BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > 指輪について > PT900とPT950どちらがお勧めですか?
よくある質問

PT900とPT950どちらがお勧めですか?

現在プラチナはプラチナギルドによって国際的な基準純度を950と定められています。

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーではプラチナの純度900と950、999の3種類を展開しています。またこの3つの純度はどのデザインをお選びいただいても選択していただけます。

プラチナの純度については日本のジュエリー協会では850以上をプラチナジュエリーと認定していることから国内のマーケットには850、900、950、999等様々なプラチナが取り扱われいます。なかでもBRIDGE銀座でおススメするのは950です。

ブリッジ銀座のプラチナ950

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーのプラチナ950は通常の950と異なり、独自の配合で特にプラチナのきめ細かい美しさが際立ち高い強度を確保できるルテニウムを特殊配合したハードプラチナ950を使用しています。

長く宝飾業界に携わるからこそ

こだわりの素材を追求しています

完全に仕上げられたプラチナ950の鏡面は指あたりが良く柔らかくなめらかなつけ心地を実現しています。ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでは更に通常のプラチナ950をさらに鍛え上げビーッカース130以上(通常115以上をハードプラチナと呼ぶ)も実現しています。またご希望により超硬プラチナ950も承る事が出来ます。超硬プラチナはブリッジ銀座の加工アトリエで長年の研究の末に誕生した新しい素材でプラチナの純度は950を保ったまま表面硬度はビッカース200以上という強靭なプラチナです。

結婚指輪は毎日身に着けるものです。だからこそ強度と硬度には自信をもってお届けしたいとブリッジ銀座では考えています。それは人生最高の記念の品物となるエンゲージリングでも同じ事。ブリッジ銀座のハードプラチナや超硬プラチナ950はお客様の大切な記念の品物がいつまでも同じ状態が保たれて長くお手元で楽しんでいただけるように考えられた素材なのです。

プラチナの純度はパーミル表記で表します。ですので国内のプラチナ製品の純度表記は1000分の1を1とする単位、千分率で表記されます。記号は‰ (Unicode U+ 2030 、文字参照は ‰ )。英語では permil あるいは per mil、プラチナ950は1000分の950純プラチナ、PT900は1000分の900が純プラチナの合金であることを現しています。

  • facebook
  • instagram

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ