BRIDGE ANTWERP > スタッフブログ > デブスワナ2020鉱山稼働報告
銀座の結婚指輪BRIDGEのブログ

皆さんこんにちは!ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーです。

今日は弊社がダイヤモンド供給を受けるダイヤモンド等の地下資源採掘企業デビアス(デブスワナ)が2020年の最初の3か月間で、78万カラットのダイヤモンド生産数を記録したとの報告を受けました。

皆さんご存知のようにダイヤモンドは有限な地下資源であり、現在地球上で生産が見込まれるダイヤモンド鉱山は全てが稼働状態であり。現行の地下資源採掘法ではあと50年もすればすべてを彫りつくしてしまう事が判っています。ダイヤモンドは有限な地下資源なのです。

今回の報告はCovid-19対策が生産国で第4四半期末に導入されたため、概ね期待通りとの事です。しかしブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーで主に取り扱うジュワネング鉱山の産出は7%の減少、ボツワナ全体では560万カラットの産出量だったようです。メインのジュワネングも産出予定をすでに半分以上を経過しており何時までも最高の品質を産出し続けるかどうか?は謎です。ボツワナの他にも今年はナミビアの海上で(実際には海底の堆積鉱床)高度な採掘技術をつかった採掘がスタートして高品質ダイヤモンドを含む50万カラットを産出しました。それらのダイヤモンドの内0.96%まで選定された高品質なものが私たちブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーのダイヤモンドとなります。私たちは常に最高の品質のダウやモンド原石をデビアスグループより供給されているのです。

以下原文

MINING giant De Beers Group has recorded a 7,8 million carats diamond production figure for the first three months of 2020.

This, according to the company, was in line with expectations, mainly because Covid-19 measures were introduced at the end of the quarter in producer countries.

These figures were announced yesterday.

In Namibia, quarter-to-quarter production has increased by 6% to 500 000 carats, mainly due to planned higher grade at marine operations, while Botswana’s production dipped by 5%, with 5,6 million carats recovered.

Botswana’s decrease was driven by a 7% decrease at Orapa mine, which is commissioning a new plant infrastructure as well as maintenance, and production at Jwaneng mine, which was reduced by 4% due to planned lower grade.

South African production figures were up by 97% to 800 000 carats as the final ore from the open pit is mined prior to transition to underground, and Canada also recovered 800 000 carats – a 19% decrease when compared to the previous quarter.

Rough diamond sales in the first quarter of 2020 totalled 8,9 million carats – an increase compared to 7,5 million sold over the same period last year.

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ