BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > ダイヤモンドについて > プリンセスカットの注意点(衝撃で割れやすい?)
よくある質問

プリンセスカットの注意点(衝撃で割れやすい?)

四角く仕上げたブリリアントが凛とした印象で 人気の高いプリンセスカットですが、その取扱いには注意が必要であるとされています。それは4隅の尖ったエッジは、上品なラインを作り出す反面、衝撃に脆くぶつけた際に割れてしまう事が有るからなのです。弊社以外の多くの宝石を取り扱うWebサイトで【プリンセスカットは割れやすい】と記載しています。確かにエッジ部分は鋭利な分、脆い性質を持っているのですが、最高グレードのプリンセスカットでは、耐久性も考慮される為にエクセレント評価を獲得したBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーで取り扱うデビアスの正規プリンセスカットについて、本当に割れやすいのかどうかを少し説明したいと思います。

確かにダイヤモンドは”ひっかき傷”に対する耐性、モース硬度10なのですが、割れやすさの耐性、靭性は7.5と宝石の中では並程度の強さです。等軸状に整ったダイヤモンドの結晶には劈開と言う割れやすい結晶目の様な方向が有り、その方向に垂直に衝撃を加えると簡単に割れてしまいます。その強さは7.5と水晶と同程度です。そこまで簡単に割れるわけではないですが、リングにセットして手を激しくぶつけるなどの、強い衝撃には耐えれない事も有る様です。

そして鋭利なファセットを持つ宝石はダイヤモンドに限らずどんな宝石でもそこはウィークポイントに成ります。プリンセスカットでいうと4隅の角ですね。この場所はダイヤモンドの生地も薄くなって強度が担保出来にくい場所です。しかも4隅は鋭利に尖っていますので、衝撃に弱くその場所から割れてしまうリスクがあるのです。

しかし今回デビアスの設計したトリプルエクセレントのプリンセスカット設計図では4隅を丸く仕上げることがルール化されました。この丸いエッジを【スライトリー ブルナット エッジズ(Slighrly Blnut Edges)】と呼びます。直訳では”鈍い角”実態顕微鏡で拡大して観察すると実際に丸く仕上げてあります。これによってプリンセスカットの弱点だった強いエッジの角部分は改善されたのです。

ブルナットエッジで耐久性を改善

デビアスがプリンセスカットを正規に定めるまでフレンチカットコーナーというベゼルファセットを持たないプリンセスカットが多く存在しました。フレンチカットコーナーはベゼルファセットの有るパターンに比べても さらに鋭利にダイヤモンドの4隅を仕上げる仕上です。その為、欠け易くもともと耐久性が疑問視されていました。

2018年にデビアスによってプリンセスカットの定義が決定されるまでにはフレンチカットコーナーの他にも定石とは違うフォルムで仕上げられた多くの【自称プリンセスカット】が市場投入されていました。フレンチカットコーナーの他にもシェブロンファセットの段数が2や4など様々で、その結果プリンセスカットの面数は58~77迄マチマチだったのです。フレンチカットコーナープリンセスやその他の四角いダイヤモンドは鋭利な角ファセットがより美しく見えるように仕上げており大変人気のフォルムだったのですが、耐久性には大きな問題を抱えていました。GIAのカットグレードでもガードル厚が薄すぎて耐久性を伴わないラウンドブリリアントは評価が下がります。宝石は永遠性が有る事が必須なのですが、輝きを優先して引き換えに耐久性を失ってしまったのでは宝石としての評価も下がってしまうのです。

また、もともとの形状自体が4隅を切るエメラルドカットやバケットカット等では通常角を保護するようなセッティングを採用します。デビアスの設計したプリンセスカットではベゼルファセットが設定されて更にブルナットエッジで角を落とし耐久性は飛躍的に向上しています。日常使いにも十分の耐久性を確保しているのです。※ダイヤモンドの靭性は7.5ですので衝撃に対して耐久性が高い訳では在りませんので取り扱いには注意が必要です。

プリンセスカットのセッティングでもヒトくふう。

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは今までも お客様に確認を取ったうえでプリンセスカットをセッティングする場合は角を若干落として尖ったエッジを独自に解消してセッティングしていました。しかし今回デビアスの設計したプリンセスカットのダイヤモンドでは予め角を丸くして加工する決まりとなりましたので、より安心感が増したのです。そして加工の現場ではお客様のオーダーでプリンセスカットを爪留めする場合に「ふくろ爪」を採用しています。ふくろ爪は正面からは通常爪のような見た目になる為に、一見普通の爪留めの様に見えますが、爪の内部を袋のように加工してダイヤモンドの角に金属が直接干渉しないように加工した高等技法です。鋭利なエッジを保護しながら宝石をセッティングする技法は「ふくろ爪」の他にも【おがみ爪】や【がくぶち留め】なども有りますが、一本の爪でダイヤモンドを留めているように見せたいデザインの場合は【ふくろ爪】を採用します。

 

【ふくろ爪】はエッジが鋭く強度に心配のある宝石を留める高等技法です。さらにふくろ爪には鋭利なエッジを保護する目的も有ります。しかし小さな貴金属の爪を袋状に仕上げて角が干渉しないようにセッティングするには高い技術が要求されます。BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでもこのセッティングが完璧に実践出来る留め職人は上位技術者の中でも一握りです。爪の強度はもちろんですが袋状の形状を壊さないように爪を倒す技術は豊富な経験なくは実現できません。

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーではふくろ爪の他にも2本の爪で角が干渉しないように止める”割り爪”や”がくぶち留め”など角を保護する別のデザインの爪もご希望に沿ってご案内させていただきます。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ