BRIDGE ANTWERP > スタッフブログ > Antwerp, キラキラ輝く, ダイヤモンド, 銀座結婚指輪 > ダイヤモンドのトライゴンとダビデの星
銀座の結婚指輪BRIDGEのブログ

皆さんこんにちは!ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーです。

皆さんトライゴンはご存知ですか?下写真はダイヤモンドのトライゴンを写した写真です。無数のトライゴンが見えますが不思議な事に全てのトライゴンが上を向いた三角形に成っていると思います。トライゴンがどうして出現するのか?は正確に解明されていません、しかしトライゴンが発生するダイヤモンドは等軸状8面結晶の実である事が判っています。6面や12面のダイヤモンドには不思議な事にトライゴンは出現しません、ダイヤモンド全体で最も出現確率の高い8面結晶にのみ現れるこの形状のお陰で古代人はダイヤモンドの結晶方向を予想できた反面6面や12面の8面では無いダイヤモンド原石のへき開は見誤ってグリーピングして割ってしまうというトラブルが多く発生したのです。ダイヤモンドが征服されざる力を持つ宝石と考えられた一つの要因でもあるのです。

トライゴンはダイヤモンドの成長痕?

トライゴンは実際に自然環境と同じ状況でダイヤモンドの剛性結晶が出来ない為に正確にどうして出現するのか?が判っていません、一部Webサイトではダイヤモンドの結晶が出来ていく中で出現する成長痕であるとする意見も有りますが、ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーの見解はダイヤモンドが外部の熱で融解した痕であると考えています。天然ダイヤモンドの成長スピードや成長方法は正確には判っていません、しかしトライゴンに関して専門的に監査している宝石鑑別の専門家の間では成長過程に出現する物であるという意見と、一度結晶したダイヤモンドが外部から受ける熱の影響で結晶方向で熱に弱い部分から融解した痕で、それが結晶方向にたいして整列している原因であるという説が対立しています。

トライゴン

ダイヤモンド原石に見られる不思議な模様トライゴンですが三角形は物質の基本形です。すべての物質は原子レベルまで分解する事が出来ます。原子は原子核と電子で構成されています。そしてその原子核の内部は核子と呼ばれる3つのクォークで構成されているそうです。原子核の内部は3つの核子が結合している状況なのでまさに正三角形がそこにはあるのです。ちなみに現在までに6種類のクォークが発見されております。クォークは3種類一組で、「グルーオン」と呼ばれる強い力によって結束しています。この「グルーオン」は正三角形を作ってクォーク同士を結びつけているのです。トライゴンとグルーオンの関係は不明ですが、三角形が物質にとってとっても大切な要素である事はお分かりいただけたのではないかと思います。

あらゆる物質は三角形により構成されています。三角形は全ての物質の基本図形なのです。

ダイヤモンドの8面結晶のトライゴンは本当に美しい原石を観察するとトライゴンが向かい合って配列れれているのが判ると思います。三角形が向かい合って重なると六芒星(ダビデの星)となります。六芒星は人類史と同じくらい歴史の有る形です。上向きと下向きの三角形が重なった形がダイヤモンドの中に出現しているのが下写真のダイヤモンド原石でも見ていただけると思います。少しスピリチャルになってしまいますが占星術や祈祷の世界では上向きの三角形は天国や現実世界よりも上位とされる世界への上昇・昇華。下向きの三角形は天国や現実世界よりも上位とされる世界からの下降・降臨を意味していると言われます。上下の三角形が交わるこの形はその両者の調和と呼ばれているのです。

ダビデスターとトライゴン

古代ローマの将軍で学者のプリニウスが「この世にある物質の中で最も高価である」とダイヤモンドをいきなり結論付けていますが、これには物質の基本形であり自然界で最初の形状となる三角に大きな力を重ねて考えていたという仮説が成り立つのかな?と考えてしまいますね。紀元50年ごろ世界最高の頭脳であったと思われるプリニウスほどの学者でもダイヤモンドを最高の宝石に評価した理由は原石に見られる神秘的なトライゴンとその三角形の重なりから出現する六芒星ダビデスターも原因していたのかもしれません!?

トライゴンが見えるダイヤモンド

そんな神秘的な模様トライゴンですが、8面体ダイヤモンドの原石には比較的簡単に発券する事が出来ます。トライゴンが見える事は珍しい事ではなくむしろ普通の事なのです。研磨済みダイヤモンドの品質判定において原石の生地を残して仕上げる事は美しさを損ねる観点で大きな減点評価トンります。その為ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーではそのようなダイヤモンドが店頭に並ぶことは無いのですが、一部低品質の研摩済みダイヤモンドの表面にトライゴンが観察できる場合が有ります。これは単純に原石の生地不足でダイヤモンドの仕上げが出来なかった場合に出現します。原石部分が研磨済みダイヤモンドに残ってしますので、この部分は「ナチュラル」と呼ばれクラリティーグレードはもちろんですがカットグレードも下がってしまいます。ラウンドブリリアントカットの様な輝き重視の研磨スタイルにはトライゴンを観察できるようにに超す事は向いていません。トライゴンを観察できるダイヤモンドをお探しになる場合はトライゴンを意図的に残す目的で形状を決定されたダイヤモンドをお選びに成ると良いでしょう。コレクターピースとして美しくトライゴンを意図的にこのした場合を除いてトライゴンが観察できるダイヤモンドは低品質な仕上がりと判断されます。私たちのダイヤモンド原石はTOP0.96%まで絞り込まれた上質原石です。選定するダイヤモンド原石は8面体の為基本的に原石の段階でトライゴンは確認できる状態ですが、研磨済みダイヤモンドの状態ではトライゴンが残っていることはあり得ません。トライゴンが観察できる低品質ダイヤモンドをブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでは取り扱いませんのでご安心ください。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ