銀座の結婚指輪BRIDGEのブログ

年末のご挨拶

2019.12.31 UP

2019年も残すところ7時間程度となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

平成から令和と言う新しい時代となって大きな変革期で様々な事があった一年でしたね、2020年は東京オリンピンクも開催されます。世界の東京がもう一度アピールされて注目を集めるとしなんて言われていますので、便乗して盛り上がっていきたいと思います。

また新しい取り組みで始まったプリンセスカットのトリプルエクセレントも大好評のうちに終了出来ました。さすがに世界でフィリッペンス・ベルト氏にしかできない超絶技術で研磨されるダイヤモンドなので見ていただいた多くのお客様の目に留めていただきました。凛とした美しい輝きは他のどんな変形ダイヤモンドよりも魅力的で格別の美しさで人気となりました。BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは来年もプリンセスカットには引き続き力を入れて取り組んでまいりますので、ご期待ください。プリンセスカットは現在既に3月の荷物分が残り僅かとなっていますので気になる方はぜひお早めにご注文下さい。

 

2019年も多大なるご支援を賜りました事をこの場を借りて御礼申し上げます。

また明くる2020年が皆様にとって幸多き良い年となるようお祈りいたします。

 

2019年12月31日

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリー

スタッフ一同

ダイヤモンドアレンジをご希望のお客様がたくさんおられるのでダイヤモンドアレンジについて少しご案内いたします。BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは基本的に想像しうるすべてのアレンジをお受けする事が出来ます。実物のリングを見てもう少しここがこうなって居たら、とかもう少しこうなって欲しい、等の細かなアレンジから幅を少し太く作りたい、や幅をもう少し細く等、大きなアレンジ迄いろいろなアレンジをお受けできます。

した写真はD-line Star Classic(ディーラインスタークラシック)のアレンジリングです。女性用はダイヤモンドの個数を15から9へ減らしてダイヤモンドラインの長さを調節しました。そしてセンターからブルーダイヤモンドを中心から外側に向かって濃い色合いから薄い色合いへ徐々にグラデーションさせてみました。美しいアレンジですよね!これはお客様からのご要望でこのようなアレンジに仕上げたのですが、造りを担当した職人達も「これはなかなかきれいなリングに仕上がったな!」と大絶賛でした。宝石のアレンジは1石だけ変更や留め方の変更は良くあるのデスが、複数のダイヤモンドを変更でしかも色合わせが難しいカラーダイヤモンドをグラデーションはなかなか新しい試みでした。

仕上にダイヤモンドラインのおしまいをリボン型にカットしてダイヤモンドラインが短くなったのを可愛くアレンジしてみました。プラチナにブルーダイヤモンドのさわやかな色合いが映えてとても美しい仕上がりとなりました。

ブルーダイヤモンドアレンジBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリー

そして男性用のリングはセンターにクロスヘアーラインの新しい仕上げを施してサイドミルグレインをミル無しでミルグレイン部分を0.1㎜の段差ラインのかっこいい仕上げで仕上げてみました。追加で幅を0.5㎜UPして太く仕上げてより男性的な太さのリングに仕上げました。した写真がアレンジ前のDlineStarなので男性用のリングが見た目にもかなり太く仕上がったのが見ていただけると思います。

しかもリングアレンジを担当する職人はその道のプロフェッショナル達ですので仕上がりは万全です。BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは基本的に1本のリングをひとりの職人が全行程担当する事は在りません、それはそれぞれの作業領域で使う技術と適性が異なるからなのです。仕上のうまい職人には仕上げのみ、石留のうまい職人は石留のみ、磨きの職人は磨きのみ、それぞれの特性を磨きあげた凄腕たちが担当します。リング作りはそれぞれの領域で職能が有ると共に、技術の高い低いが如実に表れてしまいます。BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーの職人たちはそれぞれの作業領域だけを極めた本当のプロフェッショナルなのです。

事実それぞれの作業を少なくとも10年は実施しないと一人前に成れないと言われる彫金職人の世界です。中には1年くらいの専門学校で習っただけで自分のアトリエを開く方も在りますが、そのほとんどは3年以内に廃業してしまいます。仕上がりが良くないのは一般のお客様の目にも明らかだからです。職人ですので自己研鑽と作業が一体となった職能を積みます。1日に8~10のリングに触り1週間(5営業日)で40~50本、それを1年で2000~2200本、10年で2万本などの作業をこなして初めてなのです。それは彫金の専門学校を卒業した人も最初から弟子入りして職能を積み上げている人も同じです。一朝一夕に体得できる技術ではないからなのです。本当の技術を持った職人がハンドメイドするからこその美しさなのです。

どうでしょうか?お気に入りのリングにカナカナ出合えないと何件も何件もお店を回っている女性も多いのではないかと思います。ジュエリーも宝石も足で探す場合と待って探す場合があるのですが、ジュエリーは人間の造りでどうにでも出来る問題です。お気に入りの形までアレンジして納得できる結婚指輪を手に入れてはいかがでしょうか?

結婚式と披露宴

2019.12.29 UP

こんにちはブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーです。今日は先日お客さまにご結婚式のご予定はいいかがですか?と言う質問をするのですが、近年結婚式に対する意識の変化が顕著になってきたなと思うのでソレについての話です。

余り結婚式を盛大にやらない、もしくはそもそも結婚式をやらない予定のカップルは

「親にも盛大にはやらなくていいから、、、」

「あまり大人数でなく上げる予定です。」

「お金がかるしどうなんだろう?」

「そんなに呼ぶ友達がいない」・・・などなど

こんな風に結構否定的に考えておられるカップルの比率が上がってきているように感じました。

銀座婚約指輪で結婚式と披露宴

そもそも結婚式は婚姻を誓う儀式です。しかもそれは現在では神様か?洋風、和風、それとも他の神様か?人前式的にそこに集まってくださったゲストに誓うのか?その誓いを立てる儀式を結婚式と言います。結婚式は基本的にオールカマーで披露宴はご祝儀持参で参列者は基本的に招待客だけとなります。ここまで書くとなんとなくお分かりかもしれませんが、結婚式を行うには(結婚式だけを行うには)余りと言うかほとんどお金はかかりません!結婚式は神父か牧師か神主か、それとも二人の誓いを聞いてくれるだれか?とある待ってくれる人さえいれば行えてしまうのです。映画のワンシーンでも、これから生死の知れない現場へ向かうヒーローとそれを見送るヒロインが何でもない場所で誓いを立てるので、見守っててくれと三枚目に頼んで即席の結婚式を執り行うなんて言うシーンを見たことある方も在るのではないでしょうか?

現代は結婚式と披露宴をワンセットにする風習が主流ですが、実はこの二つは別日開催でもOKです。結婚式だけはきちんと済ませて、お金のかかる披露宴パーティーは日延べする、もしくはそこでご両親の言われる「盛大にやらない」という選択肢を取る事も出来ます。

実はゼクシィを運営するリクルート社の内部にブライダル総研というデータ収集機関があります。そこで行われたアンケートデータによれば、結婚式を実施する事は、結婚するお二人が生涯を添い遂げるかどうか?に大きく係わってきます。結婚式をしているカップルと結婚式を実施していないカップルとでは離婚率に大きな差がある事が判っています。何と結婚式を実施しているカップルは実際に生涯を添い遂げる確率が上がるのです!!驚きのデータですがこれは事実です。実際に私も結婚式をしましたが、結構多くの人の前で結婚を誓い、お披露目していますので、そういう意味では自分の勝手だけではお別れしにくいよなとは思います。※実際それだけではありません!

という事で結婚式は皆さん実施しましょう!

ギャラクシーBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリー結婚指輪

では結婚式のスタイルを簡単に紹介します。

神前式(チャペル・神殿):これは文字通り教会で結婚式を挙げるパターンです。多くの専用結婚式場がこのイメージでチャペルを作っていると思います。因みに本当の教会で結婚式を挙げる事も出来ます。しかしそれには洗礼を受けて入信する必要があったりするので、実際にその宗教に入っている人でないと意外と高いハードルと行けるかもしれません。

また神社などの仏閣で上げるパターンも有ります。今日多くの神社が結婚式のサポートをしていますのでHPなどをチェックしてみると良いでしょう。明治神宮などは都内でも人気の結婚式スポットですよ!神社は経済活動を主立っては出来ない為、基本的にそこまで大きなお金はかからないはずで、日本人であれば基本的に誰でも上げる事が出来るはずです。

人前式はパーティー感覚で集まってもらった家族や親せき、友人知人の前で誓いの書面に2人で署名して誓いを立てます。その時立会人は二人が選んだ人であれば基本的に誰でも出来ます。宗教上の理由でかどうかは判りませんが、2000年頃から人気のスタイルとなっています。神前式に比べるとややカジュアルな感じも有るので、きっちりやりたいカップルは厳かな雰囲気の会場を選定すると式の角を上げる事も出来ます。

また明治維新前は士農工商と身分制度が確りしていたため、神前式を上げていたのは将軍や天皇だけで武将以下、一般の人は自宅で親しい人を招いての「祝言(しゅうげん)」が一般的でした。これは人前式にほとんど同じスタイルで、祝言の席ではお酒もふるまわれたので、人前式と披露宴をくっ付けたようなスタイルだったと思われます。記憶に新しい所だと去年の大河ドラマ「セゴドン」でも祝言のシーンは描かれていましたね、西郷隆盛と言えば外様とはいえ薩摩藩の要職に就く武士ですが、このクラスでも神前式は上げていないいですね、結婚式のスタイルは時代とともに変化していますので、自分たちに合った結婚式の形を探してみるのはいかがでしょうか?

またBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは結婚式の一大イベント”指輪交換”の美しいやり方を店頭で無料レクチャー中です。お求めいただいたお客様限定のサービスですのでお気軽にお声かけください。

 

皆さんこんにちはブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーです。

早いもので今年も最後の土曜日となってしまいました、今年は仕事納めが昨日27日金曜にだったよと言う方も多いのではないでしょうか?今年も一年多くのお客く様に支えられて無事営業する事が出来ました。ありがとうございます。また明くる年も変わらぬご愛顧の程どうぞよろしくお願いいたします。さて、ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーは2019年最後の営業日を明日29日日曜日とさせていただきます。年始は1月3日より初売りとさせていただきます。

ところで11月に最初の荷物が到着して店頭に商品が登場したプリンセスカットですが、大変ご好評を頂いております、ありがとうございます。やはり対称性と表面研磨だけでもエクセレント評価を獲得するのが難しいプリンセスですので、現実的な見た目がかなり異なるようで、店頭で現物も見て”一目ぼれ”される花嫁が多いです。わたしも今回のプリンセスカットを取り使うことで市場に流通している多くのプリンセスカットを検品しましたが、特に原石の形から引き継いでしまう、輪郭の問題と対角線上に配置されたベゼルファセットの歪みがパッと見たときにもどうもビシッと来ない原因に成っているんだな、と発見しました。これはトリプルエクセレントのプリンセスカットを複数検品してから通常のプリンセスカットを検品すると一目瞭然に判断できます。ラウンドブリリアントのGOOD,VERYGOOD以上にプリンセスのカットグレード上の見た目の違いは明らかで、すぐにフィリッペンス・ベルト氏が仕上たトリプルエクセレントであると確認できると思います。そんなこんなで現在次回荷物分の品物も半分ほどがご成約となってしまいました。まだ入荷していないダイヤモンドですが既に作業は進んでいまして、原石選定して研磨仕上げを施している最中です。オーダーオタ抱きましたお客様はぜひご期待ください!

デビアスグループの鉱山から産出したダイヤモンド以外ではデビアス鑑定が取れない為、ダイヤモンド原石は誰が買うかわからないけど一旦品物に仕上げる、という従来の仕組みをとっていません。プリンセスカットは受注生産でオーダーがあってから原石を選定してカット研磨していきますので、オーダーから約2か月のタイムラグを持って入荷します。ですので現在オーダーしているダイヤモンドは10月の段階でオーダーしているプリンセスカットなのです。今までダイヤモンド業界はすでに大量に市場に出回っている品物を需要が有った場合に集めてそれを買い付けるという仕組みでした。ですので買い付けに行くという事はそこからあまりタイムラグなくダイヤモンドを手に入れる事が出来たのですが、プリンセスカットのサプライヤーであるサイトホルダーはオーダーがあってから原石の選定をして、ダイヤモンドをカット、研磨するという手順でダイヤモンドを仕上げていきます。確かにこの方法なら余分な在庫が市場に出回って価格が暴落したりするリスクはありません、しかも誰にでも仕上が出来ると良しなものでもない為、※現在プリンセスカットのトリプルエクセレントはフィリッペンス・ベルト氏などの限られた技術を持つ研磨職人だけが仕上がる事が出来る品物です。職人が限られる為仕上がりの個数もおのずと少なくなります。

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーではプリンセスカットを当面定期的に輸入しますので、(それでも想定よりも多くのオーダーがあれば納期を2か月以上貰うことに成ります。)当初の予定よりもご好評いただいておりますので、新しくオーダーいただくお客様にはお待たせしてしまう事も有るかもしれませんが美しいダイヤモンドを確実に順番でご案内させていただきますのでご安心ください。

また年末年始にかけて輸入する荷物のプリンセスカットの残りが僅かとなってきました。(今回店頭に在庫していた0.3ctは完売させていただいております。)次回荷物の0.3ctをオーダーいただいたお客様に振り分けさせていただいております。

2月22日等を記念日にしようとお考えのお客様が居られましたら、ぜひ早めにブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーの店頭でオーダーいただく事をお勧めいたします。次回荷物は3月の予定ですので、今回分が完売した場合は1月にオーダーいただいても3月末頃からの作成となりますのでご了承ください。

 

こんにちは!BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーです。

先日エメラルドカットを使って品物を作りたいというお客様が居られたので、少し材料としてエメラルドカットを揃えました。そこで皆さん気に成っていると思うのですが、エメラルドカットの様な長方形のダイヤモンドにとって最適なサイズ比は何処なんだろうと?少し考察してみます。

今回揃った材料は上写真の様なエメラルドカット、0.18~0.22ct FカラーUP、VS2UPの美しい素材です。しかも50石近く集まってきました。このうち数ピースを厳選してジュエリーをおつくり致します。作る方も今から仕上がりが楽しみ!

さて今回用意したエメラルドカットは縦横の比率が1:1,61と黄金比に限りなく近い比率で仕上げられたエメラルドカット達です。エメラルドカットに限らず縦長の宝石たちは黄金比若しくは白銀比という人間の目で見て美しいと感じやすい比率に仕上げられることが多いです。実はこの比率は雫型のペアシェイプや、小判型のオーバルシェイプでも同様に取り入れられています。白銀比以下の縦横比率だと寸胴に見えてかっこよくないし、黄金比以上の縦横比率では逆に細長過ぎて美しく見えないのです。

今回は黄金比のエメラルドカットを使って品物を作ります。

 

エメラルドカットを選ぶ際にもう一つ大事なことがあります。それは光の利率です。エメラルドカットなどの変形カットのダイヤモンドにはカットグレードがありません、ですので基本的には原石の形から最もカラットが重くない量に研磨するのが一般的です。最も輝くように研磨してしまうと、研磨の作業工程で多くのカラットを削り落としてしまう為、カラットが軽くなるのです。

皆さんはカラットが重いダイヤモンドと同じ大きさに見えて輝きの強いダイヤモンドとどちらがお好みですか?BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは宝石は”輝度”が大切だと考えています。エメラルドカットの歩留まり違いBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリー

うえ写真で見ると一番左のダイヤモンドを一番右のダイヤモンドは深さに大きな違いがあるのは見てもらえると思います。

写真が下手で申し訳ないのですが、二列に輝度の高いダイヤモンドと中心部分が暗くなるダイヤモンドを並べた場合にはこのくらいの輝きの差が出来来るのです。二列に並べたエメラルドカットのダイヤモンドラインですが上は輝度がそろって明るくキラキラしているんですが、下の列は変形カット特有の暗い感じが出てしまっています。ふとした瞬間に手元を見たときに、ダイヤモンド全体がキラキラ明るく輝いているのと、全体的に沈んだ印象のダイヤモンドが鈍く輝いているのではどちらがお好みですか?もしかしら実物を見たらちょっと暗い感じの方が好きだという事も有るかもしれないのでそこはお好みなんですが、私としては輝くダイヤモンドの方が好きですし、人生の大切な記念の品物になるダイヤモンドですので少しでも美しい方がおススメかなと思います。

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーではふとした瞬間に指先を見た時に、”キラキラ”とダイヤモンドが輝いて居たら、それだけでほんの少しの嫌なことはどこかへ飛んでいくかもしれないですよね? そういうことが結構ジュエリーには大事ではないか?と考えているのです。

という事でBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーではご要望に応じて品物を手作業で作る事も出来ます。ご要望を小まめにお伺いしてご希望のデザインを作成します。当然職人のハンドメイドですので仕上がってくると世界に一つだけの特別なジュエリーとなりますし、宝石を使う場合はその素材選びの段階からお客様と一緒に進めていきますので、安心です。

ダイヤモンドの他にレアストーンのご要望も承っております。タイミングによっては原産地迄その宝石を求めていってしまう事も有りますがそれだけ宝石が大好きなスタッフがご案内しますので、宝石好きな方はぜひ一度ブリッジ銀座までご相談だけでもいらっしゃってください。

メリークリスマス!皆さん幸せなクリスマスをお過ごしですか?BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーも今日はサプライズプロポーズプランでダイヤモンドをお選びいただいてプロポーズされた男性が女性と一緒にエンゲージリングのデザインを決めに多数ご来店いただいております。ありがとうございます。

実際ご案内させていただいている私たちの方が元気をもらって本当に幸せな気分になります。

さてところでどうしてサプライズプロポーズのカップルが昨日から今日にかけてたくさんご来店いただいているかと言うと、それはBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーの提案するサプライズプロポーズプランが男性が最初にご来店されて選ぶのがダイヤモンドの石だけだからなんです。

プロポーズはしたいけど、女性の指のサイズが判らないし、デザインの好みもわからないし、予算も知られたくないし、という男性にピッタリのプランなのです。なにしろダイヤモンドの石だけをスペックと品質価格など男性が比較的得意な分野の比較検討で選んでいただくだけなので。

ブリッジ銀座には新郎と同世代の男性スタッフも在中しています。何でも気軽に相談しよう難しいダイヤモンドの説明は男性スタッフを中心に丁寧にご案内させていただきます。図鑑や動画などなるべく分かり易くまとめた資料がありますのでご安心ください。またダイヤモンドの価格を決める評価基準4Cについても詳しくご案内させていただきます。BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは基本的にボツワナジュワネング鉱山を有するデブスワナサイトのダイヤモンド原石を厳選しています。0.96%まで厳選するソーヤブルと呼ばれる正八面の等軸状結晶のみを選び出し、それをベルギーアントワープへ空輸、当代一のダイヤモンド研磨師”フィリッペンス・ベルト氏”の手で丁寧に仕上げていきます。最高の原石を最高の研磨者が仕上げる地上で最も美しいダイヤモンドをご案内させて戴ております。

お選びいただいたダイヤモンドはプロポーズ用の仮枠にセットしてお納めいたします。サプライズプロポーズの準備はこれで万端!あとは当日の予定をじっくり組むだけですね。

 

無事プロポーズが成功したら「デザインを一緒に見に行こう!」と女性をお誘いください。

今度は弊社も女性スタッフが(男性だと品質が良いかどうか?は確実なのですが”カワイイ”かどうか?は女性同士の方が判りやすいというご意見も、、、)お二人と一緒にご案内させていただくのです。男子スタッフはそのデザイン選びをしている間の幸せそうなお二人をバックヤードからやさしく見守らせていただきます。なんといってもこの瞬間は幸せオーラ全壊で見ているこっちも幸せになるんですよね♪

価格の大部分を占めるスペック系説明の理解が必要なダイヤモンドは男性が、そして可愛いかどうかに似合うかどうか?が大事なデザインは女性が選ぶというシステムなのです。

因みにお選びいただいたダイヤモンドは鑑定済み、鑑定書未発行のモノが殆どなので、出残を決めてリングの作成をしている間に鑑定鑑別機関で鑑定書を発行します。※鑑定書も実は有効期限があります。その有効期限は発行日から1年間!ですのでBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは有効な期限付きのダイヤモンド鑑定書をお持ちいただけるのです。

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは常時200以上の今旬なエンゲージリングデザインを店頭にラインナップしておりますので必ず気に入って頂けるデザインが見つかると思います。

という事でまだもし結婚しようか迷って居たり、プロポーズのシチュエーションやエンゲージリングの選び方に迷っている方がありましたらBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでサプライズなプロポーズを計画してみてはいかがでしょうか?スタッフ一同全力でご提案させていただきます。

国内初最高グレードのプリンセスカットを導入しました。しかも鑑定鑑別機関はダイヤモンドのエキスパートとして名高い”デビアス”によるもの。最も信頼の高いダイヤモンド開発企業による最高の各付けを獲得したプリンセスカットなのです。

そんなプリンセスカットですが一粒石だけでなく、今回ブリッジでは小粒のダイヤモンドも輸入しました。メレーと呼ばれる小さいサイズのプリンセスカットダイヤモンドです。サイズは0.1mm、0.15mm、0.2mm、0.25mmの4種類。それぞれにデザインを発表しますのでお楽しみにお待ちください。

しかもメレとはいえ今回のプリンセスカットは全てエクセレントプロポーションで研磨仕上げされた超絶品質のみを取り揃えました。しかもBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーで取り扱うプリンセスカットの小粒石は何とクラリティ透明度グレードが最高のVVS1グレード!正直輸入前は「そんな高品質にする必要あるかな?」と悩みましたが、実際品物が出来上がってくると、、、これはもうべ別格の美しさ。エメラルドカットの様な階段状の面、ステップカットの要素も持つプリンセスでは大きな面からダイヤモンドの中が比較的簡単に覗き込む事が出来ます。ですので透明度は結構大事なポイントなのですが、流石にVVS1クラスのダイヤモンドを集合させているとその透明感と清潔感、なにより凛とした美しさは別格です。

上写真を見てください!隙間なく敷き詰められた正方形のダイヤモンドの美しさ、全てクラリティVVS1であることと、ベゼルファセットコーナーで3シェブロンに固定されたプリンセスカットメレを使用しています。※現行で販売されているプリンセスカットのエタニティリングはベゼルファセットやフレンチコーナーが混在したり、シェブロンの数が固定されていない為、個々のダイヤモンドの見た目に若干の差が在る物を並べることに成り、結果輝きが不均等な仕上がりになることが多かったのです。しかし今回デビアスグループによって制定されたエクセレントカットではプリンセスカットの亜型が入り込む余地はありませんので、均一な輝きのダイヤモンドを手配する子が出来るようになったのです。

小粒石は0.2ct以下をメレー(一部0.1と言う意見も)メレーはミリとかミル同じで1000の意味です。

PS:村田諒太選手強かったっすね~!おめでとうございます。ライブでTV観戦させてもらいましたが、燃えましたね~全試合で王座奪還した時から試合内容もアグレッシブで勇気ある内容でしかも技術も高い、強いし優しいし、しかも勝利者インタビューとかもユーモア合って最高です。素敵ですね。カッコよくて優しくて家族思い。しかも素敵なパパですね。格闘技は見る専門の私は村田選手がでメダル取った時は正直、誰?という感じでしたが今ではすっかりファンです。これからも頑張ってください!

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーです。クリスマス直前の23日です、天皇誕生日として30年以上も休日だった23日が平日に成ってちょっとリズムがくるってるマネージャTです。

さて昨日はM-1グランプリで見事”ミルクボーイ”が優勝!ハイレベルな漫才で面白かったですね~~~、和牛は敗者復活から出てきたのに今年もダメだったか~それにしても上沼恵美子さんと落語家の立川志らくさんがそろって「馴れによる緊張感の欠如」に言及していたのは面白かったっすね!確かに自信がありすぎれば横柄に見えるし、なさ過ぎれば見てられないし、微妙なバランスを保てるかどうか?は4分間で一般人を笑わせるという事の中でとても重要なんですね。私たちも「一生に一回の大切なお買い物をお手伝いするという」初心を忘れないようにしないといけないと肝に銘じました。

あとは昨日は3時半ごろに複数の友人から有馬記念惨敗の連絡も来ていて、【一本被りの有馬記念は危ないからね!】って言ったのに忠告無視するからだわと、内心思ったりしていました。絶対的一番人気が謎の負けを喫するのが有馬記念ですよね!?でもよるTV見たら、、9着は負けすぎかな?何とも言えませんでした。夜には羽生弓弦選手も宇野昌磨選手に直接対決で負けちゃったり、結構忙しい一日でしたね!

さて、明日は24日クリスマスイヴですよ!そしていよいよ明後日25日はクリスマス本番という事で、カップルの皆さんはいかがお過ごしでしょうか?昨日もダイヤモンド&プロポーズプランでダイヤモンドだけを先に購入いただいた男性のお客様がたくさんご来店いただきまして、エンゲージリングをお二人で選んで行かれました。

プロポーズの逸話をお聞きすると、、、

デートのメイン【ナイトクルーズ】で告白し損ねて、食事のレストランでも言い出せずタイミングを逸し最後の車の中でした、、、なんて方もおられました。その時奥様も「ナイトクルーズなのでこれは”来る”な!」と思っていたそうですが、なかなかプロポーズされないので「これは今日ではないのかな?」と思ったそうです。

そしたら最後の最後で「結婚してください!」と男らしくプロポーズされたそうです。今日は無いなと思ってからのやっぱりあった!のサプライズに逆にびっくりして嬉しかったみたいですね。

因みにブライダル総研のデータで興味深いものが有るのでご紹介します。それは

①プロポーズの言葉を言う

②婚約記念品(エンゲージリング)を渡す

③結婚式を施行する

この3つを行っているカップルとどれか一つでも行っていないカップルとだと、生涯添い遂げる確率が大きく変化するというデータがあるのです。なかでも面白いのは①のプロポーズをするが男性は「プロポーズした」しかし女性は「プロポーズされていない」となるケースが在ります。そうしたカップル様にお話しをよく聞いていくと、プロポーズはしているんだけどもセリフが曖昧だったり、ちゃんと決定的に言って居なかったり、女性からすると「やり直し請求」したいレベルのプロポーズの場合が圧倒的に多いようです。

ですのでプロポーズするときは最終的にきちんとした言葉で「結婚しよう!」って伝えることが大事なようです。

さて明日12月24日クリスマス当日にプロポーズをお考えの方も多いと思います。もしも急だけどプロポーズリングを間に合わせたい!と言う場合もBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでは当日即納可能なプロポーズリングをご用意しておりますのでご安心ください。スタッフ全員で一丸となってサポートさせていただきます。

 

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーです。

ダイヤモンドカッターと言う言葉を聞かれた事は在りますか?文字通りダイヤモンドを切断する人をカッターと業界で呼びます。ダイヤモンドの加工は原石が出現したら、まずは仕上げる事が出来る形まで切断(カット)します。カットして仕上(研磨)できるサイズや形にしたら、それをポリッシュして仕上げます。ダイヤモンドを仕上げる職人をポリッシャーと呼びます。ではカッターとは?どんな職業なんでしょうか?ダイヤモンドカッターはダイヤモンドの原石を研磨できる形まで切断する作業をする仕事です。

ダイヤモンドカッターは職業としては消滅しました。

現在はレーザースキャンの技術を使ってダイヤモンド原石をスキャンしてどこにどんな内包物があるのか?やダイヤモンドの成長線の方向や在り方まで看破できます。スキャンしたダイヤモンド原石は強振度レーザーで思う方向に焼き切って切断します。このレーザー切断の作業が技術的にできなかった1980年代まではダイヤモンドの成長線を”経験と勘”で看破して【叩き割る】必要がありました。

ダイヤモンド原石が透明な場合は良いのですが不透明な場合やコーテッドやフロステッドなど表面の曇った原石の場合は一部ダイヤモンドを研磨して内部を覗き込むウインドウを作り、そこからダイヤモンドを覗き込んで成長線の入り方や内包物のある場所を目視で検査して、どの方向に【叩き割れば】よいのか?を推測していました。

この作業は熟練の技と経験が重要でした。この【叩き割る】作業を担当していた職人をダイヤモンドカッターと呼びます。有名なダイヤモンドカッターと言えばカットの魔術師と呼ばれた【ラザール・キャプラン氏】や【ジョセフ・アッシャー氏】が挙げられます。

2人が活躍したのは第一次世界大戦前の1900年代から世界大戦が終戦する1950年頃でした。当時レーザー技術は在りませんでしたのでダイヤモンドの成長線を見抜いて【叩き割る】カットする作業は一握りの職人だけが担当する作業だったのです。一回勝負のダイヤモンドカットは大変なプレッシャーのかかる作業であったと推測されます。またダイヤモンドを研磨ポリッシュする作業も動力が弱かった為、※蒸気機関や電力などで稼働させる場合も馬力が弱くなかな現在の様な強い力で研磨することは出来ませんでした。

そもそもダイヤモンドの原石の産出数が少なかったのでカットとポリッシュの両方を担当するのが通常でした。現在はポリッシュする職人とレーザーで作業する職人は別の人物が担当するケースが通常です。

しかもレーザーで切断する場合はカットに失敗するリスクは非常に少なく、安全にダイヤモンドを仕上げる事が出来るようになってきたのです。その効果は一目瞭然で1900年代にジョセフアッシャーがカットした世界最大のダイヤモンド原石カリナンは発見された当初3106カラットでしたがそこから研磨できるサイズまで【叩き割って】9つの大きな石と96個の小さなダイヤモンドに割られました。そこから仕上がった最も大きなダイヤモンドはカリナン1の530.2ctでした。原石からの目減り率は実に83%と膨大でした。

これは近年最後のダイヤモンドカッター呼ばれる”ガビ・トルコフスキー”によって仕上げられたゴールデンジュビリーと比較すると、すごい差異です。ゴールデンジュビリーは発見された際の原石サイズが755カラット、しかしそこから仕上げられた研磨済みダイヤモンドのサイズは545.67カラットでした。レーザー技術の進化によって世界最大の研磨済みダイヤモンドの称号を獲得したのです。

もしもカリナンが産出した1900年当時にレーザー技術があったら、どんなサイズのどれほど美しいダイヤモンドがそこから削り出されていたのでしょうか?興味は尽きませんね!結果、監修したガビ・トルコフスキーは実際にダイヤモンドをカットせず、レーザーで効率よくダイヤモンドを切断して研磨プランを遂行したのです。

ポリシャーはダイヤモンドを仕上げる職人

ダイヤモンドを仕上げる作業において重要なことは仕上です。ダイヤモンドを仕上げる、研磨する事をポリッシュと呼びますが、ダイヤモンドの研磨職人こそ、現在ダイヤモンドが美しく仕上がるかどうか?のカギを握る職人なのです。

ダイヤモンドをポリッシュする作業において現在世界最高の技術を持つ職人の一人がアントワープブリリアントの専属研磨師”フィリッペンス・ベルト氏”です。ベルト氏は10代の時にダイヤモンド研磨の道を志し、作業に従事するとすぐに頭角を現し、1988年には大手サイトホルダーの選抜研磨チームのリーダーに選出されます。そして、1990年にはそれまで誰も成しえなかったラウンドブリリアントの最高グレードエクセレントを達成します。

1993年にはエクセレントカットのダイヤモンドの中に浮かび上がるハート&キューピッドパターンを発見します。この発見は誰にでも簡単にダイヤモンドの研磨技術の良し悪しと対称性の状態が確認できることからたちまち人気となり、ダイヤも度研磨界の新しいスタンダードになりました。

またベルト氏はプリンセスカットの供給においてトップサプライヤーだったサイトボルダーとの共同開発で、それ迄、だれにも獲得できなかったプリンセスカットのカットグレードエクセレントも世界で初めて獲得しました。

フィリッペンス・ベルト氏は現在現役で活躍する研磨職人の中でもトップクラスの実力を持つ研磨者なのです。

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーで取り扱うダイヤモンドはフィリッペンス・ベルト氏の為に選び抜いた最高品質の原石を厳選しています。最高の原石を最高の職人が仕上げる。世界最高のダイヤモンドの輝きをあなたの結婚指輪にしてみてはいかがでしょうか?

#美しいダイヤモンド #世界最高品質のダイヤモンド

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーです。

業界新聞のWJにプリンセスカットが紹介されました!『W&J Today(時計美術宝飾新聞)』は、ウオッチとジュエリーを意識し、加えてメガネ業界をも特化した様々な業界情報を、一般メディアとは一味違う視点から発信している時計・宝飾業界の本格的な専門紙です。大正15年(1926年)創刊以来、業界の明日をひらく専門紙として、業界の視点で解説・分析した専門性の高い記事で健全な業界発展のために取り組んでおります。月2回(1日・15日)発行の旬刊紙として高品質な情報をわかりやすく、またビジネスチャンスを逃さないよう迅速に報道しています。
https://www.e-tkb.com/

しかも一面っすよ!世界初のファンシーシェイプのカットグレード導入なのでもう少しニュースになってもよさそうですが、こっそり始まるのもナカナカいいかもしれないですね!?何しろプリンセスカットの最高グレードは最初の荷物で僅かに10個ほどを輸入しましたが、従来の在庫の中から石をチョイスするシステムではなく、原石の状態になっているダイヤモンドを指名があったらそこから研磨開始するというシステムで提供されるからなんです。

現在店頭にてリングデザインにセッティングしたリアルサンプルを展示しています!

12月も0.3を中心に10個ほど輸入しますが、実際毎月そのくらいのペースでしか導入されない為、大々的に広告すると在庫が追い付かないのは必至でお客様にご迷惑をおかけする可能性が高いんですね!!

プリンセスカットの特設ページは→https://bridge-antwerp.com/spcont/sp_22349

記事詳細です。

エクセレントカットのプリンセスカットはなんといってもテーブル径が従来型のプリンセスに比べて小さい事と、左右の対称性が圧倒的に良いことが特徴です。言う迄も無くそこから生み出されるシンチレーション、ディスパージョン、そして何よりファイヤーは格別です。

プリンセスカットはもともと凛としたカットコーナーが魅力で、日本人は特に好きな正方形のフォルムをしています。しかし、従来がたのプリンセスカットでは縦横の比率がそこまでよくなくてもOKでしたので、プリンセスカットはカラット優先で仕上げられることが多く、本来の輝きを発揮はしないが、カラットサイズは大きい、要するに【見た目大きく輝かないないけどカラットは大きい、割安な気がする】ダイヤが殆どだったのです。

日本人気質で人気の形状は正方形と白銀比、黄金比の3っつ!

正方形は縦横が1:1の四角形です。今回のプリンセスカットは正方形です。白銀比とは1:1.41の比で正確には1:√2の比率(約5:7)のことを言います。日本の建築物の法隆寺などに白銀比が見られ「大和比」とも言われます。国内の寺社建築の他にも日本絵画など「日本人が美しいと感じる比率」として古くから用いられています。そして黄金比は1:1.62とやや長方形の形をしています。これはエメラルドカットやバケットカットの四角形もっと行くとペアシェイプ、マーキース等長方形の中に納まる曲線系のダイヤでも人気の寸法です。

という事で日本人に人気の高い正方形と白銀比、正方形はその対角線が縦横辺の1.41、で白銀比を内包した形ともいわれています。正方形のプリンセスカットは正方形であり、白銀比でもあるのです。

カットグレードの無いプリンセスカットは美しい?

しかし、今回のプリンセスは市場に出回っているカットの良くないプリンセスと比較したときに素人目(実際弊社新人スタッフでも)にも明らかにわかる美しさの違いを持ち、しかも90度カットコーナーの持つ凛とした清楚感は格別で、そこからスタップカット特有の強いシンチレーションを発揮し、しかも強いファイヤーを持つという、、、まさに最高のダイヤモンドなのです。

日本では90%の花嫁がラウンドブリリアントカットを婚約指輪に選んでいます。これはカットグレードの良し悪しがハート&キューピッド等でも目視でハッキリと判るから判断がしやすいという事があるのかもしれません、たいしてその判断の難しいプリンセスカットを含むファンシーシェイプの割合は10%未満とあまり選ばれて居ないのです。

しかし海外、世界での花嫁で統計を見て見ると、ラウンドブリリアントは約50%と半数の花嫁が選びますが、なんと2番目に選ばれていいるのはプリンセスカット約30%なのです。以下、オーバル、エメラルド、ハート、マーキースと続きます。その他の特殊カットはほぼ皆無の状況です。日本で特殊カットがある程度売れていることを考えるとこれは凄い事ですよね?

私見ですが、ダイヤモンドの形状がラウンドカットに近い多面体でスコープで星や花が見えます。とかだとリングにセッティングして50㎝位離して見るとほとんどラウンドカットと見た目は変わりません、しかも輝きは落ちるという、、、

それに対してプリンセスは明らかにフォルムが異なり90度のカットコーナーが一層スタイリッシュで凛として清楚感があります。そう言った所が世界の花嫁に選ばれる理由なのかもしれないですね?ご婚約リングをご検討中の花嫁で四角いダイヤモンドをお探しならぜひ一度見てみて現在検討しているダイヤモンドと美しさの比較をしてみてはいかがでしょうか?

 

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ