BRIDGE ANTWERP > スタッフブログ > 美しいダイヤモンドの魅力が特徴の婚約指輪と結婚指輪の専門店
銀座の結婚指輪BRIDGEのブログ

ダイヤモンドの美しさって?
ダイヤモンドの輝きは4Cとは限らない

ダイヤモンドは4Cである①カラット(重さ)➁カラー(色の等級)③クラリティー(透明度)④カット(形)によって国際的に品質基準を定められています。では、美しいダイヤモンドとは4Cで証明されるのか?答えは…NO!と言えます!4Cとはダイヤモンドの希少性を表すグレードであり、「美しさ」とはまた違います。美しいダイヤモンドは原石の善し悪しと研磨者の腕前で決まります。どんなに原石が最高級でも、研磨者が匠でないとダイヤモンドは本来の輝きを発揮できないのです。ダイヤモンドは地球上で最も硬い物です。美しいダイヤモンドの形に研磨するにはダイヤモンドの粉で削っていきます。では、最高級のダイヤモンドとはいったいどこの産地で誰が研磨しているのでしょうか?

ダイヤモンドの産地は最高品質のボツワナ産

ダイヤモンドの最高品質はボツワナ産

ダイヤモンドの産地は①ロシア➁ボツワナ③コンゴ共和国④オーストラリア(閉山)⑤南アフリカ⑥カナダのみです。その中でも、ロシア、ボツワナ、カナダは原石の品質が比較的高いとされています。さらにボツワナ産は原石の品質が世界最高とされています。ダイヤモンドの研究を重ねて、北半球のダイヤモンドよりも南半球のダイヤモンドの方が硬いと証明されています。さらに、ダイヤモンドは硬い方が輝きも一層放つとされているのです!BRIDGE(ブリッジ)銀座店では世界最高品質のダイヤモンドを取り扱い、不変の輝きをお届けしてます。では、不変の輝きを放つ為には、硬いダイヤモンドを美しく研磨する職人が限られます…。いったいどんな職人が手掛けるのでしょうか?

世界で初!を生み出した研磨者、フィリッペンス・ベルト氏!

ダイヤモンド研磨者の天才、ベルギー アントワープブリリアント所在 フィリッペンス・ベルト氏

この人、フィリッペンス・ベルト氏です!優しいお顔のダンディなおじ様ですね(^-^)この人の天才的な姿とは…?話しは遡り序盤でお話した4Cのカット項目。彼は、世界で初めてカットの最高グレードエクセレントカットを作り出しました。1919年には光学上理想的な形をマルセル・トルコフスキーが発表しました。しかし、誰一人としてその表面研磨(ポリッシュ)は実現できなかったのです。それから70年の月日を越えて1990年、世界で初めてフィリッペンス・ベルト氏が理想的な形を研磨しました。とても偉大な方ですよね!彼はその偉大な功績に留まらず、3年後1993年にはハート&キューピッドを生み出したのです!
こうして最高級(原石)と最高級(研磨者)によって出来上がったダイヤモンドは最大限の輝きを放ち、不変な愛を継いでいくのです。是非、ダイヤモンドの輝きと美しさをBRIDGE(ブリッジ)銀座店でご覧ください(^-^)!

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ