BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > 指輪について
よくある質問

指輪について

ブリッジと他ブランドの婚約指輪は何が違いますか?

BRIDGEの婚約リングは特別なダイヤモンドがセットされています。

BRIDGEではご案内させていただく3ブランド全ての婚約指輪のセンターダイヤモンドにAntwerpBrilliant(アントワープブリリアント)のダイヤモンドをセッティングさせていただきます。

同ブランドのマスカーカッターのフィリッペンス・ベルト氏(Philippens Herbert)は1990年に世界で初めてエクセレントカットを達成したダイヤモンド研磨界のカリスマです。

フィリッペンス・ベルト(philippens herbert)

フィリッペンス・ベルト氏ダイヤモンド磨きブリッジ銀座

↑現在も現役でダイヤモンドと向き合う。

1477年、ブルゴーニュ公国から続く「ダイヤモンドをダイヤモンドで磨く」革新的な研磨法のスピリッツを受け継ぐ数少ないダイヤモンドカッターの一人。

ダイヤモンド研磨の分野で天才と称される彼は、10代でダイヤモンドカッターの道を志し、通常困難とされたダイヤモンド研磨における様々な分野を、人並み外れた速度で取得していきます。

余談ですがヘルト氏は左利き。

90年代ダイヤモンド研磨の全工程を史上最速で習得したその才能が当時の工場長の目に留まり、1988年にダイヤモンドのアイディアル・メイク、現在のエクセレントカットの開発チームでリーダーとして選出されると、1990年にそれまで誰にも達成できなかったエクセレントカット(EXCELLENT CUT)を達成。

するとその後ダイヤモンドのカットグレードにおいて「Very Good以上」が極端に難しいとされていた90年代に次々とエクセレントカットを成功させダイヤモンド研磨界の”その人あり”と知られるようになります。

ベルト氏はエクセレントとカットの技術指導に世界各国をめぐるなど現在のスタンダード化へ貢献し大きな功績を残しました。

フィリッペンス・ベルト氏婚約ダイヤモンド検品その働きはベルギー研磨技術と品質の高さを世界に印象付け、1993年には、エクセレントカットの人気を不動のものにした「ハート&キューピッド」の研磨も成功させます。

この発見はダイヤモンド研磨業界の新しい常識となり、現在もカットグレードの最高品位とされています。

1ct以下サイズのダイヤモンド研磨では世界最高の腕前を持つダイヤモンドポリッシャー、フィリッペンス・ベルトが仕上げた至高の輝きを放つダイヤモンドをセッティングしたのがBRIDGE AntwerpBrilliantGALLERYの婚約指輪なのです。

婚約指輪のコレクションページ

ブリッジ銀座ではベルト氏の為にダイヤモンド原石を厳選しています。産出量からの計算で上位0.096%のTOP品質のダイヤモンド原石だけを厳選しているのです。しかもそのダイヤモンド原石は品質が世界最高と名高いボツワナ産。

世界最高の原石品質を世界最高のカッターが仕上げるます。ダイヤモンドの美しさは原石の良し悪しとカッターの腕前で決まるのですが、その両者が世界最高品質なので研磨済みダイヤモンドは隠し切れない美しさと存在美を発揮します。

ブリッジ銀座ではダイヤモンドの原石選定で二番手のメイカブルや三番手のニアジェムを選択しませんので仕上がったダイヤモンドを厳選する必要はないのです。

またそうした品質の原石から研磨された4Cハイグレードのダイヤモンドは混入しませんのでご安心ください。

BRIDGEのリングには贈る人の思いを伝えるコンセプトが有ります。

ブライダルリングはお互いの気持ちを身に付け合うという意味すらあると言われます。

BRIDGEではそんなリング一本一本に名前とコンセプトが付いています。

リングに付けられた名前は単純にデザインをインスパイアされた景色や風景などもありますが、実はその名前にも深い意味が込められていたりします。BRIDGEマリッジリング男性用リングコレクション

BRIDGEのアンティーク技法ミルグレインが美しいこのリングは“Rice Shower ライスシャワー 千の彩”と名付けられています。

ミルグレインのミルは千(1000)の意味、1,000粒の水滴が織り成す彩、虹の結婚指輪を祝福のライスシャワーにたとえてデザインしています。

結婚式のセレモニーでもある祝福のライスシャワー、ライスシャワーは豊潤な恵みと子孫繁栄の象徴、これからの人生が豊かさと子宝に恵まれることを願って行われるセレモニーです。

BRIDGEではお二人がいつまでも”豊潤な恵みと子孫繁栄の祝福に守られますように”との願いを込めてデザインを書き、専門職人がその思いを胸に一点一点丁寧に仕上げていきます。

ミルグレインバンドリングは様々なブランドも取り扱いは有ると思いますが、そうした思いを込めて作られるのがBRIDGEのブライダルリングなのです。

是非店頭でコンセプトと思いの込められたコレクションと特別なダイヤモンドの輝きをご確認ください。

ご来店のご予約はこちら

煌めく夕日は恋人たちを繋ぐ神秘の輝きbRIDGEでも人気の結婚指輪ダイヤモンドハーフエタニティ

カラーダイヤを使った結婚指輪は派手?

Q:ピンクダイヤやアイスブルーダイヤが入った結婚指輪が素敵だなと思ったのですが、日常的に着けている人をあまり見ません。派手でしょうか?

お問い合わせのカラーダイヤモンドの色ですが派手と言う事は無いと思います。確かに多くの花嫁が白いダイヤモンドを選ばれていますのでなかなかピンクやブルーのダイヤモンドをセッティングしたマリッジリングを目にする事は無いのかもしれません、しかし若しかしたらカラーダイヤモンドの色はとっても淡くさりげない色合いなのでピンクやブルーのダイヤモンドで有る事に気が付かない場合もあるかもしれません。いずれにしても派手にはならないと思いますし、素敵だと思った気持ちを大切に結婚指輪をお選びになると良いのではないでしょうか?

ピンクやブルーに限らずカラーダイヤモンドの色原因は結晶構造の歪みにより特定の光が吸収され「残像色」として色が見えるというのが原因です。そのためピンクやブルーの色合いもとても淡くて優しい色合いです。カラーダイヤモンドは多くの場合、着色成分でハッキリとした色が付いているわけではないのです。

ブリッジ銀座の人気マリッジリングゆきどけには雪解けの伏流水をイメージしたブルーダイヤモンドセッティングがアレンジ可能

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは、ご希望によりすべての結婚指輪でアイスブルーダイヤモンドやピンクダイヤモンドなどのダイヤモンドアレンジを承る事が出来ます。写真はBRIDGEの”ゆきどけ”春の山で伏流水となった雪解け水をイメージしています。カラーダイヤモンドはお選びいただくリングのイメージに合わせてアレンジすると結婚指輪もっと素敵に演出してくれるでしょう。

※天然に産出するすべてのダイヤモンドは基本的にはほぼ純粋な炭素の結晶です。しかし実際には結晶する過程で不純物として窒素、水素、ホウ素等の元素が結晶格子に入り込んだり、外圧により原子配列が正確でなくなり結晶格子中に炭素抜けが有る場合もあります。オーストラリア産に代表されるように結晶格子が外的圧力で単純に歪んでいることもあります。

ダイヤモンドに色がついて見えるのは、これらの欠陥が結晶格子中に存在する、格子欠陥が原因です。この格子欠陥を光が通過すると、光のうち特定の波長をもった光だけが吸収されてしまい、残った光だけが結晶を通過して色の付いた光として見えます。天然で産出するタイプ1型のブルーダイヤモンド(アイスブルー)は、水素などが格子欠陥となる影響で青色(グレーやバイオレット)に見えます。水素によって緑と赤の光が吸収され青色だけが透過しているのです。タイプ2型のブルーダイヤモンドはホウ素が原因とそれぞれ異なる色原因を持っています。

そうした原因を内包してしかも美しい外観を保つ、ダイヤモンドとして非常に希少な条件で結晶したカラーダイヤモンドは多くの場合ハイカラ―(DEF)のダイヤモンドよりも希少となり高い評価を受けます。

マリッジリングをキレイなままキープする方法は?

Q:指輪も長く使うと劣化したりするのでしょうか。自分で行ったほうがよいメンテナンスや、お店でやってもらえるメンテナンス、長持ちさせる秘訣などが知りたいです。 

一生の大切な記念にお持ちになる結婚指輪ブライダルリングはいつまでも綺麗にお使いいただきたいものです。貴金属素材を使って作られる結婚指輪はお手入れして何時までも綺麗にお使いください。経年変化に強い素材で作られる結婚指輪は時間と共に劣化することは無いのですが、汚れたり小さな傷か付くことはあります。そんな時は店頭で指輪クリーニングをしてください、簡単な小傷は綺麗にできますし何時でも無料にてお受けできます。

定期的なメンテナンスは長くお使いいただく際には重要です。結婚記念や年始、クリスマスなど決まったタイミングでチェックを兼ねて店頭でクリーニングなどをされるのがおススメです。

また結婚指輪を24時間肌身離さず着けっぱなしという方もありますが、結婚指輪も装身具ですので外出時以外は取り外して保管するのがベターです。どうしても24時間肌身離さず身に着けたい場合は極力シンプルなデザインのマリッジリングをお勧めします。

マリッジリングの使用方法

リングの持つ性質上変形や傷に強く作ってあり、かつ長期使用にも安心の貴金属素材で作られる結婚指輪は対酸強度も高く日常使いにも強い為に肌身離さず身に着けるというイメージがあると思いますが、装身具の一つである以上、自宅に帰られたら外して保管が最も望ましいです。

もちろん肌身離さず身に着けていても何の問題もありません、家事をする時や、そのほかの時に身につけていても問題は無いのですが、やはり小さな打ち傷や細かな汚れは避ける事ができません、食器洗いの時には陶器の食器を傷つけたり割ってしまったり、掃除の時には邪魔になってしまう事もあるのではないでしょうか?また衛生面で考えても料理をされる際や食品を触る時にはリングを外して行いたいですね。引っ越しやお部屋の模様替えで重い家具などを運ぶ時やテニスやゴルフなどスポーツで何かを強く握り込むとき、カラオケなどで手で打つ打楽器(タンバリン等)をする時もリングが歪む原因となりますので外したほうが良いです。さらに指輪装着したまま睡眠をとった場合には眠りが浅くなるデータもあるようです。

でずのでリングを何時までも美しいまま長持ちさせるには結婚指輪も一般の指輪と同じく家に帰ったら取って、外出するとき着けるがおススメです。マリッジリングも装身具なのです。

リングの保管場所を決める

 

マリッジリングの取り外しで一番に気になるし避けたいのが紛失です。そんな時便利なのが取り外しする場所をあらかじめ決める事です。逆に言うとその場所以外では取り外ししないという風に決めてしまう事です。クローゼットや洗面など判り易い場所を取り外し場所にするといいでしょう。リングBOXはタンスの”肥やし”にしてしまうくらいならリングの保管場所として目に付く場所においてあげるのも良いかもしれません。

決まった場所以外では外さずに大切にして居たのにリングを紛失してしまったという話があります。”大切なリングがなくなる時は、持ち主に降りかかる厄災を身代わりに持って行く時”なんだとか・・・

大切な記念にお持ちになる結婚指輪ブライダルリングはいつまでも綺麗にお使いください。

リングのサイズは何号から何号まで揃ってる?

Q:指輪のサイズは何号くらいが普通なの? 大きすぎると取り寄せになる? 男女別の平均サイズを教えてください。 

一般的に結婚指輪を着ける左手薬指のサイズは女性で9号~10号、男性で16号~17号と行った処でしょうか、ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーではご注文いただいてから専門職人が1からリングをお客様の指のサイズにお造り致しますので何号でも対応可能です。中には3号よりも小さい女性や22号よりも大きな男性などサイズは人それぞれです。それらもすべてしっかりと採寸させていただきましてご希望のサイズで作製致しますのでご安心ください。

また仮に店頭サンプルがピッタリサイズだった場合でも大切なご結婚の指輪ですから、誰かが見たり触ったりしたサンプルではなく、専門職人が1から作成し、まだ誰も指に通していない完全な新品シンデレラリングをお勧めいたします。

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーの場合、ほとんどの指輪が職人のハンドメイドですので、ご注文からお渡し迄約5~6週間のご納期をいただいております、あらかじめご了承ください。

因みに店頭サンプルとしてご用意しているリングは女性用が10号、男性用が17号です。サイズオーダーはサンプルのイメージを損なわずにお受けできる範囲を決めておりますが、それ以上の差異がある場合(実際の指のサイズが店頭サンプルと7号以上違う場合)でも専門職人がカーブや曲線を手作業で調整して店頭で見て頂いたリングのイメージをご希望のリングサイズで再現致します。通常0.5号毎のオーダーですがご希望によりもう少し大きくや小さくもお気軽にお申し付けください。

またご希望によってセッティングされているダイヤモンドの数量調整やリング表面のつや消しつや出しなど独自のアレンジもお受けする事が出来ますのでお気軽に店頭スタッフまでお問い合わせください。

※ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーではサイズ測定にメイコー社のサイズゲージを採用しています。日本国内の指輪のサイズ企画は大きく2つあります1つは“従来から国内で使用されているサイズ規格”で、日本の企画(JCS規格ジャパンカスタム)です。JCS規格は全国基準企画と呼ばれ国内の宝石店ではほとんどこの方式でリングサイズを展開しています。サイズが1号大きくなる毎にリング内の直径が1/3ミリ大きく成ります。

もう1つは1998年に発表された日本工業規格、いわゆるJIS規格のサイズです。JIS企画は国際的に定められた標準規格と同じサイズです。日本国内のサイズと海外の宝石店でのサイズの統一を目的に作られているのがJIS企画です。JIS企画では指輪の内回りの長さをそのままサイズ表記します。リングの内側の長さを41ミリ~76ミリまでをそのまま号数で表記しています。50ミリは50号、78ミリは78号です。

日本の規格(全国基準企画)ではリングサイズはリングの内径13mmを1号としていて、以降1/3ミリ大きくなるごとに2号、3号とサイズが上がっていきます。BRIDGE銀座ではリングのサイズをJCS(ジャパンカスタムサイズ)を採用しています。国内の宝石店では稀にJIS企画のサイズを採用している場合がありますので、ご自身のサイズがJCS規格なのか?JIS企画なのか?ご注文の際は再度ご確認いただくことをお勧めいたします。

JIS企画のサイズはリングの内周mmをそのままサイズにしており大変判り易いとも言えます。

リングの裏に入れる文字は何がいい?

Q:指輪の内側の刻印は、何を入れるのが普通ですか? メッセージなど、こだわったほうが良いのでしょうか。

内径刻印はレーザーで何文字でも刻印可能ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリー

リング内径刻印は写真のような「お互いのイニシャル」を入れられる方が大半です。またイニシャル+日付、イニシャルではなくフルネームなど(刻印例:2019.7.7_N♡T)等です。盛り込む内容で文字が変化しますが、ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーではリング内径にレーザー文字で美しく刻印しますのでサイズの小さな女性でも多くの文字を刻印可能で安心です。

しかも筆記体やブロック体、漢字書体なども選んでいただけますので、中には「思いやりのある家族」や「健康第一」、「家内安全」等、明確なメッセージをを刻印される方もおられます。

 

内径刻印はお二人だけしか目にしない特別な場所ですので、お気に入りの詩やフレーズを贈り合うのもお勧めです。以前のFAQで「結婚指輪の刻印について」をUPしてますのでそちらもご参考になさってください。

 

マリッジリングのお揃い度合い

Q:結婚指輪は夫婦で同じデザイン・ブランドのほうが良いでしょうか。好みが違っても、お揃い感を出す方法はありますか? 

結婚指輪は【お互いを身に着け合う】ものです。ですので、必ずしもお揃いである必要はありません。それよりも「いつも身に着けて居られる」と思うデザインを選ぶ事をお勧めいたします。お互いが身に着け合う結婚指輪は、たとえ離れた場所にいても相手の想いを身に着けて、いつも一緒に という意味があるのです。

プロスポーツ選手がリングにキスするパフォーマンスをすることがありますが、あのパフォーマンスは左手薬指に”居る”奥様に感謝の意味を伝えるパフォーマンスと言われています。そのため結婚指輪が発祥したヨーロッパでは結婚指輪をウエディングバンド「結婚の絆」と呼びお互いの絆の象徴としています。

結婚指輪は皆さんに祝福されお二人の分身なのです。長く身に着けて居られるデザインを優先でお選びください。そのイメージで結婚指輪を考えた時に今から二人で気持ちを合わせていこうというタイミングでもありますので、指輪のデザインがお揃いが良いと思う場合はお揃いのデザイン、お揃いのブランドが良いと思う場合はお揃いのブランドがおススメです。また、ご希望がそこまでない場合にもお揃いの結婚指輪をお勧めいたします。

ブリッジ銀座人気のウェーブS字の結婚指輪はしなやかなカーブを描きダイヤモンドが春風に運ばれる幸せな記憶を表現ゆきどけマリッジリング 春の訪れのような”ほがらか”な結婚指輪 レディスは華奢フェミニンでかわいい メンズ太いフラット 

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでも人気のマリッジリング【やわらかな春風】と【ゆきどけ】です。見て頂くと判るように、男性用女性用でそれぞれリングの幅が違います。またデザインのテイストも男性用が少し太く強いデザインに、女性用はしなやかで優しいデザインに仕上げてあります。男女それぞれの好みに合うようにテイスト調整がされているリングも最新のモデルには多いです。好みの違いは当たり前のこと、こうしなければならないというルールはありませんので楽しい結婚指輪選びとなるよう精一杯ご案内させていただきます。

 

エンゲージ・マリッジリングの素材ごとの違いは?

Q:ブライダルリングの素材といえばプラチナが代表的だけど、どうしてなの? ゴールドやシルバーとの違いを知りたいです。 

インスタグラムでもフォトジェニックに人気の永遠の絆BRIDGE銀座の婚約エンゲージリングは吊り橋などのワイヤーロープがモチーフ固い絆を表現

プラチナの持つ永遠性や純粋性そして希少性に結婚の誓いを重ねるカップルが多いようです。シルバーやゴールドはプラチナと比べると経年変化しやすいのですが、その性質を利用して恋人同士の時にペアリングを贈り合うのが人気です。シルバーリングを贈る事は、変色したりする前にお互いをケアしてください。という意味があすようです。対してプラチナはお互いの存在が永遠となるの意味でいつまでも変色しない二人の関係を現していますので結婚指輪として人気があります。

しかもプラチナはゴールドやシルバーと比べて高純度であり使用する合金も同じプラチナ族で統一された純粋な素材なのです。ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでは従来のプラチナに比べて強度が高く素材の美しさが引き立ちやすい超硬プラチナ950をブライダルリング素材として採用しました。超硬プラチナ950のビッカース硬度は200以上で従来のハードプラチナやゴールドよりも変形や傷にも完全に強く、変色の心配もないだけでなく、金属表面のキメが整ってつけ心地も滑らかです。超硬プラチナ950は長く安心してお使いいただく素材として最適な品質と言えます。

結婚指輪をお使いになるシーンを考えるとプラチナの方がフォーマル感が高く使いやすいのですが、カジュアル優先にお選びになりたいカップルにはゴールドもおススメです。同じデザインのリングでも金とプラチナでは見た目の印象がかなり異なります。デザイナーはデザイン毎の意匠でおススメの金属をして指定ますが、実はすべてのデザインで作成する金属を変更する事が出来ますのでお気軽にお問い合わせください。

婚約指輪って本当にいるの?

Q:婚約指輪って結婚したら着けないのでは? それでも購入したほうが良いですか? 

婚約のタイミングにダイヤモンドのリングを贈るのはなぜでしょうか?ダイヤモンドは永遠性という他の何物も持っていない特別な特徴を持っています。結婚のタイミングに贈られるダイヤモンドは永遠の輝きの中に何時までも変わらない永遠の想いを閉じ込めて贈られるのです。

結婚式の誓いにある「病める時も富める時も、相手を愛しますか?」は、単純にお金や健康だけではなく、愛情や情熱、夢など、すべての事が病める時も富める時も、相手を愛しますか?という意味です。山あり谷ありの人生です、そんな時ダイヤモンドはいつも変わらない同じ輝きで二人を守るでしょう。夫婦の危機を感じたらダイヤモンドを眺めてください。きっとダイヤモンドを贈られた”あの日”の思い出がよみがえり、ちょっとだけホッコリするはずです。

また、女性はステップアップすると言われています。結婚後は未婚だった時と違い、妻としての顔、既婚者としての顔、母としての顔、など様々な新しい自分へとステップアップしていくものです。時には自分を大人の女性として演出したい日もあるでしょう、そんな時エンゲージリングはアイデンティティを発揮してくれる大事なアイテムです。着けているだけで結婚している事やエンゲージリングを贈ってくれるやさしいご主人がいる”自分”を演出してくれます。

もしかしたら気の知れた友人同士でワイワイと今まで通りの自分で居る時は必要ないような指輪かもしれませんが、家庭を持った新しい自分にはエンゲージリングは必要かもしれませんよ?

プロポーザルブリッジでエンゲージも手に入れよう!

銀座BRIDGEプロポーズ婚約結婚指輪お得なプラン

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーで人気のプロポーザルブリッジプランではエンゲージリングをお買い上げのお客様にマリッジリング購入チケットをプレゼントしています。しかもその金額はエンゲージリングの枠代金の半額分!10万円の枠代金のリングをお選びいただいたお客様には5万円分の金券をプレゼントいたします。

エンゲージリングをエタニティタイプにしても平気?

Q:エタニティリングを婚約指輪にする場合もあると聞いたのですが、立て爪より少し地味な気がするというか、見劣りがするのではないかと心配です。それぞれのメリット・デメリットを教えてください。

ダイヤモンドは永遠の輝きに想いを込める宝石ですブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリー

エタニティはリング全周にデザイン(ダイヤモンドがセッティング)されており、回っても回っても終わりなく永遠につづく二人の愛情をイメージさせます。結婚指輪の最高峰としてデザインされたエタニティは日常を華やかに演出してくれるはずです。

エタニティリングは結婚に限らず記念日や節目にお持ちになる女性が多い人気の品物ですので。最近ではエンゲージリングにエタニティを持たれる女性も多く人気も上昇中です。ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでは、使用するダイヤモンドが全てエクセレントメイクでハート&キューピッドが出現する高品質ダイヤモンドだけを使用したエタニティリング、ディーラインネビュラが人気です。

デメリットとしては本来はエタニティは婚約指輪ではありません、結婚指輪の最高峰として考えられています。婚約指輪には主石のダイヤモンドがセッティングされます。そのダイヤモンドに男性から女性へ想いを込めて贈るのが婚約指輪だからです。エタニティリングではどの石が主石(メインストーン)なのか?が判りませんので、リング全体が婚約記念品という事に成ります。

婚約指輪のセンタースートーンは取り外して別のデザインに作り替える事も出来ます。主石のダイヤモンドが持つ永遠性は「想い出」や「幸せな記憶」を守る事や「母から子へ、子から孫へ」受け継がれて家族を守る、そんな宝石としての役割も持っています。

婚約リングをエタニティに決めておられるなら別ですが、もしも迷っておられるのであればエタニティリングは婚約以外のタイミングでも手に入れる事は出来るかもしれません。しかしメインストーン付きのエンゲージリングは婚約という今のタイミングこそお持ちになる時に最もふさわしいのではないでしょうか?

サイズは何号単位で作れますか?

一生長く使うモノだから結婚指輪のサイズは慎重に決めたいですね。ブリッジ銀座では結婚指輪のサイズオーダーを0.5号サイズ毎に承っておりますのでご安心ください。

リングのサイズは体調のよってや季節によっても変化します。また日々のむくみの影響を受けやすい方の場合は朝夕でもサイズの感じ方は変わってくると思います。靴なんかも夕方にきつくなってくることがあると思います。むくみは人それぞれですのでご自身のむくみのイメージでサイズをピッタリ、少しゆったり、少し緩めなど調整されると良いと思います。

サプライズプロポーズで女性の指のサイズを紙や糸などの伸縮しない素材を巻き付けて指の外周サイズを測る方法がありますが、できれば一度だけでなく数回計っていただけると誤差とむくみの範囲が少なくより正確なサイズになるはずです。

日本の規格(全国基準企画)ではリングサイズはリングの内径13mmを1号としていて、以降1/3mm大きくなるごとに2号、3号とサイズが上がっていきます。BRIDGE銀座ではリングのサイズをJCS(ジャパンカスタムサイズ)を採用しています。国内の宝石店では稀にJIS企画のサイズを採用している場合がありますので、ご自身のサイズがJCS規格なのか?JIS企画なのか?ご注文の際は再度ご確認いただくことをお勧めいたします。

JIS企画のサイズはリングの内周mmをそのままサイズにしており大変判り易いとも言えます。

BRIDGEでは結婚リング0.5号毎に職人が手造りつけ心地抜群ストレスフリー

結婚指輪(ペア・マリッジリング)はいくらから買えますか?

マリッジリングはペアで88,000円から

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでは3ブランドの多彩なデザインのリングを取扱っています。その中でもリーズナブルな価格とキュートなデザインが人気のインフィニティラブは幅広い年代層に人気のデザインを多数展開するブライダルブランドです。

Infinitylove : Men 50,000 Lady 38,000 でご案内する事が出来ます。

この他にもペアで10万円以内のマリッジリングをたくさん取り扱っていますので、予算をそこまでかけたくないカップルは必見です。いかに一例を表示しておきます。

インフィニティラブの朝日はカジュアルな結婚リングシンプル華奢なラインが美しいカジュアルタイプのマリッジリングです

 

写真の品物はすべて素材変更可能です。イエローゴールドやピンクゴールドでは少し華やかすぎるなぁという場合にはホワイトゴールドやプラチナに素材変更して承る事が出来ます。

エタニティリングを婚約指輪として考えています

エタニティ―リングとはリングを一周するようにダイヤモンドを配置したリングです。ダイヤモンドのセッティングがリング全周を廻っているものをフルエタニティ―、リング半周をダイヤモンドが回っているデザインをハーフエタニティと呼びます。

エタニティ―リング、もともとは、結婚後、夫婦の記念日や子供が生まれた日など、大切な記念日に夫から妻へ贈られる特別なジュエリーの代表でした。エタニティ(永遠)というリングの持つ意味、そして由来も大切にされてきたのです。最近ではエンゲージリングとしても、マリッジリングとしても人気の高いデザインです。

永遠の意味するエタニティ―リング

写真のようなリング全周にダイヤモンドを配置しているデザインをフルエタニティ―と呼びます。フルエタニティ―はセレブレティ―リングの最高峰であり、お祝いのリングとしても最適です。エンゲージリングとしてお選びになる女性も多く結婚以外の記念日でも絶大な人気を誇る「何時かは欲しい」そんなリングデザインの一つでもあります。

エタニティ―のデザインの通りに指に付けていると廻っても回ってもデザインに終わり長いことで「永遠」の意味をリングに込めると言われています。結婚記念に贈られるエタニティ―デザインのダイヤモンドリングは、ふたりの愛の誓いが永遠になるようにデザインされています。

普段用としても活躍するハーフエタニティのダイヤモンドリング

通常エタニティ―リングと言ってもリングの半周(9時から3時まで)をダイヤモンドセッティングするのが一般的です。また横の指への指あたりを考えて10時から2時までのダイヤモンドセッティングのリングも登場しています。BRIDGE銀座ではその両方のパターンのエタニティ―リングをご用意しております。より使いやすさを重視すれば10時から2時までのセッティングのリングをお勧めいたします。

ハーフエタニティはマリッジリング結婚指輪としても人気があります。

店頭でもご確認いただけますがブリッジ銀座のエタニティ―リングに使用するダイヤモンドはすべてエクセレントカット&ハートアンドキューピッドのダイヤモンドのみ、フィリペンスベルト氏の監修のもと選定されたダイヤモンドを使用します。たとえ小さくても最高の原石から研磨されたダイヤモンドを使用することに変わりはありません。

アントワープブリリアントで人気のディーラインネビュラは「着ける人の魅力を融合し、引き上る、意味を込めたています。ディーラインネビュラのネビュラとは重力的にまとまりをもつ宇宙空間の小さな星や光を放つガスの集合の意味。星の輪の様な光の集合体はより強く引き合い、使う人の魅力を集合させ引き上げます。」

エタニティーのダイヤモンドセッティング

エタニティ―に限らずダイヤモンドの留め方はいくつかの方法がありますが、アントワープブリリアントではその中で最も強度があり、何よりダイヤモンドが輝くセッティングを選択しました。4点の爪留めです。ダイヤモンドひとつに対して爪(プロング)を4本立てています。ダイヤモンドが完全に4つの爪で固定されていますので強固で強度も十分です。しかもダイヤモンドの側面は光がたくさん飛び込むような開放的なデザインになっていますので、多くの光を取り込んでキラキラとダイヤモンドがかがやきます。

BRIDGE銀座の店頭にお越しの際はぜひ専用のスコープでダイヤモンド一つ一つをのぞき込んでみてください。どんな地位なサイズのダイヤモンドでもエクセレントカットしかもハート&キューピッドに仕上げてありますので。見事な8本のアローがご確認いただけるはずです。

比較的小さなサイズのダイヤモンドの集合だからこそカットグレーの良いダイヤモンドを密集させることで信じられないような大きな輝きを放つのです。

PT900とPT950どちらがお勧めですか?

現在プラチナはプラチナギルドによって国際的な基準純度を950と定められています。

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーではプラチナの純度900と950、999の3種類を展開しています。またこの3つの純度はどのデザインをお選びいただいても選択していただけます。

プラチナの純度については日本のジュエリー協会では850以上をプラチナジュエリーと認定していることから国内のマーケットには850、900、950、999等様々なプラチナが取り扱われいます。なかでもBRIDGE銀座でおススメするのは950です。

ブリッジ銀座のプラチナ950

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーのプラチナ950は通常の950と異なり、独自の配合で特にプラチナのきめ細かい美しさが際立ち高い強度を確保できるルテニウムを特殊配合したハードプラチナ950を使用しています。

長く宝飾業界に携わるからこそ

こだわりの素材を追求しています

完全に仕上げられたプラチナ950の鏡面は指あたりが良く柔らかくなめらかなつけ心地を実現しています。ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでは更に通常のプラチナ950をさらに鍛え上げビーッカース130以上(通常115以上をハードプラチナと呼ぶ)も実現しています。またご希望により超硬プラチナ950も承る事が出来ます。超硬プラチナはブリッジ銀座の加工アトリエで長年の研究の末に誕生した新しい素材でプラチナの純度は950を保ったまま表面硬度はビッカース200以上という強靭なプラチナです。

結婚指輪は毎日身に着けるものです。だからこそ強度と硬度には自信をもってお届けしたいとブリッジ銀座では考えています。それは人生最高の記念の品物となるエンゲージリングでも同じ事。ブリッジ銀座のハードプラチナや超硬プラチナ950はお客様の大切な記念の品物がいつまでも同じ状態が保たれて長くお手元で楽しんでいただけるように考えられた素材なのです。

プラチナの純度はパーミル表記で表します。ですので国内のプラチナ製品の純度表記は1000分の1を1とする単位、千分率で表記されます。記号は‰ (Unicode U+ 2030 、文字参照は ‰ )。英語では permil あるいは per mil、プラチナ950は1000分の950純プラチナ、PT900は1000分の900が純プラチナの合金であることを現しています。

結婚指輪を買ってから婚約指輪を買っても良いですが?遅いですか?

もちろん大丈夫です。BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーではエンゲージリングをお持ちになる男性(カップル)向けにプロポーザルブリッジというセットプランをご提案しています。

プロポーザルブリッジはエンゲージリングを贈る男性を応援する意味で始まりました。何かとお金のかかる結婚準備ですから少しでもお求めやすく婚約指輪をお求め頂こうという事で考え出されたプランです。通常プロポーザルブリッジではお求め頂いたエンゲージリングの枠代金の半額をマリッジリング購入チケットとして金券でお戻しするというサービスです。3本セットで考えていただくととってもお得に結婚指輪をそろえる事が出来るプランなのですが

このプロポーザルブリッジは結婚指輪を先にお求め頂いたお客様が後日婚約指輪(エンゲージリング)をお求め頂く際にもお使いいただけます。結婚指輪をすでにお持ちいただいているお客様の場合、婚約指輪をお求め頂く際にチケットとして発行する枠代金の半額分をエンゲージリングの総額からオフしてしまいます。

銀座結婚指輪専門店ブリッジはアントワープブリリアントの直営店、スピカは花嫁に人気のウエーブスタイルのメレダイヤモンド使いが可愛いセットリング

マリッジリングをBRIDGE銀座でお求め頂いているお客様は婚約指輪(エンゲージリング)をとってもお得にお買い求めいただけるという事です!

例えば写真上のANTWERP BRILLIANT SPICA(スピカ)マリッジリングを先にお求め頂いたお客様が後日エンゲージリングをお求め頂く場合を例1、インフィニティ―ラブの場合を例2として

例1

SPICA(スピカ)婚約指輪枠代金:135000

ダイヤモンド0.25ctお任せ:140000

    エンゲージリングの総額:275000

          消費税込み:297000      

     プロポーザルブリッジ:▲72900

             総額:224100

例2

WARM(ウォーム)婚約指輪枠代金:70000

 ダイヤモンド0.15ctお任せ:50000

     エンゲージリングの総額:120000

           消費税込み:129600      

      プロポーザルブリッジ:▲37800

              総額:91800

となります。さらに!!BRIDGEでお求め頂いているお客様は分割60回まで手数料無料も適応しますので、例えば24回払い(2年払い)で例1の場合は月々9300円、例2の場合は4500円でエンゲージリングをお持ちいただけます。

この機会に是非ご検討ください!!

※手数料無料はBRIDGE銀座のお客さまだけの特別な特典ですので是非ご活用居下さい。

※婚約指輪は結婚情報誌などのデータで見てみると、取得率はこの5,6年は約60%で安定しています。60%の女性が貰っているといっても逆に言うと40%の女性は貰っていないんですね、

彼とリングの好みが違い過ぎて困っています、、、

結婚は”ふたり”の人生の出発点で、お互いの分身である結婚指輪を交換してスタートします。できれば同じデザインにしたいと考えているカップルも多いのではないでしょうか?しかし実際には男女で好みが異なるのは自然な事でもあります。「リング選びは女性の仕事」と思っている男性は女性が選んだリングのメンズデザインを購入する。そんなケースも多くありますが、女性の気持ちとしては「気に行ったデザインの結婚指輪を何時までも一緒に付けてほしい」というのも本音としてあるようです。

男女で異なる結婚指輪のデザインはアリ?ナシ?

最近では男女で全く異なるデザインの結婚指輪をお選びになるカップルも増えて居ます。中にはデザインのコンセプトで男女が微妙に異なるデザインに仕上げてあるペアも新しいラインナップとして登場しています。

ゆきどけマリッジリング 春の訪れのような”ほがらか”な結婚指輪 レディスは華奢フェミニンでかわいい メンズ太いフラット アンティーク技法 ミルグレイン 相性の良いピンクゴールドの結婚指輪マリッジリングはステーションデザインで男性にも人気プラチナの確かな質感

BRIDGEの”ゆきどけ”やInfinityloveの”ウラナス”等もそうしたデザインの一つです。男性用は力強く太めのデザインで、女性用は繊細でやさしいデザインに仕上げてあります。こうした同一コンセプトで異なるデザインもありますが、そもそも男性用、女性用でデザインも異なるものをお選びいただく場合もあります。

カスタムリングで更に個性を重視

デザインは彼女に選んでもらった方がいいですか?

婚約指輪、結婚指輪に限らず一般的に一生モノで高価な買い物ですので、慎重にしかし良い出会いがあったらきちんとした判断をしていきたいところですね。しかもダイヤモンドを選ぶというのは日常ではなかなかない特別なシチュエーション、大事なものだからこそ選びきれずになかなか思うように決めれないこともあるかもしれません

婚約指輪どうやって決める?

ブリッジ銀座のダイヤモンドリングデザイン、ソリテール、サイドメレ、ダイヤモンドライン、ウェーブ、ベゼル、エタニティ人気の6パターン

ゼクシィ結婚トレンド調査によると婚約指輪の決定者は?「2人」41%と一番多く2人で来店して探して決めるカップルが最も多いようです。次いで「夫 31%」、「妻 29%」??あれ?ホントそうかな?と思われた方も多いのではないかと思います。これはふたりで選びに行ったけど最終的に判断したのは?と言うとり方もできる設問なのではないかと思われますね、そう考えるとほとんどのカップルが二人で婚約指輪も決定しているという事がわかります。その中でも男性が最終判断をして贈っているという事なんでしょうか、やっぱり最後は男性に決めてもらいたいものなんですね!?

所で婚約指輪のデザインは大きく上記の6パターン。王道スタイルのソリテール(solitaire)男性から女性へ最も多く贈られているデザインです。詰めの本数も4本や6本中には8本や10本のモデルも!直線型のソリテールはプロポーズの鉄板デザインですね。サイドメレはセンターダイヤモンドの両サイドに小さなダイヤモンドがセッティングされている可愛いデザインが人気です。サイドのダイヤモンドのカラーをピンクやブルーに変更してアレンジするのもお勧めです。ソリテールの次に人気のスタイルです。ダイヤモンドラインは華やかなにダイヤモンドを並べています。人生で最もセレブレティーな婚約という瞬間に相応しい華やかなデザインです。キラキラ好きの女性に人気が高い豪華なモデルです。サイドメレウェーブは人と違うデザインが良い花嫁や個性を重視して選びたい花嫁に人気のスタイルです。ウェーブのラインによって指長効果も期待できます。ベゼルはセンターダイヤモンドをセッティングするプロングが無い使いやすいモデルです。日常使いで普段からエンゲージリングを楽しみたい花嫁に人気のスタイルです。エタニティは度のダイヤモンドが主役と言う事は無くダイヤモンドを均等に配列した華やかなデザインです。リングの全周をダイヤモンドが回るものをフルエタニティ、半周のモデルをハーフエタニティと呼びます。キラキラ好きな女性に人気です。エタニティ―はエンゲージリングの他にアニバーサリーリングとしても人気が高く、婚約以外の記念日にお求めになる方も多いデザインです。

⇒婚約指輪のデザインを見る

予算は伝えよう(男性から女性へ)

婚約指輪を実際に使うのは女性だから、、、という理由で「なんでも好きデザインを選べばいいよ」とか「任せる」などリング選びを女性に任せっきりになってしまう男性も多いです。しかし一般的に女性の気持ちとしては「一緒に選んでほしい」と思っている方が多いようです。そんな時一体いくらくらいで選べばいいのだろう?と女性も迷ってしまいます。ですので事前におおよその予算を女性に伝えて選んでもらうと良いでしょう。

そのうえで似合っていれば「似合うね!」とか「こっちの方がいいと思う」など少しアドバイスもしてみてください。女性の気持ちとしても2人で選んだ思い出の婚約指輪(エンゲージリング)となってとっても大切な2人の宝物になるはずです。

 

リングのサイズは小さいと何号まで、大きいと何号まで作れますか?

ブリッジ銀座ではすべてのリングを1~30号まで対応させていただきます。

お選びいただくデザインごとに作成可能サイズが規定されていますが、それを超えて小さく作ったり大きく作ったりも可能です。また30号を超える場合や1号を下回る場合も、経験豊富なスタッフがサイズのイメージを案内させていただきますので安心です。

ご希望のサイズが決まりましたら、専用のサイズゲージで採寸させていただきます。結婚指輪は長く使うものですので着脱のストレスはもちろん日常使いでの使い心地は非常に重要です。リングは形状や太さによっても、つけ心地や圧迫感に違いがあるため、同一人物であってもリング毎にジャストサイズが異なることが多くあります。店頭スタッフがお客様の指に合ったサイズをご案内させていただきますのでご安心ください。

オーダー後リングお渡しの際に実際のリングを手に取っていただき、つけ心地や使用感をご確認いただきます。この時サイズに違和感があれば調整をさせていただきます。また、ご納品後も無料でサイズ調整を行うアフターサービスが付いていますので安心です。

サイズの調整はリング毎にデザインを壊さずできる範囲と、サイズ調整優先で加工できる範囲が予め設定されてています。詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせください。

※一部対象外商品あり

婚約指輪はいくらから買えますか?

プラチナにダイヤモンドのシンプルリングは10万円から。

当日お持ち帰りいただけるリングはInfinityloveのVerdure(ヴァージャー)steady(ステディ)など10万円からご用意しております。またプロポーズ専用のリングもプラチナにダイヤモンドをセットした6点ストレートの」シンプルなリングやサイドメレーのプロポーズリングを複数点用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ブリッジ銀座のプロポーズリングはプラチナ900の可愛いシンプルデザイン小粒のダイヤモンドが左薬指でキラキラ輝きます

↑このシンプルデザインが気になる方は画像をクリック!

プロポーズ用のポケットに入る小さなBOXもご用意させていただきます。

 

サプライズプロポーズプラン「ダイヤモンド&プロポーズ」

また、プロポーズプランを使って女性に金額の総額を知られずにお好みのデザインをお選びいただける「ダイヤモンド&プロポーズ」も12万円からご用意しております。このプランではダイヤモンドの裸石(ルース)とプロポーズ用のシルバー925サンプルリングご購入いただき、シンプルなシルバーリングにダイヤモンドをセットしてプロポーズしていただけます。プロポーズ後、未来の奥様とご来店いただき、女性のお好みのデザインにダイヤモンドをセッティングしてエンゲージリングを製作させていただきます。

このプランではダイヤモンドの総額を知られずにお好みのデザインのリングを贈っていただけることでとてもご好評をいただいております。このプランをご利用いただくのもお勧めです。

プロポーズリングは10万円からご用意していますブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーは東京では唯一の店舗

※プロポーズ用のリングにセッティング4営業日いただきますのでご注意ください。

婚約結婚のセットプラン「プロポーザルブリッジ」も併用可能!

ダイヤモンド&プロポーズプランをご利用いただいてエンゲージリングをご購入いただいたおい客様にもプロポーザルブリッジプランを併用いただけます。プロポーザルブリッジプランでは、お二人にお選びいただいたエンゲージリング デザイン枠の半額分相当を商品券でキャッシュバックさせていただきます。

この商品券はマリッジリング購入時にそのままお使いいただけるというものです。この二つのプランを併用いただけばスマートに、サプライズプロポースを決めていただき、お得なエンゲージリングとマリッジリングのセット購入プラン「プロポーザルブリッジ」で超お得に3本が手に入ります!!

 

エンゲージリングを貰うと一生添い遂げる確率が格段に上昇する!?

結婚情報誌ゼクシィなどの運営で皆さんご存知のブライダル総研様のデータによりますと、「プロポーズする」「婚約指輪を贈る」「結婚式を実施する」の3つを行ったカップルは、この内どれかを実施しなかったカップルに比べて一生を添い遂げる確率が格段に上昇することがデータとして出ています。ブリッジ銀座では結婚式を実施する事は応援はできても直接的に何かお手伝いすることは残念ながらできません、しかし、「プロポーズをする」や「婚約指輪を贈る」は直接的に応援する事が出来ます。

BRIGDEで幸せのアーチをくぐってご来店されるカップルには末永く幸せにいてほしいという願いから、プロポーザルブリッジプランやサプライズプロポーズの応援企画が誕生しました。ミニマムで合理的な現代において私たち宝石店の持つ役割とは?また人類と長い歴史を共有している宝石のあるべき姿とは?その私たちの追い求める一つの答えが、婚約記念品として贈られるダイヤモンドが実際に多くのカップルのお守りとなって二人の幸せな記憶を守っている事だと思っています。

一人でも多くの花嫁の薬指にダイヤモンドの輝きを届けたい。ブリッジ銀座の思い出もあります。

細身のデザインが好きですが、強度が気になります。

結婚指輪で使用する金属の種類はプラチナ950、18金の大きく2種類です。(ブリッジ銀座では特別なご指定が有ればプラチナ900やパラジウム950でリングの作成を行いますのでお気軽にお申し付けください。)

女性用のマリッジリングで幅が2mmもしくは2mm以下の華奢なモデルがトレンドとなっています。日本国内のプラチナ加工職人の腕前は世界一と言われており、加工に高い技術を必要とする為、海外のナショナルブランドのでは本国で思うような品質でプラチナ製造が出来ないことも多く、プラチナ製品の製造を日本国内の加工アトリエに加工させることは珍しくありません。ナショナルブランドの下請けする加工工場が日本には数多くあるのです。

プラチナの加工は非常に高い技術が必要なため、海外のアトリエではあまり繊細で華奢なプラチナの製造は行わないようです。金とプラチナにはそれぞれ特性があり加工する際に職人は貴金属の特性を見抜いて加工していきます。

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでもダイヤモンドは研磨の聖地ベルギーで行い、ジュエリーメイキングは技術の高い日本で行います。

しかし加工技術の高い日本であってもプラチナに強度を持たせるのは容易なことではありません、プラチナはインゴットの状態ではビッカース硬度超硬プラチナ950ブリッジ銀座の新素材ビッカース硬度は200以上の超硬素材東京では銀座の結婚指輪専門店BRIDGEだけ50程度、それを合金を使って強度を増します。ブリッジでは通常プラチナにルテニウムを2%配合した(業界でルテ2)ハードプラチナ950を採用しています。

ハードプラチナ950はビッカース硬度 約115とかなりの強度に仕上がりますので安心して普段使いがお楽しみいただけます。

ハードプラチナ950はキャストする際にガスがたくさん発生す関係で金属表面にゴマスと呼ばれる小さな穴のようなものがたくさんできてしまいます。

仕上げの際には磨き込んでいくとゴマスが出現してうまく磨ききれないなどの難点があってなかなか他のアトリエやブランドで採用されることはないようです。(殆どがルテニウム1%~1.5%)

ブリッジ銀座では強度と引き換えに出てしまうゴマスを丁寧にレーザーで埋めて追いかけ磨いて埋めてを最終仕上げの前にひと手間入れて仕上げます。

ですのでルテニウム2%のハードプラチナ950であっても表面のきめが驚くほど美しい仕上がりのプラチナ製品をお届けできるのです。

超硬プラチナ950

2018年1月20日にデビューした新素材「超硬プラチナ950」はアントワープブリリアントとインフィニティ―ラブの一部の品物で選択いただける新時代の超硬素材です。しかも金賞品位はプラチナ950のままで硬さの単位ビッカース硬度は200以上!!

この200という数値は国産ブランドの焼鈍し製法やドイツやスイスの鍛造製法のリングを凌ぐ硬さなのです!鍛造製法リングは強靭さと引き換えに繊細なデザインを付けることは難しく、直線的でモダンなデザインが多いのが特徴です。

対してキャスト製法は細かなデザインや細部の作り、目に見えない部分の曲線や指なじみなど結婚指輪製作において重要な多くの細かな箇所を丁寧に制作できるのです。

華やかなダイヤモンドセッティングのマリッジリングなどは爪留めの強度が気になったりすることもあると思いますが超硬プラチナ950なら安心してお使いいただけます。

ブリッジ銀座のハードプラチナ950と超硬プラチナ950なら繊細で華奢なデザインでも安心です。

幅広のデザインを探しています。

結婚指輪の幅はおおむね2mm~4mmと言われています。女性用は3mm以上の幅で太いと感じる方が多くなってきます。また男性用でも3.5mm以上はやや太めだと感じる方が多いようです。手の大きさや指の長さにも多少左右されますが、4mm幅のリングでほとんど男性が太いと感じるようです。

4mmを超える幅広デザインも多数取り扱ております

しかし、普段からシルバーのファッションリングをお使いの方や、太めの結婚指絵でブリの大きなデザインをお探しの方にとっては4mm幅では物足りないと感じるのではないかと思います。ご安心ください!BRIDGE銀座では4mm幅を超えるデザインを多数展開しています。しかも女性用でも幅広のデザインでお作りすることもできます。

女性用でボリュームのある結婚指輪もダイヤモンドアレンジなど自由自在にできますのでご安心ください。

幅広のデザインはキャスト時に地金を押すガスの圧力の調整や仕上げも特殊な技術を必要とします。ブリッジの幅広リングは海外の鍛造系とは違う繊細で磨き抜かれた仕上がりのまま幅の太いデザインをお楽しみいただけるのです。

幅広の太いマリッジリング結婚指輪はブリッジ銀座へBRIDGEには個性的で太いリングが多数展示 ハード系でカッコいい男性に人気のフラットストレートの幾何学模様な太いマリッジリング女性用はプリンセスカットダイヤモンドでソリッドな印象 クロス模様が男性にも人気の部落暉うダイヤモンドアレンジも出来る幅広太めのマリッジリングつけ心地抜群で確かな存在感 彫刻刀で無造作に彫り込んだアトランダムなデザインが魅力の幅広の太い結婚指輪マリッジリングはインフィニティラブの新作で銀座初登場

しなやかな指に太い結婚指輪8mm幅の極太モデルは東京のブリッジ銀座で展開中サークルセットのダイヤモンドにアレンジ可能 極太結婚指輪8mm幅幅が広く個性的で人気の高いブリッジ銀座の婚約指輪ゴールドアレンジでオリジナリティーを演出

このほかにも多数太めのデザインを取扱っておりますのでぜひ店頭でお手に取ってお確かめください。

※実際にフォーマル重視で結婚指輪をお選びになる場合は2mm~4mmの範囲で選ばれることをお勧めします。

アントワープブリリアントのカスタムリングでは男性用を5㎜幅、女性用を1.8㎜幅に選んでいただくことも可能です。同コンセプトのマリッジリングで男女の幅の差はもしかしたら世界最大かもしれません(笑)詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせください。

 

超硬プラチナ950とは

超高プラチナ950はビッカース硬度200以上のアントワープブリリアント独自のプラチナ素材の事です。

ブリッジ銀座で展開する3ブランドの内アントワープブリリアント、インフィニティラブでは新素材 超硬プラチナ950(超PT950)を選んでいただく事が出来ます。超硬プラチナ950は金属の硬さを表す単位ビッカースで200以上の超硬素材なのです。

プラチナはインゴット(金属として出来上がって直)の状態ではビッカース硬度僅かに50程度、それをルテニウムなどを特殊配合してハードプラチナに作り上げるのが今までは最高位の硬度でした。それでもビッカース硬度は110程度が一般的なのですが、アントワープブリリアントでは世界基準のプラチナ950を鍛え上げビッカース硬度200以上を実現しました。

ドイツやスイス等のヨーロッパメーカーが展開する鍛造製法のリングや国産でも大手メーカーの展開する冷間鍛造と同等の硬さを持つ超高プラチナ950は鍛造製法では表現できない繊細なデザインや曲線の美しさはそのままに高級鍛造リングと同等の硬さを持つ結婚指輪なのです。

以下に簡単なビッカース硬度の一覧です

一般的なプラチナ999=Hv50

ハードプラチナ950=Hv115

ハードプラチナ900=Hv130

冷間鍛造の高品質リング=Hv200

超硬プラチナ950=Hv200

1円玉=Hv45

5円玉=Hv150

10円玉=Hv130

50円玉=Hv160

因みにダイヤモンドはHv7000!!

Hv(ビッカース)の数値が高いほど硬い素材と言えるのです。

 

 

 

 

Antwerpbrilliantではビッカース硬度200以上の超硬プラチナ素材の超高プラチナ950を選べるのは首都圏東京銀座ではブリッジ銀座だけHv200以上で普段使いに最適

新潟県工業技術総合研究所」様にてビッカース硬度の試験を行い見事200以上を達成しました。

国産プラチナの繊細で美しいデザインのままで日常生活で安心して使用していただけるHv200以上の超硬素材「超硬プラチナ950」の確かな手触りをぜひ店頭でもお確かめください。

Hv200とは一般的にフォークやナイフの硬さと同じです。硬いと言ってもプラチナですので、ステンレスのフォークやナイフくらいの硬さと思ってお使いいただけば何時までも大切にお使いいただける品質で有ると言えます。

※超高プラチナ950はアントワープブリリアントの全モデルとインフィニティラブ一部モデルで採用されています。今後BRIDGEやインフィニティラブの非対応商品にも順次対応していきますが、店頭商品で一部素材としてお選びいただけないものがございますので予めご了承ください。

 

エタニティリングとは

エタニティは永遠や永久という意味の英語です。ブライダルリングの中でも人気のカテゴリーなのですがこのエタニティリングとはいったい何なのか説明します。

ブライダルリングの中で結婚指輪でも婚約指輪でもなくエタニティリングと呼ばれる品物は一般的にリング全周に途切れることなくデザインが施されているリングを指します。

DlineネビュラBRIDGEエタニティ Dlineネビュラ全周ダイヤモンドの婚約指輪

上写真はAntwerp Brilliant D Line Nebula”ディーライン ネビュラ”フルエタニティのダイヤモンドリング

D-line ネビュラの様なデザインのダイヤモンド全周タイプのエタニティリングが一番イメージされるのではないでしょうか?このタイプはリング全周に同じ形のダイヤモンドを途切れることなくセッティングしていきます。

エタニティリングはデザインに正面や横がありませんので指に着けている時に仮に回ってしまってもいつも正面を向いています。

 

エタニティ途切れる事のない愛の証

途切れることなく続くダイヤモンドは”途切れる事のない永遠の愛”の象徴として、世の女性から 絶大な人気を誇ります。

そんなエタニティ―リングですが、もともとは結婚指輪の最も華やかなスタイルとして作られたと言われています。

イギリスやアメリカの文化圏とは違いドイツ等一部の地域ではエンゲージリングに一粒ダイヤモンドを贈るという文化や歴史が無い場合もあります。

その場合、結婚指輪として”ウエディングバンド(Wedding Band)”というペアのリングを贈り合うのが一般的でした。いわゆる結婚指輪ですね、その為、最も華やかな結婚指輪(Wedding Band)は宝石が一周全てにあしらわれた華やかなスタイルだったのです。そのなかでも最上級なのがダイヤモンド全周のエタニティリングだったのです。

他の文化圏では結婚の周年記念や記念の贈り物に男性から女性へ”永遠の愛”の意味で贈られることが多いことから、人生の節目となる様々なタイミングで女性にとっては”いつかは持ちたい(手に入れたい)”憧れのリングとなっていったのです。

婚約指輪としては勿論ですが結婚10周年の記念などで贈るのもステキすですよね!

という事でそもそもダイヤモンドのエタニティリングはマリッジリングの最も華やかなデザインとして作られましたが、近年ではその人気から婚約指輪として贈る方も増えています。

立て爪めリングは”引っかかりそう”とか”使い辛そう”という方やもっと普段からも使いやすいエタニティリングをエンゲージリングにと選ぶ花嫁も多いようです。

 

フルエタニティとハーフエタニティ

Ininitylove織エタニティAntwrepBrilliantブリッジ銀座Dline

写真左はダイヤモンドリング外周を”くるっ”と一回転するフルエタニティ。そして写真右はリングをダイヤモンドが半周のハーフエタニティです。

フルエタニティは華やかで豪華な反面、サイズの調整幅が無くリングのメンテナンスの際にサイズ調整は基本的に出来ません。それに対してハーフエタニティのリングは指に着けた時に手のひら側に来る部分はダイヤモンドが留まっておらず金属だけですので後日サイズの加工をする事が出来ます。

またあまり華やかに成ってはいけないシチュエーション等ではリングを”くるっ”と一回転なにもデザインが無い面を正面にすればとてもシンプルなリングを付けているように演出も出来ます。

王道スタイルで華やかなフルエタニティ?それとも使いやすさとメンテナンスでハーフエタニティ?どちらもおススメです。

ハーフエタニティのリングはデザインの幅も広がりとても人気のスタイルです。

結婚指輪千の彩BRIDGEAntwerpBrilliantGALLERY銀座結婚婚約リングセットのインフィニティラブ冥王星BRIDGE銀座煌めく水面ブリッジ銀座人気の結婚指輪あおぎBRIDGE人気の結婚指輪

 

男性にも人気の結婚指輪

またBRIDEG銀座ではマリッジリングのデザインでも出来る限りエタニティスタイルを採用しています。

それはハンドメイドならではの拘りで『途切れることなく続く愛の象徴』としてお互いの分身『結婚指輪』を着けてほしいという思いから。

男性用にもエタニティスタイルのリングを展開しているデザインが多数あります。

決意BRIDGE銀座の結婚指輪エタニティスタイル永遠の絆BRIDGE銀座の結婚指輪エタニティスタイルいざないの水神BRIDGE銀座の結婚指輪エタニティスタイルライスシャワーBRIDGE銀座の結婚指輪エタニティスタイル

ウエーブスタイルのリングをエタニティに作っているのはとても珍しいのはないかと思います。

これも加工技術に熟練した日本の職人が制作を担当するからならではの拘りです。

BRIDGEのリングが男性にも人気が有る理由の一つです。

この他にもInfinityloveAntwerp Brilliantにも多数エタニティスタイルのリングを展開しておりますのでぜひ店頭でお確かめ下しさい。

※エタニティ(Eternity)はD.A.P.T.株式会社の登録商標です。

結婚指輪の刻印について

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは販売させていただくすべての婚約・結婚指輪の内側にメッセージの刻印サービスを承っております。

お二人の想いを込めた結婚指輪には特別な刻印を刻んでお使いいただきたいと考えております。

※一部宇対象外商品あり

内径刻印人気のスタイル

①イニシャル刻印:お互いの名前の頭文字を刻印するパターンです。

 例:T to N   T & N       T♡N (3文字)  

②イニシャル+記念日刻印:お互いのイニシャルに記念日を加えた刻印

 例:2018.7.7 T to N (14文字) 平成30年7月7日 朋也(12文字)

③フルネームで刻印:お互いの名前をフルネームで刻印

 例:Tomoya to Nao (12文字) Daisuke ♡ Mieko (15文字) 妙子♡雅明 (5文字)

④フルネーム+記念日刻印:お互いの名前と記念日を刻印するパターン

 例:2018.7.7 Tomoya to Nao (20文字) 平成30年7月7日 朋也と奈穂 (15文字)

これ以外にもお互いにメッセージを入れ合うパターンや言葉を送り合うカップルも、特別な刻印もステキですよね!お二人だけの特別な刻印を考えてみてはいかがでしょうか?漢字なども選んでいただけますので

以下にBRIDGEの文字入れパターン表を

BRIDGE銀座の結婚指輪文字入れサンプル レーザー オリジナル刻印 エンゲージにも入ります シークレットストーンも人気

記念日の刻印は意外と便利?結婚後、男性にとって結婚記念日などの重要な家族のイベントを忘れてしまわないようにリング内径にしっかり記念の日付を刻印しておくことは重要です!結婚記念は女性にとっていつまでも大事にしたい日、その日を何時も大事にできる二人でいてください。

シークレットストーンセッティング

またご希望により文字の他にリング内径にシークレットストーンをセッティングするサービスも行っております。

人気の宝石はブルーダイヤモンドですがこの他に誕生石や守護石などお気に入りの宝石をセッティングさせて頂く事が出来ます。

ご希望の宝石に付いては店頭係員までお気軽にお尋ねください。

シークレットストーンはブルーダイヤ人気 ブリッジ銀座 追加オプション サムシングフォー サムシングブルー

お互いの誕生石を送り合うのもステキですよね!

またお二人の直筆のメッセージや男性用から女性用までのリングを跨いで一つのメッセージを刻印する等、頂いたデータ通りにそのままリングに刻印することもできますので店頭スタッフまでお問い合わせください。

リング内部の刻印はレーザー彫刻機を使って行い、文字刻印後に仕上げをしています。文字の部分がざらざらして使い心地が低下する心配はありません。また文字刻印数には限度があります、しかし仕上がったリングにはまだ文字を彫ることのできるスペースを余白として残してあります。これはサイズの再調整の際に糸鋸を入れて調整するためのスペースですので予めご了承ください。

ミルグレイン(ミル打ち)仕上げ

ミルグレイン(ミル打ち)は多くのアンティークジュエリー等に使われている貴金属細工技法です。Milgrain(Millgrain)と書きますがこれはフランス語でMil(千)のGrain(粒)という意味です。Milはミリメートルとかミリリットル(1000分の1)など実は身近な言葉なんですね、一方Millは粉砕する等の意味なので粉砕されたような小さい粒とも取れます。

ミリの様な小さい粒で「ミルグレイン」という訳です。千の小さな粒が連続する事から、「子宝や長寿」等を願う意味で結婚指輪にも多く用いられる人気の技法です。

アール・デコの装飾美術に多く見られる”ミルグレイン(ミル打ち)”

ミルグレインは1900年頃開発され1925年のフランスのパリ万博で注目されたアール・デコ調の装飾様式で職人の間では「French-milgrain(フレンチミルグレイン)」と呼ばれています。

そんなミル打ち等のアール・デコですが、そのルーツはキュビズムやバウハウス、アステカ文明、更には紀元前の日本や中国からもインスパイアを受けていると言われています。アメリカ、ドイツ、南米、アジア・・・世界中ですね。

アジアからのインスパイアが気になって調べたところ、秦の始皇帝や縄文文化などなかなかに興味深いです。特に中国のイヤリングはそのルーツとして最古。

古のアジアンテイストをヨーロッパアンティークに仕上げたミルグレインが何世紀もを経て世界中で人気を博すというのはジュエリーの文化の奥深さを感じます。

まさに現代美術と古代美術の融合した姿がミルグレインのジュエリーには有ると言って良いのではないでしょうか!

BRIDGEのミルグレイン(ミル打ち)デザイン

BRIDGEのミルグレイン加工ブリッジ千の彩 アンティーク技法 ほめられリング千の彩WG&PTバージョン ブリッジ銀座 アンティーク技法のミルグレイン 鍛造製法

BRIDGEのミル打ち(ミルグレイン)が美しいリング”Rice Shower 千の彩”1,000粒の水滴が織り成す彩、虹の結婚指輪を祝福のライスシャワーにたとえてデザインしています。

千の米粒がモチーフ、結婚式のセレモニーでもある祝福のライスシャワー、ライスシャワーは豊潤な恵みと子孫繁栄の象徴、これからの人生が豊かさと子宝に恵まれることを願って。

Rice Showerは鍛造技法でミルグレインを施していますので、長期使用によってミルが消えてきたりダレたりしません。長く安心してお使いいただけるリングです。

 

アントワープ DlineStar クラシック 男性用 ミルグレイン アンティーク技法 フラットストレート AntwrepBrilliantアントワープブリリアント婚約リングもアンティーク仕上げ エンゲージリング セミオーダー

AntwerpBrilliantの”D Line Star Classic”フラットな男性用リングの両縁にミルグレインを施しています。”千の彩”よりも小さいサイズのミルを施しますので遠くからだと粒粒はハッキリとは見えません、あまり可愛くなり過ぎたくない男性用としては丁度良いデザインです。

このリングでは職人が”なるべく均一”で”等間隔”に小さな粒を刻んていきます。これはガイドラインが有ったとしても根気と技術が必要な作業、熟練職人の手作業で一粒一粒丁寧に行われています。

そして右は”D Line Star Classic”の婚約指輪、一つ一つのダイヤモンドが持つ美しさを統合する。ダイヤモンドと着ける人の 魅力を融合し、引き上る、Dラインのクラシックスタイル、ミルグレインのセンターダイヤモンドバージョン。

エンゲージリングはミルグレインをあらかじめデザインして原型に落とし込んでいますのでハッキリとした粒状が見ていただけるのではないでしょうか。

 

ぐるりとくるりBRIDGEの結婚指輪ミルグレイン 銀座ブリッジ人気のエンゲージリングぐるりとくるりBRIDGEの結婚指輪ミルグレイン女性用 アンティーク技法人気

BRIDGEの”GURU&CURUぐるりとくるり”一方を丸型の繊細なフォルムに一方を角型のフォルムで引き合う個性を表現。お互いに足りない部分を補い合う夫婦生活をテーマに、デザインされています。

お互いに力を合わせる夫婦生活は、お互いの得意な分野でお互いを支え合って行く、これからのお二人の幸せを祈っています。ぐるりとくるりに使用したミググレインはBRIDGEでは最小サイズの小さなミルを施してあります。

”千の彩”や”D Line Star Classic”とは異なるミル打ちの技法を採用していますので、金属表面にまた違った表情を生み出します。

夜空の花火BRIDGE婚約指輪婚約指輪と結婚指輪ミルグレインのセット

BRIDEGのFire ceremony 夜空の花火、日本最古の国宝『縄文雪焔』をモチーフにしています。この土器が造られたのは約4500年前、主に祭事に用いられ篝火を燃やして古代の儀式において明りに用いたとされる土器。

燃え上がる炎がモチーフの火焔土器を結婚を決意した男性の情熱にかけています。

アーム部分は縄文をイメージしてアンティーク技法ミルグレインを使用してるのですが、まさにこの火炎土器などが20世紀初頭パリ万博でのアール・デコに大きなインスパイアを与えたのかもしれません。

ミルグレイン(ミル打ち)は結婚指輪に古の歴史と最新技術を融合するデザインなのです。

クラウンアンドティアラBRIDGE結婚指輪ミルグレインクラウンアンドティアラBRIDGE結婚指輪ミルグレインプラチナ

BRIDGEで最も大きなミルグレイン(ミル打ち)を施してあるCrown&Tiaraクラウン&ティアラ、色々なミルが有って楽しいですね!大粒のミルグレインがデザインに力強さを与え可愛い外観の中に”不落の橋”の威厳を少しプラスしてくれます。

様々な技法、様々なサイズで施されるミルグレイン(ミル打ち)

ミルグレインはミルを打つタガネ(鏨)やミルホイールという彫刻職人専用の工具を使います。

工具種類と鏨サイズで大きな粒から細かな粒まで様々な方法で様々なサイスのミルグレインを施す事が出来るのですが、中には厳密には粒ではなく”小さな尖り”だったり粒を残しているというよりも”ギザ10”のようなギザギザ模様を付けているデザインもあります。

よく見てみると”千の粒”なのか”千の山”なのかはたまた”千の谷”なのか色々なミルグレインが有りますのでお好みのミルを探すのも楽しいと思います。 

インフィニティラブフラッグBRIDGE銀座コンビのミルグレイン  インフィニティラブ変わったミルグレイン インフィニティラブHOPE定番ミルグレイン婚約指輪結婚指輪セット インフィニティラブDropセンターミル婚約指輪銀座 ウラナスインフィニティラブセットBRIDGE銀座 BRIDGE銀座エンゲージリング葵

インフィニティラブには様々なミルグレインのデザインがございます。

 

リングの艶消し(つや消し)仕上げ

BRIDEGでは婚約指輪、結婚指輪の最終仕上げを4つの方法でご案内しています。

①グロス仕上げ

②ホーニングマット仕上げ

③ヘアーラインマット仕上げ

④セラミック(ダイヤモンドバー)マット仕上げ、

同じデザインのリングでも仕上げ方で印象がガラッと変わりますのでお気に入りの仕上げ方を見つけてください。

Pt950、Pt900、K18イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、パラジウム全ての素材で選んでいただけます。

グロス(GROSS)仕上げ

BRIDGE銀座仕上げ方法グロス仕上げプラチナ

グロス仕上げ・鏡面磨きで金属表面をピカピカに仕上げます。プラチナ等の貴金属では一番一般的な仕上げかもしれません、女性用のリングでは一番人気の仕上げです。

BRIDGEでもほとんどの女性用リングと婚約指輪(エンゲージリング)ではこの仕上げを採用しています。BRIDGEではプラチナの表面のキメが綺麗に出る様にプラチナ950にルテニウム、パラジウムを独自の配合で特殊に配合して使用しています。

写真の制度が悪くあまりきれいに映ってないですが(泣)、、、ぜひ店頭で実際に手に取ってキメの美しさをご覧ください。

グロス仕上げの美しい結婚指輪:Cheerfulゆきどけ

まだ紹介しきれないデザインが多数店頭に展開していますので是非実際に手に取ってお確かめ下しさい。

 

マット仕上げ(Matte Finish)

BRIDGE銀座マット加工ホーニングマット仕上げプラチナ

ホーニングマットと呼ばれるこのやわらかな仕上げは小さな粒子を吹き付けて細かな跡を金属表面に付けていく加工です。金属表面で乱反射した光が優しい印象になる仕上げです。

”フワッ”とした優しい光が出るので女性用のリングの艶消し法としても人気が有ります。

マット仕上げの美しい結婚指輪:form of happiness幸せのカタチ

まだ紹介しきれないデザインが多数店頭に展開していますので是非実際に手に取ってお確かめ下しさい。

 

ヘアーラインマット仕上げ(Hair-Line Matte finish)

BRIDGE銀座マット仕上げヘアーラインを施したプラチナ

ヘアーライン仕上げは細い線状の”荒らし”を金属表面に付けていく仕上げです。曲面よりも平面の方がシャープな印象となります。スッキリとカッコイイ印象になるので男性に人気の仕上げ法です。

316Lステンレス腕時計のツートン仕上げほぼほぼこのヘアーライン仕上げが採用されています。

男性に人気のヘアーラインが美しいマリッジリング①:Sunset Beach煌めく水面

男性に人気のヘアーラインが美しいマリッジリング②:Voyage未来への船出

まだ紹介しきれないデザインが多数店頭に展開していますので是非実際に手に取ってお確かめ下しさい。

 

セラミックバーマット/ダイヤモンドバーマット仕上げ

(Ceramic/Diamond-Bar Matte Finish)

BRIDGE銀座マット仕上げ業界初ダイヤモンドマット 

そしてこの第4の仕上げはBRIDGE AntwerpBrilliantGALLERYオリジナルの艶(つや)消し法です。小さく砕いたセラミックや小さな工業用ダイヤモンドの粉で荒く磨き上げる方法です。

ヘアーラインよりもさらに強い印象の仕上げで男性に人気です。 

セラミックマット仕上げがカッコイイ結婚指輪:Bond Forever永遠の絆

 

メレダイヤモンドが取れてしまわないか心配です。

宝石の付いたリングは繊細な作りの物もございます。日常使いでは衝撃が加わる事で取れてしまう事もあります。BRIDGEではリングをお預かりの上、宝石のセッティングにゆるみがないか?変形などがないか?を無償にていつでもチェックっさせて頂きます。

※BRIDGEではブライダル用のジュエリーでは長期使用に耐えうるデザインを心掛けてジュエリー制作をしております。またブライダルジュエリーは長くお使いいただくものですし、定期的なメンテナンスをお勧めいたします。BRIDEGやわらかな春風セット画像銀座の結婚指輪

BRIDEGのダイヤモンドセッティング技術

ブライダルリングにとって耐久性は何より大切な要素の一つです。繊細なデザインや美しいプラチナの稜線、鏡面仕上げのキメなど様々な技術的仕上げの要素はあると思います。石留もその中の一つ、リングにダイヤモンドをセッティングする職人が一番に気を付けるのが”石はずれが無い事”なのです。

写真のリングは「Spring Breeze やわらかな春風」ダイヤモンドラインリングの拡大写真です。しかもこのダイヤモンドラインはカーブして左手前方向の時はダイヤモンドのテーブルは正面を向くような角度なのですが右奥にカーブ時ながら曲線を描くとても美しいウェーブタイプのリングです。伴いましてダイヤモンドのラインも曲面にセッティングされているのが見て頂けると思います。しかもダイヤモンドを支える爪は一つのダイヤモンドに対し4本しっかり固定されています、指で触ってもザラザラした感じや洋服などを宝石の爪にひっかけてしまわないように宝石のセッティングは細心の注意を払って行います。強度、使用感共に日常使いにも安心のクオリティです。

「Sun Set Beach 煌めく水面」のダイヤモンドは職人がセットするダイヤモンドのサイズピタリに金属を円形状に掘りそれを鏨を使って留めていきます。金属に厚みが無いと出来ない技法ですがリングの着け心地を優先してデザインされているので指当りは滑らかなままキープされています。BRIDGEでは毎日安全にジュエリーをお使いいただけるように細心の注意を払ってお造りしています。

 

結婚指輪と婚約指輪のセットリング、重ね付け?

セットリングは婚約指輪と結婚指輪が同コンセプトでデザインされています。デザイナーは婚約指輪に結婚指輪が重なるように最初からデザインています。一本一本でも美しくお使いいただけて、重ねてお使いいただく際はいっそう華やかな印象に。

BRIDGEのCheerful Set(ゆきどけ のセット)

ゆきどけBRIDEGセットリング

”ゆきどけ”春の訪れをデザインしてあります。全体的にゆるやかで優しいVラインのマリッジリングです。
エンゲージリングはゆきどけの伏流水が湧き出る水源を
マリッジリングのレディスは透明感のある雪解け水が流れる様をデザインしています。エンゲージリングとマリッジリングが重なりますと春の訪れをイメージさせる、そんなデザインに仕上げてあります。

Antwerp BrilliantのD Line Star Classic

AntwrepBrilliantのエンゲージマリッジ重ねつけDlineStarクラシック

ベルギーアントワープの超絶ダイヤモンド研磨師がセンターダイヤモンドの研磨を手掛けるAntwerp BrilliantのD Line Star Classic アンティーク技法のミルグレインが美しいバンドリングです。エンゲージリングのサイドメレ―ダイヤモンドはベゼルセッティング、ベゼルトップにミルグレインを丁寧に入れてあります。マリッジリングの女性用はミルグレインをリング両サイドに淵の様に使ったダイヤモンドラインリングです。

インフィニティラブCandyセット

Inifinitylove新作からCandy(キャンディ)コンセプトとしたのは「ホワイトデーのお返しに選ばれるキャンディー」ホワイトデーのチャンディーには「あたなが好きです」という意味がります。たった一つの真実の愛の証をイメージ。このリングも重ね付けが素敵ですよね!

リングの重ね付けは「おもてなし」になる?

リングの重ね付けは”重なる”や”連なる”という意味でお祝いやお喜び事の席にはピッタリです。ご自身の結婚式では指輪交換でマリッジリングを新郎からつけてもらうまでは右手にエンゲージリングをします。リング交換でマリッジリングをつけてもらったら、その上からエンゲージリングを重ねてつけるのが正解です。家族と自分自身のお喜び事が重なりますようにという装いの呈をなします。

また自分がお呼ばれの立場であればエンゲージとマリッジを重ねるとこはこれも大変良い事で、ご主人(筆頭者)から結婚の誓いで頂いた「一番大切な指輪」をつけてきました。しかも結婚指輪との重ね付けで、「個のお喜び事が重なって長く続きますように」という意味を表すことになります。

逆にお悔やみの席での重ね付けは避けるべきなのは言うまでもありません!!真珠のネックレスも「短く一回で」の意味でチョーカースタイルを一本で着けるのが良いでしょう。

そもそも日本の文化における”おもてなし”には「装い」というものが有り、TOPに合わせてどんな服装で?そしてどんな装身具で?という事が有ります。最近はあまり気にされない方も多くなって来られましたが、合わせれるのであればTOPに合わせた装いが出来たほうが望ましいですよね。

 

※結婚指輪(マリッジリング)、婚約指輪(エンゲージリング)

 

セミオーダーとは?(婚約指輪)

ダイヤモンドルース(ダイヤモンドの裸石)とリング枠をそれぞれお選びいただき、その組み合わせてお好みのリングを創るシステムです。アレンジが多彩で世界に一本だけのお好みのデザインを創り出す事も出来る人気の選び方がBRIDGEのセミオーダーです。

基本デザインは約70種類!使用する貴金属素材の選択も自由にチョイス♪

BRIDGEでは店頭に展開しているすべてのデザインをお好みのダイヤモンドで新規作成する事が出来ます。

BRIDGE銀座では婚約指輪エンゲージリング用に国際基準GIA鑑定のグレーディングレポート付きダイヤモンド多数品揃え

ダイヤモンドはD-VVS1~G-SI1まで様々なグレードを店頭に常にストックしていますので、実際のダイヤモンドを手に取って頂いてご確認いただく事が出来ます。Antwerp Brilliantのダイヤモンドにはグレーディングレポート鑑定書が付いてきます。ダイヤモンドの鑑定書グレーディングレポートはGIA(Gemological Institute of America)が定める国際基準4Cに沿って鑑定されたダイヤモンドに発行される書類です。

Antwerp Brilliantではダイヤモンド原石をDTC(ダイヤモンドトレーディングカンパニー)から供給を受ける観点から国際的に信用の高い鑑定鑑別機関IIDGR(International Institute of Diamond Grading & Research)デビアスグループのダイヤモンドを鑑定する専門機関発行のダイヤモンド鑑定書を採用しています。また専属研磨師に指名しているフィリッペンス・ベルト氏が研究開発に携わった”ハートアンドキューピッド”パターンのダイヤモンドを取扱いますので、専用のレポートを発行できる中央宝石研究所(CGL)発行のダイヤモンドグレーディングレポートの鑑定書も採用しています。

IIDGR、CGL共に国際的にも高い評価を受けるダイヤモンドの鑑定機関です。

IIDGR:https://www.iidgr.com/

CGL(中央宝石研究所):http://www.cgl.co.jp/

デビアスグループ:https://www.debeersgroup.com/en/index.html

インフィニティラブ什器たくさんのデザインからおきにいりをチョイス

華奢で繊細、特徴的で個性的なデザインが豊富なInfinitylove(インフィニティラブ)こだわり派の女性から支持されてます。毎シーズン投入される新作は必見です。現在38デザイン117モデルを展開(2017.7)3ブランド合計で70種類以上のデザインを比較検討いただくことが可能です。またご希望により独自のアレンジやデザイン変更を承る事も出来ますのでお気軽にお尋ねください。

婚約指輪(エンゲージリング)のデザイン一覧

BRIDGEの店頭で展開されるエンゲージリングは70種類それぞれのリングに重ね付けできるマリッジリングがあつらえてデザインされています。エンゲージリングをお選びいただいたお客様がマリッジリングをご購入いただく際には特別な特典も良いしております。

プロポーズブリッジ銀座特別なプラン用意してます。

 

リングの内側に彼女の誕生石を埋め込みたいのですが

結婚指輪のご注文時にリング内径の宝石埋め込みを別途有料にて受け賜っておりますのでお気軽にお問い合わせください。このほか記載のないレアストーンもお探しいたしますのでお気軽に店頭スタッフまでお問い合わせください。

シークレットストーン アレンジ ブライダルフェア特典なら無料オプション サムシングブルーが花嫁に人気

1月  :ガーネット(garnet)

2月  :アメシスト(amethyst)

3月  :アクアマリン(aquamarine)

4月  :ダイヤモンド(Diamond)

5月  :エメラルド(emerald)

6月  :ムーンストーン(moonstone)

7月  :ルビー(ruby)

8月  :ペリドット(peridot)

9月  :サファイヤ(sapphire)

10月:ピンクトルマリン(pinktourmaline)

11月:トパーズ(topaz)

12月:タンザナイト(Tanzanite)

他にもブルーダイヤモンド(blueDiamond)も人気が有ります。

BRIDGEでは川を流れる清らかな水のイメージでブルーダイヤモンドセッティングをお勧めしています。これから一緒に歩んでゆく二人の気持ちを落ち着かせてブルーダイヤモンドが二人のお守りになると願いを込めて・・・

※ご希望によりピンクダイヤモンド(pinkDiamond)やイエローダイヤモンド(YellowDiamond)アレキサンドライト(alexandrite)その他の希少石をセッティングする事も出来ますので店頭スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

星座石や宝石の持つ意味やパワーも楽しいです。

山羊座 ・ルビー(ruby)アクアマリン(aquamarine)エメラルド(emerald)

     希望と癒し宝石、ルビーは血のお守り

水瓶座 ・サファイヤ(sapphire)水瓶座のお守りは止血や治癒の宝石ブルーサファイヤ

     貞操の宝石。

うお座 ・ダイヤモンド(Diamond)うお座のお守りは不屈の宝石ダイヤモンド

     信念と勇気の宝石

牡羊座 ・ガーネット(garnet)ルビー(ruby)活発でパワフルな牡羊座には

     火のイメージの赤い宝石が牡羊座には選ばれます。

牡牛座 ・エメラルド(emerald)トパーズ(topaz)

     牡牛座のお守りは癒しの宝石エメラルド、毒消しのトパーズ、愛の宝石。

ふたご座・アクアマリン(aquamarine)ふたご座のお守りは安定の宝石アクアマリン

     希望の宝石。

かに座 ・エメラルド(emerald)かに座のお守りは月の女神エメラルド

     月の宝石、愛の宝石。

しし座 ・ルビー(ruby)しし座のお守りは情熱の宝石ルビー、血のお守

おとめ座・サファイヤ(sapphire)おとめ座のお守りは冷静沈着なブルーサファイヤ

     治癒の宝石

てんびん座・ダイヤモンド(Diamond)オパール(opal)てんびん座のお守りは

     開運の宝石オパール不屈の宝石ダイヤモンド

蠍座  ・トパーズ(topaz)サソリ座のお守りは毒消しの宝石トパーズ、癒しの宝石

いて座 ・アメシスト(amethyst)いて座のお守りは誠実で心の平安の宝石アメシスト。

     誠実さ、お酒酔いのお守り

他にも宝石には楽しい逸話が沢山あります。特別なリングだからこそこだわったシークレットストーンをセッティングするのも楽しいですよね!

BRIDGE・AntwerpBrilliant・infnitylove 共通のアレンジサービスです。一部リングの幅や使用によりセッティングできないものがございますがその時はご了承ください。

リングのアレンジについて

BRIDGE AntwerpBrilliantGALLERYで取り扱うリングは様々なアレンジを加える事が出来ます。

先ずは素材➀Pt950プラチナ ②750YGゴールド ③750PGピンクゴールド ④750WGホワイトゴールド ⑤PD950パラジウムの5素材です。ご希望によりダイヤモンドのセッティングアレンジもお受けしますので店頭係員までお尋ねください。

アレンジ例(MorningDewの場合)

➀素材変更Pt950→YG750

 PT ¥74,000 → YG ¥50,000

➁ダイヤモンドアレンジ Pt950女性用 1石→5石

 1石 ¥80,000 → 5石 ¥104,000 

 ダイヤモンド 0.015ct 4石追加 Diamond1P=6,000×4=24,000

他にもデザインによっては幅や表面仕上げなどもカスタムアレンジ承ります。

※写真のリングは”BRIDGE Morning Dew(モーニングデュー)あおぎ

金属アレルギーがあります

金属アレルギーにはアレルギーを起こしやすい金属と起こしにくい金属があります。
アレルギーを起こす金属:水銀・ニッケル・錫・コバルト・クロム・パラジウム・プラチナ・亜鉛・ガドミウム・マンガン
アレルギーを起こし難い金属:アルミニウム・ナトリウム・マグネシウム・カルシウム・カリウム・・チタン・鉄

※ニッケルはアレルギーを強く引き起こしやすいので、アクセサリーのメッキの下地や合金には使わない方が良いとされています。(ジュエリーコーディネーター3級テキストより)

お気付きの方がいるかもしれませんが、アレルギーを起こす金属群に、プラチナや金が含まれています。そして、よく、「アレルギーがあって、シルバー(銀)はだめなんです」とお客様から言われるのですが、銀は、アレルギーを起こし難い金属群です、不思議ですよね。

プラチナは大丈夫で、銀はダメと考えられている理由として、過去に身に着けた事があるピアスやネックレスなどが、銀製品にメッキ(コーティング)のかかった物で、そのメッキ素材にニッケルなどが含まれていて炎症を起こした等が上がります。※現在日本国内で生産製造されている貴金属アクセサリーはニッケルや亜鉛は使用禁止の為安心です。

その他に考えられる主な原因としては、太いリングやネックレスで、ジュエリーと皮膚の間に、汗や汚れが残りそれがい原因で皮膚に炎症を起こした事をアレルギーと勘違いした。や

ピアスホールが未完成のうちに傷口に触ってしまい、炎症を起こした、等が考えられます。

いずれも金属アレルギーと言うよりはその他の事が原因でお肌荒れのトラブルになっているケースが多いです、この2つのケースはほおっておくと金属イオンが溶けだして本当に金属アレルギーになることもあり得るケースですので特に注意が必要です。ジュエリーを身に着けて楽しんで頂きたいので正しく取り扱って末永くジュエリーを楽しんで下さい。

なぜ結婚指輪にプラチナが選ばれる?

昔から日本では結婚の場で「白」は何にも染められていない無垢なモノの象徴として用いられてきました。白無垢やウエディングドレスなどが白いのもこれが由来と考えられています。白は花嫁の為の特別で神聖な色なのです。

プラチナの持つ永遠性は何にも侵されない二人の愛の象徴として結婚指輪の素材としてピッタリです。

 

純粋で希少、永遠の価値を持つプラチナ

アントワープブリリアントAntwrepbrilliantGALLERYギャラクシー結婚指輪と婚約指輪の重ねつけの美しいプラチナリングプラチナは地球上でも限られた場所でしか産出しない希少な地下資源です。実は全体量の70%以上を南アフリカ共和国で産出しており、現在までに約7000トンほど採掘されていますがこれは金と比較した場合に約30分の1という少なさです。

しかもプラチナの原鉱石「メレンスキーリーフ(Merensky Reef」1tから約3gしか取れません。大規模なプラチナ鉱山でもその採掘量は月間100トン程度、つまり貴金属のプラチナは大規模な鉱山であっても月間に300g(0.0003トン)全世界の1年間の採掘量でも150トン・・それしか採掘できない非常に希少な金属なのです。

女性用の細いプラチナリング1本当たり約1トンの原鉱石が必要という事です。プラチナの原鉱石「メレンスキーリーフ(Merensky Reef)」は層状貫入岩体(そうじょうかんにゅうがんたい)という、ペグマタイト質の輝岩の層を指します。

層状や縞状の性質得を持つ火成岩の中に含まれるのですが、この層はプラチナの他にパラジウム、ルテニウム・ロジウム・イリジウム・オスミウム等の希少金属のプラチナ族が満載!

しかもニッケルや銅、鉄とクロム鉄鉱を含んでおり大変貴重な鉱物といえます。南アフリカにはそうした珍しい地層が多く存在しており地層学者にとっても注目の国なのです。

プラチナの原鉱石はその昔岩盤を突き破って吹き出し冷え固まったマグマの中に層状に分布しており、その中から層状の部分のみを採掘するので採掘は困難を極めます。

しかもメレンスキーリーフの採掘現場は地下1000m! 採掘現場ではプラチナ原鉱石「メレンスキーリーフ(Merensky Reef)」の約数10センチしかない鉱脈を見定めて採掘します。

原鉱石メレンスキーリーフからプラチナへ

インフィニティラブのポリッシュPolish重ねつけの美しいプラチナリングBRIDGE銀座採掘された原鉱石メレンスキーリーフはその後8週間も溶解炉の中で加熱され続けます。

これは融点温度の非常に高いプラチナ族だけを効率よく取り出す方法で行われます。

8週という長時間精錬を経て純プラチナを取り出します。

1トンの原鉱石にの中に僅か3gしか含まれないプラチナは特殊な精錬方法で取り出されてインゴットとなるのです。

プラチナがブライダルリングとして選ばれるのは結婚指輪にふさわしい希少性を備え年月を経ても色あせる事のない永遠性を兼ね備えているからなのです。ブリッジ銀座の結婚指輪の原料プラチナ鉱石は南アフリカ共和国southAfricaプラチナの産出国platinum

プラチナの産地「南アフリカ」の風景

 

プラチナPTとホワイトゴールドWGの違い

プラチナとホワイトゴールドはどう違うのでしょうか?

プラチナはもともと銀色の白い色合いの金属です。プラチナの白い輝きはもともとの天然の色合ですので、長く白い輝きをお楽しみいただくのに大変適しています。

一方でホワイトゴールドは元々は黄金色のゴールドにプラチナ族のパラジウムを合金して色合いを変化させています。BRIDGEのホワイトゴールドはプラチナに比べますと若干の温か味の有る”黒っぽい白色”です。男性で少し黒めのイメージの方がお好きな方にはおススメです。

結婚指輪に選ばれるホワイトゴールドとプラチナの違いブリッジ銀座

白い紙の上と暗い色合いの柄の上にそれぞれWGとPTを比較してみました。より白い金属がご希望出来たらPTがおススメですし少し温かい(黒いいぶした様な)色合いがご希望でしたらWGもステキだと思います。

結婚指輪に選ばれるプラチナとホワイトゴールドの違いPt950 WG750 

※BRIDGEではご希望でホワイトゴールドにロジウムコーティング(プラチナコーティング)を施す事も出来ます。通常は変色に強く経年変化もないコーティング無しの状態でリングをお作りしています。

またプラチナとホワイトゴールドは重さも違うため同じ大きさのリングを持ち比べて頂くとプラチナの方がずっしりとした質感です。一般的に「プラチナ950」は全体に対してのプラチナの95%含有率、「ホワイトゴールド750」は全体に対して純金の含有率75%という事で貴金属の純度にも違いがあります。

 

プラチナについて

貴金属の色プラチナ18金 イエローゴールド ホワイトゴールド ピンクゴールドBRIDGE銀座の取り扱い

プラチナは人類の有史以来、地球上のすべての採掘量を合わせても2階建てバス1台分しかないとされています(6m四方の立方体)マリッジリング1本分のプラチナは約3グラム、プラチナの原鉱石約1トンから採掘されるプラチナの量が約3グラムですのでマリッジリングのメンズとレディースで約7グラムとすると…プラチナの原鉱石は約2.1トン必要という事になります。ざっとダンプカー1台分!

プラチナは地下1000mクラスの鉱脈から採掘された後、原鉱石の中に僅かにしか含まれない為、約8日かけてじっくりと精錬されます。そんな大変貴重な貴金属がプラチナです、プラチナは日常生活で変質・変色する心配もなく、いつまでも美しい白さを保つことができることから結婚指輪の素材として相応しく世界中の花嫁に選ばれています。プラチナは温泉の硫黄分や漂白剤、プールの塩素、汗などを気にする必要もありません。変色することのない純粋な白色はご結婚のイメージにピッタリな素材です。

プラチナの純度はパーミル表記、1000分率で表記します。プラチナ950ならプラチナ95%とほかの金属(BRIDGEの場合パラジウムとルテニウム)5%の合金のことを指します。

一般社団法人JJA‐日本ジュエリー協会の定めるところで日本国内では85%以上の割合でプラチナを含む貴金属はプラチナと名乗る事が出来ます、このことにより国内のジュエリー市場には850~999まで様々な純度のプラチナが販売されています。国際基準でありBRIDGEでもメインで使用している一般的なプラチナ950というと1,000分の950が純プラチナ、残りの50がパラジウムという金属を割金として合金されたプラチナを指すことが多いです。

婚約結婚リングに使うプラチナの金賞品位世界基準950最低は850ブリッジ銀座

95%・・・純プラチナ  5%・・・・純パラジウム

という事ですね、パラジウムはプラチナ族の貴金属で、昔から歯医者さんが銀歯の素材として使ったりするほど人体には安全で安定した金属です。

プラチナ950は鋳造加工の際にガスが沢山出て金属表面にガスの気泡いわゆる”ゴマス”が沢山出てしまうことや、何といっても純度が上がることで日常使いのリングに必要な強度が出にくく、変形にも弱く簡単に曲がって壊れてしまうなど当初問題の多い素材でした、しかし産地の職人たちのたゆまぬ努力と研究の結果、徐々に高純度でも高い強度と加工に適した弾力とを兼ね備えた高純度プラチナが生産できるようになってきました。現在でも繊細なデザインや華奢なプラチナリングを十分な強度を持った状態に作成する事は大変難しく熟練した職人の技術が必要とされます。

※貴金属の名前は成分全体の50%以上を占めている場合その金属名を貴金属名称の一番前に持って来ても良いと事になっているためPTを全体の50%以上配合した505などの新素材の研究も進められています。

プラチナの価格は上昇する?

プラチナは宝飾用よりも車のエンジン等の超耐熱金属素材として車やロケットなどのエンジン内部素材として使用されるのがほとんどの為、世界的にみると車の販売台数に価格が左右される傾向があります。その他にも充電用のバッテリーや宇宙開発のロケットなどはプラチナとの合金で5000度以上の高温でも変化しない素材を作るなどざまざまな分野でこれからも注目される素材といえます。宝飾品として使われるプラチナの量はその中では微量ですのでプラチナの価格変動を見る際には実はこうした工業系の業界動向に注目が必要です。

また以前には主な産地である南アフリカの情勢不安で生産量が急激に落ち込んでしまい需要と供給のバランスで価格が上昇したことなどもあります。

プラチナギルドインターナショナルはプラチナの基準純度を950に定めています。

ブリッジ銀座ルテニウム特殊配合のプラチナ950特別な超高プラチナInfinityアントワープにも

BRIDGEで使用するプラチナは通常のプラチナ950よりも強度を増した『ハードプラチナ950』。割がねに使うパラジウムに更にルテニウムを特殊に配合しプラチナ表面の金属のキメがより美しくそして柔軟性に富み強度ある素材に仕上げました。BRIDGE、Antwrep Brilliant、Infinityloveの商品を店頭でぜひ手に取ってその違いを体感ください。

結婚指輪の由来について教えてください。

結婚指輪(マリッジリング)を身に着けたり贈る習慣は、日本では昭和40年頃に生活の欧米化に伴いポピュラーになったそうですが、その歴史は古く、古代ローマ時代に遡ります。

結婚指輪は、初め鉄製の指輪だったのが2世紀頃から金製になったとされています。この頃は女性は男性の持ち物とされていたため結婚自体にも「契約」の意味があり結婚指輪はその証としてまさに契約の意味があったったとされています。
もっとも金のリングを結婚の時に贈ることができたのは、一部の王侯貴族や裕福な方だけだったために、社交場で「既婚」である事を示す”たしなみ”目印の様なものだったようです。

既婚の異性に結婚を迫ったりそうした好意を持ってはダメなのは今も昔も人の気持ちは変わりませんね?

ちなみにローマでは、5世紀頃から日常的に結婚指輪を身につける習慣が生まれましたが、キリスト教で結婚指輪を認めるようになったのは、11世紀頃であり、この頃から左手の薬指に指輪を着けるようになり世界中に広まったと言われています。
古代エジプトの呪術医学書によると当時左手の薬指の血管は心臓につながっていると考えられていて、この指にはめれば心に愛情が伝えらると言い伝えられています。
※実際には薬指が一番力の入らない指でいつもリングを着けていても日常生活で邪魔にならない指だからであるという、現実的な定説も有名です。

現在、婚約指輪はプラチナ素材のデザインに宝石はダイヤモンドか誕生石(硬度が高く永遠性が高い宝石がお勧め)、結婚指輪はシンプルな金やプラチナ製の素材に、デザインによってメレダイヤモンド(小粒の石)が添えられたものが人気です。

結婚指輪と婚約指輪の違いを教えてください。

婚約指輪(エンゲージリング)は、プロポーズの時など、婚約した時に男性から女性に贈る指輪です。
映画やドラマで、男性が跪いてジュエリーボックスを「パカッ!」と開いてサプライズプロポーズするシーンをご覧になられたことがあるかと思います。

婚約指輪を贈られた女性は、基本的に挙式までの婚約期間の間、ずっと身に着けてください。男性の決意と思いを込めたダイヤモンドの婚約指輪は二人の気持ちを固い絆で守る地上最強のお守りとなるでしょう。

ちなみに婚約指輪に添えられる宝石はどんなものでもOKですが、『永遠性』『希少性』『美しさ』の3つの要素を満たすダイヤモンドがお勧めです。特に「永遠性」では宝石の持つ固さや紫外線や酸に対する耐久性なども上がってくるのですが個の項目が弱い宝石は経年変化して20年後にボロボロになってしまったり傷だらけになって輝きが失われたりします。宝石は”親から子へ、子から孫へ”受け継がれるものです。しかも受け継がれるたびに人の想いや記憶も一緒に受け継がれ何時しか家の宝となるようなものです。一生の記念にお選びになる宝石は永遠性の高いダイヤモンドをお勧めいたします。
※ダイヤモンド以外でも、誕生石(硬度が高く永遠性が高い宝石)をお選びいただくお客さまもいらっしゃいます。

結婚指輪と婚約指輪をお求めやすく

ブリッジ銀座の特別プラン プロポーザルブリッジで結婚婚約指輪をお得にゲットBRIDGE銀座のスペシャル特典プロポーザルブリッジ(プロポーズはしわたし)は何かとお金のかかる結婚準備を強力サポートするプロポーズ応援企画です。プロポーズ応援企画プロポーザルブリッジで結婚指輪と婚約指輪をお得に手に入れてください。→プロポーザルブリッジについて詳しく

 

→ダイヤモンドについてもっと詳しく

 

 

 

結婚指輪とは

結婚指輪(マリッジリング)は、結婚式の時に互いに交換する指輪で、日常ずっと着ける指輪です。
日常着けるということで、とくに男性は仕事に影響せず、女性は家事のときに邪魔にならないデザインはもちろん、付け心地を重視したものが好まれています。

その他にも結婚指輪には”お互いの分身を送り合う”という意味もあるようです。最近TVなどでサッカー選手がゴールを決めた後に指輪にキスするパフォーマンスを見た事がある方も多いのではないでしょうか?あのパフォーマンスは結婚指輪がお互いの分身であることから「このゴールは一人で決めたものではない、貴女の日々の支えがあって初めて決めれたモノだ!ありがとう」という意味があるのだそうです。このように結婚指輪には単純にペアのリングというだけでなくお互いの分身を常に身に着けるという意味もあるのです。ですから長く使うための耐久性に優れた素材であることも需要な選定要素です。

結婚リング(マリッジ&エンゲージ)には経年変化のないプラチナPTや金K18などの貴金属が選ばれています。経年変化してしまうシルバー(SV925)やその他の素材を恋人同士の時に贈りあうのは「色が変わるほどお互いをケアしないのはダメですよ」の意味で贈り合う意味もあるのです。また素材単価の極端に低い素材も結婚指輪としては敬遠される傾向があるようです。

BRIDGE銀座AntwrepbrilliantGALLERYではプラチナ900、プラチナ950、超硬プラチナ950、18金(イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、シャンパンゴールド、)にパラジウムの4素材8貴金属で結婚指輪を製造しています。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ