BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > 指輪について > プラチナについて
よくある質問

プラチナについて

貴金属の色プラチナ18金 イエローゴールド ホワイトゴールド ピンクゴールドBRIDGE銀座の取り扱い

プラチナは人類の有史以来、地球上のすべての採掘量を合わせても2階建てバス1台分しかないとされています(6m四方の立方体)マリッジリング1本分のプラチナは約3グラム、プラチナの原鉱石約1トンから採掘されるプラチナの量が約3グラムですのでマリッジリングのメンズとレディースで約7グラムとすると…プラチナの原鉱石は約2.1トン必要という事になります。ざっとダンプカー1台分!

プラチナは地下1000mクラスの鉱脈から採掘された後、原鉱石の中に僅かにしか含まれない為、約8日かけてじっくりと精錬されます。そんな大変貴重な貴金属がプラチナです、プラチナは日常生活で変質・変色する心配もなく、いつまでも美しい白さを保つことができることから結婚指輪の素材として相応しく世界中の花嫁に選ばれています。プラチナは温泉の硫黄分や漂白剤、プールの塩素、汗などを気にする必要もありません。変色することのない純粋な白色はご結婚のイメージにピッタリな素材です。

プラチナの純度はパーミル表記、1000分率で表記します。プラチナ950ならプラチナ95%とほかの金属(BRIDGEの場合パラジウムとルテニウム)5%の合金のことを指します。

一般社団法人JJA‐日本ジュエリー協会の定めるところで日本国内では85%以上の割合でプラチナを含む貴金属はプラチナと名乗る事が出来ます、このことにより国内のジュエリー市場には850~999まで様々な純度のプラチナが販売されています。国際基準でありBRIDGEでもメインで使用している一般的なプラチナ950というと1,000分の950が純プラチナ、残りの50がパラジウムという金属を割金として合金されたプラチナを指すことが多いです。

婚約結婚リングに使うプラチナの金賞品位世界基準950最低は850ブリッジ銀座

95%・・・純プラチナ  5%・・・・純パラジウム

という事ですね、パラジウムはプラチナ族の貴金属で、昔から歯医者さんが銀歯の素材として使ったりするほど人体には安全で安定した金属です。

プラチナ950は鋳造加工の際にガスが沢山出て金属表面にガスの気泡いわゆる”ゴマス”が沢山出てしまうことや、何といっても純度が上がることで日常使いのリングに必要な強度が出にくく、変形にも弱く簡単に曲がって壊れてしまうなど当初問題の多い素材でした、しかし産地の職人たちのたゆまぬ努力と研究の結果、徐々に高純度でも高い強度と加工に適した弾力とを兼ね備えた高純度プラチナが生産できるようになってきました。現在でも繊細なデザインや華奢なプラチナリングを十分な強度を持った状態に作成する事は大変難しく熟練した職人の技術が必要とされます。

※貴金属の名前は成分全体の50%以上を占めている場合その金属名を貴金属名称の一番前に持って来ても良いと事になっているためPTを全体の50%以上配合した505などの新素材の研究も進められています。

プラチナの価格は上昇する?

プラチナは宝飾用よりも車のエンジン等の超耐熱金属素材として車やロケットなどのエンジン内部素材として使用されるのがほとんどの為、世界的にみると車の販売台数に価格が左右される傾向があります。その他にも充電用のバッテリーや宇宙開発のロケットなどはプラチナとの合金で5000度以上の高温でも変化しない素材を作るなどざまざまな分野でこれからも注目される素材といえます。宝飾品として使われるプラチナの量はその中では微量ですのでプラチナの価格変動を見る際には実はこうした工業系の業界動向に注目が必要です。

また以前には主な産地である南アフリカの情勢不安で生産量が急激に落ち込んでしまい需要と供給のバランスで価格が上昇したことなどもあります。

プラチナギルドインターナショナルはプラチナの基準純度を950に定めています。

ブリッジ銀座ルテニウム特殊配合のプラチナ950特別な超高プラチナInfinityアントワープにも

BRIDGEで使用するプラチナは通常のプラチナ950よりも強度を増した『ハードプラチナ950』。割がねに使うパラジウムに更にルテニウムを特殊に配合しプラチナ表面の金属のキメがより美しくそして柔軟性に富み強度ある素材に仕上げました。BRIDGE、Antwrep Brilliant、Infinityloveの商品を店頭でぜひ手に取ってその違いを体感ください。

ページの先頭へ

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15 第1吉田ビル1F
(アクセス)

ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ