BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > 修理・アフターサービス > 結婚指輪に傷がついてしまいましたが直せますか?
よくある質問

結婚指輪に傷がついてしまいましたが直せますか?

万全のアフターサービスで細かな傷も元通り

ブリッジ銀座店の結婚指輪はアフターメンテナンスサービスをご利用いただけますのでご安心ください。銀座などの直営店舗でお求めいただきました結婚指輪は直営店だけの特別なアフターサービス内容が特典として用意してありますので、必ず店頭スタッフにご相談ください。
また、結婚指輪についてしまった細かく浅い傷では店頭のスタッフが無料クリーニングの範囲内で新品同様の表面仕上げまで磨き上げる事が出来ます。加工工具が必要なメンテナンスに関しては直営店店頭では出来ませんので場合によてはお預かりすることもございます。(お預かりの場合7日~10日程度)
また、大きく深い傷や貴金属素材の割れ、亀裂などが発生している場合はそのままお使いになると怪我をしたりする原因となりますので直ちに使用を取りやめて店舗までお持ちください。メンテナンス内容を確認させていただいて無料範囲であればその場で対処させていただきます。店頭で対処できないメンテナンス内容の場合は有償のサービスをご利用ください。(お渡しから一年以内または初回は無料)有償修理は一度お預かりいたしまして、専門職人とスタッフの判断で見積と最適な修理方法をご案内させていただきます。

ブリッジ銀座のアフターサービスは無料のレベルを超えた本当の仕上げですプラチナのサイズ直し磨きなおしは新品同様に

結婚指輪はプラチナや金などの貴金属素材です。ブリッジでは超硬プラチナ(ビッカース200以上)やハードプラチナ950(ビッカース115)など通常宝飾用の貴金属素材の1.5倍から4倍もの硬さを持つ日常使いにも耐えれる丈夫な素材でご案内させていただいております。

傷も想い出?マリッジリングはお互いの分身でもあります

マリッジリングはお互いの分身を身に着け合うという意味が込められています。
結婚指輪は肌身離さす身につけると言うカップルも珍しくないと思います。もともとお互いの分身として身に着け合う、指輪交換して身に着け合うという意味の有る結婚指輪、使う素材は金属の中では比較的柔らかいプラチナ950等の貴金属を採用します。指に着けても無害でフレキシブルで永遠性の高い金属となると、実は結婚指輪の素材として相応しい金属は限られます。プラチナはその高いハードルをクリアした数sくない金属の1つなのです。あまり表面硬度が高められない為に日常使用によって多少の小傷は付いてしまいます。また艶消し仕上げ等の表面仕上げも少しづつ削れて取れてしまう事も有ります。これらはアフターメンテナンスで元通りのピカピカの状態に戻す事が出来ます。しかし、メンテナンスして戻さずに傷は傷のまま取っておきたいというカップルも多くいらっしゃいます。「傷にも想い出」があると言う場合ですね、そうした場合はメンテナンスの際に店頭スタッフまでお申し出ください。その傷は磨ききらずに目立たなく加工するか、それともその傷はそのまま残すかを提案させていただきます。

 

オススメ関連記事

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ