BRIDGE ANTWERP > スタッフブログ > 誕生石について エメラルド
銀座の結婚指輪BRIDGEのブログ

 

こんにちは、BRIDGE銀座AntwerpBrilliantGalleryです。私たちBRIDGEは、公式ホームページ、Instagram、Facebook、Googlemap、Twitterなどを通じて婚約指輪(エンゲージリング)、プロポーズリング、結婚指輪(マリッジリング)をお求めの際に役に立つ情報をお届けしております。ダイヤモンドについての知識系情報、婚約指輪(エンゲージリング)、結婚指輪(マリッジリング)のデザイン紹介、新作紹介、フェア情報などがメインです。

シリーズで結婚指輪(マリッジリング)婚約指輪(エンゲージリング)のリング内側にセッティングできる、大人気の誕生石をご紹介しています。

今回は、5月の誕生石、エメラルド!!

誰もが知る美しい緑色の宝石ですね!、また、あのクレオパトラが愛用していたという話は有名ですね。
このエメラルド、和名を、翠玉、緑玉といい、結晶構造は六方晶です。

モース硬度は7.7~8。アクアマリンと同じベリルという鉱物なので、モース硬度も同じなんですね~。

エメラルドの石言葉は「希望」「幸福」「安定」。

エメラルドは、ちょっと変わった石で、傷だらけの石。なんです。
モース硬度は高いので、外部からの傷はつきにくいはずなんですが、、、、

では、なぜ???

 

それは、エメラルドはもともとが傷だらけなんですね。エメラルドをよーーーく見てみると、内部に筋の様に傷が入ってるんです。
これは、エメラルドの結晶が造られる過程で、どうしても傷が入ってしまいます。そのため、むしろ傷がある方が本物の証し!!!なんですね。

このキズにも、深いわけがあるのです。。。

昔々、たくさんの神様から愛された大天使「ルシフェル」という天使がいました。
とても力の強かったルシフェルは、調子に乗ってしまったんですね・・・あらら(^_^;)

そして、ついには神様に逆らって堕天使になりました。そして、名前を改名して、「ルシファー」となりました。

それを知って怒った神様は、大天使「ミカエル」に《炎の剣》を託し、戦わせたのです。その時、ミカエルの一撃がルシファーの冠についていた《エメラルド》に直撃!!!
地上に落ちたエメラルドは、衝撃で内部に傷が出来たのです!!

・・・という逸話があります。

実は、あの美しい緑色の発色原因である「クロム・バナジウム」は、結晶内に入る過程で結晶構造を乱すので、エメラルドの内部に液体や気体、個体が入り込んでしまうのです。
これによって、「インクルージョン」と呼ばれる傷ができてしまうんですね。なので、逆にこのキズが本物の証しになるのです。
さらに、取り込まれた傷の原因の物質(内包物)は、エメラルドが生まれた地域によって違うので、内部のキズを見ただけで産地まで分かるんですよ!

そして、このキズを隠す&耐久性を高めるために、傷内にオイルや樹脂を浸す処理を行います。この処理が下手だと、オイルが蒸発してしまったりすることも・・・
高度な処理でも、超音波洗浄機などにかけるとオイルが抜けてしまうので、エメラルドは扱いが難しい宝石なんですね。

それでも、クレオパトラはじめ、あの美しく輝く緑色にに魅せられる人は少なくありません。

5月生まれの誕生石ではありますが、悪魔、魔女を遠ざけるなんてことも言われていますので、浮気封じのお守りとして持つのもいいかもしれませんよ~^^

 

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ