よくある質問

その他

合成ダイヤモンドの取り扱いは在りますか?

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは合成ダイヤモンドの取り扱いをしておりません。結婚指輪や婚約指輪は人生の大切な記念のタイミングに決意を込めたり、お互いの思いを込めて贈りあったりする特別なものであると思います。ブリッジではそうした記念の品物に工業製品の様な人口の製造物で希少性と宝石として価値の無い合成ダイヤモンドはふさわしくないと考えています。

まず大前提として合成ダイヤモンドは宝石ではありません、合成石とは天然、自然界に対応物がある宝石鉱物を指す言葉です。合成ダイヤモンドはダイヤモンドの鉱物学的特性を全てそろえた物質を人工的に結晶させたモノです。シンセチック ダイヤモンド、ラボラトリーグロウン ダイヤモンド、ラボラトリークリエイテッド ダイヤモンド、等名称を略さず言うことが2019年の宝飾業界のルールとしても議論されています。そのルールを守らないと天然石と勘違いして購入するなどのトラブルを招く可能性があるからです。現在国内の基準としては宝石鑑別団体協議会で定める宝石などの種類の定義は①天然②人工・合成③人造④模造の4パターンが表現方法として定義されています。

合成ダイヤモンドを含む合成宝石は宝石の持つ鉱物的特性を工業に生かして活用するために研究され生産されます。表記として人工ダイヤモンドと表現されることもあるようです。身近な所では腕時計のガラスなどは合成のサファイヤを使っています。

人造石は天然に無い物質を新たに生み出したもので、CZ(キュービック)、YAG(ヤグ)、GGG(スリージー)等です。これらは天然に対応物のない研究所生まれの宝石で人造石と呼びます。人造石は宝飾用に製造されるケースはまれで工業用に宝石の性質を利用して作られた物質を用いて作られます。その物質をカットしたら綺麗だったものが人造石です。

それに対して天然宝石の条件とは、①美しい事②希少性が高い事③永遠性が有る事。の3項目を満たすモノを宝石と呼びます。合成ダイヤモンドは人造ですので希少性は在りません。また宝石と呼ばれるものの中にも3項目をすべて満たす宝石は意外と少なく、ダイヤモンド、ルビー・サファイヤ、エメラルド、クリソベリル以外は3項目中どれかが完全では無いため半分貴石の意味で半貴石と呼ばれます。例えば満天の星が煌めくアフリカの夜空の様だと形容されるタンザナイト、非常に希少で比類なき美しさを備えたこの宝石はゾイサイトの仲間ですのでモース硬度は6.5です。これは地上に多く存在する水晶よりも柔らかい数値で通常使用で空気中の塵に摩耗してしまうため、永遠性があるとは言い切れません。

天然ダイヤモンドは高硬度から発輝される表面反射、石内部で光を無限の色合いに発色させる屈折、何者にも征服されない硬さ、そして何億年もかけて地上へやってきた希少性のすべてを持つ宝石なのです。

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは人生の節目に特別な思いを込めて贈るダイヤモンドはやはり天然の宝石、宝石の王であるダイヤモンドこそふさわしいと考えています。

 

※ダイヤモンドの合成方法は現在大きく2パターンの製造方法があります。詳しくは合成ダイヤモンドの用語を参照ください。合成石はダイヤモンド、ルビー、サファイヤ、エメラルドEMERALD、アレキサンドライト、スピネル、クォーツ、等など様々な宝石で行われております。

※BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは合成ダイヤモンドを取り扱いませんのでご安心ください。

婚約指輪のおすすめデザインは?

Q:婚約指輪(エンゲージリング)はどんなデザインが良いか、正直、見当もつかない! おすすめを教えてください。 

A:プロポーズする際に男性から女性へ贈られるエンゲージリング、センターメインストーンにはダイヤモンドをあしらうことが多く、シンプルで清楚なデザインが人気です。とはいってもシンプルや清楚なデザインと一口に言ってもリング幅はどのくらいのボリューム感?曲線の柔らかさはどの位?センターダイヤモンドを留める爪の本数は4本?6本?それとも5やそれ以上?と決めなければいけないポイントは意外と多いものです。世の男性にとってこのタイミングで一番困るのは・・・・

「せっかく選んでもらったけどこのデザインはあまり好きではない」となってしまう事ではないでしょうか?

そこでBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーではそんなお悩みをすべて解消するプロポーズプランをご用意いたしました。「ダイヤモンド&プロポーズ」では初めにダイヤモンドだけをお選びいただき、シンプルなTHEエンゲージリングデザインに仮留めしてお渡しいたします。そのリングでプロポーズしていただき、無事成功した後にお二人でご来店いただき、女性の好きなデザインをお二人でゆっくり選んでいただくというものです。

ダイヤモンドプロポーズは男性に人気のプロポーズプランBRIDGE銀座東京

ダイヤモンド&プロポーズプランでは

・お二人の大切な瞬間を託す永遠の輝きダイヤモンドでプロポーズできる。

・婚約指輪の総額を女性に知られずにスマートなプロポーズができる。

・女性の好みがわからなくてもOK

・女性の指のサイズがわからなくてもOK ⇒ダイヤモンド&プロポーズ

ダイヤモンドプロポーズは彼女の好みが判らなくても大丈夫、サプライズ応援企画

男性が選んだものを贈られたいという女性も

中にはデザインやイメージは全て男性に任せて兎に角「私の為に選んでくれた指輪」を身に着けたいという女性もおられます。そんな時は、テーマやイメージといった抽象的な選択方法では範囲が広すぎるので、2~5択程度までお二人でデザインを決めてみるのも良いと思います。

プロポーズしていないのにエンゲージリングのデザインを決めに宝石店へ来店するのがハードルが高いと思われるかもしれませんが、デートの延長で【例えば、どんなデザインが好きなのか?】でご来店いただく事もお勧めです。気負っていない時の方が意外と運命の出会いがあるかもしれません。

サプライズプロポーズも人気ですが、基本的にエンゲージリングはお二人でご来店されてデザインを決めるカップルが半数以上です。

ダイヤモンドは永遠の輝き

地上に存在する物質の中でも最も高い表面硬度を持ち、経年劣化にとても高い耐久性を持つ宝石、ダイヤモンド。そんなダイヤモンドの永遠性という特徴に、古来より人々は形の無いモノ、特に愛情や情熱、そして決意を託してきた歴史が有ります。ダイヤモンドはプロポーズする人の決意と情熱を、その永遠の輝きに込めて贈るもの。

誓いの言葉と共に贈られたダイヤモンドは女性にとって一生の思い出となり、共に手元に残ります。ダイヤモンドの輝きは二人にとってプロポーズの幸せな記憶と共に永遠になるのです。

プロポーズから始まる二人の大切な瞬間をいつもダイヤモンドと共に・・いつかそれは二人にとってもかけがえのない宝物になります。
そしていつの日かダイヤモンドは想いを受け継ぐ誰かに託されてそして伝説となるのです。親から子へ、そして子から孫へ、使う人の想いと共に受け継がれる宝石、それがダイヤモンドなのです。

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーではそんな宝物ととなって二人の大切な思い出の象徴と成るダイヤモンドに相応しい品物を多数そろえています。Diamonds are Forever

両親へのあいさつに婚約指輪は必要?

両親への挨拶の際に婚約指輪はつけていってもよいのか?と質問いただくことが多いので回答します。女性の左薬指にダイヤモンドのリングを付けていたらそれは婚約の証です。両親への最初の挨拶では女性の方から「こういうもの(素敵なもの)を頂きました。」と言っておリングを披露目してください。

手順を踏んで紹介、お披露目されればご両親も嬉しいですし、男性がキチンとしてくれる方なんだという良いイメージも持ってもらえます。

結納や両親への挨拶で婚約指輪は披露するBRIGDE銀座

また完全に初対面で結婚の意思を伝えに伺う場合や両親が結婚に難色を示している場合は婚約指輪はBOXの中に納めたまま持参して、両親の許しが出た段階で披露するのが良いと思います。

以下に結婚報告の順番を記載しておきますので参考にしてください。

①プロポーズする

 ・思いを伝えましょう!様々なぷろぽーすスポットをまとめていますので是非スポット特集もご覧ください。またエンゲージリングはこのタイミングで渡す男性が一番多いようです。記憶に残るプロポーズを!!応援しています。

→プロポーズスポットを見る

②両親へ報告

 ・男性が女性の両親(家庭の筆頭者)へ結婚したい旨を伝えます。無事了承いただければ結婚がいよいよ決まってきます。

③決め酒

 ・女性の両親に了承いただいたら、自分の両親にそのことを報告します。(この段階では女性の両親からすると、男性が一人で結婚の許しを請いに来た状況なので家としての意見とはなっていません。)その後、男性はご自身の父親や祖父(筆頭者)が先方の両親にあいさつに行く日を段取ります。筆頭者として正式に結婚の申し入れをするという事と、本当に嫁にもらってもよいのだという事を確認に行く意味を持っています。この時お酒を持って行くことが多いことから【決め酒】と呼ばれます。

④結納(顔合わせの食事会)

 ・決め酒したら両家の筆頭者同士の話し合いで結納や顔合わせの日時や内容を決めます。正式な結納式を行うカップルもありますが、最近では略式結納のスタイルで両家の食事会というスタイルで行われることも多いようです。この時に結婚の品として様々なものが男性のおうちから女性のお家へ送られます。婚約指輪はこの時【結美輪(ゆびわ)】として結納の品の中に入れることもあるようです。どのようにされるかは結納を取り仕切る男性の両親(筆頭者)に確認するのが望ましいです。古くは結納式は女性側の結婚式とされています。

⑤入籍&結婚式

 ・結納が済んで両家ともの了承を得て、婚約状態になったら入籍日程を決めて入籍します。結婚式も結納の10か月以内で実施するカップルが最も多いようです。結婚式は今度は男性のおうちの儀式です。招待状なども当事者の男性ではなく筆頭者の名前で出されることが多いようです。

上記はあくまで参考までです。結婚はお住いの地域や家族の文化によっても考え方が異なるため、一概にこの方法が望ましいという事もありませんのでご注意ください。また個人が優先される昨今ですが結婚に関してはまだまだ家族を外して考えることは難しいようです。

それまでにも互いの家に遊びに行ったり、何度も先方のご両親に会っていて食事などもしたことのある間柄であっても、いざ結婚の挨拶ともなると意外と緊張してしまうものです。親しき中にも礼儀あり。決めるところはキチンと決めれるのも大切なことであると考えています。

「結婚は家同士のもの」ともいわれるように両家とのお付き合いはその後の結婚生活を送る上でも大切なポイントです。第一印象が決まる初めの挨拶はとても大事です。

 

アントワープって何? Belgium-Antwerpen

Antwerp brilliant アントワープって何ですか?とよく聞かれます。アントワープはベルギー北部の町でダイヤモンド研磨の聖地とも呼ばれる町の名前です。その他アントワープにはダイヤモンドビジネスと密接な関係のある大きなユダヤ人コミュニティーが有ります。

旅行の本なんかではアントウエルペンと発音しているところも多いみたいです。Webでは半々くらいですかね?宝飾業界ではAntwerp⇒アントワープですので私たちもアントワープと呼びます。ちなみにオランダ語だとAntwerpen(アントウエルペン)フランス語だとAnvers(アンヴェルス)英語ではAntwerp(アントワープ)という具合です。

その他にもネーデルランドやフランダースなどいろいろな呼び方が有りますが、このれはこの地域が要所だったため大国の間で複雑な歴史的背景を持っていた為と思われます。その辺もちょっと詳しめに書いてみます。

ベルギー直輸入 アントワープ ダイヤモンド研磨の聖地 フィリッペンス・ベルト ブリッジ銀座 婚約リングに人気

上の地図を見てもらうとピンク色に色分けした部分がアントワープです。アントワープは北海へ流れ込むスヘルデ川があり北海からの交易船を受け入れる海の玄関口であり、スヘルデ川が上流へ登ればライン川、マース川、セーヌ川とヨーロッパの重要都市へとつながる河川運送の要所でもあったのです。川と海両方の交易によっていつの時代も重要な場所として栄えてきたのがアントワープです。

名前の由来はシルビウス・ブラボーの伝説

アントワープ アントウエルペン ダイヤモンド研磨の聖地 フィリッペンスベルト ブリッジ銀座

その昔スヘルデ川(アントワープ)に伝説の巨人「ドルオン・アンディゴーン」が住んでいて通行する船に通行料をとっていたそうです。そしてそれに応じない船乗りは手を切り落とされたそうです。そこにローマの英雄シルビウス・ブラボーがやってきて悪いこと事をする巨人ドルオン・アンティゴーンを懲らしめて手首を切り落とし川へ投げ捨てたそうです。それによってアントワープは自由に解放されたのだとか、、、

アントワープ市の中心部、市庁舎のある広場にはその伝説を銅像にした記念碑が有ります。日本では”首”なんですが中世ヨーロッパでは”右手首”が「死手譲渡」の証だったようです。写真左が市庁舎、右はギルドハウス。市庁舎の裏手がスヘルデ川。世界初の自由貿易都市らしく市庁舎には多くの国の旗が掲げられて象徴的です。

こうして自由解放されたアントワープは海と川の交通の要所として栄えていきます。ダイヤモンドとアントワープのかかわりを決定的にするのは1400年代、ダイヤモンドこそ権力の象徴であると考えていた時のブルゴーニュ公シャルル突進公の時代にまで遡ります。

当時のヨーロッパはフランスとイギリスの100年戦争なんて言われる時代。大国同士が争って紛争が絶えないころ周辺諸国も当然覇権争いに巻き込まれたり自ら戦火に飛び込んだりと様々な動きがあったようです。アントワープを含む現在のベルギー一帯を支配していたのはブルゴーニュ公国でした。

経済的に成功して大きな力を持ったアントワープはフランドル地方の毛織物産業、イギリスのイングランド産毛織物、ポルトガルからの胡椒やシナモンなどの香辛料、ヴェネツィアやドイツ・ケルンの商人達でにぎわいました。そうした交易品の中には王に献上されるダイヤモンドもあったのです。

Lodewyk van Berken ルドヴィック・ヴァン・ベルケム

宝石の加工は経済が豊かなこのアントワープの地で盛んにおこなわれるようになりました。当時ダイヤモンドはカットしたり割ったりする事が出来ても研磨したり切断するなどはできませんでした。そこでブルゴーニュ公シャルルはアントワープで一番の腕前だったルドヴィック・ヴァン・ベルケム (Lodewyk van Berken ローデウィク・ファン・ベルケンルとも呼ぶ)にダイヤモンドの研磨を依頼します。

ベルケムは試行錯誤の末にダイヤモンドをダイヤモンドで磨く方法の進化版として皮や木の板ではなく鋼鉄の回転盤の上で粉末状のダイヤモンドで大きなサイズのダイヤモンドを磨く事に成功します。これによってダイヤモンドに明確なファセットを着ける事が出来るようになったのです。

当時の貴族社会では明かりといえば蝋燭(ろうそく)等が主流でしたので、蝋燭のような揺らめく光の下で美しく光るにはダイヤモンドのファセットをより細かく磨きだすこの方法はとてもマッチしていたようです。

ダイヤモンドのファセットを付けたローズカット ベルケムによってアントワープで開発されたスカイフを使った新技術

ベルケムの研磨したキラキラした面を持つダイヤモンドは貴族たちの間で話題を呼びその後ダイヤモンド研磨のスタンダードへと進化していきます。この技術を使った進化版で今でも目にするのが薔薇のつぼみをモチーフにした”ローズカット”です。

12,16,24,32面と平面にファセットを磨きだせるスカイフの登場によって美しい研磨面と類稀なる硬度から発揮される表面反射を手に入れたダイヤモンドは宝石としての価値を決定的なものにし不動の人気を得ていきます。

スカイフ ベルケム Lodewyk van Berken アントワープブリリアント ブリッジ銀座 ダイヤモンド研磨 スカイフ Scaif アントワープブリリアント フィリッペンスベルト プロポーズ銀座

ベルケムは幾つか有名なダイヤモンドを研磨したと言われていますが、その中でも有名なのが「フローレンティン 137.27ct 」と「サンシー 55.23ct  」「ボーサンシー 34.98ct:110面」です。

シャルル突進公の依頼でベルケムはサンシー(Sancy)を研磨、さらに得意のローズカットを施したボーサンシー(Beau Sancy)を研磨し、そしてレモンイエローのダイヤモンド「フローレンティン(Florentine)」を世界最初の対称的なファセットを持つダイヤモンドとして研磨したといいます。

ダイヤモンドを力の象徴と信じていたシャルル突進公はいつもフローレンティンダイヤモンドを身に着けていましたが、シャルルが戦争に敗れた時に3つの大きなダイヤモンドは敵に剥奪されました。

フレーレンティンはその大きさからダイヤモンドではなくガラスだと思ったスイス軍傭兵によってそのまま戦場から持ち帰られ、どこかに売られたと言われています。すごい話ですよね、その後、様々な人の手を渡って1665年にフランスで宝石商が所有していたので、その段ではダイヤモンドとして再び輝きを取り戻していたと思われます。

そして1918年王権の崩壊の際、最後の所有者であった皇帝カールI世がスイスへ亡命する時にフローレンティンを一緒に持って亡命した所までしか分っていません。残念ながらフローレンティンダイヤモンドは行方が分からなくなっていいるのです。

サンシーはローマ法王シクスタス4世に献上され、ボーサンシーは和解の”しるし”としてフランス王ルイ11世に献上されたといいます。サンシーダイヤモンドを見たルイ11世は宿敵戦死の知らせを聞いて涙を流して喜んだのだとか・・・

ちなみにこの時のベルケムが受け取ったダイヤモンド研磨の報酬は3,000ダカットだったとか、1ダカットはベニスで発行された純金の金貨。重さ約3.5gですから3,000ダカットはざっと純金10,500gです。金1グラム2017年現在約5,000円とすると・・ざっと5,250万円!!すごい大金です。いつの時代も特別な世界でたった一人しか出来ないようなことをやってのけると言う事はものすごい事なんですね。

2012年ボーサンシーはスイスの老舗オークションハウス「サザビーズ」で競売にかけられ904万2500スイスフランで落札されました。サザビーズはこのダイヤを「今まで競売に掛けられた中で最も魅惑的でロマンチックな宝石」と説明しました、またサザビーズの会長は「あなたが購入するのは単なるダイヤではなく、歴史的芸術品なのです」とコメントを残しています。

⇒ダイヤモンドカット研磨の歴史

そしてこの話のクライマックスはやはり世界最初のエンゲージリングですね!

マリー・ド・ブルゴーニュ Marie de Bourgougne

シャルルが戦いで命を落とすと王を失ったブルゴーニュ公国に対して即座にフランス軍が侵攻してアントワープ一帯を占拠してしまいます。幽閉状態になったブルゴーニュ公国の一人娘”マリー姫”はシャルル突進公が許嫁と決めていた隣国の王子ハプスブルグ家のマクシミリアンに救援に来るよう手紙を書きました。マクシミリアンはその手紙をもらうと即座に挙兵しオーストリア軍を率いて救出にやってきます。

マクシミリアンは見事にフランス軍を撃退しマリー姫を救い出したのでした。そして二人は結婚、この時マクシミリアンは婚約の証にダイヤモンドのリングをマリー姫に渡します。これはダイヤモンドこそ権力の象徴と信じていたマリー姫の父、シャルル突進公へのオマージュだったかもしれませんね。ベルケムを中心としたダイヤモンド研磨の職人たちの想いや技術はその弟子たちに今日まで連綿と引き継がれ守られているのです。

しかもマリーがあまりにも美しい姫だったことやマクシミリアンとの劇的な結婚のエピソードは当時、世の女性の憧れとなり、この時代まで完全に男性の持ち物だったダイヤモンドが結婚などの人生の節目に女性に贈るモノになっていったのです。アントワープは宝石を女性のものにした街なのかもしれません。

マリーとマクシミリアンは結婚後幸せな家庭を築くのですが三人目の子供を妊娠しているときにマリー王女が急死してしまいます。マリー王女は今もベルギー北部のブルージュの聖母教会に眠っています。マクシミリアンはその後、神聖ローマ帝国の皇帝となり成功を収めていきます。

1519年に皇帝となったマリーとマクシミリアンの孫にあたるカール5世は大国の間で安定しなかったブルゴーニュ地方ネーデルランド(ベルギー)をついに統一支配します。カール5世はハプスブルグ家とアントワープの経済力を使い支配地域を拡大していき最終的にルーマニア北部からスペインまでヨーロッパ全域に領地を持つことになり『日の沈まぬ皇帝』と言われるほどの皇帝になります。

カール5世の支配地域神聖ローマ帝国ハプスブルグ家まりとマクシミリアンの孫ダイヤモンド研磨アントワープブリリアント銀座

カール5世はブリュッセルを拠点にこの広大な領地を管理したそうです。カール5世の時代に全盛を迎えたハプスブルグ家はシャルル突進公や神聖ローマ皇帝マクシミリアンの悲願であったヨーロッパ統一まであと一歩まで迫ります。そうした偉大な王がマリーの孫にあたるカール5世なのです。

これだけ広大な領地を統治したカール5世ですが政治の中心を生まれ故郷のベルギー・ブリュッセルに置き、こよなくこの地を愛したと言われています。広大な領地を支配していたカール5世は複数の言葉を話す必要が有りました”I speak Spanish to God, Italian to women, French to men and German to my horse.” は有名。それにしても”ドイツ語は馬の為に”って・・・今でいうクルマみたいなポジションが馬だとするとどういう意味なんでしょうか?

ブルージュやアントワープにはマリーやマクシミリアン、カール5世などのモニュメントを町の至るところで見つける事が出来ます。旅行に行かれるチャンスが有れば足跡をたどる旅も面白いかもしれません

 

 

よく見ると・・・マリーとマクシミリアンの家族が街の至る所に。中世そのままの石の建築物はそれだけで荘厳な雰囲気を醸し出します。因みにこの地域のトランプ絵柄はKING=シャルル、QUEEN=マリー、JACK=マクシミリアンだったりします。

ハプスブルグ家によるこうした統治はフランス革命マリーアントワネットの時代まで繁栄を極めましたが徐々に力失い19世紀初頭に完全に解体しました。華やかな貴族文化発祥はハプスブルグ家を大きく躍進させヨーロッパ随一の名門王侯貴族となっていくのです。

貴族文化の礎を築いたシャルル突進公が肌身離さず所持していたフローレンティンダイヤモンドは王権崩壊の時に最後の皇帝となったカール1世と共に歴史から姿を消したことを考えると、なんだか感慨深いものを感じます。

ベルギーのアントワープ

当初交易の中心として重要だったアントワープですが次第に経済という力を失っていき1600年ころからは歴史の表舞台に登場しなくなってしまいます。アントワープどころかネーデルランド(ベルギー周辺)が登場しなくなってしまいます、、、この間もオランダやルクセンブルクその他の周辺自治区とフランスなどの間で激しく自治権が入れ替わり続けます。乱暴な言い方ですがそうこうしているうちに約400年の時がたち現代になります。

この間は周辺自治区や国との歴史が複雑すぎるので重要部分を除いて割愛します。そして1830年にネーデルランド連合王国から独立しベルギー王国として建国されます。

首都が置かれたのはカール5世が政権をふるったブリュッセル。ブリュッセルから南をワロン地方、北をフランダース地方と呼ぶ国家として現在に至ります。アントワープはベルギー北部フランダース地方最大の都市で2000年以降の人口は約50万人。ベルギーは総人口で1,100万人ですから約5%がアントワープに住んでいることになります。

ダイヤモンドの集散地としてのアントワープ

ダイヤモンド研磨の技術はこの時も脈々と職人たちの間で継承されていてアントワープやブルージュなど北部の町に受け継がれていました。1830年のベルギー独立後「永世中立国」を宣言したことや自由経済にいち早く着目して動いていたことからベルギーでは世界に先駆けて産業革命が起こります。

アントワープには世界の富に深くかかわると言われるユダヤ人コミュニティーが有るのですが、これも金融で有利になったひとつの理由かもしれません。アントワープのダイヤモンド業界は産業革命の波に乗ってそれまで職人一人一人が手作業で行っていた作業を分割し分業化、ダイヤモンド研磨の工場を世界に先駆けて出現させます。

ダイヤモンドという極端に個性的な製品の生産はただでさえ高い専門的な技術が要求される作業領域なのですが、そこに着目したアントワープのダイヤモンド研磨は専売特許になり俄然注目を集めるようになります。

永世中立、自由経済、ユダヤの商人、ダイヤモンド研磨の技術と労働力。当時のアントワープにはダイヤモンドで成功するすべての要素が揃っていたと言っても過言ではないようですね!

そして1980年代から現代ではアントワープはダイヤモンドビジネスにおいて外すことのできない街となりました。アントワープのダイヤモンド産業にはベルギー政府の国策によって税制面で優遇され、より自由な取引が可能な街へと進化していきます。

伴ってダイヤモンド取引に必要な銀行、運送、税制、技術、知識と経験、人材、輸出入の規制など全てのインフラストラクチャーが高次元で揃っていったのです。

しかもサイトホルダーと呼ばれるデビアスグループのダイヤモンド原石を買い付けて研磨する事が出来る企業の事務所が世界で最も集中して軒を連ねました。アントワープのダイヤモンドストリートはベルギー軍によって厳重に警備された安全エリアとなり、ダイヤモンド取引の原石の輸入屋、ブローカー、カット工場、研磨職人、世界中の宝石バイヤー等で大いに賑わいました。

車止め

これはダイヤモンド取引所が集合するストリートに突き出た鉄柱です。宝石泥棒がクルマで安易に逃走できない様にボタン一つで道路から突き出してきます。これは各ダイヤモンド取引所で自在にコントロールできるようになっており、いつでも動かす事が出来るようになっています。安全なダイヤモンド取引のためにこんなものが道路に設置されてるのもアントワープの特徴です。

この鉄柱の奥がダイヤモンドストリート、世界中のダイヤモンドバイヤーが集まってくる場所です。アントワープは人種差別や経済的な理由による格差社会が無くとても開かれたマーケットが展開されています。

それぞれの建物の中にはサイトホルダーの事務所が入居していて入り口は厳重に管理されています。外国人である僕たち日本人が入場する際はパスポートを受付に預けての入場となります。パスポートはビルから出るまで返してもらえません。

ダイヤモンドストリートとは言っても宝石店や通常のお客様向けの商店はい一件もないのです。事前アポイントメントのない外国人はビル内部に入る事も出来ないので観光には全く向いていませんね。

ノートルダム大聖堂

アントアープのノートルダム寺院BRIDGE銀座

アントワープのシンボリックなノートルダム大聖堂、毎日17:00頃までは6ユーロで中に入る事も出来ます。内部はカトリック寺院なのでとても荘厳な雰囲気です。石の大聖堂なので少しひんやりしてます基本的に寺院ですので大騒ぎは厳禁!静かに建物を楽しみましょう。

ノートルダム大聖堂の内部には宗教画が多くかけられています。キリスト教の中でもカトリックの寺院なのでマリア様にまつわる絵も多く展示されています。キリスト教の歴史やカトリックやプロテスタントの簡単な考え方について事前に調べていくと楽しみが倍増すると思います。

 

1600年代に活躍したピーテル・パウル・ルーベンスのキリスト昇架とキリスト降架を含む4点が展示されています。

キリスト降架ルーベンスAntwerpノートルダム大聖堂 ルーベンス キリスト昇架BRIDGEAntwrepbrilliantGALLERY銀座

アントワープを代表する作家のルーベンスの銅像、ルーベンス美術館も街中に有るので個別に訪ねるのもお勧めです。アントワープのノートルダム大聖堂は123m 街の中でも特別高い建物です。アントワープで迷子になったらノートルダムの位置を確認して現在地を考えると便利です。今はグーグルマップが有るから大丈夫ですかね?

このノートルダム大聖堂、本当は複数の塔を建てる予定で1352年着工しますが1530年ころ資金不足に陥り工事が中断、未完成のままの途中なんですが完成という形になっています。でも何本も鐘楼があるよりも今の方が美しいかもしれませんよね!

街のことなので書き出すときりがないのですがアントワープまだまだ紹介しきれない魅力にあふれると所です。ヨーロッパ観光に出かける際はベルギーも候補地に入れてみてはいかがでしょか?

センス良く見える男性用マリッジリングを探しています。おススメのアレンジは?

Q:男性ですが、普通すぎる指輪はイヤなので、少し凝ったデザインのリングにしたいと思っています。メンズでも違和感のないカラーストーンや、軽々しく見えないけどオシャレな加工などがあれば教えてください!

男性用デザインをセンス良く見せる加工は様々ございます。特に人気なのが金属表面に細かな線を着けるようなつや消し仕上げ「ヘアーライン」です。腕時計のつや消しはほとんどこれと同様のヘアーラインが多いのではないでしょうか?また金属表面を鏨(たがね)でアトランダムに堀模様をつける「スターシューティング(鏨彫り)」やハンマーでたたいて独特な表面加工を施す「ハンマー(槌目仕上)」も人気上昇中です。

スターシューティング仕上げは鏨彫りの職人技ブリッジ銀座の結婚指輪 ハンマリングやハンマ仕上げは槌目仕上と言いブリッジ銀座の人気結婚指輪デザイン 鏨彫りでラインを付けたような仕上げは職人の手作業ブリッジ銀座の人気結婚指輪 ヘアーライン仕上げの未来への船出はブリッジ銀座の人気マリッジリング男性用カッコいい

さらに個性を出したい男性にはストーンセッティングをお勧めします。近年はブラックダイヤモンドではなくブラウンダイヤモンドやアレキサンドライト、ブルーサファイヤなど硬度靭性とも十分な天然宝石を選ぶ男性も増えて居ます。

 

婚約指輪にふさわしいダイヤモンドのサイズは?

Q:エンゲージリングのダイヤモンドは、何カラットが普通ですか? 大きすぎても小さすぎてもプロポーズにふさわしくないと思うので、平均的なサイズが知りたいです。 

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーのエンゲージリングの持つ存在美は他のダイヤモンドを圧倒します

婚約指輪のセンターセティングされるダイヤモンド。確かに大きすぎれば花嫁の手からはみ出した様なボリュームに成りますし、小さすぎればキチンとした指輪としての見た目が出ないかもしれませんね、ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでは0.2ct~0.5ctを検討するカップルが最も多く、購入されるダイヤモンドで最も多いのが0.3ctサイズです。0.3ctは身長が150~160cmくらいの女性にとって大きすぎず小さすぎない丁度良いサイズなのかもしれません。

サプライズプロポーズの場合でも箱をパカっと開けた時のサイズのイメージを事前にご確認いただけるようにご用意しておりますので、その観点でもダイヤモンドのサイズをご確認いただきまして判断いただければと思います。

小さくても確かな存在感!アントワープブリリアントのダイヤモンド

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーのダイヤモンドはボツワナを中心としたデビアスグループの鉱山から厳選されたソーヤブル結晶のみ。ボツワナで上位1%以下まで選定されたダイヤモンド原石はベルギーへ空輸され、そこで専属研磨師のフィリッペンス・ベルト氏の審美眼でさらに厳しく選定され最終的に以上0.096%まで絞り込まれています。しかも加工は世界最高の腕前を持つ研磨職人フィリッペンス・ベルト氏によって行われるため、その美しさは格別です。たとえ0.2ctでも究極まで仕上げられたダイヤモンドが放つ輝きは目を見張るものがあります。大きさだけではなくダイヤモンドの持つ存在美にも着目して選びたいですね!

そして何よりも大事にしたいのは男性が女性へダイヤモンドを贈りたいという気持で有ることは言うまでもありません!

サプライズプロポーズの注意点

Q:彼女に知らせずに婚約指輪を用意したいのですが、間違えやすいポイント、気をつけることはありますか? がっかりされたくないので、よくある失敗など教えていただきたいです。 

サプライズプロポーズもお任せください

サプライズプロポーズを応援する企画をご用意しております。ダイヤモンド&プロポーズリングでは、まず最初にエンゲージメント用のダイヤモンドのみをお求め頂きます。そのダイヤモンドをザ婚約指輪、王道スタイルの婚約指輪デザインリングに仮セッティングいたします。女性のサイズが判らない時は少し大きめのリングサイズをお勧めいたします。おおよそ女性の身長体重が判れば該当するサイズをご提案させていただきます。きちんとしたサイズで指輪を贈る事も大事ですが、ここはダイヤモンドと共に真剣な想いを言葉で伝えてる事が一番大事。少しサイズに余裕のあるリングが何かと便利です。

注意★プロポーズ時にジャストサイズのリングをご用意したけど、むくみで入らなかったなんてエピソードも聞きます。またあまりサイズ調べに神経質になりすぎると女性に気付かれるリスクが増えます。

プロポーズ成功後に女性と二人でお好みのデザインを選んでください。先に選んでいただいたダイヤモンドをお選びいただいたデザイン枠で作成いたします。

このプランならエンゲージリングの総額を知られずにサプライズする事が出来ます。また、ポケットに入る小さなBOX等サプライズプロポーズ用のアイテムも少しご用意しておりますのでお気軽にお申し付けください。

また、お二人でご来店されエンゲージリングをお選びいただいて、女性には8週後の納期をお伝えしておき、男性には予定納期前にコッソリご納品させていただく「プチサプライズ」も人気です。

プロポーズ用のケース貸し出しについて

プロポーズリングをご成約のお客さまにはプロポーズ用のダイヤモンドリングを居れる特別なBOXをプレゼントいたしますのでご安心ください。ブリッジ銀座のこの小さなボックスはポケットにも入るサイズでての大きなお客さまなら握り込むこともできるかもしれません。それくらいの小さなサイズですのでちょっとしたサプライズにも最適です!

 サプライズプロポーズの専用BOXエンゲージリングはダイヤモンドがおススメ

ブリッジ銀座ではプロポーズを応援する特別なプランを複数ご用意しておりますので、ご自分のプランに会うスタイルでプロポーズをしていただけます。

①ダイヤモンド&プロポーズリング

ブリッジ銀座のプロポーズプラン”ダイヤモンド&プロポーズリング”

このプランではまず最初にダイヤモンド裸石(ルース)をお求め頂きます。お求め頂いたダイヤモンドの裸石(ルース)はそのままでプロポーズしたのでは眺めることはできても女性が指に着けて喜んでいただく事が出来ません。そこでブリッジ銀座ではシンプルな定番スタイルの婚約指輪デザインのリングにダイヤモンドをセッティングしてお渡しするサービスを行っております。

お選びいただくデザインはシンプルな王道スタイルのストレートリングです。しかもプロポーズ成功後はお二人でご来店いただき、女性の好みのデザインリングをお二人で選んでいただけます。そこでプロポーズ用の仮のリングからダイヤモンドを取り外して、お選びいただいたデザインのリングにダイヤモンドをきちんとセッティングいたします。

・このプランでは女性に贈るダイヤモンドの金額を知られませんのでよけいな気を使わせずに済みます。

・最終的なデザインは女性にお選びいただきますので、好みのデザインが贈れないのではないかと言った心配もございません

②プロポーズリング

BRIDGE銀座でシルバーのプロポーズリングで最高のプロポーズを

このプランではプロポーズの王道スタイルでもある6点留めストレートの婚約指輪デザインをお求め頂きます。シンプルな王道スタイルのリングは想いが伝わりやすいですよね!SVシルバー925にキュービックジルコニアをセッティングしたサンプルリングをサイズ毎にご用意しております。まずはプロポーズに集中して大成功させましょう!リングは奇数サイズで9.11.13をご用意しております。

エンゲージ全てに対応するプロポーザルブリッジ

エンゲージリングお求めのお客様にはマリッジリングおお求め頂く際にお使いいただけるプロポーザルブリッジチケットをお渡ししております。お求め頂くエンゲージリングにもよりますが、プロポーザルブリッジを使えばマリッジリング無料引き換えになるかもしれません!詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせください。

プロポーズは女性にとっても男性にとっても一生に一回きりの特別な瞬間です。プロポーズはぜひともカッコよく決めたいですよね!?ブリッジ銀座では全力でプロポーズを応援させていただきますので不明点や不安なことなど何でもご相談ください!経験豊富なスタッフが対応させていただきます!

指輪交換について

結婚指輪の意味とは

指輪交換は今や結婚式でも重要な儀式の一つとなってきました。そもそも結婚指輪(マリッジリング)は古代ローマ時代から続く伝統と歴史ある事なのです。その後社交界を中心に既婚である事の証しとしての”たしなみ”となっていきます。結婚指輪はお互いの分身を着け合うという意味があり、男性の薬指には女性の分身としての結婚指輪を、男性の薬指には女性の分身としての結婚指輪を着けるという意味もあるでそうです。

結婚式で交換される指輪はもともと契約円環の意味があり、お二人がお互いを伴侶とする誓いの証しとなっています。またリングが「円」であることは、お二人の関係が終りなく続く「円」である、「永遠」である、という意味も持っています。

古い時代から愛する人に指輪を贈るという事は、何よりも愛と決意を伝える事なのです。ミニマムな現代においては二人を繋ぐ愛の象徴として結婚指輪は重要性を増しているのです。

指輪交換はそうした結婚指輪をお互いに着け合う事をゲスト全員に祝福していただきながら行う事が出来る儀式なのです。

美しい指輪交換

結婚式のセレモニーとして人気の指輪交換ですが、それを美しくこなすには実はちょっとしたコツがあります。結婚式ではきっとカメラマンもいる事でしょう。指環交換は絶好のシャッターチャンスでもありますので、その瞬間をぜひ逃さずカメラに収めてください。

①リング到着

チャペルもしくは結婚式の会場で男性の左側に女性、女性の右側に男性という並びでいます。神父か牧師、または神主か僧侶の合図でお二人が向かい合います。新郎は新婦のヴェールをとり(ヴェールアップには二人の間の壁を取り払うという意味があるそうです。)指環交換でき状態にスタンバイします。そこへ指輪が運ばれてくると思います。

②新郎から新婦へ指輪をつける

新郎は渡されたリングを右手のひらに受け取り、左手でリングを固定して持ちます。新婦は左手を新郎に差し出しリングを着けてもらいやすいように準備します。

新郎は右手で新婦の左手を包み込むように取り、左手に持っているリングを新婦の左手に着けます。その際、最後まで押し込まずに、途中で止めます。指の途中でリングが止まったら、新郎は左手を新婦の左薬指の指先に持ち替えます。そして包むように持っていた右手でリングを左指奥の方へ押し込みます。

※右手の添え方で写真の構図も綺麗にかっこよく決まります。また途中で右手に持ち替えた後は右手を新婦の左手の下から添えるとより美しく見えます。

③新婦から新郎へリングを着ける

結婚指輪をつけてもらった新婦は今度は新郎に付けるリングを受け取り(付け方は新郎新婦が逆になって同じ事を繰り返します。)リングを着けます。リング交換は誓いのキスと同じくらいゲストにとっても楽しみなシーンですから、すぐ終わってしまっても、しばらくの余韻を持って動くと良いかもしれません。

④向き直る前に重ね付けを

結婚指輪をお互いに着け合ったら、当日新婦は右手にエンゲージリング(婚約指輪)を着けておいたのをご自分で左薬指に重ねつけしてください。この時あえて新郎が右から左に重ねつけてあげるものカッコいいと思います。これは、ご自身の結婚式の喜びや幸せが重ね重ね起ったり来たりしますようにという日本古来からのおまじないのようなものです。

指輪交換のポイント

新郎から新婦へマリッジリングを着けてあげた後や、新婦から新郎へ結婚指輪を付けた後に、一呼吸おいて周りを確認してください。きっとカメラマンがシャッターチャンスをうかがっていると思います。指環交換は結婚式のアルバムでも前半のハイライトになる場面です。カメラの方を向いて「スマイル!」の余裕があるといいかもしれません(笑)

もっと詳しく実施を交えて店頭では【美しい指輪交換の仕方講座】をお伝えさせていただきますのでご安心下さい。

 

 

両親へ、サプライズでプレゼントを考えています。何かありますか?

結婚式や結婚のタイミングで両親へ感謝の気持ちを伝えたいカップルが増えています。サプライズプレゼントって何を贈ればよいのか悩みますよね?大切な結婚の感謝を伝えるものですからきちんとしたいですよね?でも事前に相談しすぎると恥ずかしいからいいとか遠慮されてしまってなかなかうまくいかないという話もよく聞きます。

そうした場合のプレゼントでおすすめは、ご両親が何らかの宝石をリペア(修理)したりリモデル(改作)したりして贈るのはいかがでしょうか?一番おすすめはお父さまがお母さまへ贈ったエンゲージリングがサイズが合わなくなってもう指に入らないとか着けれない状態になっていたりしたら、それをこっそり仕上げ直ししてサイズ調整して差し上げるのがお勧めです。

リングはBRIDGE銀座のアトリエでピカピカに仕上げ直しさせていただきます。お預かりするリングがプラチナや金の場合は、現在のサイズが判ればさのご希望のサイズまでサイズ調整もさせていただきます。

さらにデザインが気に入っておられないようでしたら最新のデザインにダイヤモンドだけを載せ替えて作り変えてはいかがでしょうか?その場合はもともとついている台座の金属のグラム分を差し引いてお造りいただけますので。

BRIDGE美しさの秘密

超硬プラチナ950とは

超高プラチナ950はビッカース硬度200以上のアントワープブリリアント独自のプラチナ素材の事です。

ブリッジ銀座で展開する3ブランドの内アントワープブリリアント、インフィニティラブでは新素材 超硬プラチナ950(超PT950)を選んでいただく事が出来ます。超硬プラチナ950は金属の硬さを表す単位ビッカースで200以上の超硬素材なのです。

プラチナはインゴット(金属として出来上がって直)の状態ではビッカース硬度僅かに50程度、それをルテニウムなどを特殊配合してハードプラチナに作り上げるのが今までは最高位の硬度でした。それでもビッカース硬度は110程度が一般的なのですが、アントワープブリリアントでは世界基準のプラチナ950を鍛え上げビッカース硬度200以上を実現しました。

ドイツやスイス等のヨーロッパメーカーが展開する鍛造製法のリングや国産でも大手メーカーの展開する冷間鍛造と同等の硬さを持つ超高プラチナ950は鍛造製法では表現できない繊細なデザインや曲線の美しさはそのままに高級鍛造リングと同等の硬さを持つ結婚指輪なのです。

以下に簡単なビッカース硬度の一覧です

一般的なプラチナ999=Hv50

ハードプラチナ950=Hv115

ハードプラチナ900=Hv130

冷間鍛造の高品質リング=Hv200

超硬プラチナ950=Hv200

1円玉=Hv45

5円玉=Hv150

10円玉=Hv130

50円玉=Hv160

因みにダイヤモンドはHv7000!!

Hv(ビッカース)の数値が高いほど硬い素材と言えるのです。

 

 

 

 

Antwerpbrilliantではビッカース硬度200以上の超硬プラチナ素材の超高プラチナ950を選べるのは首都圏東京銀座ではブリッジ銀座だけHv200以上で普段使いに最適

新潟県工業技術総合研究所」様にてビッカース硬度の試験を行い見事200以上を達成しました。

国産プラチナの繊細で美しいデザインのままで日常生活で安心して使用していただけるHv200以上の超硬素材「超硬プラチナ950」の確かな手触りをぜひ店頭でもお確かめください。

Hv200とは一般的にフォークやナイフの硬さと同じです。硬いと言ってもプラチナですので、ステンレスのフォークやナイフくらいの硬さと思ってお使いいただけば何時までも大切にお使いいただける品質で有ると言えます。

※超高プラチナ950はアントワープブリリアントの全モデルとインフィニティラブ一部モデルで採用されています。今後BRIDGEやインフィニティラブの非対応商品にも順次対応していきますが、店頭商品で一部素材としてお選びいただけないものがございますので予めご了承ください。

 

鑑定書と鑑別書の違いは

宝石に対して発行される鑑定書と鑑別書の違いをご案内いたします。

鑑別書

まずは鑑別書からご案内いたします。鑑別書はすべての宝石に発行する事が出来ます。鑑別書では該当する宝石の種類、鉱物名、処理の有無、形や外観に関するポイントなどを記載して、その宝石がなんであるか?を記載していきます。鑑定書の種類によっては産地に関する記載がある場合が有ります。

またその宝石種を断定するに至った検査方法にチェックが入り、どのような検査方法を通して該当する宝石種を断定したのか?も記載されます。

そういった宝石種ごとに複雑な検査項目を宝石鑑定師が検査します。鑑別書は本物なのか偽物なのか?そういったことを記載した書類です。

鑑定書

それに対して鑑定書は全宝石中ダイヤモンドだけに発行される書類です。鑑定書の中には国際的な品質基準と成る4Cが記載されます。鑑別書では色の濃淡や透明度形の良し悪しは表記が有りませんでしたが、鑑定書ではその色や透明度の等級を示すものです。

ダイヤモンドには重さ、色、透明度、形の4項目の評価基準が有り、そのすべてをダイヤモンドのグレーダーが検査して評価します。日本ではアメリカの品質基準GIA方式を採用しています。

⇒ダイヤモンドの4Cについて

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでお求め頂きますセンターダイヤモンドには、ほとんどの場合ダイヤモンドの品質基準4Cを記した鑑定書グレーディングレポートが発行されます。

カラーゴールドについて

BRIDGE銀座Antwerp Brilliant GALLERYでは3種類の18金素材を取扱っています。

宝飾用貴金属の代表的な素材として18金があります。

18金は通常、純金と銀と銅の合金でその配合割合が純金75%以上の場合を18金と呼びます。

日本国内では金の品位を24分率を使って表しますが、世界の基準純度ではパーミル(‰)表示が通常です。

理論上は1,000‰=100%、純金100%となりますが、実際は100%不純物なしの金属は製造が非常に難しいため99%、999‰が正しい表現です。

金の取引などで使われる純金延べ棒等に刻印する場合も99.9もしくは99.99となり、スリーナインもしくはフォーナインなどと表記します。

ジュエリーの場合、延べ棒とは異なり単純に純度が高ければよいというものではありません。

装身具には加工や経年劣化、そもそも普段使いに耐え得る弾力や柔軟さ打ち傷に対する強度などが必要だからです。

金の基準品位などを定める国際的な機関”ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)”では装身具の金の基準品位を750‰すなわち全体の75%以上の含有量と定めています。

これは24分率では18にあたるので日本国内では18金と呼ばれます。

結婚指輪の素材18金の金含有量BRIDGE銀座

BRIDGE銀座で取り扱うカラーゴールドは3種類

24分の18を純金残りの6全体の25%を純金以外の金属で合金したものが18金なのですが、カラーゴールドはこの18金以外の合金素材の割合や配合する金属の種類を調整することで金属の色合いを調整しています。

通常配合用の金属の事を割がねと呼びます。

カラーゴールド18金の割がねBRIDGE

金の割がね素材としてSV純銀(シルバー)CU純銅(カッパー)PD(パラジウム)の3素材があります。

イエローゴールドは割がねのうちシルバーと銅の合金を配合して明るい金色を作り出します。

宝飾業界では”青金(あおきん)”と呼ばれます。

割合も4:6~6:4等様々です。BRIDGEでは発色の美しさにこだわって割合を決めています。女性の肌に馴染がよく人気上昇中のピンクゴールドは主にカッパーの中に僅かにパラジウムを配合して金を赤手に出します。

業界では”赤金(あかきん)”と呼ばれます。そして最近注目なのが黒っぽい色合いが男性用結婚指輪でも人気のホワイトゴールドです。

ホワイトゴールドは金の割がねにプラチナ族のパラジウムを配合してもともと金色だった金属を白系統に変化させます。

やや温かみのある黒い銀色に仕上がるため渋めの色合いがお好きな男性を中心に人気が出ています。

infinityloveカラーゴールドインフィニティラブBRIDEG銀座 インフィニティラブ陽結婚指輪ブリッジ銀座インフィニティラブキャンディBRIDGE銀座カラーゴールド

カジュアルな結婚指輪を多く展開するインフィニティラブにはカラーゴールドのラインナップが多数展開しています。

結婚指輪や婚約指輪の素材としても人気のイエローゴールドやピンクゴールドは経年劣化にも強く変色や酸化して黒ずんでしまうような心配のない安心で安全な素材です。

この他にも割がねの分量を調整してグリーンゴールドやシャンパンゴールドなど新しいカラーゴールドが登場しています。

⇒インフィニティラブの商品をもっと見る

金属にはたくさんの種類があるのですが銀色以外の金属は少なく僅かに『金』と『銅』のみ、カラーゴールドの世界ではこの色のある2種類の金属に割がねを混ぜて色合いを調整します。

BRIDGEではより発色良く貴金属表面のキメが揃いかつ柔軟性に富み強度あるイエローゴールドやピンクゴールドを日々追い求めています。  

ミルグレイン(ミル打ち)仕上げ

ミルグレイン(ミル打ち)は多くのアンティークジュエリー等に使われている貴金属細工技法です。Milgrain(Millgrain)と書きますがこれはフランス語でMil(千)のGrain(粒)という意味です。Milはミリメートルとかミリリットル(1000分の1)など実は身近な言葉なんですね、一方Millは粉砕する等の意味なので粉砕されたような小さい粒とも取れます。

ミリの様な小さい粒で「ミルグレイン」という訳です。千の小さな粒が連続する事から、「子宝や長寿」等を願う意味で結婚指輪にも多く用いられる人気の技法です。

アール・デコの装飾美術に多く見られる”ミルグレイン(ミル打ち)”

ミルグレインは1900年頃開発され1925年のフランスのパリ万博で注目されたアール・デコ調の装飾様式で職人の間では「French-milgrain(フレンチミルグレイン)」と呼ばれています。

そんなミル打ち等のアール・デコですが、そのルーツはキュビズムやバウハウス、アステカ文明、更には紀元前の日本や中国からもインスパイアを受けていると言われています。アメリカ、ドイツ、南米、アジア・・・世界中ですね。

アジアからのインスパイアが気になって調べたところ、秦の始皇帝や縄文文化などなかなかに興味深いです。特に中国のイヤリングはそのルーツとして最古。

古のアジアンテイストをヨーロッパアンティークに仕上げたミルグレインが何世紀もを経て世界中で人気を博すというのはジュエリーの文化の奥深さを感じます。

まさに現代美術と古代美術の融合した姿がミルグレインのジュエリーには有ると言って良いのではないでしょうか!

BRIDGEのミルグレイン(ミル打ち)デザイン

BRIDGEのミルグレイン加工ブリッジ千の彩 アンティーク技法 ほめられリング千の彩WG&PTバージョン ブリッジ銀座 アンティーク技法のミルグレイン 鍛造製法

BRIDGEのミル打ち(ミルグレイン)が美しいリング”Rice Shower 千の彩”1,000粒の水滴が織り成す彩、虹の結婚指輪を祝福のライスシャワーにたとえてデザインしています。

千の米粒がモチーフ、結婚式のセレモニーでもある祝福のライスシャワー、ライスシャワーは豊潤な恵みと子孫繁栄の象徴、これからの人生が豊かさと子宝に恵まれることを願って。

Rice Showerは鍛造技法でミルグレインを施していますので、長期使用によってミルが消えてきたりダレたりしません。長く安心してお使いいただけるリングです。

 

アントワープ DlineStar クラシック 男性用 ミルグレイン アンティーク技法 フラットストレート AntwrepBrilliantアントワープブリリアント婚約リングもアンティーク仕上げ エンゲージリング セミオーダー

AntwerpBrilliantの”D Line Star Classic”フラットな男性用リングの両縁にミルグレインを施しています。”千の彩”よりも小さいサイズのミルを施しますので遠くからだと粒粒はハッキリとは見えません、あまり可愛くなり過ぎたくない男性用としては丁度良いデザインです。

このリングでは職人が”なるべく均一”で”等間隔”に小さな粒を刻んていきます。これはガイドラインが有ったとしても根気と技術が必要な作業、熟練職人の手作業で一粒一粒丁寧に行われています。

そして右は”D Line Star Classic”の婚約指輪、一つ一つのダイヤモンドが持つ美しさを統合する。ダイヤモンドと着ける人の 魅力を融合し、引き上る、Dラインのクラシックスタイル、ミルグレインのセンターダイヤモンドバージョン。

エンゲージリングはミルグレインをあらかじめデザインして原型に落とし込んでいますのでハッキリとした粒状が見ていただけるのではないでしょうか。

 

ぐるりとくるりBRIDGEの結婚指輪ミルグレイン 銀座ブリッジ人気のエンゲージリングぐるりとくるりBRIDGEの結婚指輪ミルグレイン女性用 アンティーク技法人気

BRIDGEの”GURU&CURUぐるりとくるり”一方を丸型の繊細なフォルムに一方を角型のフォルムで引き合う個性を表現。お互いに足りない部分を補い合う夫婦生活をテーマに、デザインされています。

お互いに力を合わせる夫婦生活は、お互いの得意な分野でお互いを支え合って行く、これからのお二人の幸せを祈っています。ぐるりとくるりに使用したミググレインはBRIDGEでは最小サイズの小さなミルを施してあります。

”千の彩”や”D Line Star Classic”とは異なるミル打ちの技法を採用していますので、金属表面にまた違った表情を生み出します。

夜空の花火BRIDGE婚約指輪婚約指輪と結婚指輪ミルグレインのセット

BRIDEGのFire ceremony 夜空の花火、日本最古の国宝『縄文雪焔』をモチーフにしています。この土器が造られたのは約4500年前、主に祭事に用いられ篝火を燃やして古代の儀式において明りに用いたとされる土器。

燃え上がる炎がモチーフの火焔土器を結婚を決意した男性の情熱にかけています。

アーム部分は縄文をイメージしてアンティーク技法ミルグレインを使用してるのですが、まさにこの火炎土器などが20世紀初頭パリ万博でのアール・デコに大きなインスパイアを与えたのかもしれません。

ミルグレイン(ミル打ち)は結婚指輪に古の歴史と最新技術を融合するデザインなのです。

クラウンアンドティアラBRIDGE結婚指輪ミルグレインクラウンアンドティアラBRIDGE結婚指輪ミルグレインプラチナ

BRIDGEで最も大きなミルグレイン(ミル打ち)を施してあるCrown&Tiaraクラウン&ティアラ、色々なミルが有って楽しいですね!大粒のミルグレインがデザインに力強さを与え可愛い外観の中に”不落の橋”の威厳を少しプラスしてくれます。

様々な技法、様々なサイズで施されるミルグレイン(ミル打ち)

ミルグレインはミルを打つタガネ(鏨)やミルホイールという彫刻職人専用の工具を使います。

工具種類と鏨サイズで大きな粒から細かな粒まで様々な方法で様々なサイスのミルグレインを施す事が出来るのですが、中には厳密には粒ではなく”小さな尖り”だったり粒を残しているというよりも”ギザ10”のようなギザギザ模様を付けているデザインもあります。

よく見てみると”千の粒”なのか”千の山”なのかはたまた”千の谷”なのか色々なミルグレインが有りますのでお好みのミルを探すのも楽しいと思います。 

インフィニティラブフラッグBRIDGE銀座コンビのミルグレイン  インフィニティラブ変わったミルグレイン インフィニティラブHOPE定番ミルグレイン婚約指輪結婚指輪セット インフィニティラブDropセンターミル婚約指輪銀座 ウラナスインフィニティラブセットBRIDGE銀座 BRIDGE銀座エンゲージリング葵

インフィニティラブには様々なミルグレインのデザインがございます。

 

リングの艶消し(つや消し)仕上げ

BRIDEGでは婚約指輪、結婚指輪の最終仕上げを4つの方法でご案内しています。

①グロス仕上げ

②ホーニングマット仕上げ

③ヘアーラインマット仕上げ

④セラミック(ダイヤモンドバー)マット仕上げ、

同じデザインのリングでも仕上げ方で印象がガラッと変わりますのでお気に入りの仕上げ方を見つけてください。

Pt950、Pt900、K18イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、パラジウム全ての素材で選んでいただけます。

グロス(GROSS)仕上げ

BRIDGE銀座仕上げ方法グロス仕上げプラチナ

グロス仕上げ・鏡面磨きで金属表面をピカピカに仕上げます。プラチナ等の貴金属では一番一般的な仕上げかもしれません、女性用のリングでは一番人気の仕上げです。

BRIDGEでもほとんどの女性用リングと婚約指輪(エンゲージリング)ではこの仕上げを採用しています。BRIDGEではプラチナの表面のキメが綺麗に出る様にプラチナ950にルテニウム、パラジウムを独自の配合で特殊に配合して使用しています。

写真の制度が悪くあまりきれいに映ってないですが(泣)、、、ぜひ店頭で実際に手に取ってキメの美しさをご覧ください。

グロス仕上げの美しい結婚指輪:Cheerfulゆきどけ

まだ紹介しきれないデザインが多数店頭に展開していますので是非実際に手に取ってお確かめ下しさい。

 

マット仕上げ(Matte Finish)

BRIDGE銀座マット加工ホーニングマット仕上げプラチナ

ホーニングマットと呼ばれるこのやわらかな仕上げは小さな粒子を吹き付けて細かな跡を金属表面に付けていく加工です。金属表面で乱反射した光が優しい印象になる仕上げです。

”フワッ”とした優しい光が出るので女性用のリングの艶消し法としても人気が有ります。

マット仕上げの美しい結婚指輪:form of happiness幸せのカタチ

まだ紹介しきれないデザインが多数店頭に展開していますので是非実際に手に取ってお確かめ下しさい。

 

ヘアーラインマット仕上げ(Hair-Line Matte finish)

BRIDGE銀座マット仕上げヘアーラインを施したプラチナ

ヘアーライン仕上げは細い線状の”荒らし”を金属表面に付けていく仕上げです。曲面よりも平面の方がシャープな印象となります。スッキリとカッコイイ印象になるので男性に人気の仕上げ法です。

316Lステンレス腕時計のツートン仕上げほぼほぼこのヘアーライン仕上げが採用されています。

男性に人気のヘアーラインが美しいマリッジリング①:Sunset Beach煌めく水面

男性に人気のヘアーラインが美しいマリッジリング②:Voyage未来への船出

まだ紹介しきれないデザインが多数店頭に展開していますので是非実際に手に取ってお確かめ下しさい。

 

セラミックバーマット/ダイヤモンドバーマット仕上げ

(Ceramic/Diamond-Bar Matte Finish)

BRIDGE銀座マット仕上げ業界初ダイヤモンドマット 

そしてこの第4の仕上げはBRIDGE AntwerpBrilliantGALLERYオリジナルの艶(つや)消し法です。小さく砕いたセラミックや小さな工業用ダイヤモンドの粉で荒く磨き上げる方法です。

ヘアーラインよりもさらに強い印象の仕上げで男性に人気です。 

セラミックマット仕上げがカッコイイ結婚指輪:Bond Forever永遠の絆

 

サイトホルダーとは何ですか?

サイトホルダーとはDTC(Diamond Trading Company)ダイヤモンドトレーディングカンパニーからダイヤモンドの原石供給を受ける事の出来る権利を持つ会社のことを指します。

世界を旅するダイヤモンド Botswanaジュワネング鉱山 デブスワナ ボツワナ デビアス Debeers BRIDGE銀座 AntwerpBrilliantGALLERY

DTCボツワナのジュワネング鉱山 大規模な地下資源採掘がおこなわれている。

世界最高品質のダイヤモンド原石が産出する、この鉱山で産出したダイヤモンド原石を買い付ける事が出来る権利を持つ企業がサイトホルダーなのです。

※DTCはこの他にも南アフリカ、ナミビア、カナダなど世界各地にダイヤモンド鉱山を展開しています。

ブリッジ銀座のサイトホルダー研磨工場 ユーロスター ダイヤモンド婚約指輪

サイトホルダーは産出国の社会インフラを整える等の社会的奉仕活動を義務付けられております。そのため原産地には大規模なダイヤモンドカットアトリエが建設され、多くの雇用を創出し産出国の主要産業として成長しているだけでなく、原産地に病院や学校、水道や道路、下水や電気設備などの基本的な生活インフラの整備も行う等、社会的な貢献活動にも積極的に参加しています。

また採掘に伴い破壊された鉱山地区の自然保護も行っています。デブスワナBRIDGE銀座の地下資源採掘企業デビアスグループ

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーではDTCボツワナ(デブスワナ)で産出した超高品質ダイヤモンド原石を上位0.96%まで厳選します。その原石をボツワナ国内にあるのサイトホルダーのカットアトリエ事務所にて基礎カットします。その後ダイヤモンドはサイトホルダーの本社事務所が立地するベルギー・アントワープへ空輸されます。そこで専属カッターであるフィリッペンス・ベルト氏の手でさらに上位10%に厳選されます。フィリッペンス・ベルト氏はダイヤモンド原石全体の上位0.096%の超高品質ダイヤモンド原石だけを丁寧に研磨します。

そうしてダイヤモンドは最終仕上げを施し一部はIIDGRにて鑑定、一部は鑑定済み鑑定書未発行のまま日本へ輸入され、ブリッジ銀座の指定鑑定機関であるCGL中央宝石研究所にて鑑定されます。ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでは超高品質である事はもちろんのことクリーンで安心なトレサビリティを重視したダイヤモンドのみを取扱っております。

 

サイトホルダーは高いステータス性を持つリーディングカンパニー

「ダイヤモンドは永遠の輝き A Diamond is Forever」というフレーズを聞かれたことが有るかと思います。

このフレーズはDTCの前身であったデビアス(De Beers)が1980年代にTVCMなどで大々的にダイヤモンドをプロモーションした際に使用したフレーズです。

1980年代当時DTCは独占的にダイヤモンドを取扱っていた為、市場の競争原理を阻害しているのではないか?独占禁止法の適応範囲なのではないか?等のネガティブな意見もありつつ、今日までダイヤモンド業界をけん引してきたリーディングカンパニーなのは言うまでもありません。

現在DTCは本社をロンドンからダイヤモンド産出国であるボツワナに移転し、取扱うダイヤモンドの原石量は世界の産出量の約40%となっております。カナダやロシア、オーストラリア等のダイヤモンド産出国が独自にダイヤモンド販売を手掛けている現在、以前言われていたような”市場の競争原理の阻害”は実際には無い事が判ります。

1980年代DTCはダイヤモンドの全産出量中90%以上のシェアを誇る鉱山企業でした。地下資源としてとても貴重で高価、かつ特殊な産物であるダイヤモンド原石は加工できる業者も限られます。

また携帯性のある資産と見なされる宝石類ですので非合法行為やマネーロンダリングの温床となる等の懸念材料が多かったことなどからDTCではダイヤモンド原石を取扱う業者に高い社会的責任と倫理に基づいた経営を行う事を義務付けた審査基準を儲け選定してきた経緯が有ります。

その結果多くのサイトホルダーはDTCだけでなくロシアやオーストラリア、カナダなどのDTC以外のダイヤモンド産出国からも厚い信頼を集めています。

ダイヤモンド業界で「サイトホルダー」は非常に高いステータスほ誇る企業にのみ与えられる称号なのです。

男性の皆様へ

結婚指輪選びで重要です!

結婚指輪は二人で選ぶもの、とは言っても男性にとっては女性に喜んでもらえれば”何でも良いよ”という意見をよく伺います。

女性に人気のデザインを多数そろえるBRIDGE銀座で結婚指輪選びを楽しみましょう

この女性が喜べば”なんでも良い”の”なんでも良い”を女性サイドから見ると”興味がなさそう”とか”真剣に選んでくれない”等のネガティブに受け取られることがかな~り多いようです。(笑い事ではないですよね!!)

結婚指輪は長くお使いいただくものなので品質や価格も大事なのですが、女性にとっては”似合っているか?”もとても大事です。デザインは自分で選びたい女性も最終的に購入するかどうか?は男性が決めると思っている方も多いようです。

適度なアドバイスと「一緒に選んでいる」というメッセージを出して女性にスムーズにデザイン選定をしてもらうと良いと思います。

また、意外な話ですが、どの程度の金額を指させばいいのか?わからないという意見もよく聞きます。女性の本音としては

「似合う・気に行ったデザインを選びたい」

「せっかく一生ものだし良いものが持ちたい」

しかし一方で

「あまりにも予算と違う高いモノを選んで引かれたくない」

「安くし過ぎて品質も低すぎるモノを選びたくない」

という意見も

事前に予算や好みを女性に伝えておくことも重要かもしれませんね!

ホワイトゴールドは変色しやすいですか?

ホワイトゴールドとは

18金の場合24分の18すなわち全体の75%は純金を使い残りの25%をパラジウムなどの白色系の貴金属で作った合金が18金ホワイトゴールドです。

全体の75%は純金を使いますので黄金色の金を白く変化させてるとはいっても若干の”黄色味”が有る場合が殆どです。また割り金の相性によっては”黒い感じ”を持っていたりします。ジュエリーアトリエによってその色合いはまちまちで”黄色っぽい”感じのモノや”温かみの有る様な銀色”だったり”黒”っぽかったり様々なホワイトゴールドが有ると思います。

18金割がね表BRIDGEカラーゴールド混ぜる金属 人気はピンク ホワイトゴールド ブリッジ銀座 

BRIDGEでは使用するホワイトゴールドにパラジウムを割り金に使い、ホワイトゴールドの中ではより白く仕上げられた素材を採用しています。

英語などでホワイトゴールドはそのままの解釈では『白い金=白金』となりますが『白金』はプラチナのことを指し金とは異なる貴金属です。ホワイトゴールドは今のところ日本語名がなくそのまま『ホワイトゴールド』と呼ばれています。プラチナとホワイトゴールドは違う金属素材ですので注意が必要です。

※BRIDGEではアレルギー素材として指摘されるニッケルは割がねとして使用していませんのでご安心ください

⇒プラチナとホワイトゴールドの違いについてもっと詳しく

プラチナメッキを施していません

BRIDGEのホワイトゴールドはプラチナメッキ(正しくはロジウムコーティング)をしません。ですのでメッキが剝れる心配はいりません。また無メッキの素材ですので比較的変色の心配もありません。ご希望によりロジウムコーティングを受け賜ることもできますので店頭スタッフまでお問い合わせください。

BRIDGEのホワイトゴールドは素材そもそもの”黒っぽく少し暖かい銀色”に仕上げてあります。結婚指輪といえども白く清楚な銀色の苦手な男性にはこの渋みある発色が逆に人気が有ります。

Infinityカラーゴールド結婚指輪 ホワイトゴールド ピンクゴールドが人気 華奢 細身 カジュアル インフィニティラブカラーグゴールド結婚婚約指輪 アンティーク技法ミルグレイン 華奢 細身 ゴールドが人気

下見は誰と行っても構わないですか?

もちろん大丈夫です。運命のリングと出会うまで何度でも心行くまでご検討ください。

自分以外の人のアドバイスはとても心強く安心できますよね?最近はご両親、特にお母様と下見に回られる方も多くいらっしゃいます。その他友人と銀座を散歩する感覚で来られる方もおられますのでお気軽にお立ち寄りください。

おおよその皆さんの検討期間

婚約指輪の検討期間は平均で約1ヵ月!

 BRIDGE銀座の結婚指輪検討回数平均

プロポーズのリングという事もあるかもしれませんが、検討初日に即日決定される方が一番多く約半数も居られます。BRIDGEでは一度ご来店されて他店も検討された後、当日もう一度ご来店いただくことも珍しくありません。お二人で店舗を回る場合でも男性が価格などの決定をしているという事もあるかもしれませんね。期間としては検討開始から2カ月以内にほとんどの方が決めておられるようです。オーダー頂いて位からリングの完成まで5週ほどかかりますので、その点だけ注意が必要です。プロポーズしたいXデーから逆算してみるのも大事です!

1日(初日)をリング選びや情報収集に使って、2回目で決定の方までで、全体の約70%という結果になっています。逆に迷ってしまって決めれない状態になると・・・5回以上の検討回数にこうなるとダイヤモンドには相当詳しくなって頂けてそうです。

BRIDGEではプロポーズ用のSV925リングの貸し出しや、お選びいただいたダイヤモンドを仮のSV925リングにダイヤモンドを実際セッティングしてプロポーズして頂くなど様々なプランを用意しております。

結婚指輪の検討期間は約2カ月BRIDGE銀座の平均的な婚約指輪の検討回数

結婚指輪は二人で選ぶのですが、アンケートではデザインを選ぶ主導権は完全に女性に有る様です。予算やデザインなどが事前にある程度決まっていると、商品決定までは早いみたいです。ただし結婚指輪は結婚式や、ご入籍の2カ月前くらいに実際にオーダーされる方が多く、検討回数2回でも検討開始から半年や10カ月等の方もおられました。結婚式やご入籍などマリッジリングが実際に必要になるタイミングに合わせてオーダーされる方が多いようです。

BRIDEG Antwerp Brilliant GALLERYでは結婚指輪も完全に受注生産のオーダー品です。職人が専用アトリエで一点一点心を込めて作成しますので受注から納品まで約5週間の期間を頂戴しますので予めご了承ください。

 

何か準備していくことはありますか?

何も準備いただかなくても大丈夫です!結婚指輪の専門スタッフが丁寧にご案内させていただきます。

「希望納期は?」

「だいたいのご予算は?」

「個性的かシンプルか?」

等が決まってますとご案内がかなりスムーズです。

もちろんそれも含めて何も解らないままご来店いただいてもOKです!もしかしたらその方が理想のリングとの出会いが有るかもしれませんしね!?スタッフが精一杯ご案内させていただきますのでご安心ください。

平均納期は約5週

結婚指輪はオーダーを頂戴してから一点一点丁寧に制作していきますので納品まで約5週間を頂戴しております。

ご希望により納期の融通やご予算に合わせた提案が出来ますのでご安心ください。

また即日お渡し可能な商品もあります。一般的な皆さんの検討期間に関するデータはこちらまで

婚約リング(ダイヤモンド)の平均予算

結婚情報誌調べによりますと約35.9万円だそうです。

35.9万円のご予算をBRIDGEでお選びいただく場合はシンプルなダイヤモンド一石タイプの王道スタイル婚約指輪なら0.3ct・D-VVS1-3EX/HCでのご案内となります。(2017・7)

婚約リングはプロポーズしたい日から5週くらいを逆算して見ていただくと安心の納期で制作させていただけます。

また納期のない場合でも即日対応可能な商品も多数ご用意しておりますし、サプライズ用のプランも用意しておりますんのでお気軽にお出かけください。

アントワープブリリアント ワンハーティローズ 結婚婚約指輪のセットリング 銀座ブリッジ シンプル王道スタイル重ねつけ

AntwerpBrilliantのOne hearty rose(ワンハーティローズ)枠代金100,000+ダイヤモンド0.307ct D-VVS1-3EX/HC約274,000=370,000となります。若しくは0.255ct D-VVS1-3EX/HC約193,000=293,000も良いかもしれません、サイズ優先ならもう少し大きなサイズのダイヤモンドで少しグレード落としてみるのもおススメです。

※ダイヤモンドの価格は日々変化します、ご案内のダイヤモンドが記載よりも高額になる場合がありますが予めご了承ください。

結婚指輪の平均予算

結婚指輪の平均金額は24.3万円、これはメンズ&レディース合計です。

インフィニティラブMoon結婚指輪セットリング BRIDGE銀座 エンゲージマリッジ重ねつけ 

参考までに左写真のInfinitylove Moon 月

マリッジリング女性用ダイヤモンド付Pt950 : 85,000

マリッジリング男性用Pt950 : 80,000 (写真はホワイトゴールドWG750:65,000)

合計:165,000(本体価格)ハードプラチナPt950をしっかり使っていますがやや華奢なリングですので価格は平均よりも下回ってしまいますがとてもキュートなVラインが指長効果もありコンサバティブな中に少し拘りの欲しい花嫁に選ばれています。月のコンセプトは「想いを受け入れ輝く月。互いの想いが響き合う月の輝きと共に。」

BRIDGE薔薇のアーチとライオンの橋 エンゲージマリッジ重ねつけ 銀座で人気のピンクダイヤモンド

写真右側BRIDGEの薔薇のアーチ RoseDEW

マリッジリング女性用ダイヤモンド付Pt950 : 110,000

マリッジリング男性用Pt950 : 110,000

合計:220,000(本体価格)ハードプラチナPt950をふんだん使ったモデル、男性用はしっかりした重量が有り重厚感あります。「二人でくぐると幸せになれるという祝福のバラのアーチがモチーフ」です。エンゲージリングのデザインはセンターダイヤモンドを優しく包み込みアーチの中心となる二人の輝くさまをそのままに表現しています。両サイドにはピンクダイヤモンドの花が咲き、まさに祝福のアーチのデザインです。薔薇のアーチで使われる品種は、通常つる薔薇、花言葉は「愛」「いつも美しい」「約束を守る」そして「無邪気」。

AntwrepBrilliantのシリウス装着イメージ エンゲージマリッジ重ねつけ 大人かわいいブリッジ銀座で人気

AntwerpBrilliantのシリウス(Sirius)

マリッジリング女性用ダイヤモンド付Pt950 : 130,000

マリッジリング男性用Pt950 : 85,000

合計215,000(本体価格)“Sirius”は地球上から見えるもっとも明るい星(恒星)で、世界各地の神話に 登場します。「光り輝くもの」という意味を持ち、光り輝くダイヤモンドを最大限 に生すシンプルかつシャープなセッティング、マリッジリングの特徴的なくびれはエンゲージリングのダイヤモンドを一層引き立せるように見せてくれます。

婚約(エンゲージ)ネックレスはありますか?

婚約記念品としてネックレスは実はリングに次いで第2位の人気が有ります。最近は腕時計を選ばれる方もありますが、品物の持つ永遠性というテーマでダイヤモンドと腕時計を比べた場合婚約記念品としての相応しさに歴然たる違いが有るのが理由かもしれません。

BRIDGEでは婚約(エンゲージ)ネックレスもセミオーダー

BRIDGEではダイヤモンド(ダイヤモンドルース裸石)とデザインをそれぞれお選びいただくセミオーダーシステムで婚約記念品をご案内しております。しかもBRIDGEのネックレスはご希望により記念日の刻印などのメッセージやシークレットストーンを入れる事も出来ます。ダイヤモンドにはG.I.A.基準の鑑定書が付いてきますので安心です。

BRIDGEではダイヤモンドルースを選んでセミオーダーできます

ダイヤモンドルースは常に店頭に各グレードが満遍なく揃っていますので実際に手に取って頂いてご確認いただきながらお選びいただけます。またその際ダイヤモンドの4Cも説明させていただきます。通常胸元に飾るネックレスペンダントは透明度グレード、クラリティ(Clarity色グレード、カラー(Collar)などダイヤモンドのグレードにこだわって選ぶことは少ないのではないのでしょうか?

BRIDGEではネックレスであってもダイヤモンドのグレードにこだわり記念品として相応しいクオリティーを提供いたします。全てのネックレスに記念日刻印が可能ですので婚約の記念品に最適です。

アルテミスAntwrepBrilliantのエンゲージネックレスシリウスAntwrepBrilliantのエンゲージネックレス  プリンセスマリーAntwrepBrilliantのエンゲージネックレス

ネックレスのデザインはこちらまで

“Artemis” Double Bezel Setting Daimond Petit Necklace

宝石の買取をしてほしいのですが

申し訳ございません、BRIDGEでは宝石類の買取業務を行っておりません。

ブリッジ銀座アントワープブリリアントで婚約指輪・結婚指輪に使用する貴金属素材は完全な新品を使用しています。質流れや買取した品物を溶かして使ったりなどはございませんのでご安心下しさい。

カタログを送ってもらえますか?

もちろん送らせていただきます。取り扱いの3ブランドとも世界観を表現したカタログをご用意しております。カタログはご注文いただきましたら即日発送させていただきますのですぐお手元に届きます。気になる品物があれば質問なども承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

またカタログ請求には下記のようなお得な特典もついていますのでどんどん活用いただけるとありがたいです。

今BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーに資料請求いただきましたお客様にご来店時にお使いいただける結婚リングの商品券2000円をもれなくプレゼントしております。

資料請求は下記の資料請求フォームにお進みください、BRIDGE Antwerp Brilliant GALLERYで展開中の3ブランドのカタログとお得な特典フェア情報などを同封して送らせていただきます。

資料請求フォーム

取り扱いブランド毎のフェア情報などは下記をご参照ください。Webで来店予約するともれなく今すぐ使える2000円分の結婚リング商品券がついてきます。

→予約フォームはこちら

ニュース・フェア情報

他店で買った婚約指輪にセットできるマリッジリングは有りますか?

確実に大丈夫かどうかはケースバイケースですが恐らく大丈夫です。
またBRIDGE AntwerpBrilliantGALLERYには常時70セット以上の結婚指輪を揃えています。デザインは個性的なモノからコンサバティブまで幅広く品ぞろえしておりますのできっとお気に入りの一本が見つかるはずです。まずは店頭までお越しください

婚約指輪、結婚指輪のデザインは基本的にストレートタイプ、ウエーブタイプ、V字タイプの3種類です。そこにウエーブの角度が急だったり緩やかだったり、内反りだったり外反りだったりV字というよりもU字だったり、それぞれ幅の違いでイメージの違いを付けていきます。サイドメレ―ダイヤモンドアレンジや表面の仕上げ変更などでもイメージを大幅に変更することも出来たりします。ですので、たとえ他ブランドのエンゲージリングであってもデザインのフォルムさえ合っていればセットリングとしてセットすることは可能です。

ブリッジ銀座で取り扱う3ブランドのリングをそれぞれ違うブランドでエンゲージ&マリッジにお選びいただいても同様にセットリングになるようにご案内も可能です。またその際には人気のセットリングプラン”プロポーザルブリッジ”もご利用いただけますのでぜひチェックしてみてください。

ブリッジ銀座の特別プラン プロポーザルブリッジで結婚婚約指輪をお得にゲット

※エンゲージリングがセット対応に作りこんでいない場合はあまりきれいにセッティングできない場合もございますので予めご了承ください。

オススメ関連記事

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ