銀座の結婚指輪BRIDGEのブログ

結婚指輪にダイヤモンドのアレンジがしたい!方に向けてのブログです♪

ダイヤモンドのアレンジができるBRIDGE銀座の結婚指輪

ダイヤモンドアレンジをご希望のお客様がたくさんおられるのでダイヤモンドアレンジについて少しご案内いたします。BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは基本的に想像しうるすべてのアレンジをお受けする事が出来ます。実物のリングを見てもう少しここがこうなって居たら、とかもう少しこうなって欲しい、等の細かなアレンジから幅を少し太く作りたい、や幅をもう少し細く等、大きなアレンジ迄いろいろなアレンジをお受けできます。

下の写真はAntwerpBrilliant(アントワープブリリアント)のD-line Star Classic(ディーラインスタークラシック)のアレンジリングです。女性用はダイヤモンドの個数を15から9へ減らしてダイヤモンドラインの長さを調節しました。そしてセンターからブルーダイヤモンドを中心から外側に向かって濃い色合いから薄い色合いへ徐々にグラデーションさせてみました。美しいアレンジですよね!これはお客様からのご要望でこのようなアレンジに仕上げたのですが、造りを担当した職人達も「これはなかなかきれいなリングに仕上がったな!」と大絶賛でした。宝石のアレンジは1石だけ変更や留め方の変更は良くあるのデスが、複数のダイヤモンドを変更でしかも色合わせが難しいカラーダイヤモンドをグラデーションはなかなか新しい試みでした。

仕上にダイヤモンドラインのおしまいをリボン型にカットしてダイヤモンドラインが短くなったのを可愛くアレンジしてみました。プラチナにブルーダイヤモンドのさわやかな色合いが映えてとても美しい仕上がりとなりました。

ダイヤモンドアレンジBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリー

そして男性用のリングはセンターにクロスヘアーラインの新しい仕上げを施してサイドミルグレインをミル無しでミルグレイン部分を0.1㎜の段差ラインのかっこいい仕上げで仕上げてみました。追加で幅を0.5㎜UPして太く仕上げてより男性的な太さのリングに仕上げました。した写真がアレンジ前のDlineStarなので男性用のリングが見た目にもかなり太く仕上がったのが見ていただけると思います。

ダイヤモンドのアレンジができるBRIDGE銀座の結婚指輪

しかもリングアレンジを担当する職人はその道のプロフェッショナル達ですので仕上がりは万全です。BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは基本的に1本のリングをひとりの職人が全行程担当する事は在りません、それはそれぞれの作業領域で使う技術と適性が異なるからなのです。仕上のうまい職人には仕上げのみ、石留のうまい職人は石留のみ、磨きの職人は磨きのみ、それぞれの特性を磨きあげた凄腕たちが担当します。リング作りはそれぞれの領域で職能が有ると共に、技術の高い低いが如実に表れてしまいます。BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーの職人たちはそれぞれの作業領域だけを極めた本当のプロフェッショナルなのです。

事実それぞれの作業を少なくとも10年は実施しないと一人前に成れないと言われる彫金職人の世界です。中には1年くらいの専門学校で習っただけで自分のアトリエを開く方も在りますが、そのほとんどは3年以内に廃業してしまいます。仕上がりが良くないのは一般のお客様の目にも明らかだからです。職人ですので自己研鑽と作業が一体となった職能を積みます。1日に8~10のリングに触り1週間(5営業日)で40~50本、それを1年で2000~2200本、10年で2万本などの作業をこなして初めてなのです。それは彫金の専門学校を卒業した人も最初から弟子入りして職能を積み上げている人も同じです。一朝一夕に体得できる技術ではないからなのです。本当の技術を持った職人がハンドメイドするからこその美しさなのです。

どうでしょうか?お気に入りのリングになかなか出合えないと何件も何件もお店を回っている女性も多いのではないかと思います。ジュエリーも宝石も足で探す場合と待って探す場合があるのですが、ジュエリーは人間の造りでどうにでも出来る問題です。お気に入りの形までアレンジして納得できる結婚指輪を手に入れてはいかがでしょうか?

銀座で人気の婚約指輪をご紹介します♪華やかで可愛らしい印象の「サイドメレ」とは?

春に贈りたい可愛い婚約指輪

婚約指輪のデザインの中でも華やかで可愛らしい印象の「サイドメレ」。センターダイヤモンドと小さなダイヤモンド(メレダイヤモンド)がセッティングされているデザインです。
婚約指輪は婚約中だけでなく、ご入籍後も身に着ける方がほとんど。お出かけの日やお洒落なディナーや女子会、パーティなどに出るときには華やかな婚約指輪はマストアイテム!!!
サイドメレの数やセッティングポジションによっても印象はさまざま。結婚指輪はシンプルだけど婚約指輪はどびきり華やかにしたい♡なんて選び方も素敵!
本日は銀座で人気!スタッフおすすめのサイドメレデザインをご紹介します♪

BRIDGE(ブリッジ)春の足音~雪割り草~

両サイドピングメレデザイン。見つからに「可愛い」が詰まっている婚約指指輪です!希少性が高いピンクダイヤモンド使用の婚約指輪はなかなか見つからないかと思います。
淡いピンクダイヤモンドはもちろん、センターダイヤモンドの花弁をイメージした爪留めやアームに刻まれた星型の刻印など、可愛いこだわりが沢山♪
リング名にも入ってる「春」を感じるあたたかく優しい印象のフォルム。
うららかな春の陽射しのような優しい愛情に包まれて、お二人がいつまでも可憐に咲き続ける事を祈って。

ANTWERP BRILLLIANT(アントワープブリリアント)Five Star

AntwerpBrilliantで人気のプラチナシンプルストレートの婚約指輪FiveStarはングした 華やかなダイヤモンドリング

ラウンド&マーキースカットのサイドメレデザイン。大人可愛い印象の婚約指輪。外側のメレダイヤモンドは横長のマーキースカットで、サイドのに向かってスッキリとしたデザインです。
ダイヤモンドの並びが重くなりすぎず上品!大人の女性も可愛いは大好き。いつまでも女性らしさを高めてくれる指輪です。可愛くて華やかな婚約指輪は着けるときにテンションが上がります♪

本日ご紹介したのはほんの一部。ブリッジ(BRIDGE)銀座店では豊富なデザインを取り揃えておりますので、店頭でお気に入りのデザインを見つけてください♡

 

セットリングならこれ!人気のリングをご紹介します

セットリングなら、これ!BRIDGE銀座がおすすめするセットリングのご紹介です。美しいプリンセスカットダイヤモンドのエンゲージリングに、ぴったり重なる華やかなダイヤモンドラインのマリッジリング

”Lightning” Side wave line Diamond Ring (set)

”ライトニング” サイド ウェーブ ライン ダイヤモンド リング

ライトニングは稲妻を表す言葉、心がイナズマに打たれたような”運命の人”という意味を込めています。ライトニングは稲妻が落ちたような突然のひらめきをもたらし、物事を良い方向へ導く事でしょう。

セットリングなら、これ!BRIDGE銀座がおすすめするセットリングのご紹介です。

BRIDGE銀座AntwerpbrilliantGalleryでとても人気のセットリングです!!デザイン性がかっこよくダイヤモンドラインを輝かせます。婚約指輪はプリンセスカットのダイヤモンドでダイヤモンドラインの輝きは華やかです。結婚指輪と一緒に重ね付けもキラキラで素敵なデザインになっています。

 

次にご紹介するのは、AntwerpBrilliant(アントワープブリリアント)のシンプルなセットリングです!

Evening Star solitaire Diamond Ring Set

 

セットリングなら、これ!BRIDGE銀座がおすすめするセットリングのご紹介です。

 

イブニングスター ソリテールダイヤモンドリングセット

ダイヤモンドを宵の明星(金星)に例えました。金星は月と同じように太陽の光を反射して金色に輝きます。最も明るく輝くことから「一番星」とも呼ばれます。あなたの一番星は薬指でひときわ輝きます。

セットリングなら、これ!BRIDGE銀座がおすすめするセットリングのご紹介です。

 

ダイヤモンドの輝きをひと際輝かせるシンプルな婚約指輪とサイズは繊細なグラデーションにデザインされた美しいメレダイヤモンド5石のレディースリングの結婚指輪です。男性はシンプルなリングですが、世界一美しいダイヤモンドをアレンジで入れてもオススメです。

 

Bond Forever & Bond Precious

 

セットリングなら、これ!BRIDGE銀座がおすすめするセットリングのご紹介です。

 

永遠の絆/よろこびの絆

幾重にも重ねた僕らの想いは 強く結ばれ永遠に

吊り橋や海峡の大橋を支えるロープやワイヤーをモチーフにしています。険しい環境でも“人と人”“大地と大地”をつなぐ綱を表しています。日本では古来より縄を編んで綱を造る事を自然界の産物を納めて道具に変える神聖なものとしていました。自然界の神『壱百八の神』を納めることに用いられていたり、縄によって神聖な場所を区別したことから(注連縄など)ふたりの想いを守る永遠の絆としてリングを表現しました。絡み合って支える絆のロープは幾重にも重なる事で、しなやかさと強さが同居し強く強く結ばれる。

セットリングなら、これ!BRIDGE銀座がおすすめするセットリングのご紹介です。

こちらは全周デザインになっているのでいつまでも二人の縁は途切れない、そんな意味も込められています。

 

今日のブログはセットリングのご紹介でした。セットリングはセットのデザインになっているので重ね付けもそれに合わせて作られているのが魅力です(*^-^*)

シンプルでお洒落な結婚指輪がほしい!

 

シンプルでお洒落なミルグレインが美しいアンティーク調の結婚指輪

ダイヤモンドもいいけれど、シンプルなデザインのリングが好き♡という方もいらっしゃいますね。シンプルと言っても、何もないのもさびしいし、お洒落なデザインの結婚指輪がほしい!そんなお二人のために今回は、着けていて楽しくなるようなンプルで、且つお洒落度満点の素敵なマリッジリングをご紹介いたします!

まずは、BRIDGE(ブリッジ)から、こちらのリングです!

PG/PT  Rice Shower ライスシャワー 千の彩

シンプルでお洒落な結婚指輪

 

 
未来のすべてを 受け止めよう ずっと二人で

ミルグレインのミルは千(1000)の意味、ミルグレインの結婚指輪を祝福のライスシャワーにたとえてデザインしました。1,000粒の水滴が織り成す虹の彩は無限の可能性に満ちた未来の二人の象徴。結婚式のセレモニーでもある祝福のライスシャワー、ライスシャワーは豊潤な恵みと繁栄の象徴とされています。お二人のこれからの人生が豊かさと繁栄に恵まれることを願って。
プラチナとピンクゴールドのコンビネーション。両側のミルグレインがお洒落ですね!このシンプルでお洒落なデザインは、飽きることなく、長く着けていただける結婚指輪です。

D line Star Princess“Carré“Wedding Band

シンプルでお洒落な結婚指輪ならBRIDGE(ブリッジ)銀座

ディーライン プリンセスカットマリッジリング

一つ一つのダイヤモンドが持つ美しさを統合する。ダイヤモンドと着ける人の魅力を融合し、引き上る、Dラインプリンセスカットウエディングバンド。プリンセスカット専用に開発された石座にセッティングされて一部の隙間もなくセッティングされたプリンセスカットダイヤモンドは特別なブリリアンスを発揮します。セッティングされるプリンセスカットは2018年にデビアスによって設計された正規プリンセスカットをカット最高評価のトリプルエクセレントに仕上げた逸品。2.5㎜の正方形に整えられています。

シンプルでお洒落な結婚指輪ならBRIDGE(ブリッジ)銀座

当店でしか手に入らないトリプルエクセレントのプリンセスカットダイヤモンドを1石だけセッティングしたシンプルでお洒落な結婚指輪です。高貴な輝きと平打ちのデザインの相性がよく、とてもカッコよく仕上がっています。

 

そして、最後にご紹介するのはAntwerpBrilliant(アントワープブリリアント)のこちらのリングです!

 

 

“D-Line Star Classic” Millgrain Diamond Band Ring

シンプルでお洒落な結婚指輪ならBRIDGE(ブリッジ)銀座

ディーラインスタークラシック ミルグレイン ダイヤモンドバンドリング 

着ける人の 魅力を融合し、引き上る、Dラインのクラシックスタイル、写真はメンズデザインですが、丁寧に作り込まれたクラシックミルグレインとメーゼ加工でお洒落な仕上がりになっています。ヘアーライン仕上をクロスさせた新しい見た目の表面仕上”アンティークメーゼ”。とてもお洒落だと好評で女性からも人気があります。

写真は、イエローゴールドですが、素材は、プラチナ、イエローゴールド、ピンクゴールド、シャンパンゴールド、ホワイトゴールド、すべてお好みに合わせてお選び頂けます。

 

シンプルでお洒落な結婚指輪ならBRIDGE(ブリッジ)銀座

レディースリングのデザインは、ハーフエタニティー。ダイヤモンドはすべてトリプルエクセレントのハート&キューピッドで揃えています。華やかですが、上品で洗練された大人の結婚指輪です。

シンプルでお洒落な結婚指輪ならBRIDGE(ブリッジ)銀座

 

本日のブログいかがでしたか?
シンプルでお洒落な結婚指輪。長く着ける為にもお気に入りを見つけたいですね!

 

こんにちは!新人ジュエラーのFです!本日はダイヤモンドの入った結婚指輪のおすすめ記事です!そもそも結婚指輪にダイヤモンドは必要なの?ダイヤモンドが入った結婚指輪ってどんな種類があるんだろう?についてご紹介させていただきます!

1.ダイヤモンドが入った結婚指輪はお二人で決めた愛の証を閉じ込められる

結婚指輪ウェーブラインの美しいかわいいリング ダイヤモンドラインとつや消しがおしゃれなデザインの結婚指輪

結婚指輪にダイヤモンドを入れるという事は、その結婚指輪に決めたお二人の愛の証や想い出、思い入れが込まれます。ダイヤモンドが付いている結婚指輪は手元が華やかになるので目に映る印象にも残ります。日常的に身に着ける結婚指輪が華やかになるとグッと魅力がアップするだけでなく、忙しい時やひと踏ん張りするような時にダイヤモンドの輝きが背中を押してくれます(*^^*)では、ダイヤモンドデザインの結婚指輪はどのようなデザインがあるのでしょうか?新人ジュエラーFのオススメをお話いたします!

2.王道なシンプルデザインの結婚指輪に5石のダイヤモンド、イブニングスター!

王道スタイル婚約指輪アントワープブリリアントのEvening starはブリッジ銀座東京

王道なシンプルデザインの結婚指輪に5石のダイヤモンドが入ったアントワープブリリアントイブニングスターは、結婚指輪の定番なプラチナストレートリング!アントワープブリリアントのイブニングスターは光が当たると繊細に輝くダイヤモンドが可愛いです。普段お仕事上派手なダイヤモンドリングは付けにくいという方におすすめの結婚指輪です。お仕事をしている際はダイヤモンドのついている表面を手のひら側にすればシンプルな結婚指輪としてお持ちいただける魅力があります!お仕事が終わればクルっと戻してダイヤモンドの輝きを楽しみながら生活ができるなんて素敵じゃないですか?(*^-^*)丸みのある柔らかいデザインは優しい印象を与えてくれます!

2.ダイヤモンドラインが可愛い結婚指輪ジュピター!

ダイヤモンドラインが美しいボリューム感のあるプラチナの結婚指輪です。

ダイヤモンドラインが可愛いインフィニティラブジュピターは、BRIDGE(ブリッジ)銀座店でも人気が高い結婚指輪です。ストレートのリングにダイヤモンドラインが入っているので手元を美しく魅せてくれます。ダイヤモンドラインが明暗をはっきりさせるので角度で見え方や輝き方が変わります。ジュピターもダイヤモンドを手のひら側にすれば、シンプルな結婚指輪としてお持ちいただけます(*^^*)男性のつや消し結婚指輪はかっこいいマットラインです。お二人でリンクした流れるラインのデザインはいかがですか?

3.Vラインが綺麗な結婚指輪ライオンの橋

Vラインが綺麗な結婚指輪はBRIDGE(ブリッジ)ライオンの橋。緩やかなVラインで、埋め込まれたダイヤモンドが指を綺麗に魅せてくれます。絶妙な傾斜のVラインはお洒落なデザインです(^^)上品なデザインやこだわりのある方におすすめです。

4.フォーマルな格好にもカジュアルな格好にも合わせられるデザインがたくさん!

ライトニングは稲妻を表す言葉、心がイナズマに打たれたような”運命の人”という意味を込めています。

フォーマルな格好にもカジュアルな格好にも合わせられるデザインはたくさんあります!結婚指輪にダイヤモンドを入ることは必ず必要ではありませんが、ダイヤモンドがある事で心にパワーを与えてくれるだけでなく、お互いの存在や変わらない想いがあることを思い出させてくれます。最近では、男性でもプリンセスカットダイヤモンドを入れられる方も増えています(*^^*)愛に満ち溢れたダイヤモンドを結婚指輪に刻むことは、お二人のこれからの人生を照らしてくれます(^^♪

先日おブログに書きましたルビーに引き続き本日はサファイアの婚約指輪について書きます。ルビーと同じくらい美しいスリランカ産のロイヤルブルー(Royalblue)サファイアで婚約指輪を作りたい方から、BRIDGE銀座AntwerpbrilliantGalleryによく問い合わせがあります。嬉しいことです。実際に先日届いたばかりの美しいロイヤルブルーのサファイアで婚約指輪をお作りいただきました。美しいサファイアで婚約指輪をおつくりしたい方の願いをかなえるために、本社から数ピース美しいロイヤルブルーのサファイアやパパラチアを仕入れたばかりでした(*^-^*) 届いたその日に、ご覧いただきお好きな色のサファイアを選んで頂きました。タイミングばっちりです。

婚約指輪にふさわしい、美しいミャンマー産のルビー

産地が東南アジアに集中していて特にミャンマー産は最高評価を受けています。タイ、スリランカ、ベトナム、カンボジア、ラオス、マダガスカルからモザンビーク等アフリカの一部とオーストラリアでも産出が確認されているが宝石品質となるとミャンマー、スリランカ、タイ等、更に産出範囲が狭くなります。ルビーの中で特に美しく最高級とされているのがミャンマー産の【鳩の静脈血の色:ピジョン・ブラッド(PigeonBlood)】と呼ばれる色。ピジョンブラッドの条件は鑑定機関によってマチマチですが、赤色が濃くなりすぎて黒味がさすとマイナス、赤が薄くてピンク味が強くてもマイナス、宝石の全面、全体に強い赤色のファセット・モザイクが広がってキラキラする事が必須条件です。必須条件を潜り抜けたルビーのみが、ピジョンブラッドと呼ばれます。赤色の色合いは濃さを7段階で考えた時に(1:淡いピンク色、2:ピンク色、3:濃いピンク色、4:薄い赤色、5、赤色、6:濃い赤色、7:濃すぎて暗い赤色)4番の中間から6番がルビーの色範囲その内5,6番の濃さならピジョンブラッドの色合いです。更にルーペで覗き込んだ際に、激しく赤い色の洪水のような状況であれば「ピジョンブラッド」と呼べる最高峰ルビーとなります。

“Pigeon’s Blood”ミャンマー産、非加熱ルビー1.24ctをセンターストーンに留めたファンシーズの逸品です。

ちなみにこの美しい指輪は、1カラットUPの余裕あるルビー原石をテーブルを正面に1.24ctの見事なクッションミックスカットに仕上げました。中心部に向かてブリリアントカットとステップカットのミックスという特別な研磨方法を採用しています。これはこの原石だけのために選択された特別な研磨法をです。様々な美しい赤色のモザイクが全体に均一に広がる逸品です。数あるルビーの産地の中でも特に珍重されるミャンマー産ピジョンブラッドルビーです。ミャンマーは他の産地(タイやスリランカ)と比較して3~10倍もの価格で取引される特別な産地なのです。しかも1ct以上のサイズを誇る堂々としたルビーで加熱処理を施さずに仕上げられている品物は希少です。業界でNN(ナチュラルナチュラル)と呼ばれる無処理の天然宝石です。(※市場に出るルビーは99%が色の改善を目的に高温加熱処理を施しています。ルビーやサファイヤ(コランダム)は加熱処理を天然石の範疇としています。)

ミャンマー産のルビーが婚約指輪にふさわしい理由

1)ミャンマー産が最高評価を受けているルビーだからです

 多くの男性は、プロポーズリングとして、婚約指輪として宝石の王様といわれるダイヤモンドをセッティングした指輪を女性に贈ります。ダイヤモンドは地球上で最も高価な宝石だと言われ始めたのは、紀元前7世紀ごろからです。そこから現在までダイヤモンドは宝石の王様として君臨しています。そのダイヤモンドではなく、ルビーを未来の奥様に婚約指輪として贈るのであれば、やはりその中でもTOPにこだわる必要は必然的に出てくるのではないかと思います。私もこの記事を書きながら「選択肢は1択 ミャンマー産の最高評価ルビーしかない」と思っています。ちなみにサンスクリット語でルビーは、宝石の王を意味するラトナラジュと呼ばれます。ダイヤモンドが研磨できるようになるまでは宝石の中でも最も珍重されていたのがルビーです。

2)ミャンマー産の【鳩の静脈血の色:ピジョン・ブラッド(PigeonBlood)】がオススメ

将来、一生幸せになることを約束した女性に贈るのであればピジョンブラッドルビーが良いと思います。だってピジョンブラッドと認められるには様々な条件をクリアしなくてはなりません。その厳しい条件をクリアしたものだけがピジョンブラッドルビーと呼ばれます。ピジョンブラッドルビーの存在感は、一つしかない未来の奥様の隣の席を勝ち取った男性のような気高さを感じます。男性は、未来の奥様と結婚するために、世の中にいる男性群との幾度とない決戦を勝ち抜いて、結婚という祝杯を手にします。結婚までのストーリーと、ピジョンブラッドとして選ばれるストーリー。身近に感じるのは私だけではないはずです。だからルビーの婚約指輪は、ピジョンブラッドがいいですね。

【ピジョンブラッドの条件】
・赤色が濃くなりすぎて黒味がさすとマイナス
・赤が薄くてピンク味が強いマイナス
・宝石の全面、全体に強い赤色のファセット・モザイクが広がってキラキラする事
・赤色の色合いは濃さを7段階で考えた時に(1:淡いピンク色、2:ピンク色、3:濃いピンク色、4:薄い赤色、5、赤色、6:濃い赤色、7:濃すぎて暗い赤色)5,6番の濃さ

ミャンマー産ルビーの見分け方は??

長波紫外線検査ではミャンマー産の特徴でもある紫外線反応色「鮮赤色」を発輝しています。このリングは晴れた日に太陽のもとで見ていただきますと、より強い赤色を発輝します。鮮赤色の赤色は、女性のお守り、血のお守り、戦士の石、など様々な逸話を持ちます。ルビーの色である命のカラーを爆発させることでしょう。実際に見ると、本当に字のごとく「鮮やかな赤色」です。婚約指輪としてミャンマー産のルビーを手に入れたら是非よく晴れた天気の日に、鮮赤色を楽しんでください。自然の作り出した美しさを堪能してくださいませ。

ルビーはどのような形(シェイプ)が良いの??

一番大切なのは好みです。そえを前提にお話しします。ルビーに多いシェイプであるオーバル(小判型)の宝石の理想的な縦横比率は7:5と言われます。業界で「セブンバイファイヴ」は黄金比なのです。この比率に近いルビーがいいと思います。BRIDGE銀座AntwerpbrilliantGalleryは、ピジョンブラッド&セブンファイブ(なるべく近い)を基本として、ラインナップしておりますので安心して美しいルビーをお求めいただけます。ルビーやサファイア、もちろんダイヤモンドも含みますが、何を買うかの前にどこ(誰から)で買うかが大切だと思います。当店は目利きのバイヤーが在籍しておりますので安心していただけると思います。

オーバルシェイプの美しいルビーの婚約指輪

ルビーで情熱的なプロポーズを

ダイヤモンドも同じですが、ルビーも一期一会です。この形、この色、この雰囲気は、二度と同じものは出てきません。なので自分の直感を信じてお選びくださいませ。サポートいたします。デザインはFanciesの他に、厳選された3ブランド「アントワープブリリアント」「ブリッジ」「インフィニティラブ」をご用意しております。お好きな宝石(ルビー・サファイア)とお好きな婚約指輪のデザインをお選びくださいませ。

婚約指輪は、自分(女性)から欲しいといってもいいの?

幸せの一本道を行こう3ダイヤモンドの幅広デザイン

婚約指輪は、プロポーズの時に男性様から女性様に贈られる永遠の愛の誓いの証・・・誰もが憧れます。もちろん、婚約指輪が欲しい!というのは、大体の方は考えていますから、言っていただいていいと思います。ただ、言ってもいいのかな・・・?そんな思いになる気持ちもわかります。男性の愛をカタチにしたもの・・・そんな婚約指輪ですが、実は実際にもらえている人数は半々くらいだそうです・・・二人に一人がもらえてないと思うと、あれ??そうなの??と思いますよね。婚約指輪は決意の証なのに・・・もらえないなんてどういうこと?、、、いえいえ違うんです。これには男性サイドにも事情があるのです。さらに言えば、贈らなくてもいい状況を、無意識に女性が作っていることがあります。いやいや、そんなはずない・・・と思うあなたも、是非一緒にそれがどんな状況なのか考えていきませんか?

結婚を考えている彼から婚約指輪が贈られて、やだ!!!いらない!!と思う方はいない

婚約指輪が欲しい!よっぽど光りものが嫌いな方でなければ結婚を考えている彼から婚約指輪が贈られて、やだ!!!いらない!!と思う方はいないと思います。
でもできれば、自分から欲しい!という前に彼からプレゼントされたいのが婚約指輪ですよね??じゃあどうして彼はサプライズに動いてくれないのか、そこには3つの大きな不安があるからです。

彼がサプライズで婚約指輪を用意しない3つの不安とは?

1)彼女の好みや指のサイズが分からない
2)値段の相場やお店の雰囲気が分からない
3)そもそも着けるのか??必要なのか??


上記の3つ婚約指輪を用意しない理由は、男性一人で実際にいらしてくださった方にもよく言われる言葉ですね。特に3つ目の、そもそもいるんですか?余りつけないのに・・・はよく言われます。そのたびに笑顔で「いります!!!!!大声)」と言っています(笑)

1)彼女の好みや指のサイズが分からない

婚約指輪はサプライズでご用意される方がいることを前提で婚約指輪を用意しているブランドもありますので、サイズ直しができる指輪もたくさんあります。スタッフも大体の身長や体格で、大体のサイズをご案内させていただけるので、サイズは安心して頂いていいでしょう。好みに関しては、サプライズ専用のリングなどのご用意もあり、いったん仮リングでプロポーズした後に、二人でデザインを選ぶプランもあったりします。

2)婚約指輪の値段の相場や、お店の雰囲気が分からない

やっぱり予算が分からないと不安になりますよね。お店の雰囲気は口コミやHPで

なんとなくつかむことができますが、予算は選んでいただいたデザインによって値段も異なりますので、やっぱり気になっちゃいますよね( *´艸`)大体婚約指輪の東京の婚約指輪は30~40万円くらいが相場と言われておりますが、ブリッジ銀座では10万円からご用意もありますので、自分の中の予算を決めてスタッフにご相談いただければと思います。

3)そもそも婚約指輪を着けるのか??必要なのか??

本当によく聞かれるのですが、婚約指輪に関しては着ける場所がない・・・というより、着けて行きたい場所が増えるアイテムで、心の持ち物になるんですよね!別にないから困るものではないけどあることによって女性の心を支える大切なアイテムとなるのです。ブリッジ銀座は、厳選された3ブランド「アントワープブリリアント」「ブリッジ」「インフィニティラブ」をご用意しています。気分が上がるデザインがきっと見つかると思います!

彼から婚約指輪いる?と言われたら「欲しい!」と笑顔で言ってください!

婚約指輪は女性にとって必要なんだよ!という気持ちが伝わることが大事になってきますので、照れたり遠慮したりで、どうしても婚約指輪いる???どうする?など聞かれたときに曖昧にかえしてしまいがちですが、はっきりいる!いるかも!いいな!あったらうれしいな!って伝えることはすごく大事ですね!ぜひ男性様にお気持ちを伝えてみてください( *´艸`)男性は、実は婚約指輪をプレゼントしたがっています。是非婚約指輪欲しいアピールをしてみてください!きっと男性は嬉しいと思います。

真珠のネックレスは、自分用が必要です!!

美しい無調色ナチュラル真珠

こんにちは。本日は、花嫁道具必需品である真珠の話をいたします。
ブリッジ(BRIDGE)銀座店では、美しいダイヤモンドと同じく美しい真珠にも力を入れております!!
当店はご結婚される方が多くご来店するため、お客様より「結婚準備品と言われる真珠のネックレスって絶対に必要ですか?借り物はダメですか?」という質問をよく耳にします。
質問の回答は、「結婚後は必ず必要です!!!」なぜなら、真珠のネックレスはフォーマルジュエリーだからです。

と言っても、現状いらなくとも何とかなっているのに、必要だから用意しろ!と言われても、なんのこっちゃですよね・・><
だったらもっと別の何か、普段から使うものを買いたい・・・と考える方もいらっしゃいます。(実際にこの会社に勤めるまで真珠なんていらないと思ってるスタッフもいました・・・)
ではなんでいるの?どんな時に必要になるのか??等について、本日は語ります!!!

まず、そもそも真珠って何?ですが、真珠(しんじゅ)あるいはパール(Pearl)とは貝から採れる宝石の一種です。6月の誕生石でもあります♡
真珠の石言葉は「健康・富・長寿・清潔・素直」など、素敵な言葉ばかり!!真珠は愛情の象徴とも言われています。
好きな人とを引き寄せあい、愛し合うというような意味合いを持ち、大切な家族や友人、仲間など身内に対する愛情の象徴です。
パールのネックレスは、切れ目なく円を描くその形から、縁を結ぶとされ、多くの人に愛されてきたのです。
さらには、パールは「月の涙」や「涙の象徴」ともいわれています。
ある国の女王が葬儀の際にパールを着用し、上流階級の婦人たちもそれにならったのがきっかけとなり、パールがポピュラーになったのだといわれています。
「涙の象徴」とされるパールを身に着けることは、故人や遺族への敬意の現れにもなるといえるでしょう。

ではこの真珠をどんなシーンで使っていくのかというと、冠婚葬祭時です!!!
まずお祝い事・・
・友人知人の結婚式
・お子様、親族の入学式や卒業式
・大切な人とのお食事
・そして・・自分自身の結婚式!

これらの時、女性は「正装」つまり「フォーマルウェア」を着ることになります。
和装ではなく洋服となると、洋服は本来「ジュエリーをつけて、初めて完成される」と言われるほど、ジュエリーの存在が重要になってきます!

そのジュエリーの中で、なぜ真珠が一番オススメなのか??
真珠は古来より、無垢で清らかなイメージと、その気品ある輝きから、世界中の人々に愛され親しまれてきました。
ヨーロッパでは「成人する娘にパールネックレスを贈る」という習慣があるそうです。
歳を重ねても、どんなシーンでもずっと使い続けられるジュエリーとして、真珠は時代を超え、世代を超えて愛されているんです!!!
結婚情報誌ゼクシィ等では今どきの花嫁道具Top5の第一位に真珠を上げているほどです。そんな純白無垢な真珠は、ぜひご自身の結婚式からつけてほしい・・・!!!!!

バージンロードと真珠の関係

華やかでかわいい一生使う花嫁道具や嫁入り道具は真珠のネックレス
皆様バージンロードの意味ってご存知ですか???バージンロードは『花嫁の人生』そのものを意味していると言われています。
まず花嫁は会場に入場する際に扉の前でベールダウンを行います。
これには「私のおなかに戻りなさい」という意味があり、お母様にベールダウンしてもらったことにより、奥様はお母様のおなかに戻ります。
生まれる前の、何も知らない無垢な状態へと帰えるのです。
そしていよいよ花嫁の入場、チャペルの扉が開くとそこに現れるのは花嫁の父。扉はまさに『誕生』を意味しています。
生まれてくるのを心待ちにしていたお父様と腕を組み、いよいよバージンロードの第一歩目を踏み出します。
お父様と歩くその一歩…「一歩 = 一年」踏み出した一歩が、奥様の人生の1年を表しています。
あんなことがあったな、こんなこともあったな、と自分の歩んできた時間を振り返りながら一歩一歩、歩みを進めていきます・・・
その両脇にはそれまでに出会った、たくさんのゲストが見守ってくれています。
バージンロードの終点には大好きなご主人様が待っています!
今まではお父様に支えられて進んできましたが、ご主人様と出会い、お父様からへとご主人様へバトンタッチするのです!
その先の道は『未来』を表しています・・・すごくロマンティックですよね!!!!!!
バージンロードには花嫁の人生が詰まっています。そんな大事な瞬間だからこそ、身に着けるものにも思いが宿ります・・・!!!!
結婚式でバージンロードを歩くときは、ぜひ真珠をつけて純白無垢な思いを閉じ込めてほしい!!!
そうして何年かたって、箱ををあけて真珠を取り出すたびに、その時の煌めきや感動が蘇ります!!!!!!

大切な思い出と共に真珠も年を重ねます
華やかでかわいい一生使う花嫁道具や嫁入り道具は真珠のネックレス

小さなタイムスリップを何度も繰り返せるジュエリーが真珠です。
真珠は宝石の中で唯一生き物。四季のある日本の海で生まれるアコヤ真珠は、海水温の寒暖差の影響でキメが整い、美しいテリが出ると言われています。
真珠の養殖は、まず母貝を育てるところからはじまります。稚貝と呼ばれる小さな貝が母貝に成長するまでに約2年。
その間、台風や赤潮などから貝を守りながら、大切に育てていきます。
真珠の芯となる核を母貝に入れる作業は、春から夏にかけておこなわれ、高度な技術を要する核入れは、熟練の職人がひとつひとつ手作業で行います。
核を入れた母貝はそれを包む真珠袋を形成し、海中で美しい真珠が誕生します。つまり真珠は、奥様と一緒に時を重ねていけるジュエリーです!!!
楽しい時はもちろん、悲しいお席にも真珠は必要になります。
それこそ「涙」の象徴とも呼ばれるくらいですので、相手への感謝の気持ちや敬意の表れとしても、正装に真珠を用意するのはもう当たり前のように言われていますよね!

この時に、真珠は母もしくは姉妹に借りているから大丈夫!という方がいるのですが・・・・
結婚すると奥様がご主人様家の代表になります。そうすると同じ席に奥様のお母様も姉妹も一緒に呼ばれることになるので、貸し借りが難しくなります・・・
必要な時にない!!と慌てて用意するのはあまりよくないですよね・・・・
それに自分と一緒に時を重ね変化していくジュエリーなのですから、自分だけの思い出のこもったパールが一番良いです。

イミテーションパールと本真珠の違いとは

最後に、最近よく耳にするようになったイミテーションパールについて話そうと思います。
イミテーションパール(人工真珠)は、本物に似せて作った真珠のことです。
本物の真珠は、核と呼ばれる2mm程度の異物に貝が反応し、真珠質を分泌しはじめ、長い時間をかけて何層にも包み込むことによってできます。
イミテーションパール(人工真珠)は、核となる部分をプラスチックやガラス玉、貝殻で作り、その周りをパールエッセンスで何度もコーティングして真珠の風合いを人工的に出していきます。
イミテーションパール(人工真珠)は、中心の素材によって、以下のように分けられます。

プラスチックパール

ベースとなるのはプラスチック。樹脂パールも呼ばれ、手芸や手作りアクセサリーなどにも使われます。軽くて扱いやすいのが特徴。

ガラスパール

ベースとなるのはガラス。ある程度重みがあるのが特徴。

貝パール(マジョリカパール)

養殖真珠に使われる貝殻がベース。本物の真珠に似ており、素人目には区別がつかない場合も。

いろんな種類のイミテーションパールがありますが、正直本物と並べたり写真を撮ると違いが一目瞭然です。。
真珠をつけるタイミングは周りの人ももちろん真珠をつけてきますので、イミテーションパールだと少し浮いてしまうかもしれません・・・
ファッションでつける分には 手軽につけれてお洒落ですごくいいと思うのですが、花嫁道具や、自分の一生物としてもつなら絶対に本物がいいです!!

いかがでしたでしょうか?
花嫁道具に真珠を、、という話が出ている場合は、その言葉に甘えて真珠をいただくのがいいかもしれません♪

使うタイミングは必ずやってきます。そのためにいつ用意するかが大事となります。
騒ぎごとの時に慌てて用意するよりは結婚という人生の節目に、自分の思い出を刻むジュエリーとしてご用意することをおすすめします!!

花嫁のお道具にふさわしいあこや花珠ナチュラルパールが新作入荷しています

越年物パールは真珠層が厚巻で高品質、ナチュラルや無調色と呼ばれる上質パールはここから

真珠のネックレスは女性の正装を彩る重要なアイテム。大人の女性になったらいつかは揃えなければいけないものが真珠のネックレスといわれています。とはいえそれはいつなのか、どんなものが自分にふさわしいものなのか、肝心なところがかわからないという花嫁は意外と多いのかもしれません。でも、わからなかったからといって、大切な方の大切な日に、装いの準備が不十分ではもったいないと思いませんか。一生ものの大切なお品です。BRIDGE銀座ではその「奥様」にふさわしい一本を、お一人お一人のお客様に丁寧にご説明いたします。必要十分の品質からこだわりの逸品まで、豊富な知識と誠意ある提案だからこそ伝わる「おもてなし」の心があると思います。
BRIDGE銀座の花珠ナチュラル真珠は日本海で養殖される純国産、和珠をご用意しています。日本には美しい四季があります。その美しさは時に厳しい寒さや、耐え難い暑さを持っています。その四季が育んだ花珠ナチュラルパールをさらにBRIDGE銀座の専属バイヤーが厳選してご用意しているので、どれも一生ものにふさわしい巻きとテリ真珠となるのです。

本真珠の巻きとテリって何ですか

パール真珠ネックレス

「いい真珠は孫の代まで」といって高価な真珠のネックレスをお持ちのご年配者も多くいらっしゃいます。ご自身の一生ものですし、真珠は身に着けて出かけた際に、ご自身の見た目をしっかりとした方に演出してくれます。ですので、高価な真珠をお持ちであることはとても素敵なことだと私は思います。ただ、この「孫の代まで」という文句は、時に誤解をもって伝わっていることがあると思っています。それは、「いい真珠は孫の代まで」という意味は、3代後までもお求めいただいた(買った)真珠の品質は美しさを保つ高品質なものですという意味なのですが、持っている方の多くは、いいものだから孫(子)に将来譲りたいと思っていらっしゃるのです。しかし真珠は将来にお孫さんやお子さんに譲る物ではありません。BRIDGE銀座で扱っている多くのものは、将来、家を受け継ぐ方にお譲りいただけるものばかりです。それは宝石が永遠の絆を表す、「残る物・変わらないもの」だからです。しかし真珠は違います。真珠は経年劣化を起こしてしまうものなのです。女性が結婚のタイミングで真珠をお持ちになるとすれば、使用期間は平均して30年、40年ほどでしょうか。この期間、お求めいただいた時の美しい品質を保ち続けることができる真珠が、BRIDGE銀座が厳選してお勧めしている、花珠ナチュラルパールなのです。

ご自身の結婚を機に、大人の女性のご準備を

ダイヤモンドが好きなBRIDGE銀座のスタッフです。

真珠を持つためのルールはありません。ないからこそ、タイミングをご自身で決めて動かなければなりません。真珠のネックレスが必要なタイミングにはほかにも出費が重なるものです。冠婚葬祭に使うと言いますが、結婚式、友人の結婚式に呼ばれた際には真珠の装いがふさわしいでしょうし、お顔合わせ、お子さんがお生まれにあるお祝いの席、お宮参り、家族写真、入園式、卒園式、ご親戚のお祝い、そして悲しいお席、お葬式、法事、真珠を使うシーンは本当に様々で多くあります。だからこそ、大切なパートナーと「奥様」としての人生をスタートさせるこのタイミングに、ぜひ真珠のネックレスをご検討いただければと思います。

結婚指輪の選び方♪自分たち好みに結婚指輪をアレンジしよう
ライトニングは稲妻を表す言葉、心がイナズマに打たれたような”運命の人”という意味を込めています。

結婚指輪は、一生着けるアイテム。だからこそ、悔いのない様にしっかりと納得がいく選び方を選びたい!!
そんな中、自分たち好みに結婚指輪をアレンジするカップルが増えております♡
世界に1つ、自分たちだけのデザインとなるので素敵ですよね♪
本日はアントワープブリリアント(Antwerpbrilliant)よりスタッフおすすめのアレンジデザインをご紹介します。


”Lightning” Wedding Band”ライトニング” サイド ウェーブ ライン ダイヤモンド リング

ライトニングは稲妻を表す言葉、心がイナズマに打たれたような”運命の人”という意味を込めています。

ライトニングは稲妻を表す言葉、心がイナズマに打たれたような”運命の人”という意味を込めています。
店頭サンプルはプラチナ素材ですが、ゴールドに変更するのもおすすめ♡
特に男性用リングはゴールドのマット仕上げや、プリンセスカットダイヤモンドアレンジはとてもカッコイイ!!
女性用リングもゴールド仕上げにするとより華やかさが増しますよ♪
マットアレンジのゴールドに、プリンセスカットアレンジの結婚指輪

お次はこちら!

“D-Line Star Classic” Millgrain Diamond Band Ring
ディーラインスタークラシック ミルグレイン ダイヤモンドバンドリング

Classicテイストの結婚指輪はブリッジ銀座

女性用は丁寧に作り込まれたクラシックミルグレインでダイヤモンドラインをセッティング。
男性用はヘアーライン仕上をクロスさせた新しい見た目の表面仕上”アンティークメーゼ”。他と違う特別感の有るリングとなっております。
こちらも店頭サンプルはプラチナ素材ですが、ゴールドに変更するのもおすすめ♡
また、プリンセスダイヤモンドアレンジも素敵です♡♡♡
新作のアンティークメーゼ加工とミルグレインが可愛いイエローゴールドのアンティーククラッシクな結婚指輪 AntwerpBrilliant D line Star Classic

D line Star classic プリンセスダイヤモンドアレンジ

仕上げやダイヤモンドアレンジするだけで、結婚指輪の雰囲気も変わりますよね!
こんなイメージの結婚指輪にしたい!このデザインが気に入っているけれど、
何かが物足りない…という方は店頭スタッフにご相談ください♪
お二人にぴったりな結婚指輪をご案内&仕上げアレンジをご案内いたします!!

 

 

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ