BRIDGE ANTWERP > スタッフブログ > ダイヤモンドを美しく留める”クラウンセッティング”
銀座の結婚指輪BRIDGEのブログ

皆さんこんにちは!BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーです。

きょうはBRIDGE独自のダイヤモンドセッティング技法”クラウンセッティング”についてご案内内します。クラウンセッティングはダイヤモンドメレーの彫り留(ほりどめ)の1つでBRIDGEで独自に開発されたダイヤモンドセッティング方法です。クラウンセッティングはアントワープブリリアントで4モデル、ブリッジで3モデルに採用しています。特に輝き

クラウンセッティングを採用したマリッジエンゲージリングセット”Vega”です。ダイヤモンドラインのウェーヴモデルは結婚指輪全体の中でも人気のあるカテゴリーです。その中でアントワープブリリアントのVegaはクラウンセッティングを採用していますのでダイヤモンドの輝きは絶品です。

ダイヤモンドを輝かせるために生み出された特別なセッティング

クラウンセッティングは下記図のようにダイヤモンドのクラウン部分を持ち上げてセッティングします。通常ダイヤモンドメレの様な小粒のダイヤモンドの場合はテーブル位置を面一に合わせてセッティングするのがセオリーです。それはダイヤモンドの深さがそれぞれ異なるのでリングの石留位置に職人がドリルで穴を空けて石をセットする際の穴を深く開けてガードル位置でだ板モンドを固定し不揃いな横幅を併せて見せるという二つの理由からなんです。しかしクラウンセッティングで使用するダイヤモンドメレーは基本的に全て最高評価のカットグレードを獲得できるプロポーションに仕上げ、しかもハート&キューピッドが出現する超硬品質ダイヤモンドを使用します。その為にダイヤモンドの石座をドリリングする場合にある程度均等に穴あけしてもテーブル位置を揃える事が出来るのです。

ブリッジ銀座クラウンセッティング

ダイヤモンドの石留は職人のアトリエでも華方です。加工職人としてもダイヤモンド等の宝石る地を金属にセッティングする作業は特に熟練を要します。BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーの加工職人も石留作業はそれだけで10年以上のキャリアを積んでようやく一人前と言った具合です。しかもこれは留だけに限った事で別の作業を極めようと思えばそれぞれに10年くらいのキャリアの蓄積が必要です。

クラウンセッティングは弊社の職人の中でも2名しか正確に止める事が出来ない超絶技法です。当然ですが彫金の学校などではクラウンセッティングは教えません。ですのでこのセッティングはダイヤモンドの輝きや美しさに拘るBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリー独自の技法なのです。

クラウンセッティングのメリット

クラウンセッティングはウェーブラインにも施す事が出来ます。ストレートラインでも難しい技法なために斜めのラインにこのセッティングを施すのは本当に技術を必要とします。クラウンセッティングを採用したダイヤモンドリングの輝きは別格です!特別な輝きはBRIDGEの店頭でぜひお確かめください。

クラウンセッティング(CROWN SETTING)

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ