BRIDGE ANTWERP > 用語集 > か行 > クロムダイオプサイド(Chrome Diopside)

クロムダイオプサイド(Chrome Diopside)

クロムダイオプサイド(Chrome Diopside)

鮮やかな緑色結晶としてダイヤモンド内包されるPタイプの内包物。キンバーライト鉱床は基本的にPタイプの内包物グループの為、ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーで取り扱うダイヤモンド内部にも内包成分として含まれています。

ダイオプサイド(透輝石)の中で、クロム要因で緑色に発色したものを「クロムダイオプサイド」と呼びます。 エメラルドに似た濃緑色の結晶が特長で、美しいクリアな緑色で近年人気が出てきている石の一つです。‎モース硬度は5.5~6.5と宝石としては高くなく(地球の平均硬度は7)しかも内包物を多く含みやすい性質の為にクラックや”内傷”がとても多く、衝撃で簡単に割れてしまうことも。その為リングとしてはアクセサリーとしても流通はほとんどしていません。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ