BRIDGE ANTWERP > スタッフブログ > 新人Tの、美しいダイヤモンドの原石について調べてみた。
銀座の結婚指輪BRIDGEのブログ

こんにちは!BRIDGE銀座ANTWERP BRILLIANT GALLERYの新人Tです。

連日暑い日が続きますが、今度は台風が発生しているそうですね。

今夜から沖縄では強い雨に注意が必要だとか。くれぐれもお気を付けください!

 

さて、今回はダイヤモンドの原石の良し悪しについてご説明させていただきます!

 

―――――――――――☆―――――――――――☆―――――――――――

Q.ダイヤモンドの美しさは、どうして原石の良さが関係してくるの?

A.ダイヤモンドの美しさを決定づけるものとは、すなわち原石の美しさとカット・研磨の相乗効果が、輝きに大きな影響をしています。

特に原石の良さに絞って考えますと、①原石の透明度が高いこと②ダイヤモンド結晶が歪んでいないこと③グレインがないこと、が挙げられます。

①原石の透明度が高いこと

ダイヤモンドは地中で生成される天然の鉱物なので、結晶になるときにほぼ100%何らかの異物を取り込みます。

これをインクルージョンといい、4Cのクラリティー評価につながってきます。

インクルージョンはダイヤモンドが天然であり、ダイヤモンド自身のもつ個性として受け取れますが、

光の反射率から考えると少ないに越したことはありません。

歪みなどがない綺麗なダイヤモンド。原石が整っているから、ダイヤモンドもきれいに仕上がる

②ダイヤモンドの結晶が歪んでいないこと

ダイヤモンドの結晶が歪んでいるものがあります。

このようなダイヤモンドは、インクルージョンが含まれていなくても輝きが鈍いダイヤモンドになります。

また、割れやすくもなるので注意が必要です。

③グレインがないこと

ダイヤモンドには割れやすい方向というものが存在し、この方向に力がかかるとダイヤモンド結晶にずれが発生し、これをグレインラインといいます。

このようなグレインラインの存在も、光のスムースな透過を妨げてしまいます。

 

このように、さまざまな要因が相まって、原石の質が決まってきます。

ダイヤモンドの総産出量の0.096%まで厳しい目でこだわりぬいた原石を取り扱う、

BRIDGE銀座ANTWERP BRILLIANT GALLERYの美しいダイヤモンドの輝きを、ぜひ見てみてください。

総産出量の0.096%のダイヤモンドを取り扱います。最高の輝きをご覧ください。

―――――――――――☆―――――――――――☆―――――――――――

さて、今回のダイヤモンドの原石につきましての説明はいかがでしたでしょうか?

ダイヤモンドの原石の質が、大きく輝きに影響する、ということを書かせていただきました。

今後も皆さまが素晴らしい一品に巡り合えるよう、どんどん発信していきます。

 

PR◇ブライダルリングの専門店「ブリッジ銀座

東京銀座の結婚指輪婚約指輪の専門店BRIDGE銀座、私たちはサプライズプロポーズを応援しています!

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ