BRIDGE ANTWERP > 用語集 > か行 > カット Cut 4C

カット Cut 4C

Cut カット

ダイヤモンドの国際的な評価基準である4C、Carat(カラット)ダイヤモンドの重さ、Collar(カラー)ダイヤモンドの色、Clarity(クラリティ)ダイヤモンドの10倍拡大での透明度、Cut(カット)輝きの4項目で評価されます。この内ダイヤモンドの美しさを決める一番重要な要素がカット(Cut)です。カットは4Cグレードの中で唯一人間の手で決定される部分で職人の技術力が重要な要素となります。

カットグレードは5段階で標記します。

①エクセレント(1:3EX/HC 2:3EX 3:2EX/HC 4:2EX)

②ベリーグッド(1:VG/HC 2:VG)ベリーグッドグレードの中にアイディアルは分類される

③グッド(アンティークカットのダイヤモンドは開発された時代背景を考慮してグッド以下にはグレードしません)

④フェア

⑤プア

この内①エクセレントの中には総合評価、表面研磨、対称性の3項目すべて最高評価となるトリプルエクセレントとガードルを挟んだファセットの対称性の良し悪しで観察できるハート&キューピッドがそれぞれプラス評価としてグレードされる。その為、①トリプルエクセレント、ハート&キューピッドはカットグレードの最高位と考えられる。

1919年にマルセル・トルコフスキー氏の考案した”アイディアルカット”は現在のダイヤモンドカットグレードには存在しないが、1980年にGIAの教科書から外れてGIAがそれに代わるグレードとしてエクセレントを設定したことを考えると、ベリーグッド以上、エクセレント以下と考える事が出来る。

⇒ダイヤモンドのカットグレード4Cについて詳しく

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ