BRIDGE ANTWERP > スタッフブログ > 新人Tの、調べてみた!
銀座の結婚指輪BRIDGEのブログ

こんにちは!ブライダルリング専門店ブリッジ銀座アントワープギャラリーの新人Tです。

お客様にFITする提案ができるよう、勉強と発見の日々を送っております。エンゲージリングやマリッジリング、様々な指輪がございますが、ひとつひとつにストーリーであったり職人さんの想いがあったりと、興味深い事が沢山です!
お客様に、そんな指輪たちとの「橋渡し」ができるように、猛勉強を頑張ります!

 

さて今回は、結婚・パールについてのお話をさせていただきます!

———————————☆—————————————☆———————————

Q.両家の顔合わせ、結納

A.顔合わせとは…言葉通り、両家のはじめての顔合わせ。結納に比べ、カジュアルに行うので、親睦を深めるために食事会を開くケースが一般的です。

結納とは…結納とは、結んで納めるという字のとおり、両家が親類となって「結」びついたことを祝い、贈り物を「納」め合うということです。

結納をすませたら「結婚をします」という約束を公に交わしたことになります。地域によってやり方に違いがあるので、両家の間で確認しましょう。一般的には、結婚式の3~6ヶ月前に行うのが一般的です。

六輝(六曜)の中で大安や友引といった日の午前中に行うのがベストです。

結納には「正式結納」と「略式結納」の2つのスタイルがあります。

正式結納は、仲人が両家を往復して9品の結納品(目録)や結納金を届けるスタイルで、最近はこのスタイルで結納を行うカップルは減っているものの、地域や家のしきたりで行う場合もあります。

略式結納は、両家がどちらかの家やホテル、料亭などに、一堂会して結納を交わすスタイルで、結納品(目録)の数も減らしライトなスタイルで行います。

最近では少なくなりつつある。という話が多かったですが、ホテル、料亭などには「結納プラン」のようなものがあるところも、あるみたいです。そういうものを使うと、多少行いやすくなるかも知れませんね♪

———————————☆—————————————☆———————————

Q.照りってなに?

真珠の「照り」とは、一般的に真珠の光沢を意味し“真珠の美しさは照りで決まる”と言われるほど、良し悪しを判断する重要な目安になります。照りが強い真珠であるほど手にした時に真珠に映る影がはっきりと見え、反対に照りが弱ければ影はぼやけて見えます。

キラキラ輝いてる真珠から、輝きが鈍くボケている真珠。見た目で分かりやすいです。この二つが兼ね備わって美しい真珠を言えるのです。どちらだけ優れていてもだめなのです。

薄巻で照り光沢の良い真珠は一見とても綺麗なのですが、それは上辺だけの美しさ。宝石としての美しい真珠は巻が厚く照り光沢が良い真珠なのです。

———————————☆—————————————☆———————————

さて、新人Tの結婚、パールについて。は、いかがだったでしょうか?

今後もジャンジャン調べてジャンジャン投稿しますので、よろしくお願いします!

 

PR◇ブライダルリングの専門店「ブリッジ銀座

東京銀座の結婚指輪婚約指輪の専門店BRIDGE銀座、私たちはサプライズプロポーズを応援しています!

 

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ