BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > ダイヤモンドについて > ダイヤモンドのフローレッセンス(蛍光性)について
よくある質問

ダイヤモンドのフローレッセンス(蛍光性)について

天然の多くのダイヤモンドは紫外線に対して蛍光反応を示します。そしてこの蛍光性があまりにも強すぎるダイヤモンドは4Cグレードが高く評価されても白熱灯や太陽の光(自然光)では白く濁ったような見た目の印象になってしまい美しさを損ないます。BRIDGEでは4Cグレードはもちろんの事、このフローレッセンス(蛍光性)にも注意してダイヤモンドの選定を行っております。

蛍光性とグレーディングレポート

Fluorescence(フローレッセンス)はダイヤモンドの見た目を大きく左右しますのでダイヤモンドの鑑定書にも表示項目として記載されています。BRIDGE Antwerp Brilliant GALLERYでは蛍光性によってダイヤモンドの美しさを損なうような、見た目を左右する蛍光性を持つダイヤモンドは取扱いませんのでご安心ください。

DiamondグレーディングレポートIIDGR蛍光性ブリッジ

IIDGR(インターナショナル インスティテュート オブ ダイヤモンド グレーディング アンド リサーチ)のダイヤモンドグレーディングレポートはダイヤモンドサマリーの中に記載されます。IIDGRでは紫外線照射した場合のダイヤモンドの反応をマスターストーンとの比較で行い蛍光の強さを4段階で表記します。

Strong ストロング 強い

Medium ミディアム 中程度

Slight スライト わずかな

Negligible ネグリジブル 無視して良いような ←基本的にBRIDGE Antwerp Brilliant GALLERY で取扱うグレードCGLグレーディングレポート蛍光性BRIDGE銀座

CGL中央宝石研究所のダイヤモンドグレーディングレポートでは表記方法は強さを5段階で表し、その後に蛍光の色調を加えて表現します。蛍光性の強さは以下の5段階で更にその後ろに色表記が記載されます。写真のダイヤモンド鑑定書は通常BRIDEGで取扱う”蛍光性なし”のダイヤモンドです。 

VeryStrong ベリーストロング とても強い

Strong ストロング 強い

Medium ミディアム 中程度

Feint フェイント 僅かな

None ノン なし

色表記は様々存在しますので代表的な色を上げておきます。

Blue ブルー 青 内包する窒素の影響で蛍光性を持つダイヤモンドのほとんどが青色蛍光、

Yellow イエロー 黄色

Green グリーン 緑

等です。鑑定書表記として注意したいのは”Very Strong Blue”や”Strong Yellow”等です。メレダイヤモンドなどのサイド石をわざと強い蛍光性のダイヤモンドを使用して個性的な仕上がりにするなどは面白いアレンジかもしれません。

何か青いものをお守りに

マザーグースの詩の中に登場する花嫁のお守り”サムシングフォー”その中の”何か青いモノ”として人気なのがリング内径のシークレットストーンです。サムシングフォーはどれも”人に気が付かれないように身に着けなければならない”ので目につきにくい場所や見えない所に使用します。強い蛍光性のダイヤモンドはそうしたおまじないの品物としてはとってもお勧めです。

ピンクダイヤモンドは青色蛍光!?

あまり知られてませんがオーストラリア・アーガイル産のピンクダイヤモンドはもれなく青色蛍光、という事でピンク色のダイヤモンドは太陽光の下では青く蛍光します。通常ピンク色のダイヤモンドが紫外線に対しては青色反応なんて面白いですよね!

 

ページの先頭へ

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15 第1吉田ビル1F
(アクセス)

ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ