BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > ダイヤモンドについて > 婚約指輪エンゲージリングにダイヤモンドが選ばれる理由
よくある質問

婚約指輪エンゲージリングにダイヤモンドが選ばれる理由

誰にも征服されない不屈の宝石ダイヤモンド

結婚の時、エンゲージリングとしてダイヤモンドを贈る理由には、色々な言い伝えが有りますが、その中の一つを紹介します!ダイヤモンドの語源は、『アダマス:何者にも征服されざる物』。古いギリシャ語で『鉄』と言う意味の言葉が語源です。その語源が示す通り、地上最高の耐久性と強さに永遠性が備わった正に『何者にも征服されざる物』です。ご主人様から奥様にダイヤモンドを贈るのは、奥様を”耐久性と永遠性を兼ね備えた光のお守り”が『ご主人様に代わって守る』という意味もあるようです。
例えば教会式で、『病める時も富める時も、健やかなるときも…』と聞かれて、『はい!』とお答になると思うのですが、健康や愛情や情熱・夢や希望などの事全てが含まれていると言われています。
それら全てが、病める時も富める時も…最初の気持ちを忘れずに愛する事を誓いますか?という質問なので、征服されざる宝石『ダイヤモンド』はその輝きが『結婚しよう!』と思った時と変わらない輝きで永遠に2人の気持ちを守ると言われています!
ダイヤモンドが不変の宝石であるのはそうした思いや夢を何時の日も変わらない輝きで『守る』事に有ると言う事なんです、それに宝石であるという事はダイヤモンドは『受け継がれて伝説となる』と言う事です!

婚約で贈られるダイヤモンドには不屈の思いが込められている

サファイアはダイヤモンドに次いで人気の宝石です

最近の有名な話で、エリザベス女王からダイアナ元妃そして今回ウイリアム王子の婚約者ケイト・ミドルトンさんへ婚約リングとしてブルーサファイヤのリングを贈ったとニュースなどで大きく報道されていました。ブルーサファイヤの色はイギリス王室の公式カラー”ロイヤルブルー”としても有名ですよね
エンゲージストーンはその家の正当な継承者に受け継がれる宝石。ダイアナ元妃とチャールズ皇太子の離婚が正式に決定した時にすでにウイリアム王子の元にサファイヤは渡っていたと推測されます。

正にあのブルーサファイヤこそイギリス王室のエンゲージストーンであり、受け継がれて伝説となる宝石です。

このように婚約のタイミングに男性から女性を贈る宝石(ダイヤモンドやサファイア)はその永遠性に結婚の決意を込めて贈るものです。そして最終的に将来2人の間に生まれてきて『名前を受け継ぐ人』に受け継がれる宝石なんです。家庭を持ち新しい生活をスタートする結婚のタイミングこそ記憶と夢を詰め込む最高のタイミングなのですから、金額の高いや低い、また周りの平均など気にせず、ご自分たちに合うと思う永遠性のある宝石(ダイヤモンドやサファイア)を選ぶのが良いのではないでしょうか?

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ