BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > ダイヤモンドについて > 紛争ダイヤモンドとは何ですか
よくある質問

紛争ダイヤモンドとは何ですか

紛争ダイヤモンドとはダイヤモンド産出国が紛争地域である場合に、紛争を起こしている当事者の資金源に成っているダイヤモンドを指します。2006年にレオナルド・ディカプリオ主演の紛争ダイヤモンドを題材にした映画「ブラッドダイヤモンド」が上映されるなど社会的にも注目を集めています。この作品ではアフリカのシエラレオネ共和国での内戦(1991年 – 2002年)での、「ブラッド・ ダイヤモンド」(紛争の資金調達のため不法に取引されるダイヤモンド、いわゆる紛争ダイヤモンド)を取り上げていました。

主演がレオナルド・ディカプリオだったのでご覧になった方も多かったのではないかと思います。

ブリッジ銀座では紛争と関係のないダイヤモンドのみを取り扱ており、独自の証明書を発行しています。紛争(コンフリクト)無関係(フリー)ダイヤモンドやエシカルダイヤモンドと呼ばれます。

コンフリクトフリーダイヤモンド、エシカルダイヤモンドはブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリー

当時シエラレオネの他にアンゴラ・リベリア・コートジボワール・コンゴ民主共和国・コンゴ共和国等多くのアフリカ諸国で内紛が起こり、無辜の住民が奴隷としてダイヤモンド採掘を強いられたといわれています。実際的な資金源としてではなく住民に対するそうした非人道的な行為が横行することが最も大きな問題とされました。

こうした事態をを重く見た国連は1998年にこのことをダイヤモンド業界に指摘、これを受けてダイヤモンド業界は2000年に南アフリカのキンバリーで会合を開き、紛争ダイヤモンドの取引を停止でき、ダイヤモンドを購入する人が、そのダイヤが暴力に加担していないものかを確かめることができる方法を策定することで一致、これによりワールドダイヤモンドカウンシルが発足、2002年にはキンバリープロセス認証制度(KPCS)が制定されました。

キンバリープロセス認証制度(KPCS)

 

キンバリー・プロセスとは、ダイヤモンドを紛争に資金を提供する可能性を減らす事を目的にキンバリー・プロセスに参入した国にダイヤモンド原石を取引する際、原産地証明書(キンバリー・プロセス証明書)の添付を義務付ける制度である。同時にそれまで実現しなかったダイヤモンドのトレサビリティを明確にし、産地証明ができるダイヤモンドが市場に登場するきっかけともなりました。

ブリッジ銀座ではいち早くキンバリープロセスを取り入れ、お客様とのお約束として紛争ダイヤモンドを取り扱わないこととしました。

キンバリープロセス公式HP

ダイヤモンドの価値を決める4Cそして次のCはCONFLICT(コンフリクト)のCであるといわれた。現在では54の国がキンバリープロセスに加盟、クリーンなダイヤモンドビジネスを業界を挙げて目指しています。

⇒コンフリクトフリーダイヤモンド(キンバリープロセス)とは

 

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ