いの大きなルビーでは色合いや美しさによって同じ大きさのルビーで10倍程度の価格差が出る場合が有ります。

ルビーの色はレッド、ビビッドレッド、ピンキッシュレッド、ゴールドレッド、パープリッシュレッド、オレンジっシュレッド、ブラウニッシュレッド、ディープレッド、ダークレッド等様々な質が有ります。ピジョンブラッドは色の濃さの事なので、様々な色合いのピジョンブラッドが有ります。私たちが最高色としてコレクションしているのがピジョンブラッド・ゴールデンレッドです。

産地毎で高品質とされているのがミャンマーです。その為美しいルビーの呼び名であるピジョンブラッドはミャンマー産ルビーだけに適応する呼び名なのです。ミャンマーのルビーだけが何故そんなに珍重されるのか?というとその一つの理由が紫外線に対する鮮赤色反応と言われています。ミャンマーのルビーは太陽光線の元で紫外線を浴びると鮮やかな赤色に反応するのです。これはその他の産地のルビーには見られない反応でミャンマー産だけの特徴なのです。写真下は長波紫外線をミャンマー産ルビーに照射しています。

現在、鑑定鑑別機関ではルビーの色、特にピジョンブラッドについて判定を行う機関と行わない機関とが有ります。また鑑定鑑別機関によってもピジョンブラッドの色範囲が若干異なる為に絶対的なピジョンブラッドでないギリギリ品質のルビーについてはピジョンブラッド判定がすべての鑑定鑑別機関で取れるわけでは在りません。逆に誰が見ても美しいピジョンブラッド色のルビーはどの鑑定鑑別機関でもピジョンブラッド判定となります。

第三者鑑定鑑別でそこまで明確な基準の無いピジョンブラッドですので、そのルビーを販売する宝石店(ジュエラー)の見解は非常に重要です。責任を持ってルビーを仕入れしてその品質に自信の有る宝石商が「ピジョンブラッド」だと断言するルビーはどれも美しいルビーと言えると思います。貴方の人生の大切な記念日にルビーを選んでみてはいかがでしょうか?

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ