BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > 指輪について > メレダイヤモンドが取れてしまわないか心配です。
よくある質問

メレダイヤモンドが取れてしまわないか心配です。

宝石の付いたリングは繊細な作りの物もございます。日常使いでは衝撃が加わる事で取れてしまう事もあります。BRIDGEではリングをお預かりの上、宝石のセッティングにゆるみがないか?変形などがないか?を無償にていつでもチェックっさせて頂きます。

※BRIDGEではブライダル用のジュエリーでは長期使用に耐えうるデザインを心掛けてジュエリー制作をしております。またブライダルジュエリーは長くお使いいただくものですし、定期的なメンテナンスをお勧めいたします。BRIDEGやわらかな春風セット画像銀座の結婚指輪

BRIDEGのダイヤモンドセッティング技術

ブライダルリングにとって耐久性は何より大切な要素の一つです。繊細なデザインや美しいプラチナの稜線、鏡面仕上げのキメなど様々な技術的仕上げの要素はあると思います。石留もその中の一つ、リングにダイヤモンドをセッティングする職人が一番に気を付けるのが”石はずれが無い事”なのです。

写真のリングは「Spring Breeze やわらかな春風」ダイヤモンドラインリングの拡大写真です。しかもこのダイヤモンドラインはカーブして左手前方向の時はダイヤモンドのテーブルは正面を向くような角度なのですが右奥にカーブ時ながら曲線を描くとても美しいウェーブタイプのリングです。伴いましてダイヤモンドのラインも曲面にセッティングされているのが見て頂けると思います。しかもダイヤモンドを支える爪は一つのダイヤモンドに対し4本しっかり固定されています、指で触ってもザラザラした感じや洋服などを宝石の爪にひっかけてしまわないように宝石のセッティングは細心の注意を払って行います。強度、使用感共に日常使いにも安心のクオリティです。

「Sun Set Beach 煌めく水面」のダイヤモンドは職人がセットするダイヤモンドのサイズピタリに金属を円形状に掘りそれを鏨を使って留めていきます。金属に厚みが無いと出来ない技法ですがリングの着け心地を優先してデザインされているので指当りは滑らかなままキープされています。BRIDGEでは毎日安全にジュエリーをお使いいただけるように細心の注意を払ってお造りしています。

 

ページの先頭へ

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15 第1吉田ビル1F
(アクセス)

ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ