BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > その他 > ホワイトゴールドは変色しやすいですか?
よくある質問

ホワイトゴールドは変色しやすいですか?

ブリッジのホワイトゴールドは変色しません

18金の場合24分の18すなわち全体の75%は純金を使い残りの25%をパラジウムなどの白色系の貴金属で作った合金が18金ホワイトゴールドです。金属の組み合わせは様々ですが合金した時に安定する金属の組み合わせは実はそう多くありません、組み合わせた時に何らかの不具合が生じる組み合わせも多いのです。しかし金(ゴールド)の加工は紀元前から人類が世界各地で行っておりその合金技術もかなり練り上げられているのも事実です。その為、現在現行で出回っている金属の組み合わせは概ね安定していて外的要因で変色したり変質したりしない組み合わせで調整されています。しかも後述しますがブリッジのホワイトゴールドはメッキ処理等をしていませんのでめっきが剥がれて時の色が見えるという事も在りませんので、日常的にお使い頂く環境下においては実質的に変色の心配はございません。

ホワイトゴールドは全体の75パーセントが純金を使用した貴金属合金で変色しません
また変色の心配は在りませんが、プラチナと色の比較をした場合にホワイトゴールドは全体の75%は純金を使いますので黄金色の金を白く変化させてるとはいっても若干の”黄色味”が有る場合が殆どです。また割り金の相性によっては”黒い感じ”を持っていたりします。ジュエリーアトリエによってその色合いはまちまちで”黄色っぽい”感じのモノや”温かみの有る様な銀色”だったり”黒”っぽかったり様々なホワイトゴールドが有ると思います。ブリッジのホワイトゴールドはパラジウムとルテニウムというプラチナ族の金属を合金していますのでホワイトゴールドの中でもかなり白い部類に入るのではないかと思います。実際の色は店頭で御確認ください。

18金割がね表BRIDGEカラーゴールド混ぜる金属 人気はピンク ホワイトゴールド ブリッジ銀座 

BRIDGEでは使用するホワイトゴールドにパラジウムを割り金に使い、ホワイトゴールドの中ではより白く仕上げられた素材を採用しています。
英語などでホワイトゴールドはそのままの解釈では『白い金=白金』となりますが『白金』はプラチナのことを指し金とは異なる貴金属です。ホワイトゴールドは今のところ日本語名がなくそのまま『ホワイトゴールド』と呼ばれています。プラチナとホワイトゴールドは違う金属素材ですので注意が必要です。
※BRIDGEではアレルギー素材として指摘されるニッケルは割がねとして使用していませんのでご安心ください
⇒プラチナとホワイトゴールドの違いについてもっと詳しく

プラチナメッキを施していません

BRIDGEのホワイトゴールドはプラチナメッキ(正しくはロジウムコーティング)をしません。ですのでメッキが剝れる心配はいりません。また無メッキの素材ですので比較的変色の心配もありません。ご希望によりロジウムコーティングを受け賜ることもできますので店頭スタッフまでお問い合わせください。
BRIDGEのホワイトゴールドは素材そもそもの”黒っぽく少し暖かい銀色”に仕上げてあります。結婚指輪といえども白く清楚な銀色の苦手な男性にはこの渋みある発色が逆に人気が有ります。

Infinityカラーゴールド結婚指輪 ホワイトゴールド ピンクゴールドが人気 華奢 細身 カジュアル インフィニティラブカラーグゴールド結婚婚約指輪 アンティーク技法ミルグレイン 華奢 細身 ゴールドが人気

オススメ関連記事

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ