よくある質問

鑑定書は必要ですか?

ダイヤモンドの鑑定書は国際的な評価機関GIAの定めるグレードを記載される書類で、お求めになったダイヤモンドがどの様な価値のダイヤモンドなのか?をお知りになりたい場合には必要です。また、クラリティ―グレードやカラーグレードなどで最高評価のダイヤモンドに拘ってお探しの場合も同様に鑑定書はあった方が良いと思います。その場合は信用の高いGIA、IIDGRやCGL、HRD等の国際的にも正確性が認められている鑑定鑑別機関を選ぶ事をお勧めします。

なんとなくハードカバーの書面がカッコいいので取得したいという御客様も多くいらっしゃいます。特に一生の記念品としてお求めになる場合は付けれるモノは付けておいても良いのだと思います。

ダイヤモンドの鑑定書は誰でも鑑定鑑別機関にダイヤモンドを持ち込めば、どんなタイミングでも取得可能です。ダイヤモンドの鑑定書を発行してくれるサービスを行っているのは日本国内では宝石団体協議会に加盟する鑑定鑑別機関であればどこでも受けてくれます。しかも宝石鑑別団体協議会のような組織に加盟している鑑定鑑別機関は一様に専門性が高く正確な鑑定をすることで定評がありますので安心して任せる事が出来ます。ダイヤモンドの鑑定書は販売店でなければ取得できないものではないのです。

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは販売するダイヤモンドにIIDGRもしくはCGLの鑑定書(グレーディングレポート)をお付けしております。

ダイヤモンドの美しさは原石とカッターで決まり稀少性は鑑定書によって決まるBRIDGE銀座

ダイヤモンドの希少性を示す鑑定書

ダイヤモンドの鑑定書には4Cグレードがそれぞれ細かく鑑定されて記載されています。カラット重さ、カラー色、クラリティ透明度、カット形の4項目が大きな項目として記載され、その他に縦横高さのサイズやダイヤモンドの蛍光性、注意するべき外観の特徴も記載されます。ダイヤモンドの価格はラパポートダイヤモンドレポートによって毎週発行される価格表を参考に決められています。その項目に4Cは深くかかわっていますので4Cのハイレベルなダイヤモンドは価値が高いダイヤモンドと言えます。4Cハイグレードは需要と供給のバランスにおいて希少で高価値なのです。

一生の記念に思いを込めて贈られるダイヤモンドが高価値であるべきかどうか?はお客様のご判断となりますが、一般的にDカラーやVVS1、IF、FLは人気も高いことから高額で取引されます。

またラパポートレポート上でもエクセレントカットとトリプルエクセレントカットでは5%価格が異なりトリプルエクセレントの方が高額で取引されます。

ダイヤモンドの美しさだけにフォーカスしてお使いいただく場合は鑑定書は必要ないかもしれません、通常鑑定鑑別は第三者機関を使う事を考えると必ずそこにはコストが発生し、鑑定書発行のダイヤモンドとそうではないダイヤモンドではコストに差が出ます。ダイヤモンドの希少性は【4C】で評価され、美しさは【原石とカッター】で決まっています。アントワープブリリアントギャラリーではフィリッペンス・ベルト氏のお任せグレードとして美しさは劣らないが4C上はカラーグレード、クラリティグレード共に店頭の選択基準をわずかに下回るグレード評価となるダイヤモンドをセレクトしています。

これらのダイヤモンドは鑑定済み鑑定書見発行の状態です。店頭ではグレードを口頭でお伝えさせていただきます。またダイヤモンドの鑑定書はお任せグレードであってもご希望により取得できますのでお気軽にお問い合わせください。

  • facebook
  • instagram

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ