BRIDGE ANTWERP > スタッフブログ > 新人Tの、調べてみた!
銀座の結婚指輪BRIDGEのブログ

こんにちは!ブライダルリング専門店ブリッジ銀座アントワープギャラリーの新人Tです。

お客様にFITする提案ができるよう、勉強と発見の日々を送っております。エンゲージリングやマリッジリング、様々な指輪がございますが、ひとつひとつにストーリーであったり職人さんの想いがあったりと、興味深い事が沢山です!
お客様に、そんな指輪たちとの「橋渡し」ができるように、猛勉強を頑張ります!

 

さて今回は、ダイヤモンド・素材についてのお話をさせていただきます!

———————————☆—————————————☆———————————

Q.ダイヤモンドの4Cって?

ダイヤモンドの価値・希少性は、4Cで決まります。4Cとはダイヤモンドの品質等を評価する基準4つの要素のことで、カラット・カラー・カット・クラリティの各要素の頭文字に「C」がつくことから「4C」と呼ばれています。
4Cは、専門家がダイヤモンドの特徴を比較し、価値を厳密に定めるための基準です。
一般的に4Cでグレードが上がると、稀少性が高くなるとされていますが、価値を見比べる時に同じグレードの要素が1つあったとしても、他の3つの要素のグレードの違いによりその価格は変わってきます。

4回に分けて4Cを紐解いていきましょう!

「○○カラットの大きなダイヤモンド」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、カラットは、僕もしばらく勘違いしていたのですが「大きさ」ではなく「重さ」を表す単位です。1カラット=0.2グラムで重くなればなるほど希少価値が高くなります。ちなみに1カラット0.2グラムというのは、イナゴ豆を基準としていたころの名残だそうです。
カラットは、「~ct」と表示され、1ct=0.200gで、1gは5ctとなります。
電子デジタルの天秤を用いて千分の1カラットまで正確に測定し、少数第3位を8捨9入、もしくは第3位まで表示します。
原石の大部分は1ct未満の小さなものばかりですので、大粒の原石は、とても稀少です。
カットするとさらに小さくなることも考えると、大きければ大きいほどその価値は上がっていきます。

 

———————————☆—————————————☆———————————

Q.プラチナとホワイトゴールドはどう違うの?

  1. プラチナもホワイトゴールドも、どちらも高級なジュエリーに使用される素材です。

見た目は似ているのですが、最大の違いは「プラチナ」と「金」という全く違う元素からなる金属であるということ。

一番人気はやはりプラチナです。
結婚指輪を購入する人の多くがプラチナを選びます。
昔からの定番という事や、やはり一生つけるものなので高価なものを選んでおきたいということかも知れません。

あと耐久性に優れているというのも人気の理由の一つでしょう。
ちなみに日本ではプラチナが人気がですが、海外ではゴールドのほうが人気が高いです。

———————————☆—————————————☆———————————

さて、新人Tの結婚、パールについて。は、いかがだったでしょうか?

今後もジャンジャン調べてジャンジャン投稿しますので、よろしくお願いします!

 

PR◇ブライダルリングの専門店「ブリッジ銀座

東京銀座の結婚指輪婚約指輪の専門店BRIDGE銀座、私たちはサプライズプロポーズを応援しています!

 

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ