BRIDGE ANTWERP > スタッフブログ
銀座の結婚指輪BRIDGEのブログ

しばらく更新ができず、期間があいてしまいました・・・

今回は、Instagramで人気のデザインを2アイテムご紹介したいと思いますヾ(≧▽≦)ノ

まずご紹介するのがこちら!!

 

Voyage 

未来への船出

”今、ここにいる自分を信じて 輝かしい未来へ”

運搬物資と共に人の思いも届けていた船。BRIDGEでは二人の祝福された船出が輝かしい未来へと向かって行くように願いを込めてデザインしました。船の航海には昔から人生を重ね合わせて表現される事が多いようです。

穏やかな流れを進む二人の船を婚約リングに、船と水面の喫水線を輝くダイヤモンドで表現した女性用結婚指輪に男性用は船を”輝かしい未来へと”運ぶ”流れ”をデザインしています。

2人の人生の船出が輝かしい未来へ導かれ素晴らしいものであるように。

この婚約指輪は正面から見た時にパッと見、すごくシンプルで王道のデザインに見えますが実は・・上下にメレダイヤモンドが各3石ずつ使用されていてさり気ないダイヤモンドの輝きを演出してくれます。意外と手先は相手側から見られることも多いと思います。その時に、メレダイヤモンドがさり気なくキラっと輝くデザインって素敵じゃないですか^^??

王道すぎるデザインは少し味気ないけど、華やかすぎるデザインはちょっと苦手。という女性に人気があります!

また、指輪自体の細さにも人気の秘密が。”未来の船出”の指輪の太さはなんと、1.6mmなんです!これは、一般的に華奢と言われている1.8mmよりも細く作られているんです。これは、デザイナーが花嫁世代の女性であることと、小柄な日本人女性にもバランスよく着けていただける幅を考えているからできるデザインなんです。

ストレートのようにも見えますが、実際はセンターダイヤモンドに向かって少しひねりがあるウェーブデザインです。このひねり部分にメレダイヤモンドがセッティングされています。ひねりの要素があることによって、より指輪の幅が細く華奢に見え、また着け心地もストレスがない素晴らしい滑らかな指通りを実現しています。

結婚指輪は、女性用には天然メレダイヤモンドを5石使用しています。メレダイヤモンドは1列にセッティングされているので、こちらもストレートに見えますが婚約指輪と同じウェーブデザインです。セッティングされているダイヤモンドの頭とおしり部分にきゅっと絞ったようなデザインが入っているので、実際の細さよりも細く、シャープに見えます。お仕事柄、たくさんダイヤモンドがついているデザインの指輪が着けられない方や、細身のデザインだけどダイヤモンドの輝きは欲しい!という女性に人気なのです♡♡

そして、1番オススメしたいポイントとしては婚約指輪と結婚指輪を重ねづけした時にボリュームが出すぎず、けどしっかりとした華やかさがあるんです!!先ほど述べたように、どちらも1.6mmと華奢なデザインなので重ねたとしても3.0mmちょっと。適度なボリューム感で、重ねづけしている感覚も忘れてしまいます(・ω・)

男性用の指輪は、一部マット仕上げになっているのでカッコイイ印象で普段アクセサリーをつける習慣がない男性に人気があります!

シンプルなデザインの指輪をお探しの方にぜひ、見ていただきたいです!!

★★Instagramでも紹介しています★★

 

次に人気のデザインはこちら!!

 

春の足音ブリッジ銀座BRIDGE結婚指輪と婚約リングの重ねつけ

Spring Breeze

やわらかな春風

”幸せな風のメロディーに 二人包まれて”

春の河川敷、桜並木を走るやわらかな春風をイメージしてデザインしました。春の訪れを告げる風は花の香りと共に”ある日の幸せな記憶”も運んで来ます。去年の春は・・・おととしの春は・・・さまざまな思い出を運ぶ風。

めぐりくる季節の中で二人で積み上げてきた幾つもの春を、運ばれてくる風に重ね合わせて連想させる。お二人が何時も幸せな風に包まれますようにそんな思いのこもったリングです。

この指輪はメレダイヤモンドがたくさん使用されていて、斜めにダイヤモンドラインが入っているのでどの角度から見てもキラキラと輝き華やかなデザインが女性に人気な婚約指輪です。華やかですが、華美すぎず上品な輝きがあります。

そして、ウェーブのエタニティデザインなのが特徴!通常の指輪は、表面だけデザインがあって指の腹部分はストレートデザインが多いのですがBRIDGE銀座の”やわらかな春風”は全周デザインなのでお二人の愛・気持ちが途切れることなく続きますように・・という思いもこもっているんです♪

ウェーブデザインは女性には嬉しい指長効果もあるんですよ^^指に着けるとダイヤモンドラインが流れる様にセッティングされているのでセンターダイヤモンドをより美しく際立たせてくれます。

女性用結婚指輪は、婚約指輪と同じデザインで11石ものメレダイヤモンドが使用されていて1本でも存在感のあるデザインです。メレダイヤモンドも1石1石熟練の職人が丁寧に石留しているので触っていただいても引っ掛かりがなく日常的に使いやすい指輪です!

また、婚約指輪と結婚指輪を重ねづけしていただくと、ダイヤモンドラインが2列になってより一層華やかでゴージャスな印象になります。ダイヤモンドは、集まれば集まった分だけ光り輝く宝石なので1本で着けていただいた時とはガラッと違ったイメージになります(*^^*)

華やかなデザインが好きだけど、キラキラしすぎたデザインは苦手。や上品なデザインの指輪を探していたかたにおススメしたいです!!!

実際に見て着けていただくと、この指輪のうつくしさの虜になっちゃいますよ♡

男性用結婚指輪は、マットとツヤのバランスが絶妙で指の節があって根元の部分でくるくる指輪がまわってしまう。などの悩みがある男性におススメです!というのも、こちらも女性用と同じ全周デザインなので回転してしまっても、裏側もマット仕上げのデザインがあるので気にせずに着けていただけるからです♪

確りとした幅もあるので、男性らしい大きな手をされている方にも、1度見ていただきたいです!!

 

★★Instagramでも紹介しています★★

 

View this post on Instagram

. . 流れるようにデザインされたメレダイヤモンドのラインが美しい指輪💍 重ねることで、ラインが二重になってより華やかな印象に🥰 #遠距離恋愛中 #1000日記念日 #5年記念日 #年上彼女 #8年記念日 #2020夏婚 #2020春婚 #年上彼氏 #同棲準備 #同棲スタート #同棲生活 #カップル垢 #恋垢 #カップル #かっぷる #バカップル #ばかっぷる #結婚準備 #指輪探し #指輪重ね付け #結婚指輪 #婚約指輪 #年の差婚 #年の差カップル #年の差カップルさんと繋がりたい #おしゃれさんと繋がりたい #オシャレさんと繋がりたい #年の差カップルと繋がりたい #プラチナリング

A post shared by BRIDGE ブリッジ 結婚指輪 婚約指輪 (@bridge_bridal) on

 

 

さて、本日のブログはいかがでしたでしょうか??BRIDGE銀座では多数の婚約指輪や結婚指輪の種類がありますので、きっとお客様好みの指輪探しのお手伝いができるのではないかと思っています。

少しでも気になるデザイン、また表面加工などありましたらお気軽にお店にお立ち寄りください。専門のスタッフが丁寧にご案内いたします。

 

BRIDGE AntwerpBrilliantGALLERYは
プロポーズをしたい男子を、全力で応援しています。ぜひノープランでもお越しください。
※本音は、予算がわかるとご提案しやすいです、、、(^^)

支払方法も、多種ご用意しております。
最近では、ペイペイも準備しております。その他、現金・カード・クレジット・アリペイなども完備しております。

その他にも、指輪じゃなくてネックレスがいいのかもと悩みも相談にのります。

婚約をされて初めて、婚約指輪や結婚指輪について知ると思いますので、知らないのは当たり前ですから、どしどし質問してください。
質問に答えながら、いろいろ提案します。

銀座駅から徒歩5分以内、銀座一丁目からは2分以内くらいに店があります。
当店の近くには、カルティエ、シャネル、ブルガリのショップがあります。

具体的な応援内容は下記の通りです!!!
ーーーーーーーーーーーーーー
知識は無くてOKです!!楽しくお買い物ができるようにお話いたいます!
勉強不足→大歓迎です♪帰るころには、ダイヤモンドが好きになると思います!
ーーーーーーーーーーーーーー
婚約指輪をお探しで、知識がある人はおりません!!気にせず気負わずおこしくださいませ。

 

婚約指輪(エンゲージリング)でプロポーズをしたいけど、

不安だらけ、、、どうしよう、、、きっとお悩みは下記の内容だと思います

 

①『婚約指輪のことが何もわからない、、、』

②『彼女の指のサイズが分からない』

③『彼女の好みがわからない』

④『準備予定まで日数が足りない、、』

⑤『予算が決まっているけどダイジョブ?』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①『婚約指輪のことが何もわからない、、、』


➡全力で教えます、ダイヤモンドの選び方プロポーズリングの仕組み等
 先ほどもお伝えいたしましたが、知識はなくて当たり前ですから~
 沢山、お店を回ると、わからなくなって気持ちが枯れてきてしまいますので
 最初のお店選びは大切ですよ。当店は自信あり!!多くの方に婚約指輪をお求め頂いております。

②『彼女の指のサイズが分からない』


➡何も問題ありません。指輪にせずに
 ダイヤモンドだけを使用してプロポーズも可能です。もちろんリングにして
 お渡しもできます。実は、彼女が2回も喜ぶ事ができるとっておきのプランがあります(^^)

③『彼女の好みがわからない』


➡全く問題がありません。なんと奥様が婚約指輪のデザインを選べる!?方法があるんです。プロポーズしてから、奥様と二人でご来店して頂いて、思う存分試着して、好きなデザインをお選びいただけます。だからプロポーズ男子は、どのダイヤモンドにするかを決めるだけでいいのです!ダイヤモンドは、何を買うかより、どこで買うかが重要なんです。2回目ですが当店は自信あり!!!

 

④『準備予定まで日数が足りない、、』

プロポーズリング 婚約指輪 エンゲージリング 最短4営業日で完成
➡最短で4営業日で完成
 なるべく、全力で、頑張ります。諦める前にお電話や、ご来店してご相談を!他の店で
 断られたからって、当店でできないとは、限りません!

⑤『予算が決まっているけどダイジョブ?』

プロポーズリング 当日お持ち帰りOK 銀座
➡102,600円~ご用意があります ※枠SV製
予算ベースでお選び頂いたり、4Cベースでお選び頂くことも可能です。ダイヤモンドの美しさについて色々お話しましょう♪口コミを見ていただいてもお分かりいただけますように、当店は婚約指輪が大変人気があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
など、サプライズでプロポーズリング(婚約指輪)を購入されるときに想定されるすべての問題を解決できるプランを準備しております。予約は下記まで!! 予約特典もございます。

是非当店のGooglemapのクチコミをご覧くださいませ。プロポーズを終えた先輩方のコメントを!美しダイヤモンドにこだわっているのが
わかるともいます!

婚約指輪(エンゲージリング)を探して、銀座へお越しの際は、BIDGEへおこしださいませ。

大好評いただいているスペシャルプラン
「プロポーザルブリッジ」のご紹介です!

 

結婚指輪と婚約指輪を賢く手に入れたいカップルに向けてとってもお勧めのプランです!
婚約指輪と結婚指輪の3本セットが、お得に購入できるこの特別なプランを今日はご紹介しちゃいます♪

銀座BRIDGEプロポーズ婚約結婚指輪お得なプラン

 

「プロポーザルブリッジ」とは・・・

婚約指輪(エンゲージリング)をお買い上げのお客さまに、無期限の枠代半額キャッシュバックチケットをプレゼントします。
チケットは、結婚指輪(マリッジリング)購入時にお使いいただけます!

 

 

と、プロポーザルブリッジをご紹介する前に、

エンゲージリングは必要なの?

という疑問をお持ちの方も入らっしゃると思うので、こんなアンケートをご紹介します。

Q:「婚約指輪は必要だと思いますか?」
1位 あまり必要だと思わない 40%
2位 まあまあ必要だと思う 38%
3位 全く必要だと思わない 12%
4位 絶対必要だと思う 10%
(データ出典:ウエディングパーク)

以外にも必要と不必要の意見が拮抗しているんですね、ダイヤモンドは記憶を閉じ込めるタイムカプセル。不変なるモノに想いを込めるのは何時の時代も人類が願ってきたことでもあります。一瞬一瞬を大切にそしてその思い出はダイヤモンドの輝きの仮名に決して変わることのない想い出を輝きに代えるのです。

上記アンケートの結果はやや贈らなくてもいいのは?という結果に見えるのですが、実際の取得率は69%と約7割のカップルが婚約指輪を贈っています。

約3割のカップルがダイヤモンドを贈らなかったことになりますが、その理由とは?

Q:「婚約記念品がなかった理由は?」(複数回答)
1位 お金がもったいない 39.7%
2位 婚約指輪に意味を感じない 20.5%
3位 結納しなかったので必要なかった 19.7%
4位 普段身に着けるものではないから 17.4%
5位 予算がない 17.2%
(データ出典:ゼクシィ結婚トレンド調査)

金銭的な問題と、実用的ではないから要らないという意見が多いようです。男性への経済的な心配から女性が遠慮して本音を言えないケースも多いようです。一見不必要なように見えるエンゲージリングですが多くの女性からの意見では【子供の頃からの憧れがあった】や【ダイヤモンドの似合う女性になろうと思った】【リングを見ると幸せな気持ちになれてよい】【既婚者としてきちんとした席に行くときに活躍する】【家族も安心させることができた】等の意見も聞かれます。

男性も【要らないと言っていたのにすごく喜んでいるので逆に良かった】や【記念になった】【リングを着ける時はうれしそう】のコメントもいただいております。

ミニマムな時代だからこそ宝石にできることがフォーカスされるのかもしれません。もしも贈るべきか?贈らないべきか?迷っていらっしゃるようであればぜひ贈ってあげてくださいね♡

 

≪プロポーザルブリッジの流れ≫

 

1)プロポーズのダイヤモンドを選ぶ

まずはダイヤモンドを選んでださい。
ダイヤモンドの国際的な品質基準4Cを判り易く丁寧に説明させていただきます。ダイヤモンドは天然の鉱物ですので同じグレードでも厳密には一つ一つ違いが有ります。じっくり検討していくときっとピッタリのダイヤモンドが見つかる事と思います。グレード内容を把握してお二人のご要望にあったダイヤモンドを見つけてください。当店にはジュエリーコーディネーターや男性のスタッフも在中していますので、ご希望が有ればお申し付けくださいね!

サプライズプロポーズをご希望のお客様で、ダイヤモンドだけを先に決めて総額をお相手に知られずに、しかもデザインはお相手の好みの指輪を贈りたい方はダイヤモンド&プロポーズリングがお勧めです。
もしもこの段階でダイヤモンドを決められない場合はサンプルリングでプロポーズするプロポーズリングプランもご用意してます。

 

2)エンゲージリングのデザインを選ぶ

ダイヤモンドが決まったら今度はエンゲージリングのデザインを決めます。
ブリッジ銀座にはそれぞれテイストの違う3つのブランド約200デザインをご用意しています。
3つのブランドですが、それぞれ本当にこだわったテイストで仕上げてありますので、きっとお気に入りのリングが見つかると思います。
お好みのエンゲージリング(婚約指輪)のデザインを二人で選んでください。

贈る男性にも贈られる女性にも「こんなデザインを着けてほしい」や「こんなデザインを贈られたい」という思いが有ったり無かったり!?「やっぱりこっちが良かったとは言われたくないなぁ」とか「自分で選びたい気持ちもあるけど、彼に選んでもらったデザインを贈られてみたかったり・・・」それすら決まってなくてもご安心ください。スタッフも精いっぱいご案内させていただきます。

またダイヤモンドの数を調整したり、仕上げのアレンジなど細かくオリジナルテイストを加える事も出来ますのでお気軽にお問い合わせください。ぜひお二人でエンゲージリングのデザインを選ぶとっても幸せな時間をお楽しみください。

 

3)エンゲージリングが完成!

デザイン枠が決まりましたら、最初に選んでいただきましたダイヤモンドを組み合わせてエンゲージリングの出来上がりです。
その場で専門スタッフにより女性の左薬指のサイズを採寸させていただきます。同時に内側の文字刻印(無料)もお決めいただきます。エンゲージリング(婚約指輪)は受注から完成まで5週間ほど頂戴しています。

この段階で、プロポーザルブリッジチケットを発行させていただきます。チケット金額はお選びいただいたエンゲージリング枠の半額分!マリッジリング同時購入をご希望のお客様は、このままペアのマリッジリング(結婚)選びをスタートしてください。店内にはお選びいただいたエンゲージのセットマリッジデザインをはじめ多くのデザインをご用意しております。

まずはエンゲージリング(婚約指輪)というお客様は、プロポーザル・チケットをお渡しいたします。
後日、ご都合のよいお日にちに、マリッジリング(結婚)をお選びにご来店ください。
どんなに期日がたってもチケットは対応可能ですのでご安心ください。

 

4)おふたりのマリッジリング

店内のすべてのマリッジリングの中から、お好みのデザインをお選びいただけます。
お選びいただきましたマリッジリングの総額から、STEP03で発行いたしましたプロポーザル・チケット代金分を差し引かせていただきます。
指輪選びが、お二人にとってワクワクしたステキな想い出になりますよう、スタッフ一同精一杯お手伝いさせていただきます!

リングを重ねるのは全ての女性の憧れ、「お喜びごとが重なりますように!」の意味のあるリングの重ね着けも、プロポーザル・ブリッジプランでお得に叶います。
エンゲージリングでプロポーズされたい全ての女性のためのお得なプランです。
是非この機会に憧れのダイヤモンドエンゲージリングを手に入れてください♡

 

婚約指輪と結婚指輪の3本セットが、20万円台から買えちゃう「プロポーザルブリッジ」
ご予算に合わせて、20万円台、30万円台、40万円台と選んで頂けます!

 

☆3本で20万円台のおすすめプラン

Infinity Love 「Drop 雫」の結婚指輪・婚約指輪の3本セットをご購入した場合。

 

ドロップ 雫

婚約指輪

ダイヤモンド(保証書付)0.15ct※お任せグレード 75,000円
枠代 60,000円
小計 135,000円
50%チケット枠代60,000円の50%=30,000円のキャッシュバックチケットをGET!!

結婚指輪

メンズリング 60,000円
レディースリング 70,000円
キャッシュバックチケット ▲30,000円
小計 100,000円
235,000(税込253,800円)
 
 
 

☆3本で30万円台のおすすめプラン

BRIDGE「Cheerful ゆきどけ」の結婚指輪・婚約指輪の3本セットをご購入した場合。

 

Cheerful ゆきどけ結婚指輪・婚約指輪の3本セット

婚約指輪

ダイヤモンド(保証書付)0.2ct※お任せグレード 110,000円
枠代 95,000円
小計 205,000円
50%チケット枠代95,000円の50%=47,500円のキャッシュバックチケットをGET!!

結婚指輪

メンズリング 90,000円
レディースリング 80,000円
キャッシュバックチケット ▲47,500円
小計 122,500円
327,500(税込353,700円
 
 
 

☆3本で40万円台のおすすめプラン

Antwerp Brilliant「Vega ベガ」の結婚指輪・婚約指輪の3本セットをご購入した場合。

 

 

Vega ベガの結婚指輪・婚約指輪

婚約指輪

ダイヤモンド(保証書付)0.25ct※お任せグレード 150,000円
枠代 140,000円
小計 290,000円
50%チケット枠代140,000円の50%=70,000円のキャッシュバックチケットをGET!!

結婚指輪

メンズリング 100,000円
レディースリング 140,000円
キャッシュバックチケット ▲70,000円
小計 170,000円
460,000(税込496,800円)
 
もちろんセットリングではない他の組み合わせもOKです!
ぜひ、この機会にお二人だけの素敵組み合わせを見つけてみてくださいね♡
 
 
 

 

ANTWERP BRILLIANT CUTとは

BRIDGE銀座AntwerpBrilliantGALLERYで取扱うセンターダイヤモンドは全て『フィリッペンス・ベルト氏』の手で最終研磨を施したダイヤモンドです。

1990年ダイヤモンド研磨技術の新たなスタンダードを確立させた研磨の鬼才「フィリッペンス・ベルト氏」。その輝かしい経歴はこれまで彼が培ってきたダイヤモンド研磨にかける尽きない情熱と、あくなき探求心、そして仕上がりに対して妥協を許さない徹底的なこだわり、それを支える確かな技術力、天から与えられた特別な才能、すべてが揃って初めて成し得るものなのです。「AntwerpBrilliant Cut」とは、その世界最高の技術を持つマスタ―カッターであるフィリッペンス・ベルト氏が作り出したアントワープで生まれた完全にオリジナルで新しいカットのダイヤモンドです。

 

1. ダイヤモンド研磨のはじまりから今へ

2. ANTWERP BRILLIANT CUTの誕生

3. エクセレントカットをベースに開発

4. 通常の3倍のファセットから発揮される特別な輝き

5. デビアスグループの鑑定書でカット名として承認

 

 

1. ダイヤモンド研磨のはじまりから今へ

時は1447年、ブルゴーニュ公国(現在のベルギー・アントワープ)では、それまでとは明らかに違うレベルで「ダイヤモンドをダイヤモンドで磨く」革新的な研磨法が一人の研磨工「ルドウィック・ヴァン・ベルケム(Lodewyk van Berken)」の手で発見され話題となります。

当時のダイヤモンドはベルケム達の活躍により【割る・切る・磨く】が可能になり希少な宝石素材として注目を集めていました。それまで人類の歴史上もダイヤモンドは「どんなに権力の強い王様」にも、自在に加工することは出来ませんでした。無理に衝撃を加えれば思わぬ方向に砕けてしまうダイヤモンド、どうにも加工できない出来ない事から”征服されざる者”という言葉「アダマス」を語源に持つのです。
そんな超絶素材だったダイヤモンドを自在に磨く。世界で唯一の技術を確立し注目を集めたベルケムの下には様々な王族がダイヤモンド研磨のオファーを持ちかけ、ベルケムは長く活躍します。
そして、ベルケムの活躍から550余年・・・
そんなベルギー・アントワープのダイヤモンド研磨スピリッツを受け継ぐ数少ないダイヤモンドカッターの一人がフィリッペンス・ベルト氏なのです。

長きに渡り、進化を続けてきたダイヤモンド研磨の歴史の中で、1919年にマルセル・トルコフスキ-によって発表されたダイヤモンドの理想的な形は その後さまざまな科学者の手で少しずつ書き換えられて現在のエクセレントカットの基準値になりました。しかし、それを実際に研磨することは誰もできなかったのです。そんな中で1990年代のダイヤモンドのカットグレードにおいて「Very Good以上」が極端に難しいとされた時代、ベルト氏は90年代に次々とエクセレントカットを成功させ、現在のスタンダード化への大きな足掛かりとします。その働きはベルギーのダイヤモンド研磨技術と品質の高さを世界に印象付け、1993年には、エクセレントカットの人気を不動のものにした「ハート&キューピッド」の研磨も成功させます。

 

2. ANTWERP BRILLIANT CUTの誕生

1990年エクセレントカットの達成から23年・・・2013年ダイヤモンドの輝きのみを追い求める孤高の研磨師”フィリッペンス・ベルト氏”のアトリエで輝くことに特化したダイヤモンドが誕生しました。それはダイヤモンド研磨の聖地アントワープでの長年にわたるダイヤモンド研磨技術の積み重ねと研究により生まれた特別なダイヤモンドの輝き。その名は「ANTWERP BRILLIANT CUT アントワープブリリアントカット」

ダイヤモンド研磨の聖地アントワープの名前を冠したダイヤモンドは、計算しつくされた美しい97の面で構成され、あふれ出す光の輝きを生かす為に設計されたシンプルなクラウンと複雑にデザインされたパビリオンが醸し出す煌めきは特別なシンチレーションとディスパージョンを実現しています。正面から見て8角形(オクタゴン)に研磨されました。クラウン部分は通常のラウンドブリリアントカットと同様の仕上げでより奥の光を取り込むように研磨されています。

しかしパビリオン部分は通常のラウンドブリリアントカットの3倍の面数を持つ複雑なデザインになりました。これはダイヤモンド内部で反射する光をより細かくキラキラと反射させるための仕掛けです。ラウンドブリリアントカットのエクセレントカットをベースに設計されたアントワープブリリアントの煌めきは計算されつくしており、他のどのダイヤモンドをも違う特別な輝きを放つのです。

BRIDGE銀座 DiamondAntwrepBrilliantカットダイヤモンドルース 人と違う 被らない 変わったカタチ

 

1919年にベルギーアントワープの数学者によって見つけ出されたダイヤモンドの光の屈折値によって導き出された最適なパビリオン角度をそのままに継承するアントワープブリリアントカットは光の利率が高くファンシーシェイプでありながら最高の輝きを発揮できるのです。

 

3. エクセレントカットをベースに開発

97面のアントワープブリリアントカットのダイアモンドはエクセレントカットをもとに設計されています。

1919年にマルセル・トルコフスキ-によって発表されたダイヤモンドの理想的な形は その後さまざまな科学者の手で少しずつ書き換えられて現在のエクセレントカットの基準値になりました。エクセレントカットを最も得意とするフィリッペンス・ベルト氏はクラウンから入射した光を余すところなく反射するエクセレントカットの形状を生かして新しい輝きを作り出しました。フェイスアップではラウンドではなく八角形(オクタゴン)シェイプに。

しかもファセットの配列はラウンドブリリアントカットそのままに 形状だけを変化させています。ラウンドブリリアントカット理論でも重要だったパビリオンの角度は光を最も跳ね返すエクセレントの考え方を踏襲しつつラウンドブリリアントカットの3倍ものファセットを研磨していきます。 ダイヤモンドの小さなパビリオンの中に展開される究極の対称美はフィリッペンス・ベルト氏だけが表現できる究極の世界なのです。

アントワープブリリアントカットはブリリアンシー(光のモザイク)が均等に広がりダイヤモンド中心部のファイヤーが特に強く出るように計算して研磨されています。その輝きの基本はエクセレントカットのダイヤモンドを基に設計されたプロポーションにあるのです。

 

 

 

4. 通常の3倍のファセットから発揮される特別なブリリアンス

 

 

アントワープブリリアントカットのダイヤモンドはハートアンドキューピッドスコープでのぞき込むと光のモザイク模様が全体に満遍なく広がります。実際のダイヤモンドも明るくキラキラしていますが、これは内部で反射した光がダイヤモンド全体から反射しているという事です。小さな光も逃さず輝く、それがアントワープブリリアントカットなのです。

輝きのモザイクにぬけがなく光が跳ね返るのでアントワープブリリアントのダイヤモンドはカラーグレード以上に白く見えます。同サイズのラウンドブリリアントカット(トリプルエクセレント)と比較した場合、明らかに白い光のモザイクが多く飛びます。
強くギラギラしたラウンドブリリアントの様な力強い虹色の輝きではなく、白く凛とした優しい光がダイヤモンド全体から発揮されます。
シンプルな設計のクラウン部分からは想像できないような繊細な光のモザイクがあふれます。カットの良いダイヤモンドはカラーグレードが正面から見て判断が付きにくいものですが、アントワープブリリアントカットのダイヤモンドもその高い光の利率により白く凛とした輝きを放つのです。シンプルな設計のクラウン部分からは想像できないような繊細な光のモザイクがあふれます。これらは通常の3倍もの面数で研磨されるパビリオン部分でより微細な光のスペクトルとなり、その輝きが響き合うことで凛とした白い輝きが発揮されるのです。

 

5. デビアスグループの鑑定書にはカット名として認められています

通常ダイヤモンドの鑑定書ではカットグレードはラウンドブリリアントカットのみが評価対象となります。しかも様々なカットがありますがそのほとんどが外観の見た目をそのままカット形状として記載されています。しかしアントワープブリリアントはデビアスグループ鑑定鑑別機関IIDGRに特別に認められてカット名がグレードの脇に記載される特別な形状なのです。

 

 

本日のブログ、いかがでしたでしょうか?
58面のラウンドブリリアントカットと97面のアントワープブリリアントカットを並べてみると研磨面の繊細さがよくわかります。輝く変形カットでラウンドブリリアントに代わる新しいダイヤモンドのスタンダードとして提案されている97面アントワープブリリアントカットの特別な輝きを店頭で是非確かめにいらしてくださいね!

素敵なお二人のお越しをお待ちしております♡

 

#2020夏婚 #2020春婚 #2019冬婚 #2019秋婚 #ダイヤモンド #銀座 #結婚指輪 #婚約指輪  #プロポーズ #サプライズプロポーズ

 

 

 

『嫁入り道具』という言葉は聞いたことありますか??これは、女性が結婚するときにその後の結婚生活で困らないように、女性の親や女性自身が準備して持って行く家財道具のことを言います。昔は「女性の結婚=男性側の家に嫁として入ること」として、結婚を「嫁入り」と呼んでいたことからこの呼び名になったそうなんです。

昔は『嫁入り道具』を婚約の儀式である結納のときに、男性側から女性側に渡される「結納金」を使って準備することが多かったそう。それもそのはず、もともとの結納金の意味が「女性が嫁入りの準備をするためのお金」だからなんです。

ただ、現代では結納を行なわない場合もあり、たとえ結納をしても両家で話し合って「結納金はなし」とする場合もあります。なので「嫁入り道具は何も用意しなかった」という人も増えているみたいです。そして昔と違い住宅の広さやライフスタイルも変わった現代で、嫁入り道具(今で言う結婚準備品)はどんなものがあるのかご紹介いたします!

最近人気なのは、家電・家具・寝具みたいですね。結婚をして一緒に生活するのに最低限、必要な物が人気のようです。この3つは、生活するのに必ず必要になるので大事ですよね♪そして、この他にもう一つ大事なものがあります。それが真珠(パール)なんです!!

なぜ?と思う方も多いかと思います。実は真珠のネックレスは冠婚葬祭の時に必ずと言っていいほど必要になるものなんです。真珠のネックレスは今すぐじゃなくても・・・と思っている方がいるかと思いますが実は、バージンロードを歩くときにも着けることができるネックレスなんですよ^^ 世界でたった一度だけの記念すべき日に、ご自身のネックレスを着けることが出来るなんて嬉しいですよね!

それに、いざ必要になった時でいいかな。って思っている方、実際急に必要になった時にご用意されたものは選ぶ時間が少ないので、結構高い金額にもかかわらず経年劣化が早かったりするものもあるんです・・・

なので、是非このタイミングでいいものを見ていただき、お持ちいただきたいなと思い今回ご紹介させていただきます!!

BRIDGE銀座店で扱っている真珠は【花珠真珠】です。真珠にもグレードがあり、その全てが最高品質(トップグレード)のものを【花珠真珠】と呼んでいます。

ご主人様から奥様へ送っていただいたダイヤモンドにも4Cというグレードがありますよね?

それと同じように、真珠にもグレードを表すものがあるんです。それがこちら!

《①色 ②サイズ ③傷 ④巻き厚 ⑤照り ⑥形 ⑦連相》 

ダイヤモンドと違って7つも項目があり、どういう内容なのかをひとつひとつご案内いたします。


真珠の品質基準

①色

実は、真珠の色にはさまざまな色があります。一概にどの色が高品質であるとは言いきれませんが、一般的にお客様からよくお聞きする色はピンク系・・・。しかしこの場合の真珠のピンク色は真珠についている色目の事ではありません。現在真珠は、調色処理が合法的に認められているので(エンハンスメントの範囲内)水揚げしたあと脱色して、白くした後に赤い染料で染めていきます。この時の赤い染料の色が濃すぎる物は、脱色や着色処理の影響で経年変化も早く、色が比較的すぐに悪くなるので、購入する際は細心注意が必要です。

1番最初にお持ちになる場合は、純白のホワイトがおすすめです。また真珠の表面には干渉色という真珠層の赤と緑の2色が見えます。この2つの色がバランスよく、純白ホワイト系の上で混ざり合って見える色「ピンキッシュグリーン」こそアコヤ真珠の最高色です。

 

②サイズ

ここで言うサイズは、真珠1珠の大きさです。サイズは真珠を選ぶ際にとても大切な要素です!アコヤ貝から取れる本真珠は直径が10.0mm位までしか産出していません。特に直径8.0mm以上は希少性が高くなります。ご自身の(お使いになる方)の胸元の感じを実際に店頭で見てお選びになるとより分かりやすいかと思います。大きすぎても、小さすぎてよくないので、ご自分の背丈や雰囲気に合う物をお選びください。選ばれる際に、礼服やドレスと合わせてみるのもわかりやすくてお勧めです。8.0mmUPの希少性が上がっている主な理由としては、近年の海水汚染や海水温度の上昇などで元気なアコヤ貝の養殖が難しくなっている為などがあるそうです。

因みに、小さいサイズだと少しカジュアルすぎてしまうので、初めて持たれるなら一般的なサイズの、首元が7・5mmでトップが8.0mmの大きさのものをお持ちいただくのがベストだと思います^^

 

③傷

天然の真珠は必ず巻いた”まだら”や、異物を吸い込んだ時にできる「えくぼ」と呼ばれる傷の様なものがあります。なので購入時に目立つ傷のある物は避けたほうがいいです。しかし真珠のネックレスは1珠に2つの穴を穿ってネックレスにしますので、そのような傷の部分は穴を穿って目立たなくしてあります。それでも傷の目立つ物は避けた方がいいという事です。

 

④巻き厚

真珠には1層1層薄い膜が巻き付いています。その真珠層は1つが約0.2ミクロンというシャボン玉のようなすごく薄い膜でできています。その真珠層が2000回くらい重なると真珠層の厚さは0.4mm程度まで厚くなります。真珠層の厚さが0.4mm以上は「厚巻」と呼ばれています。約18カ月程度、海の中でアコヤ貝に真珠を巻かせますが、この期間が長ければ長いほど巻は厚く、しっかりしてきます。この巻き厚は、耐久性にも影響してくるので大切なポイントです!花珠は巻き厚が最低0.4mm以上の物だけを言います。

巻き圧がしっかりしていると、経年劣化などで真珠層がはがれてしまったりすることはありません。

 

⑤照り

”照り”とは真珠の光沢をいいます。この照りについての説明が一番難しいのですが・・・

分解すると2つの光で照りがなっているようです。ひとつはいわゆる「表面光沢」。髪の毛でいうところの「キューティクル」です。色の所で書いた通りに、真珠は脱色処理の段階で過度に脱色された物はたんぱく質が抜けてしまって、キューティクルが失われてしまいます。つやつやした表面光沢は真珠の大切な要素です!もうひとつが真珠内部で反射した光です。この光は先ほど巻き厚で説明した各真珠層でそれぞれ跳ね返ってくる光の事を指します。波長の違う光が真珠表面部分で光の干渉を起こす事から干渉色と呼ばれているんです。最初にお話した2つの光で構成されているというのは、この表面光沢と真珠内部から跳ね返ってくる光が混ざり合って照りとなります。

 

⑥形

通常はラウンド(まる)が高品質とされています。特にネックレスの場合は真円に近い形が連続する事で美しさがより引き出されるからです。このほかにセミラウンド・セミバロック・バロックなど変形したものもあり、まる以外の形は希少性から高く評価されることがあります。

 

⑦連相

ネックレスの場合一つ一つの真珠の品質がそろっている事も重要です。永くお使いいただく物なので、色や形、特に照りがそろっている事は言うまでもありません。全体のバランスは真珠ネックレスの命です!ネックレス一本は大体50粒くらいの真珠の珠で出来ていますが、その中でこの珠はまだまだ美しいけど、この珠はすでにキューティクルが失われている・・・となっては、せっかくのネックレスが台無しです。お求めになる際に全体を見ていただいて、ある一珠だけ特別美しい珠が混ざっていたり、その逆にこの珠はあんまり綺麗ではない等、見てわかる様なものは避けた方がいいでしょう。

ネックレスをまっすぐ一列にしてみた時に、グラデーションがキレイに出ているものがおススメです!

 

つまり、花珠真珠とは以上の7項目が最高グレードの真珠の事を言います。その昔、真珠養殖の職人の間で『むき落としの花珠』と、呼ばれたのがきっかけでこの名前が付いたそうなんです!(貝から出した時点ですでに綺麗で宝石品質の物)実は真珠は人類がはじめに手にした宝石では無いのか?と言われています、貝の中にできるので海の近くで生活する人にとっては比較的なじみの有る宝石だったと推測される為です、よく海賊の宝箱からもはみ出している絵を見ますが、世界中の人が綺麗と感じる普遍性をもつ「いにしえ」の宝石でバージンロードを歩いてみてはいかがでしょうか?真珠は一生モノなのでお選びになる際は花珠真珠をお求めになる事をお勧めします。

真珠のネックレスは、ご自身の結婚式でもお使いいただけるものですし、ご結婚された方はこれから装いの部分で必ず必要となってくるアイテムです。フェイクパールしか持っていないや、結婚を機にちゃんとしたものを持ちたい。などございましたら、ぜひ当店BRIDGE銀座店へお越しください♪

また、お母様から譲り受けたものがある。という方には、ぜひ一度お持ちいただき無料点検をさせてください!真珠のネックレスは、使う人の首回りに合ったサイズが重要ですので、譲り受けたなどの場合は一度ご来店いただき、お客様の首回りに合ったサイズで調整いたします。また、経年劣化による色落ちやワイヤー・絹糸の交換が必要であれば、別途お見積りをだしてご案内させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

 

さて、本日のブログはいかがでしたでしょうか?真珠のネックレスの必要性や花珠真珠についてや、メンテナンスなどをご紹介しました。BRIDGE銀座で扱っている真珠のネックレスはこちらです。

・7.5mm~8.0mm 花珠真珠 233,280円(税込・イヤリング or ピアス加工代含む)

 

・8.0mm~8.5mm 花珠真珠 410,400円(税込・イヤリング or ピアス加工代含む)

 

どちらも1点しかないので、気になった方はお早めにお越しくださいませ。

 

今回は、指輪の表面加工(仕上げ)についてご案内いたします。BRIDGE銀座では、お客様のご希望により表面加工を施すことが出来ます。素材はPT950、PT900、YG・PG・WG750どの素材でも選んで頂けます!艶消しのマットだったり、アンティーク技法のミルグレインだったり様々あるので今回は、細かくご紹介していきますね♪

①グロス(艶)仕上げ

②艶消し・・ヘアーラインマット

③艶消し・・ダイヤモンドバーマット/セラミックバーマット

④艶消し・・マット仕上げ(ホーニングマット)

⑤ミルグレイン

⑥ハンマー仕上げ(槌目)

 


 

①グロス仕上げ

最も一般的な仕上げ方法で、金属表面をピカピカに仕上げツヤを出します。物が映り込むほど磨き仕上げるので「鏡面仕上げ」とも呼ばれています。プラチナ等の貴金属では一番一般的な仕上げかもしれませんね。実は女性用のリングでは一番人気の仕上げなんです!BRIDGEでもほとんどの女性用リングと婚約指輪(エンゲージリング)ではこの仕上げを採用しています。また、BRIDGEではプラチナの表面のキメが綺麗に出る様にプラチナ950にルテニウム、パラジウムを独自の配合で特殊に配合して使用しています。

この仕上げの美しさがわかる指輪がこちら!

王道のデザイン。グロス仕上げの美しさを楽しんでいただけます。

“Evening Star” Solitaire Diamond Ring Set

”一番星”宵の明星をデザインしたシンプルなエンゲージメントリングです。まっすぐな思いを一番星の輝きに託して・・・。。夕方、太陽が沈んだ後に西の空に明るく輝く一番星。美と愛の女神ヴィーナスに守られた強い輝きは二人を照らします。

奥様用、ご主人様用ともにグロス仕上げで、滑らかな触り心地をぜひ体感していただきたいです!シンプルで幅もあり、着けていただくとカッコいい印象です。

 

②艶消し・・ヘアーラインマット

ヘアーライン仕上げは細い線状の”荒らし”を金属表面に付けていく仕上げです。曲面に施すよりも平面の方がシャープな印象となります。スッキリとしたカッコイイ印象になるので、男性に人気の仕上げ法です。男性用の腕時計に多いツートン仕上げは、ほぼほぼこのヘアーライン仕上げが採用されています!

この仕上げがよりわかるデザインはこちら!

Sunset Beach & Here&Now

Sunset Beach

煌く水面:いつまでも寄り添う二人 煌めく黄昏に包まれて

夕日の名所は恋人を繋ぎます。ゆっくりと沈みゆく太陽の一瞬の美しさはいつまでも2人を包みこみます。水平線一杯に伸びる夕日の煌きをダイヤモンドラインに、夕日はその美しい一瞬を迎える為にあり、同時に明日への活力となる光です。一度しかない人生です。今という大事な瞬間を精一杯に感じて楽しめるお二人に そんな思いを込めました。

この指輪は、名前の通りサンセットの美しい風景をデザインした指輪です。男性のヘアーラインマット部分は海と水平線の境界をイメージしていて、上下あるグロス部分は夕日が水面にうつり反射している様子を表しています。平打ちデザインなので、指に着けていただいた時に他の指に当たるなどのストレスがなく、また指に当たる内側の部分は熟練の職人が丁寧に研磨しているのでとても着け心地がいいのも特徴です♪

 

③艶消し・・ダイヤモンドバーマット/セラミックバーマット

この艶消しは、BRIDGE銀座店 限定の艶消し加工なんです。小さく砕いたセラミックや小さな工業用ダイヤモンドの粉で荒く磨き上げる方法で、ヘアーラインよりもさらに強い(艶消しがしっかりと感じられる)印象の仕上げで男性に人気です。 

この仕上げの美しさがよりわかる指輪がこちら!

ダイヤモンドバーマットがカッコイイ結婚指輪

Bond Forever

永遠の絆

幾重にも重ねた僕らの想いは 強く結ばれ永遠に

吊り橋や海峡の大橋を支えるロープやワイヤーをモチーフにしています。険しい環境でも“人と人”や“大地と大地”をつなぐ綱を表しています。       

日本では古来より縄を編んで綱を造る事を自然界の産物を納めて道具に変える神聖なものとしていました。自然界の神『壱百八の神』を納めることに用いられていたり縄によって神聖な場所を区別しことから(注連縄など)ふたりの想いを守る永遠の絆としてリングを表現しました。絡み合って支える絆のロープは幾重にも重なる事で、しなやかさと強さが同居し強く強く結ばれる。   

この指輪は、全周デザインで1週ぐるっと回しても同じデザインが続いている指輪です。全周デザインは、作成にとても手間がかかるのでサイズごとの型がないと作成できないデザインなんです。しかし当店BRIDGE銀座店は、全種類の指輪をイチから作成しているのでこのデザインで作成できます。

幅感もあり、綱の立体モチーフでボリューム感もあるカッコイイ指輪なのでぜひ一度お越しいただいてみていただきたいです!!

 

④艶消し・・マット仕上げ(ホーニングマット)

ホーニングマットとも呼ばれる仕上げは、小さな粒子を吹き付けて細かな跡を金属表面に付けていく加工です。細かな跡を付けることで、やわらかな仕上げになり、金属表面で乱反射した光が優しい印象になる仕上げです。”フワッ”とした特徴ある優しい光が出るので、女性用のリング(結婚指輪の一部や全体的の仕上げ)の艶消し法としても人気が有ります。

この仕上げがよりわかるデザインがこちら!

ホーニングマットの特徴であるやわらかな仕上げが素敵な結婚指輪

form of happiness

幸せのカタチ

重なり合って行こう もっと素晴らしい二人を探して

完全な真円が重なり合って出来る楕円形を、これから重なり合って人生を歩む二人に重ねて表現しています。二つの完全な個性『真円』が重なり合う事で生まれる新しい形が楕円です。楕円形はそれぞれの面から見た時にそれぞれに重り合って共有している部分と一人の人間としての個性を有する部分とから成っています、まさに結婚のイメージにぴったりです。

『幸せのカタチ』の断面は美しい楕円型で指馴染みがとても良く長く楽しんでいただける形です、金属を贅沢に付目方たっぷりに使用していますのでしっかりした質感で本物のコンサバティブタイプのマリッジリングです。

この指輪は、シンプルで王道なストレートデザイン。しっかりとしたボリュームもありながら滑らかな着け心地。普段、アクセサリーを着けない男性に特にみて欲しい指輪です!ゴールドのホーニングマットは、いやらしいツヤ感がなく、けどイエローゴールドの華やかさを保ちつつツヤを抑えることで上品な輝きになっています。女性用ではアンティーク調が好きな方にオススメです♡

 

⑤ミルグレイン

ミルグレインは多くのアンティークジュエリー等に使われている貴金属細工技法です。英語でMilgrain(Millgrain)と書きますがこれはフランス語でMil(千)のGrain(粒)という意味で、Milはミリメートルとかミリリットル(1000分の1)など実は身近な言葉なんです^^

一方Millは粉砕する等の意味なので粉砕されたような小さい粒とも取れます。千の小さな粒が連続する事から「子宝や長寿」等を願う意味で結婚指輪にも多く用いられる人気の技法です。

アール・デコの装飾美術に多く見られる”ミルグレイン”

ミルグレインは1900年頃開発され1925年のフランスのパリ万博で注目されたアール・デコ調の装飾様式で職人の間では「French-milgrain(フレンチミルグレイン)」と呼ばれています。そんなミル打ち等のアール・デコですが、そのルーツはキュビズムやバウハウス、アステカ文明、更には紀元前の日本や中国からもインスパイアを受けていると言われているんです!

アジアからのインスパイアが気になって調べたところ、秦の始皇帝や縄文文化などなかなかに興味深いです。特に中国のイヤリングはそのルーツとして最古でした。古のアジアンテイストをヨーロッパアンティークに仕上げたミルグレインが何世紀もを経て世界中で人気を博すというのは、ジュエリー文化の奥深さを感じますよね~。まさに現代美術と古代美術の融合が、ミルグレインのジュエリーで感じていただけるのではないでしょうか。

ミルグレインが美しい指輪はこちら!

冷間鍛造で作られた美しいミルグレイン

Rice Shower

千の彩

未来のすべてを 受け止めよう ずっと二人で

ミルグレインのミルは千(1000)の意味、ミルグレインの結婚指輪を祝福のライスシャワーにたとえてデザインしました。1,000粒の水滴が織り成す虹の彩は無限の可能性に満ちた未来の二人の象徴。結婚式のセレモニーでもある祝福のライスシャワー、ライスシャワーは豊潤な恵みと繁栄の象徴とされています。お二人のこれからの人生が豊かさと繁栄に恵まれることを願って。

この指輪は、鍛造技法で造られていてミルグレインを施していますので、長期使用によってミルが消えてきたりダレたりしません。長く安心してお使いいただけるリングです。

次にオススメの指輪がこちら!

細かいミルグレインが綺麗なアンティーク調の指輪

“D-Line Star Classic” Millgrain Diamond Line Ring Set

一つ一つのダイヤモンドが持つ美しさを統合する。ダイヤモンドと着ける人の 魅力を融合し、引き上る、Dラインのクラシックスタイル、丁寧に作り込まれたクラシックミルグレインでサイドメレーをセッティング、センターダイヤモンドは4点プロングでしなやかに仕上げました。
 
この指輪は、男性用がフラットな平打ちデザインで上下のミルグレインが特徴。先ほど紹介した千の彩よりも小さいサイズのミルを施しますので遠くからだと粒粒はハッキリとは見えません、あまり可愛くなり過ぎたくない男性用としては丁度良いデザインです。この指輪では、職人が”なるべく均一で等間隔に小さな粒を刻んていきます。これはガイドラインが有ったとしても根気と技術が必要な作業で、熟練職人の手作業で一粒一粒丁寧に行われています。
 
当店BRIDGE銀座で最も大きいミルグレインの指輪がこちら!
大きなミルグレインが特徴の結婚指輪

Crown&Tiara

ティアラな橋

不落の橋に かざらない想いを託して

御影石でつくられた国の重要文化財「萬代橋」がモチーフ、5連アーチの眼鏡橋をそのままデザインしてあります。リングを置くと正に萬代橋の形になるファン垂涎の逸品です。デザインがリングを全周していつまでも終わりなく続くエタニティ(永遠)タイプの本格マリッジリングです。

大粒のミルグレインが可愛らしいデザインに力強さを与え可愛い外観の中に”不落の橋”の威厳を少しプラスしてくれていますね。

【様々な技法、様々なサイズで施されるミルグレイン】

ミルグレインはミルを打つタガネ(鏨)やミルホイールという彫刻職人専用の工具を使います。工具種類と鏨(たがね)のサイズで大きな粒から細かな粒まで様々な方法で様々なサイスのミルグレインを施す事が出来るのですが、中には厳密には粒ではなく”小さな尖り”だったり粒を残しているというよりも”ギザ10”のようなギザギザ模様を付けているデザインもありますので、自分好みのデザイン探しをするのもいいかもしれませんね♪

BRIDGE銀座には、様々な大きさ・デザインのミルグレインを施した指輪を多数、取り揃えております(*^^*)

 

⑥ハンマー仕上げ(槌目)

金属の表面をハンマーで叩き、細かな凹凸を付けた仕上げ方法。一見シンプルに見えますが、ひとつひとつの面に光りが反射しオシャレなデザインです。

この仕上げがよりわかる指輪がこちら!

ハンマーで叩いたような仕上げがオシャレな結婚指輪

PERFECT REFLECTION

幸せな偶然

気まぐれな偶然が僕らにくれた 幸せの贈り物

春の風、時折強く時折優しく、凪の微風に揺れて煌めく水面をデザインしました。さまざまな経緯で出会った運命の二人は、一見偶然のようでありながら実は全の出来事が出会いの為の“必然”だったのかも!?そんな幸せな偶然を春の風に揺れる水面に重ねて表現しました。アトランダムな美しい反射模様は正に必然美。偶然のように出会って今ここに居る、必然なお二人にぴったり。

ハンマーで打ったような仕上げは、カッコイイ印象になると同時に風のせせらぎで水面が揺れているような、一瞬の美しさを感じられるとてもオシャレな仕上げです。シンプルなデザインが好きだけど、何か少し特徴が欲しい・・と思っている方にオススメです!

 

さて、本日のブログはいかがでしたでしょうか?このように、BRIDGE銀座では多数の表面仕上げの種類がありますので、きっとお客様好みの指輪探しのお手伝いができるのではないかと思っています。

少しでも気になるデザイン、加工などありましたらお気軽にお店にお立ち寄りください。専門のスタッフが丁寧にご案内いたします。

 

 

 

 

エンゲージメント用のダイヤモンドでとても人気の高いラウンドブリリアントカット、その中でダイヤモンドの対称性が一定以上のレベルで仕上げられている高品質ダイヤモンドには特殊な模様”ハートアンドキューピッド”(H&C)が出現します。

これは、アントワープブリリアントの専属研磨師「フィリッペンス・ベルト氏」らの手で1993年に開発され高いダイヤモンドの研磨技術が求められる研磨方法で研磨されたダイヤモンドに見える光の模様で、ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドをパビリオン側から専用のスコープでのぞき込むと8個のハートマーク、テーブル側からのぞき込むと8本のアローパターンが確認することができます。

 

 

ハートアンドキューピッドは、プロポーションとシンメトリーの優れたダイヤモンドに出現する模様です。ダイヤモンドのクラウン部分とパビリオン部分のガードルを挟んだファセット稜線の一致や連続性など特に仕上げの問題でその良し悪しが決まるのです。研磨職人の腕前という意味では研磨の各ファセットの角度調整や先端の一致など細部の細かな調整が重要な要素であるハート&キューピッドパターンを狙って出す事こそ高い研磨技術が要求さる職人の世界と言えるのかもしれません。

その幻想的で美しいパターンは、見る人をくぎ付けにし、思わず「わぁ~♡」と声が出てしまうほど^^

今回は、そんなハート&キューピッドについてご紹介したいと思います。

 

1.恋のキューピッドに射抜かれた8個のハート

2.開発者は「フィリッペンス・ベルト氏」

3.ベルト氏は2ct以下のダイヤモンド専門の研磨師

 

 

1.恋のキューピッドに射抜かれた8個のハート

H&Cは1990年に誕生したエクセレントカットのダイヤモンドを数多く検査していく中で偶然発見された模様で、ダイヤモンドに優れた研磨技術を施して初めて出現する模様。H&Cはそれまで研磨の世界で誰も気に留めていなかったガードルを挟んだクラウンパビリオンファセットの連続性を重視した研磨法から発見されました。そして正確無比な各ファセットエッジの対象と合同、まさに研磨職人の技術の結晶なのです。BRIDGE銀座のダイヤモンドはハート&キューピッドの開発者自身が手掛けた高品質ダイヤモンドなのです。

 

ブローチのダイヤモンドはベルギー研磨ハート&キューピッド

ハートアンドキューピッドのダイヤモンドを中央宝石研究所で鑑定した場合は専用のレポートが添付されます。一生の思い出の品物に恋のキューピッドが射止めたハートが隠されているなんてとってもロマンチックですね!

※IIDGR鑑定書には添付されませんのでご希望により取得いたします(料金別途)

 

2.開発者は「フィリッペンス・ベルト氏」

アントワープブリリアントの専属研磨氏達のチームです。1990年にエクセレントカット1993年にハートアンドキューピッドを立て続けに達成したダイヤモンド研磨界の天才「フィリッペンス・ベルト氏」その後ベルト氏は世界を技術指導して周り、エクセレントカットはダイヤモンド業界のスタンダードへと成長して行きました。

1919年にダイヤモンドデザインの中で発表されたトルコフスキー案の図面にはパビリオンファセットやクラウンファセットの一致などの条件はなかったため、(そもそもスターファセットやベゼルファセットの役割については、あまり触れられておらず、不完全な理論だったが光の反射という光学的な発表はダイヤモンドの輝きを考えるうえで当時としては非常に重要だった。)それまで誰もダイヤモンドの対称性やクラウン部分とパビリオン部分のガードルを挟んだファセット稜線の一致や連続性などに気を留めていなかったのです。

現在も現役でダイヤモンド研磨に携わるベルト氏、開発者本人の研磨したハートアンドキューピッドは至高の仕上がりで見る者を魅了し続けています。記念のダイヤモンドなるにふさわしい品質を持つブローチのダイヤモンド、お二人の記念にピッタリの逸品と言えます。ぜひ店頭でその輝きをお確かめください。

ブローチのダイヤモンドはボツワナ産最高品質原石をベルギー研磨仕上

※フィリッペンス・ベルト氏の開発したハートと矢模様のモザイクパターンは当初別の名前で呼ばれていましたが、現在は商標の問題でハートアンドキューピッドと呼びます。ハートアンドキューピッドは中央宝石研究所の登録商標です。

※優れた研磨技術の結晶であり、愛の逸話をいくつも持つハートアンドキューピッドパターンですが、ダイヤモンドのカットグレードの内シンメトリー(対称性)が特に優れていれば、G.I.A.カットグレードがエクセレント以下のベリーグットでも、クラウンとパビリオンのファセットの先端が一致している事や、複数存在する同種のファセットの形が合同一致している状況であれば実はハートアンドキューピッドパターンは出現することが分かっています。

 

 

3.ベルト氏は2ct以下のダイヤモンド専門の研磨師

ダイヤモンドは10ct以上、5ct以上、2ct以上、2ct以下で研磨のノウハウが大きく変わります。ダイヤモンドの輝きは他の宝石とは異なり強く特殊な為、サイズによって輝かせ方や光らせ方、光の取り扱いを考える必要があるからなのです。フィリッペンス・ベルト氏は2ct以下、中でも特に1ct以下のダイヤモンドの研磨が専門です。ベルト氏の専門とするサイズのダイヤモンド2ct以下、特に1ct以下のサイズでは光の調節は不要です。大粒のダイヤモンドで有効な虹色だけを引き出したり、白い色だけを際立たせる引き算のノウハウは2ct以下のダイヤモンドには似合わないのです。

1ct以下のダイヤモンドでは、すべての光を余すところなく完全に輝かせる事が求められる為、ベルト氏はダイヤモンド表面に当たって跳ね返る「ホワイトライト」や「シンチレーション」と呼ばれる星のきらめきの様な白い光、石内部に入射して分解される虹色の光「ディスパージョン」、そして全体の輝き「ブリリアンス」が、それぞれ最高に発揮される様に1つ1つのダイヤモンド原石と向き合って研磨していきます。アントワープブリリアントで拘っているのは、それら3つの輝きが最高に揃った時に発輝されるファイヤーです。一部のダイヤモンドメーカーでもファイヤーについて数値化したり研究したりする動きが出てきていますがBRIDGE銀座では早くからダイヤモンドと言う宝石の持つ特性を理解しファイヤーを放つダイヤモンドを追いかけてきたのです。

 

最高グレードのダイアモンドを贈るBROOCH新潟

 

これは是非とも店頭でご確認いただきたいのですが、BRIDGE銀座で展開するアントワープブリリアントのダイヤモンドは表面の空気が超高温で蜃気楼のように揺らめいて見えるようなファイヤー(輝き)を発揮するダイヤモンドを選定しています。大切な想いを込めて贈る(贈られる)最高のダイヤモンドに想いを込めてみてはいかがでしょうか^^

 

 

本日のブログはいかがでしたでしょうか?
最高の原石を最高の研磨者が仕上げる。その美しさは究極的です。キューピッドのハートの矢で射止められたお二人にぴったりのハート&キューピッドパターン♡
とてもロマンチックですよね!そして、発輝されるブリリアンスとファイヤーをぜひ店頭でご確認くださいませ。
素敵なお二人のお越しをスタッフ一同、こころよりお待ちしています。

 

 

PR◇ブライダルリングの専門店「ブリッジ銀座」

東京銀座の結婚指輪婚約指輪の専門店BRIDGE銀座、私たちはサプライズプロポーズを応援しています!

 

#2020春婚 #2020夏婚 #2019秋婚 #2019冬婚 #婚約 #結婚 #プロポーズ #プロポーズ待ち #サプライズプロポーズ #婚約指輪 #結婚指輪 #ダイヤモンド #ハートアンドキューピッド 

 

 

当店BRIDGE銀座店が扱っているダイヤモンドは、全て紛争ダイヤモンドではありません。そもそも、『紛争ダイヤモンド』って何だろう・・・と思いますよね?今回はそこのご案内をいたします。

①紛争ダイヤとは?

②キンバリープロセスとは?

③ガードル・インスクリプションナンバーとは?


①紛争ダイヤとは?

紛争ダイヤモンドとはダイヤモンド産出国が紛争地域である場合に、紛争を起こしている当事者の資金源に成っているダイヤモンドを指します。2006年にレオナルド・ディカプリオが主演を務め、紛争ダイヤモンドを題材にした映画「ブラッド・ダイヤモンド」が上映されるなど社会的にも注目を集めてました。この作品ではアフリカのシエラレオネ共和国での内戦(1991年 – 2002年)での、「ブラッド・ ダイヤモンド」(紛争の資金調達のため不法に取引されるダイヤモンド、いわゆる紛争ダイヤモンド)を取り上げていました。主演がレオナルド・ディカプリオだったのでご覧になった方も多かったのではないかと思います。

ダイヤモンドは国際市場で高値で取引され、しかも産出国にとっては貴重な外貨獲得資源とされています。しかし、その産出国が内戦など紛争地域の場合、その国は輸出したダイヤモンドなどの宝石類で得た外貨を武器の購入に充てるため、内戦が長期化および深刻化することになります。とくに、反政府組織はこれら鉱物資源による外貨獲得と、それによる武器購入を広く行っているのです。その際には、無辜(むこ)の人々を採掘に苦役させることから人道上も大きな問題があります。

これら内戦の早期終結を実現するには、内戦当事国の外貨獲得手段を奪うのが有力な手立てで、国際社会全体でそれに取り組むべきだとされています。内戦当事国に外貨が流れ込まないようにするために、内戦国から産出するダイヤモンドなどを「紛争ダイヤモンド」(いわゆるブラッドダイヤモンド ”blood diamond”)と定義することで、関係業界はそれらを取引の対象外にすることが求められていたことから、2003年に国際連合によって「紛争ダイヤモンド」に対して「キンバリープロセス」(Kimberley Process Certification Scheme)と「システム オブ ワランティー」(System of Warranties Statement)が制定されました。

2018年11月現在、世界82カ国が参加しています。ブリッジ銀座では紛争と関係のないダイヤモンドのみを取り扱ており、独自の証明書を発行しています。

紛争(コンフリクト)無関係(フリー)ダイヤモンドやエシカルダイヤモンドと呼ばれます。

 

②キンバリープロセスとは?

“ダイヤモンドの職人が正当な政府を弱体化しようとしている反政府の動きと、その同盟国によって暴力に融資されていないことを確認する制度”です。この制度は紛争の資金源になっているダイヤモンドの不正取引を阻止し、安全で安心な取引を実現するダイヤモンド原石国際認証制度なのです。ダイヤモンドを紛争に資金を提供する可能性を減らす事を目的にキンバリー・プロセスに参入した国にダイヤモンド原石を取引する際、原産地証明書(キンバリー・プロセス証明書)の添付を義務付ける制度である。同時にそれまで実現しなかったダイヤモンドのトレサビリティを明確にし、産地証明ができるダイヤモンドが市場に登場するきっかけともなりました。日本では2003年よりこの制度が導入されており輸出入ともに、政府が発行するキンバリープロセス証明書が必要となります。

BRIDGE銀座が扱っているダイヤモンドは、キンバリープロセスを遵守したダイヤモンドのみを使用しておりますのでご安心ください。

国際連盟キンバリープロセス GIA AntwrepBrilliantブリッジ銀座 KimberleyProcessCertificationScheme

 

③ガードル・インスクリプションナンバーとは?

インスクリプションナンバーとはダイヤモンドのガードル部分にレーザーで刻印するダイヤモンドの個体ナンバー(デビアスグループの鑑定ダイヤモンドに与えられるナンバー)です。※2018年以降は、ダイヤモンドのテーブル部分にスタンプされる仕様を併用しています。

BRIDGE銀座ではダイヤモンド個体のナンバーをデビアスグループの鉱山で原石採掘された際につけています。この固有ナンバーでダイヤモンドの流通過程をしっかりと把握することで、従来供給者の倫理観に頼ってしか担保出来なかった鑑定書とダイヤモンドの完全な一致であることと原産地や研磨者のトレサビリティーなどのコンプライアンスクリアを実現しています。

そして発行される、デビアスグループの鑑定機関「IIDGR(International Institute of Diamond Grading & Research)」で鑑定されたダイヤモンドはインスクリプションナンバーを鑑定書にも記載することで、徹底した流通と品質の管理を行っています。

・鑑定書で表記されている例

インスクリプションナンバーIIDGRブリッジ銀座

(※AGL宝石鑑別別団体協議会会員の「CGL中央宝石研究所」発行の鑑定書ダイヤモンドにもガードル部分にインスクリプションナンバーのレーザ刻印が入ります。)

このインスクリプションナンバーは、ダイヤモンドのテーブル部分(*1)もしくはガードル部分(*2)にレーザーマークの機械を使って刻印されています。ダイヤモンドがBRIDGE銀座に届くときはレーザーマークのナンバーが判り易いように色(黒)が入れて有り比較的読みやすいのですが、製品になって店頭に並んだり、お客様の元へ届く際にはレーザーマークの色は綺麗に拭き取られているので、透明で小さな小さな凹凸でしかなくなってしまいいます。なのでガードル部分の刻印は宝石商の七つ道具の一つ「10倍のルーペ」で見た時に色が有る場合は見つけやすく、色が拭き取られてからはかなり発見が困難になります。テーブル刻印の場合は10倍ルーペを使って熟練の鑑定師が見ても発見困難なサイズです。

(*1:ダイヤモンドファセットのフェイスアップでの正面部分、トップの平らなファセット。)

(*2:ダイヤモンドをフェイスアップで見た場合の一番外側にあたる部分パビリオンとクラウンの中間に位置するファセット。現在のダイヤモンドカットでは一番最初に形を決定する重要部分。)

・刻印がテーブル部分の例

・刻印がガードル部分の例

レーザーマークBRIDEG銀座やわらかな春風

 

グレーディングレポートとダイヤモンドのインスクリプションナンバーが一致しました。お渡しする鑑定書に記載してあるナンバーと一致することは、コンフリクトフリーの証です。BRIDGE銀座アントワープブリリアントで取扱うIIDGR、CGLのセンターダイヤモンドは全て、デビアスグループの鉱山で産出した高品質ダイヤモンド原石にナンバーを付けています。しかも、流通過程おいてキンバリープロセスを遵守したダイヤモンドだけを取扱いますので、このナンバーは単純に鑑定書とダイヤモンド個体の一致を示すだけでなく、キンバリープロセスを遵守したコンフリクトフリー(非紛争ダイヤ)であることも同時に証明されるのです。

 

本日のブログはいかがでしたでしょうか?大切な人に贈るジュエリー。そこに使われている宝石・ダイヤモンドはテロリストの資金源になっているものじゃなく汚れなく・清いものがいいですよね!当店BRIDGE銀座が扱っているダイヤモンド全てコンフリクトフリーのもののみですので、安心してお持ちいただけます。

ぜひ、当店にお越しいただきこだわっているダイヤモンドの美しさを見てい頂きたいです!!

 

炭素の多重結晶体であるダイヤモンドには結晶化しなかった炭素や結晶化した際に僅かにダイヤモンドに取り込まれた不純物がかすかに内包されている場合があります。
この内包物を「インクリュージョン」と呼び、さらに透明度を妨げるキズ・ブレミッシュ等を合わせて、価値を判断します。これらが少ないほどダイヤモンドの価値は高くなるんですね。
大半は肉眼で発見できないものばかりですので10倍の拡大鏡(ルーペ)や宝石用の顕微鏡を用いて鑑定することが通例で、全くの無傷でインクリュージョンが無いダイヤモンドが最高とされ、内包物の量が増すにつれて価値が低くなります。その内包物の内包度合いによって4Cのクラリティ―グレードが決まります。(ランクはFLからI2までの11段階で評価されます。)

では、その内包物には一体どんなものがあるのでしょうか?
気になるところですよね!
今日は、その内包物「インクルージョン」について詳しくご紹介したいと思います!

 

1.ダイヤモンドは数十億年前の奇跡

2・クラリティーグレードの注意点

3.鑑定書の表記

4.インクルージョンの種類

 

 

1.ダイヤモンドは数十億年前の奇跡

 

たとえ今年掘りあげられた新品のダイヤモンドであったとしても、中には遥か45億年前のダイヤモンドも含まれます。宝飾用に限らずダイヤモンドは最低でも9億年以上前に結晶したものばかり、地球上で起こった様々な偶然が重なって奇跡的に結晶し出来上がるダイヤモンド。その中に眠る特徴的なインクリュージョンは9億年以上の遥か昔にダイヤモンドに中にダイヤモンド以外の物質が入って出来たモノなのです。

言い換えれば特徴的なインクリュージョンは地球によってダイヤモンドに刻まれた世界に1つだけの特別なしるしのようなもの!
あなたのダイヤモンドのインクリュージョンは・・・若しかしたら地球のロマンが詰まったモノかもしれませんね!?

・・とはいっても趣味の宝石ではない 婚約リング用にお選びになるダイヤモンドでは無傷無欠点が望ましいと思います。

肉眼で内包物が確認できないVS2~SI1等のグレードを選ぶ場合では見た目に違いは無いもののVS~SI等のグレードではインクリュージョンの種類によっては注意しなければならない場合もあるようです。VS~SI等のクラリティグレードで避けるべきは、内包物が将来的に成長する可能性のある場合や割れや欠けに繋がるかもしれないインクルージョンを持つダイヤモンドです。
※研磨者フィリッペンス・ベルト氏の目で厳しく原石を選定していますのでその様なダイヤモンドはBRIDGE銀座では取り扱いませんのでご安心くださいね。

 

2・クラリティーグレードの注意点

 

クラリティ―グレードにおいてもう一つ注意しない行けない点はインクリュージョンのサイズが0.5ミクロン以下の微小結晶の集合などが有る場合です。クラリティグレードでは0.5ミクロンを下回る小さすぎる内包物を内包物としてカウントしません。

ソーヤブル原石ではそうした微細な内包物をあらかじめ排除していますので同じクラリティグレードのダイヤモンドを見比べた際にもう一つ綺麗に感じることがありますが、これは原石の美しさの差なのです。繰り返しになりますが結果同じようなクラリティグレードでもきれいなダイヤモンドと今一つキレイではないダイヤモンドが有ったりします。
これは原石の品質の問題でソーヤブルのグラッシーと呼ばれる高品質原石からは出ないのですが、メイカブルのクラウド原石からは稀にクラリティ評価としては高くても明らかに見た目に問題のあるダイヤモンドが出る場合が有ります。
※アントワープブリリアントはそもそもダイヤモンドの原石選びを厳しく行いますのでこうした”化け石”が混ざる事はありませんのでご安心くださいませ^^

 

3.鑑定書の表記

 

炭素の結晶体であるダイヤモンドには結晶化しなかった炭素や結晶化した際の不純物がかすかに内包されている場合があります。この内包物をインクリュージョンと呼びます。ダイヤモンドの4Cの内透明度グレードのClarity(クラリティ)はインクリュージョンの程度を判定しさらに透明度を妨げるキズ等を合わせて、価値を判断します。Antwerp Brilliant のダイヤモンドではIIDGRにて鑑定されるダイヤモンドが有りこれらは鑑定書にも詳しく記載されていますので、鑑定書の表記と共に説明します。

IIDGRグレーディングレポート比較クラリティグレードBRIDGE銀座

 

IIDGRのグレーディングレポート3枚で見ていきます。IIDGRのグレーディングレポートはダイヤモンドのフェイスアップ(正面)とフェイスダウン(裏向き)で観察した場合に「何処に?」「どんな?」インクリュージョンが有るのか?を実際のダイヤモンドに記入して表示していますのでとても分かりやすいです。

①のダイヤモンドにはCrystal(クリスタル)、Knot(ノット)、Needle(ニードル)

②のダイヤモンドにはCloud(クラウド)、Crystal(クリスタル)、Feather(フェザー)、Knot(ノット)

③のダイヤモンドにはCloud(クラウド)、Crystal(クリスタル)

とそれぞれ表記されています。

 

それでは、具体的にどんな種類の内包物があるのか?見ていきましょう!

4.インクルージョンの種類

 

・Crystal (クリスタル)

ダイヤモンド内部に無色透明な結晶から色付き不透明の結晶まで様々な別の鉱物結晶がある状態のことを言います。中にはダイヤモンド内部ガーネットや別の宝石類が美しさを発揮できる状態で内包されている特別珍しい物も有ります。内包物がダイヤモンドの場合はKnot(ノット)と呼びます。

・Cloud(クラウド)

ごく微小の白色のインクルージョンが多数集合して雲状にみえる内包物の事をクラウドと呼びます。顕微鏡でも小さすぎて良く判らないよな小さなCrystal(クリスタル)の集合をさします。②や③のダイヤモンドに赤字で記載された部分を見ても一つ一つのCrystal(クリスタル)と同程度の大きさの小さな内包物の集合ですので、非常に微細です。

・Knot(ノット)

ダイヤモンド内部に別のダイヤモンドが結晶し内包物化したもの。ダイヤモンド同士の場合光のレリーフが同じなので輪郭しかわからないや見えない場合もあります。多くの場合は本体が結晶するよりも前に結晶して出来たダイヤモンドが内包していると考えられます。

・Feather(フェザー)
ダイヤモンドの結晶の配列に対して平行な割れやヒビが半透明に近い”白い羽”に見える内包物を差します。石の亀裂や欠け部分など大きすぎなければほとんどの場合にフェザーと呼ばれます。

この他にも内包物の表記にはいろいろな物が有ります。

・Pinpoint(ピンポイント)

針で衝いた跡のようなとても小さい内包物。点のような見た目なのでピンポイントと呼ばれます。現代ならドットだったかもしれません

・Cleavage(クリベージ)

割れや欠けの比較的に大きなものを指します。鑑定書記載にこれは無いほうが良いですね。

・Dark Inclusion(ダーク インクリュージョン)

黒いカーボン結晶です。ダイヤモンドに成りきれなかった硫化炭素や石墨等です。黒い見た目なので比較的発見しやすい内包物といえます。見た目に美しさを損なうようなサイズのものは避けたほうが良いかもしれませんね、BRIDGEではもともと大きなブラックカーボンが有るダイヤモンドは取扱いませんのでご安心ください。

 

 

この他にもクラリティグレードではブレミッシュと呼ぶ外部の特徴を記載する場合があります。(ベアディング、ピットやスクラッチ等)多くはカットや研磨の際にダイヤモンドについてしまったり不用意に内包物まで届くようにカットしてしまうなどの人為的な傷です。BRIDGEではダイヤモンドのカットから研磨まで一流の職人が担当していますのでその様なダイヤモンドを取扱いませんのでご安心くださいね^^

 

あえて低グレードのクラリティを選ぶ場合も?

 

中には特殊かもしれませんが、Si1等の美しさを損なわないがグレードとしては控えめなダイヤモンドで内部に特徴的な内包物があるダイヤモンドを選ばれる場合も・・・
美しさを損なわないSi1、ダイヤモンドの内包物はよく人の顔の中にある”ほくろ”に例えられる場合があります。
ダイヤモンドの内包物は美しさを損なわない大きさと色で、且つ特徴としてプラスにとらえる事が出来れば”魅力的な欠点”になるかもしれません!?

確かにダイヤモンドの中に世界に一つだけの印が付いているなんて素敵ですよね?^^
※非常に特殊ですのでいつもでもご案内できる訳ではありませんのであらかじめご了承ください。

例外を除きクラリティ―グレードはVS2以上で比較する場合、美しさの基準ではなく希少性の基準であることを頭に入れて選ばれるのが良いですね!

 

本日のブログ、いかがでしたでしょうか?

内包物は天然の証でもあります。結婚婚約では無傷欠点も重要なポイントですのでハイグレードの人気が高いことはもちろんですが、一概にどのグレードが良いか?は一言では言えませんね。希少性で選べばグレード優先、美しさで選ぶ場合は、そのダイヤモンドを実際に見て「美しい」と実感できるものを選ぶことをお勧めいたします♪
実際にダイヤモンドを見て、直感で決められる方もいらっしゃいますので、まずは、お店に見にいらしてくださいね!

お二人の門出にピッタリのダイヤモンドがきっと見つかるはずですから♡

 

 

PR◇ブライダルリングの専門店「ブリッジ銀座」

東京銀座の結婚指輪婚約指輪の専門店BRIDGE銀座、私たちはサプライズプロポーズを応援しています!

 

#銀座 #結婚指輪 #婚約指輪 #4C#ダイヤモンド #2020春婚 #2020夏婚 #2019秋婚 #2019冬婚 #婚約 #結婚 #プロポーズ #プロポーズ待ち #サプライズプロポーズ 

 

 

BRIDGE銀座が扱っているダイヤモンドは以前にもご紹介した通り、原石とカッターにこだわっていて、世界一美しい原石を最高のカッターを指名して研磨させています。その美しいダイヤモンドは、ベルギー大使館の推奨をいただいています!!

 

①ダイヤモンド研磨にこだわりを持っている。

②研磨の聖地・ベルギーのアントワープって?

③推奨された理由。

④新しい流通の確立。

 


 

①ダイヤモンド研磨にこだわりを持っている。

アントワープダイヤモンドはブリリアンス最高BRDIGE銀座東京

大使館推奨の理由それは、私たちBRIDGE銀座がダイヤモンドを美しく魅せるための最も重要な工程と言われている「研磨」に特に強いこだわりを持っているためです。私たちのダイヤモンドの輝きはカットや研磨と言った本来職人の作業領域にも、機械化の波が及んでいる現代においても一つ一つ専門の職人の手作業で丁寧に仕上げられ、引き出されるからなのです。アントアープブリリアントでは、ダイヤモンド研磨の聖地ベルギー・アントワープで確かな技術のあるダイヤモンドカッター、フィリッペンス・ベルト氏を指名しています。

特別な職人ベルト氏の手作業で行われるダイヤモンド研磨は、一般的なエクセレントカットとして完全に仕上がった状態から更に”もう一色”もう少しの”煌めき”を引き出します。同じグレードのダイヤモンドでも”輝き”や”見た目”が異なるのは”原石の良し悪し””最終研磨者の腕前”によるところが大きいのです。

ダイヤモンド研磨で世界最高レベルの品質を誇るベルギー・アントワープ、その中でも特別な評価を得る研磨職人”フィリッペンス・ベルト氏” 。彼らが今まで築き上げてきたベルギー(*1)研磨の確固たる高品質は世界に認められ現在も注目を集めています。

日本の皆様にそうした特別な輝きを放つベルギー品質のダイヤモンドを手にして頂きたい。という想いから、私たちはあえてベルギー研磨にこだわっています。

*1:19世紀にネーデルラント連合から独立した比較的新しい国で、人口は約1100万人、ヨーロッパの西側に位置する連邦立憲君主制の国家です。欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれていて”EUの首都”とも言われています。

ダイヤモンドとのかかわりは深く、フランダース地方では14世紀にブルージュやアントワープに持ち込まれた多くのダイヤモンドがこの地でカット・研磨加工された。スカイフやソーイングブレードといった研磨機材を開発したのもフランダースの宝石加工職人たちで、世界中からダイヤモンド研磨のオファーを受けていてました。当時ブルージュはルドウィック・ヴァン・ベルケムなどを輩出した。現在は北部の町アントワープにサイトホルダーの本社事務所が集中しており、世界中のダイヤモンド取引が行われる中心地となっています。

 

②研磨の聖地・ベルギーのアントワープって?

アントアープのノートルダム寺院BRIDGE銀座

 

ダイヤモンドの流通量で世界有数のアントワープなのですが、意外にもアントワープで研磨されるダイヤモンドの流通量は全体でもごく僅かで希少なのです。アントワープはかつて、世界最大のダイヤモンド研磨地で、研磨済みのダイヤモンド総数量の80%ほどがベルギーで研磨されていました。ケッペン地域には多くの研磨工が暮らしていて、研磨工になるための専門学校から組合等もあり、多くのサイトホルダーの研磨工場が立ち並んでいたそうです。しかし現在、残念ながらその面影は無く、ベルギー・アントワープの地場産業だったダイヤモンド加工は年々減少していき、世界的にもシェアを失い回復できる見込みは残念ながらないんです・・・

現在ダイヤモンドのカット・研磨の加工はベルギーに代わって加工工賃の安い後進国に移行していて、現地で盛んに行われています。中国やインド、また産出国のアフリカ諸国でもダイヤモンドの加工工場が続々と新しくオープンしています。高品質だけど工賃の高いベルギーの職人はそうした後進国へ技術指導に行くなどしないと、自国・ベルギー国内では仕事がなくなってきているのが現状です。

またタイ王国・バンコクなどでも高品質のダイヤモンド研磨が行われていて、中~低品質だけでなく本来ベルギー・アントワープでしか出来なかった多くの仕事がそうした国々へと移っていっているのです。

現在のベルギー・アントワープはにある、ベルト氏等の特別な技術を持った職人のアトリエには難解な仕事が沢山集まって来るのですが、通常の研磨加工だけを行うアトリエや工場にはなかなか仕事が集まりにくくなっています。フィリッペンス・ベルト氏のアトリエのあるエリアも、1970年当時大小合わせて2000を超える研磨工場があったそうですが、2017年では両手で数えれる数まで減少していて、加工に携わる職人も年々減少しています。

 

③推奨された理由

ベルギー大使館

そこで、「伝統的な産業であるベルギーの研磨技術者を守りたい」というベルギー大使館の方々の想いと、高品質のベルギー研磨のダイヤモンドを日本全国の花嫁に届けたい私たちの想いが重なり、また私たちが提供するダイヤモンドが確かにベルギーで研磨されたダイヤモンドであるということから、アントワープブリリアントは2013年からベルギー大使館推奨をいただくことになりました!!
こうして設立されたアントワープブリリアントのダイヤモンド。日本国内最初のお披露目会は2013年、ベルギー大使館で行われました。
 
ダイヤモンドはフィリッペンス・ベルト氏が研磨した究極の輝きを放つベルギー品質の逸品ばかりなのはもちろんの事、ベルト氏の為に選び抜いたボツワナ産のダイヤモンド原石には地下資源採掘企業デビアス(DeBeers)の新しい試みがいくつか盛り込まれていました。それは、ダイヤモンドのガードル(*2)に原石の時に割り振った原産地発信のナンバー情報をレーザー刻印してトレサビリティの確立されたダイヤモンドの販売を開始するという画期的なものでした。
*2:ダイヤモンドをフェイスアップで見た場合の一番外側にあたる部分パビリオンとクラウンの中間に位置するファセット。現在のダイヤモンドカットでは一番最初に形を決定する重要部分。

アントワープブリリアントはその第一号として日本国内に紹介される事になったのです!!!!

 

④新しい流通の確立

IIDGRのロゴ

 

しかも供給されるダイヤモンドはすべてデビアスグループのIIDGRにて鑑定書を発行する。という今までにない新しい流通の枠組みのダイヤモンドでした。今回鑑定を担当するデビアスグループの鑑定鑑別機関IIDGRの研究所もベルギーアントワープに有ったことから、以下のような経路で販売されることが情報としてお客様に開示できる新しいダイヤモンドが誕生したのです。

◆ダイヤモンドはボツワナを中心としたデブスワナから供給される。

鉱山はボツワナ・ナミビア・南アフリカ・カナダの4拠点ですが、ボツワナ以外は極端に選択される可能性が低い。

◆厳選された原石はアントワープへ送られカット・研磨される。

フィリッペンス・ベルト氏率いるダイヤモンドトップチームによる最終研磨を施す。

◆ベルギーに研究所を構えるデビアスグループのIIDGRにてダイヤモンドの鑑定書を発行する。

鑑定するダイヤモンドはデビアスの採掘した石のみで、一石一石ナンバー管理されている。石と産地、鑑定書の完全一致を実現

たったこれだけ?と思うかもしれませんが、現在も”何処で産出”して、”誰の手によってカットされ研磨”されたか?が説明できないダイヤモンドが市場には多くあり、実際に研磨者が判るダイヤモンドと言うだけでもとても貴重で中々見かけません。トレサビリティーの確立されていないダイヤモンドしかないのが現状なのです。

なので、私たちは大切な人の元へ思いを込めて贈るダイヤモンドが二次流通品(質屋に入れて、そこから再度研磨し市場に出しものなど)だったり、コンフリクトダイヤモンド(ブラッドダイヤモンド)では無く、完全なエシカルダイヤモンドである事は最重要であると考えています!

私たちは、ブランドの事業展開を通じてダイヤモンド研磨の聖地であるベルギーの産業を守る事、そして職人の間で受け継がれる伝統技術の継承や、継続発展を微力ながら支えていき、ダイヤモンド研磨に懸ける職人の情熱や熱い想いを一人でも多くの日本のお客様にお届けしたいと考えています。

 

本日のブログはいかがでしたでしょうか?ベルギー大使館推奨になった理由についてご案内いたしました。ぜひ、店頭でその美しさを見ていただきたいです!暗いところで見てもキレイな虹色の光が輝きます。

 

#2020春婚 #2020夏婚 #2019秋婚 #2019冬婚 #結婚 #婚約 #ダイヤモンド #アントワープ #ベルギー #推奨 #キレイ #美しい #指輪 

 

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ