銀座の結婚指輪BRIDGEのブログ

皆さんこんにちは!BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーです。今日は銀座でも人気のプラチナ素材「超硬プラチナ950」についてです。プラチナだけでもなじみが余り無い金属なのに「超硬」とか「950」など謎の表記付きではナカナカ判り難いのではないでしょうか?今日はプラチナの説明と純度の違いによるメリットデメリットなどを書いておこうと思います。

 

プラチナの純度はパーミル表記という1000分率表記を使います。プラチナ950は1000分の950が純プラチナで残りの50は混ぜ物をした合金ですと言う意味です。プラチナには850、900、950、999等様々な純度が有ります。一般的にプラチナの純度が高くなるとその分混ぜ物が出来なくなり、純プラチナ近づいていきます。一般的に国際貴金属宝飾品連盟(CIBJO)や日本のジュエリー協会は、プラチナの標準品位をPt850以上と定めています。しかしプラチナギルドインターナショナルは国際基準品位を950と定めています。そのため現在も色々なお店に色々な純度のプラチナが販売されているという事になります。余談ですがジュエリー協会のルールでは仮に金属名をプラチナと名乗る場合は其の金属の含有量が50%以上である事を定めています。これは仮にプラチナ30%シルバー30%パラジウム30%カッパー10%の金属が有るとすると、この貴金属はプラチナとも、シルバーとも、パラジウムとも名乗る事が出来ない合金と言う扱いになります。一部ブライダルブランドで少量のプラチナを配合したホワイトゴールドをプラチナの名前を前面に推していることが有りますが、実際にはプラチナと名乗る言ことは許されていない金属である事は注意が必要です。

そうなると純度999の純プラチナの方が良さそうですね?と多くのお客様からもご質問いただくのですが、実はプラチナは非常に柔らかい金属なので純プラチナの状態では装身具の素材としては不向きです。

プラチナ1000は無いのか?というご意見もいただきますが、金属は精練時に必ず何かしらの成分が混入するために1000と言う表記は出来ません、また950や900も定義として成分検査した場合にそれ以上となる事が義務付けられています。その為厳密にプラチナ900の品物を成分検査すると多くの場合プラチナの純度は910程度になります。1000と表記した場合に1000以上にすることは出来ない事も1000表記が無いもう一つの理由です。金の延べ棒やプラチナの金塊も刻印は99.99や99.9等で有るのは同じ理由からです。

ということでプラチナ999は指輪にしたら簡単に曲がってしまったり日常使いでは変形が避けれないのです。またネックレスでも同様で強度が出ませんので簡単に切れてしまったり、となかなか普段日常で見につけるジュエリーには向かない素材に成ってしまいます。そんなプラチナを硬くするには金属の組み合わせを工夫すると硬く出来る事が有ります。999の場合は0.1%しか混ぜ物が出来ませんので硬くすると言っても限度が有ります。950でも5%しか硬く仕上がる素材を混ぜる事が出来ません、プラチナの純度は低くなれば低くなるほど硬くなるのはその為です。しかし、折角のプラチナジュエリーです、お求めに成るなら高純度のプラチナが欲しいと思うのは普通ですよね?そこで職人たちが技術を使ってプラチナを何とか鍛え上げようと試行錯誤しています。

超硬質プラチナ950

金属の鍛え方は幾つかの方法があるのですが、メジャーな所では鍛造です。鍛造は金属の叩いたり曲げたりすると硬化する性質を利用して金属を硬く仕上げる技法です。これを冷間鍛造と言います。冷間鍛造鍛造はビッカース硬度190まで硬度をあげる事が出来ます。しかし、鍛造方法が素材の段階で金属を圧縮して硬化させ、そこから削り出してジュエリーを作っていきますので、細かな造作やデザインを付ける事は出来ません、硬く仕上げた金属から削り出しますのでウエーブなどの曲線デザインも作るのは困難です。そして何よりサイズ直しが出来ないという欠点を持っています。

超硬プラチナ

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーでお勧めのプラチナ素材は「超硬プラチナ950」です。超硬プラチナはビッカース硬度200以上を実現しているにもかかわらず、サイズ直しが可能で、しかも曲線デザインやダイヤモンド等の細かな石留も可能です。超硬度なので職人さんは上手に加工しないとタガネが壊れてしまうリスクがあるのですが、、、

ハードプラチナと超硬プラチナ

ハードプラチナはプラチナを何らかの方法で硬く仕上げた素材を指す言葉です。明確な定義は無い物のビッカース硬度130以上のプラチナを指す言葉として加工業界では使っています。通常のプラチナ950の硬度が80に対して130迄硬化させますのでかなり硬く仕上がるという事です。ハードプラチナは作成するアトリエによって異なる”プラチナに混ぜる割金”を工夫して加工する場合が殆どです。そのため融点温度や加工に必要な素材はお店毎に異なるのが特徴です。BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーのプラチナは基本的にすべてハードプラチナを使用しています。私たちのデフォルト素材がハードプラチナ950なのです。

プラチナの純度が上がってもアレルギーフリーでは在りません

それでもプラチナは比較的アレルギーの起こりにくい金属です。プラチナでアレルギーを発症してしまう場合、その原因は割り金にあることがほとんどです。プラチナの割金には通常パラジウムやルテニウム等ですが、稀にそれ以外の金属を混ぜている場合もあります。基本的には純度が高いほどアレルギーが起こりにくくなります。銅やパラジウム、コバルト、インジウムなどはアレルギーが起きやすいので、注意が必要です。「パッチテスト」と呼ばれる検査で、自分の肌に合う金属かどうかを調べてみて、これらの金属に反応が有るかもしれない心配の有る場合は事前に皮膚科などで確認してことをお勧めします。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ