BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > 指輪について > 超硬プラチナ950とは
よくある質問

超硬プラチナ950とは

超高プラチナ950はビッカース硬度200以上のアントワープブリリアント独自のプラチナ素材の事です。

ブリッジ銀座で展開する3ブランドの内アントワープブリリアント、インフィニティラブでは新素材 超硬プラチナ950(超PT950)を選んでいただく事が出来ます。超硬プラチナ950は金属の硬さを表す単位ビッカースで200以上の超硬素材なのです。

プラチナはインゴット(金属として出来上がって直)の状態ではビッカース硬度僅かに50程度、それをルテニウムなどを特殊配合してハードプラチナに作り上げるのが今までは最高位の硬度でした。それでもビッカース硬度は110程度が一般的なのですが、アントワープブリリアントでは世界基準のプラチナ950を鍛え上げビッカース硬度200以上を実現しました。

ドイツやスイス等のヨーロッパメーカーが展開する鍛造製法のリングや国産でも大手メーカーの展開する冷間鍛造と同等の硬さを持つ超高プラチナ950は鍛造製法では表現できない繊細なデザインや曲線の美しさはそのままに高級鍛造リングと同等の硬さを持つ結婚指輪なのです。

以下に簡単なビッカース硬度の一覧です

一般的なプラチナ999=Hv50

ハードプラチナ950=Hv115

ハードプラチナ900=Hv130

冷間鍛造の高品質リング=Hv200

超硬プラチナ950=Hv200

1円玉=Hv45

5円玉=Hv150

10円玉=Hv130

50円玉=Hv160

因みにダイヤモンドはHv7000!!

Hv(ビッカース)の数値が高いほど硬い素材と言えるのです。

 

 

 

 

Antwerpbrilliantではビッカース硬度200以上の超硬プラチナ素材の超高プラチナ950を選べるのは首都圏東京銀座ではブリッジ銀座だけHv200以上で普段使いに最適

新潟県工業技術総合研究所」様にてビッカース硬度の試験を行い見事200以上を達成しました。

国産プラチナの繊細で美しいデザインのままで日常生活で安心して使用していただけるHv200以上の超硬素材「超硬プラチナ950」の確かな手触りをぜひ店頭でもお確かめください。

Hv200とは一般的にフォークやナイフの硬さと同じです。硬いと言ってもプラチナですので、ステンレスのフォークやナイフくらいの硬さと思ってお使いいただけば何時までも大切にお使いいただける品質で有ると言えます。

※超高プラチナ950はアントワープブリリアントの全モデルとインフィニティラブ一部モデルで採用されています。今後BRIDGEやインフィニティラブの非対応商品にも順次対応していきますが、店頭商品で一部素材としてお選びいただけないものがございますので予めご了承ください。

 

  • facebook
  • instagram

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ