BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > その他 > サイトホルダーとは何ですか?
よくある質問

サイトホルダーとは何ですか?

サイトホルダーとはDTC(Diamond Trading Company)ダイヤモンドトレーディングカンパニーからダイヤモンドの原石供給を受ける事の出来る権利を持つ会社のことを指します。

世界を旅するダイヤモンド Botswanaジュワネング鉱山 デブスワナ ボツワナ デビアス Debeers BRIDGE銀座 AntwerpBrilliantGALLERY

DTCボツワナのジュワネング鉱山 大規模な地下資源採掘がおこなわれている。世界最高品質のダイヤモンド原石が産出する、この鉱山で産出したダイヤモンド原石を買い付ける事が出来る権利を持つ企業がサイトホルダーなのです。

※DTCはこの他にも南アフリカ、ナミビア、カナダなど世界各地にダイヤモンド鉱山を展開しています。

ブリッジ銀座のサイトホルダー研磨工場 ユーロスター ダイヤモンド婚約指輪

サイトホルダーは産出国の社会インフラを整える等の社会的奉仕活動を義務付けられる、原産地には大規模なダイヤモンドカットアトリエが立てられ多くの雇用を創出しているだけでなく、病院や学校、水道や電気設備などの生活インフラの整備にも貢献しています。また採掘に伴い破壊された鉱山地区の自然保護も行っています。デブスワナBRIDGE銀座の地下資源採掘企業デビアスグループ

Antwerp BrilliantではDTCボツワナ(デブスワナ)で産出した超高品質ダイヤモンド原石をボツワナのサイトホルダーのカットアトリエ事務所にて厳選して基礎カットしサイトホルダーの本社が有るベルギー・アントワープへ空輸、そこでフィリッペンス・ベルトの手でさらに厳選された原石を研磨します。最終仕上げを施し一部はIIDGRにて鑑定、一部は鑑定済み鑑定書未発行のまま日本へ輸入しCGL中央宝石研究所にて最終鑑定しております。BRIDGEではトレサビリティを重視したダイヤモンドのみを取扱っております。

サイトホルダーは高いステータス性を持つリーディングカンパニー

「ダイヤモンドは永遠の輝きA Diamond is Forever」というフレーズを聞かれたことが有るかと思います。このフレーズはDTCの前身であったデビアス(De Beers)がTVCMなどで大々的にダイヤモンドをプロモーションした際に使用したフレーズです。

DTCは独占的にダイヤモンドを取扱っていた為、市場の競争原理を阻害しているのではないか?独占禁止法の適応範囲なのではないか?等のネガティブな意見もありつつ、今日までダイヤモンド業界をけん引してきたリーディングカンパニーなのは言うまでもありません。現在DTCは本社をロンドンからダイヤモンド産出国であるボツワナに移転し取扱うダイヤモンドの原石量は世界の産出量の約40%となっております。カナダやロシア、オーストラリア等のダイヤモンド産出国が独自にダイヤモンド販売を手掛けている現在、以前言われていたような”市場の競争原理の阻害”は実際には無い事が判ります。

1980年代DTCはダイヤモンドの全産出量中90%以上のシェアを誇る鉱山企業でした。地下資源としてとても貴重で高価、かつ特殊な産物であるダイヤモンド原石は加工できる業者も限られます。また携帯性のある資産と見なされる宝石類ですので非合法行為やマネーロンダリングの温床となる等の懸念材料が多かったことなどからDTCではダイヤモンド原石を取扱う業者に高い社会的責任と倫理に基づいた経営を行う事を義務付けた審査基準を儲け選定してきた経緯が有ります。

その結果多くのサイトホルダーはDTCだけでなくロシアやオーストラリア、カナダなどのDTC以外のダイヤモンド産出国からも厚い信頼を集めています。

ダイヤモンド業界で「サイトホルダー」は非常に高いステータスほ誇る企業にのみ与えられる称号なのです。

ページの先頭へ

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15 第1吉田ビル1F
(アクセス)

ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ