BRIDGE ANTWERP > 用語集 > か行 > ガードリング

ガードリング

Girdling ガードリング (ブルーティング)

ダイヤモンド原石を加工する工程のうち不要な部分をクリービングした後に最初に行う作業工程でガードル部分を決定する。ブルーティングとも呼ばれる。現在ダイヤモンドの加工において最も先に行われるのがガードリング。ガードリングする事でベースサイズを決定して研磨済みダイヤモンドのそれぞれの個所をどの程度の大きさに仕上げるのかの指針にしています。

1850年にアメリカのヘンリーDモースによって蒸気機関式のブルーティングマシーンが開発されました。モースは自身の開発したブルーティングマシーンでダイヤモンドに輪郭を自在に設定するというそれまで誰にも出来なかったことを成し遂げます。これによってラウンドカットやマーキース、オーバルと言った曲線を持つダイヤモンドがデビューすることに成ります。

1850年当時それ迄安定的にダイヤモンド原石を供給していたブラジルとインドが枯渇してしまい、ダイヤモンド原石はあたらしい物が供給されないという時代でした。モースは自身で作り出したブルーティングマシーンを使って既に貴族の手元にあった歩留まり優先で輝かないダイヤモンドを次々リカットして輝くダイヤモンドへと生まれ変わらせていきます。これによりモースのダイヤモンドはたちまち話題となりアメリカのダイヤモンドカット・研磨における地位を押し上げていくのです。

オールドヨーロピアンカットはヘンリーDモースの手でラウンドブリリアントカットへと進化を遂げることに成るのです。

⇒ダイヤモンドカットと研磨の歴史についてもっと

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ