BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > ダイヤモンドについて > ベルト氏のお任せグレードについて
よくある質問

ベルト氏のお任せグレードについて

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーにはタイミングによってはフィリッペンス・ベルト氏の「お任せグレード」というダイヤモンドを実際に店頭で取り扱う場合があります。このお任せグレードのダイヤモンドは実際に店頭で通常展開されているダイヤモンドとはどのような違いが有るのか?御案内しようと思います。

フィリッペンス・ベルト氏のお任せグレード

端的に言うとベルト氏が研磨したダイヤモンドの内、原石の検査の段階でFカラー以上VSクラス以上の評価にならない事がわかっていた原石から研磨されたダイヤモンドの事をお任せグレードと呼びます。お任せグレードでは使用するダイヤモンドの原石品質はTOP of TOPの0.096%から厳選しています。しかし最終グレードはF以下、もしくはVS以下のグレードの成るであろうことが”事前にわかっている原石をベルト氏が選びだした場合のみ”お任せグレードとして販売しています。

つまり美しさは通常のグレードのダイヤモンドから見て殆ど損なわれませんが、4Cグレードにおいて低品質と判断されるダイヤモンドをお任せグレードとして販売しています。価格の目安としては

0.2ctサイズ(H以上SI以上)100,000税別

0.25ctサイズ(H以上SI以上)140,000税別

0.3ctサイズ(H以上SI以上)170,000税別

0.4ctサイズ(H以上SI以上)240,000税別

0.5ctサイズ(H以上SI以上)300,000税別

上記価格もあくまで基準です、中には極端に黄色の強いダイヤモンドを研磨するケースや、変形カットなどの特殊な形に仕上げる事もあります。特にアントワープブリリアントで取り組むボツワナを含むアフリカのダイヤモンドは超高硬度から発揮される表面反射(シンチレーション)や産地の特性でケープと呼ばれる黄色系のダイヤモンドの中にも魅力的な原石が多数存在しています。そうしたダイヤモンドの魅力をお伝えするのもお任せグレードの楽しさかもしれません。

また、そんな魅力ある原石を見つけた場合ベルト氏は積極的にそうしたダイヤモンド原石を研磨して仕上げていくのです。

お任せグレードは鑑定されている?

ベルト氏の研磨したお任せグレードのダイヤモンドは鑑定されています。すでにグレードのわかっている(確定している)状態で輸入されます。しかし本来このグレードのダイヤモンドに鑑定書(グレーディングレポート)を発行していませんでしたのでIIDGRやCGL(中央宝石研究所)で発行された鑑定書を添付していません。

代わりにBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーではAGL鑑別団体協議会加盟の鑑定機関でもう一度鑑定させた内容をジュエリーの品質保証書内に記載してお客様へダイヤモンドをお渡しさせていただきます。その際”鑑定ナンバー”も同時にお渡ししますので、鑑定書(グレーディングレポート)が必要な場合はそのナンバーでいつでも鑑定を取得していただけます。またご希望により有料にて鑑定書をお出しすることもできますのでその場合はお問い合わせください。

ご結納やお顔合わせで婚約記念品としてのお披露目の機会があり婚約リングを、皆さんの前にお披露目したり飾る場合にはダイヤモンドの鑑定書が一緒に飾られる方がより形式的になり「キチンと感」演出という面でも良いかもしれません

またお任せグレードのダイヤモンドの中にはイレギュラーですが中には強い蛍光性を発揮するダイヤモンドを選ぶケースなどもあるようです。そうした場合はダイヤモンドそれぞれの持つ魅力と特徴について店頭で詳しくご案内させていただいたうえで販売させていただきますのでご安心ください。

※お任せグレードは常時店頭に在庫しているわけではありません詳しくは店頭販売スタッフまでお問い合わせください。

  • facebook
  • instagram

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ