BRIDGE ANTWERP > スタッフブログ > サムシングブルーってご存知ですか?
銀座の結婚指輪BRIDGEのブログ
こんにちは、BRIDGE銀座AntwerpBrilliantGalleryです。私たちBRIDGEは、公式ホームページ、Instagram、Facebook、Googlemap、Twitterなどを通じて婚約指輪(エンゲージリング)、プロポーズリング、結婚指輪(マリッジリング)をお求めの際に役に立つ情報をお届けしております。ダイヤモンドについての知識系情報、婚約指輪(エンゲージリング)、結婚指輪(マリッジリング)のデザイン紹介、新作紹介、フェア情報などがメインです。
 
 
 
 
 
こんにちは!新人ジュエラーのCです(^^)
天気が不安定な日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
早く梅雨明けして、青空を沢山眺めたいなあ、なんて思う日々です!
 
 
さて、
今回はそんな爽やかなブルーにちなんだブライダルに関するお話をしようと思います!
 
 
 
婚約が決まったら、結婚式について
あれやこれや考えるようになりますよね。
 
 
どんなドレスを着て、どんな式場にするのか、、
妄想が膨らみます😌
 
 
 
そんな方に向けて…💙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『サムシングブルーってなんですか?』
 
 
そもそも、
サムシングブルーという言葉、聞いたことはありますか?
 
 
日常会話では中々耳にすることのない言葉ですよね。
 
サムシングブルーはブライダルにおいて、非常に大事にされているサムシングフォーの一つです。
 
 
 
 
『サムシングフォー』て何?
 
サムシングフォーはヨーロッパに伝わる幸せのおまじない。
以下の、4つのアイテムを身に付けて式に臨むと幸せな結婚生活が送れると言われています。
 
 
①サムシングオールド
「何か古いもの」の意。古いものは富の象徴であるとされています。先祖から引き継いだものなどを身に付けます。
 
 
②サムシングニュー
 
「何か新しいもの」の意。新生活の幸せを象徴します。新しいアイテムであれば何でも大丈夫です。
 
 
③サムシングボロー
「何か借りたもの」の意。すでに幸せなになっている方から幸せをおすそ分けしてもらいましょう。姉妹や友人からアクセサリーなどを借りたりします。
 
 
④サムシングブルー
「何か青いもの」の意。青は誠実さを表す色として知られ、花嫁の純潔を象徴します。
 
 
 
 
『青は聖母マリアのシンボルカラー』
サムシングブルーは聖母マリアのシンボルカラーである青に由来しています。
純潔を表しているため、人目につかない隠れたところに身につけて、夫に対する忠義の証としています。
 
欧米ですと、ガーターにブルーリボンを飾るのが一般的だそう。
 
日本では、ブーケにブルーの花を混ぜたり、結婚指輪やティアラにブルーの宝石(ブルーサファイヤなど)をあしらったりします。
 
 
 
 
『サムシングフォーは一族の繁栄を願っていた』
その昔、サムシングフォーは「結婚による政略の成功」を願った、一族の繁栄ためのおまじないでした。
ビクトリア女王とアルバート公が、政略を超えた仲睦まじい夫婦であったことから、
世の花嫁達の幸せを願うおまじないへと変わっていったそうです。
 
 
 
余談ですが、
ヨーロッパには他にも花嫁の幸せを願うおまじないがあります。
 
 
「6ペンスの銀貨を花嫁の靴に」
 
6ペンスの銀貨を花嫁の靴に入れると、経済的にも精神的にも満たされて、豊かで幸せな人生をもたらすというおまじないです。
なんだかロマンチックですね☺️
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サムシングブルーを取り入れてみよう!
 
サムシングブルーは様々な場面に取り入れることができます。
 
 
 
*ブーケ
 
*ハイヒール
 
*ガーターベルト
 
*ブライズメイド
 
*テーブルセッティング
 
*会場デコレーション
 
*ビーチなどが広がる屋外の会場      etc.
 
 
 
 
 
 
是非、幸せのおまじないで結婚式に臨んでみてはいかがでしょうか💙

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ