BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > ダイヤモンドについて > 産地と集散地の違いとは?
よくある質問

産地と集散地の違いとは?

ダイヤモンド等の宝石類には産地と集散地とが有ります。

ダイヤモンドの世界地図

産地として有名なのは①ロシア ②ボツワナ ③南アフリカ ④ナミビア ⑤オーストラリア ⑥カナダ ⑦ジンバブエ ⑧ボルネオ、その他コンゴ、レソトなどアフリカ諸国

集散地は①ベルギー ②ニューヨーク ③イスラエル ④インド ⑤イタリア ⑥フランス ⑦タイ 等です。ダイヤモンド取引所が有る場合も多いです。集散地は研磨地が併設している事が殆どです。厳密にはニューヨークの研磨地はプエルトリコ、インドの研磨地はスーラットなどありますが基本的に隣接して併設していることが多いです。ベルギーは集散地と研磨地とが併設していますがベルギー産のダイヤモンドと言うのは存在しません。産地では無いのです。南アフリカ産ダイヤモンドをベルギーで研磨して、ニューヨークで販売すると言った具合です。

集散地と原産地ではダイヤモンド業界に携わる企業が変化します。現残地には鉱山企業が居ますし、集散地にはダイヤモンドを加工する業者と原石と研磨石のブローカー、ディーラーと輸入商社が居ます。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ